2017. 07. 24  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.07.15

1ヶ月前にセッティングを変更した「KUOTA KIRAL」。ペダルの上死点を通過し易く、腿上げの負担軽減を目的にサドルをそれまでよりも6mm高くします。すると意図した通りにケイデンスが上げ易く、速いスピードも出易くなりました。

しかし、過酷なヒルクライムコースだった先日のサイクリングで、長い上りに入るとトルクが掛かりづらい様に感じます。太腿の力が入りづらいし骨盤を使って踏んでも力抜けする様に思いました。

翌日にはまた過酷なヒルクライムが待ってるし、ケイデンス重視よりトルク重視と思われるセッティングに、戻すことにしました。
17_06_14-03setting.jpg
17_07_15setting.jpg
サドルを元の高さ717mmに下げました。誤差が生じてると思われますが他はそれに伴って採寸した数値です。

思った通り前回と異なり骨盤で押した時の力がしっかりペダルに伝わる感触が得られました。それによりだいぶ疲労が軽減出来たと思います。

しかし、上りのスピードは相変わらず遅いままwww


ドイツ製ヘキストマス1.5mhoechstmassロールメジャー 全9色あり [少量DM便対応OK]



SK11 アルミレベル450 MG付 SAL45M【楽天24】[SK11 水平器・レベル]



生地 メジャー・定規 Craft Cafe 竹尺 1m|トーカイ|定規|竹製|ものさし|家庭科|1メートル|小学校教材|中学校教材|お裁縫|ソーイング|洋裁|和裁|通販|





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2017. 07. 20  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.07.12

過酷なサイクリングで汗まみれなってしまった愛車KUOTA KIRALのクリーニングをしました。

フレームやホイールを拭き掃除してから久しぶりのチェーンクリーニング。前回は5/6で、そのからの走行距離は943km。

「FINISHLINE(フィニッシュライン)マルチバイクディグリーザー」を注いだ「FINISHLINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナー」をチェーンに装着。

ペダルをガラガラと逆回転させてクリーニング。

「トレー」に出した5回分の排液は真っ黒でした。
17_07_12-02mainte.jpg
「ディグリーザー」が透明になるまでやってみたいのですがキリが無いので5回で終了。ピカピカに光るチェーンに満足です。

その後はスプロケを「ウエス」で磨いて「FINISHLINE(フィニッシュライン)セラミックワックスルーブ」を3回注油したら完了。いつもなら注油は2回で済ませるところ、今度のライドでも汗で落ちることを想定して3回にしておきます。

他、ヘルメットやサングラス、ライト等のアクセサリーもクリーニング。何かと時間を費やすクリーニングで遅くなり、急いで自分も洗ってから就寝…


フィニッシュライン バイクウォッシュ 1000ml



フィニッシュライン チェーンクリーナーキット 【自転車】【メンテナンス】【クリーニング・ボディケア】【フィニッシュライン】



【あす楽】フィニッシュライン エコテック バイク チェーン ディグリーザー 600ml



【あす楽】フィニッシュライン セラミックワックスルーブ 120ml




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2017. 06. 26  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.06.14

最近またペダリングが変わったので愛車「KUOTA KIRAL」のポジションを変更したくなりました。上死点を通過してすぐにトルクを掛ければ自然とケイデンスが上がるので、それを心掛けて回してます。すると腿上げを大きくしなければいけない感覚とペダルが上にある時に詰まる様な感覚があるのでサドルを上げたいと思ってました。

加えてハンドルも近い感じがします。直線の巡航時はブラケットの先端に手を掛けるとリラックス出来ます。ステムを交換するのは負担なのでサドルを上げることによって座面がハンドルから離れるし、それとハンドルを下げたら良いポジションになるかもとセッティングを変更してみます。

まずはハンドルのポジション変更から。

現状は上から5㎜スペーサー、ステム、15㎜スペーサーの配置。

5㎜スペーサー、5㎜スペーサー、ステム、10㎜スペーサーの配置に変更しました。早い話し5㎜下げたと言うこと。
17_06_14-02setting.jpg
上の5㎜×2のスペーサーは径が微妙に違うので格好悪いな~10㎜の物を買って来るか。作業は簡単、難無くハンドル高さの変更完了。

17_06_14-03setting.jpg
17_06_14-04setting.jpg
サドルはA寸法717㎜から723㎜まで上げました。6㎜もUPして大丈夫かな?と思う股下との係数は0.893を採用。

ちなみに股下がある時期から長くなってますが採寸の精度が上がったと思って下さいwww

セッティングを変更したKIRALにはまだ乗れてないのですが、ほぼ同じ様に変更した「BIANCHI VIA NIRONE7」で自転車通勤したところ、ほんの最初だけサドルが高いと感じるも、すぐに違和感が無くなりました。そして上死点の通過や直後の入力がとてもスムース♪大げさかもですが小さい力で大きく加速する感じ。

下死点が遠く感じることも無くむしろもうちょっと上げても良いんじゃない?と思う程、良い感じです。

片道10kmのほぼ平坦な自転車通勤ルート。様々な環境、特にヒルクライム、そしてロングライドで、どう影響するかはまだ分かりませんが、今のところ好感触なセッティングになったと思います。


シンワ測定 ブルーレベル 450mm 76380



KAWAGUCHI(カワグチ) ソーイング手芸用品 MBS竹尺(ハトメ付)1m 07-114



プロマート(PROMART) オートロックメジャー 3.5m AUL1935












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2017. 06. 18  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.06.02

夕食後にローラー台でトレーニングしてたらまたもやパンクしました…
リムテープ交換してから大丈夫と思ってたら、やはり弱いスポークの張りが原因みたい。トレーニングは諦めて本格的に振れ取り作業を始めました…

ホイールはBIANCHI VIA NIRONE7にデフォルトで付いてた「SHIMANO(シマノ)RS10」、振れ取り台は「MINOURA(ミノウラ) FT-1」です。

前回、同じホイールを確認したところ振れについては問題なさそう。ただ隣り合ったスポーク2本を握ってみると、とても柔らかく感じます。
5mm程度は曲がるのでパンクの原因は張りが足りないスポークのしわざだと考えました。

タイヤとチューブを外したホイールを振れ取り台にセットします。
17_06_02furetori.jpg
次は振れ取り台に付属の「ニップル回し」で締め込んでスポークのテンションを上げてやります。

しかしニップルを少しずつ締めていくと、どんどんとリムが振れていきました…時間ばかりが過ぎていき冷や汗をかくも振れはひどくなるばかり…そこで気付いたのがニップルを回す方向…逆か~~

左に回すとスポークのテンションが上がるのに勝手な思い込みで右に回してました。作業を改めたらスイスイと振れが取れていきます

なるほど振れ取り作業ってこう言うものなんだねと勉強になりました。振れも許容範囲まで取れましたがリムは微妙なナミナミになってますしかしスポークはガチガチに固く出来ました。寝る支度も出来てないのでこの日はこれで終了。そして経過を撮影する余裕はありませんでした…

翌週ローラー台トレーニングでそのホイールを回してみると剛性が上がったおかげか軽く感じました。トレーニングなのに軽くなってどうすんだよ?wwwでも軽くなるんだったらキシリウムもやろうかな?って位、剛性の高さは軽さに繋がると体感。でもロングライドになった時は疲労感が増加するかも知れないので安易には出来ないか?

振れ取り作業はいざやってみるとそんなに難しくなく、むしろ面白く感じました。ただ精度を上げるには勉強と経験が必要だと思います。


MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1 COMBO












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2017. 05. 24  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.05.11

BIANCHI VIA NIRONE7デフォホイール「SHIMANO(シマノ)RS10」
激安ホイールを捨てないでローラートレに使ってるのですが「キン…キン…」と金属的な異音がする様になりました。

それが前から欲しかった振れ取り台を購入するきっかけに。でも買ってから全然時間が取れずに早一ヶ月半…やっと箱から出して使ってみることにしましたwwwそして振れ取り台買ったら金属音がしなくなったホイールを測定…

「MINOURA(ミノウラ) FT-1振れ取り台」にタイヤとチューブを外したホイールをセット。
17_05_11-01furetori.jpg
まずは縦振れから確認します。「縦振れ測定ゲージ」を起こしてホイールのセンターに向けます。

調整ノブを回してリムからゲージの離れを1~2mmに調整。
17_05_11-02furetori.jpg
リムをゆっくり回して隙間を目視で確認。リムのひずみが3mm以内なら問題無いと説明書に書かれてますが1mm以下に見えます。ローラーで回してると「ゴン…ゴン…」と鳴ることがあるので縦振れは必ずあると思ったのですが綺麗な円を描いてました。

次に横振れの確認。左側の「横振れ測定ゲージ」を使うので右側は手で開いておきます。左右使い易い方どちらでも構いません。
17_05_11-03furetori.jpg
縦振れと同様に向きをホイールのセンターに向けて固定。調整ノブを回して「横振れ測定ゲージ」をリムのブレーキ面に1~2mmの隙間まで近付けます。

ホイールをゆっくり回して隙間を確認。振れの許容値は2mm以内。付かず離れずで回り、全然問題ありませんでした。

勝手に消えてしまった金属音は何だったんだろう?もしかして全体的にニップルが緩んでるのか?
と思って説明書にある“スポークを2本を握ってみる”を試しますが柔らかい様なそうでも無い様な…て言うか元の固さを知りませんwww

リムを左右に動かすと柔らかい気もします。ハブのメンテを全くして無いので玉当たりが緩いのかも?とか、全部のニップルを締めてスポークのテンション上げるか?とか、考えるも夜が更けてきたので作業を終えました

「MINOURA(ミノウラ)FT-1」をネットで調べるとその精度が低いと言う言葉を目にしますが、許容範囲以下の振れでも確認出来るので充分じゃ無いかと思いました。高級品の精度を求めても、わたしにはどうせ精度の高い目と腕は持ち合わせていないのでw

リアホイールのハブメンテと、スポークテンションアップ。フロントの振れ確認やハブメンテ。使い捨てでも良い様なホイールですが勉強の為にいじりたいと思います…しかし、いつやろう?


ミノウラ FT-1 コンボ リム 振れ取り台 セット NW-300 ニップルレンチ付 箕浦(ミノウラ)製 (4944924430702) 自転車 ピストバイク bebike












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR