FC2ブログ
2018. 10. 27  


自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

8月25日にやったのですが先日の雨降りサイクリングで汚してしまったのでまたチェーンクリーニングしました

本格的なクリーニングの場合は「FINISHLINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナー」「FINISHLINE(フィニッシュライン)マルチディグリーザー」を使います。

1回目の排液はいつもの様に砂がポロポロ出るだけで透明そのもの。

クリーニングを5回繰り返すとこれだけ真っ黒になりました。
18_09_17-02chainmainte.jpg
一ヶ月足らずでこんなに汚れるとは…まぁフレームやホイールが砂でかなり汚れてたのでそりゃそうだって感じ。

プーリーもかなり汚れてたので外してクリーニングしました。他のコンポはフレームに付けたまま「FINISHLINE(フィニッシュライン)バイクウォッシュ」を染み込ませた「綿棒」で拭き掃除。

分解清掃はまたやることにしますが、すっかり綺麗に走れる状態になりました雨の日に乗ると本当にクリーニングの手間が掛かります


フィニッシュライン チェーンクリーナーキット 【自転車】【メンテナンス】【クリーニング・ボディケア】【フィニッシュライン】



フィニッシュライン FINISH LINE マルチ ディグリーザー 355ml TOS10800



マイクロファイバークロス マイクロファイバー クロス 30cm×30cm 厚手 コネクト システムクロス キッチン ふきん 超吸水 いろいろなお掃除に 超極細繊維 進化系ぞうきん 進化形ぞうきん



フィニッシュライン バイクウォッシュ 3.77L




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2018. 10. 06  


自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

上尾サイクリングでフロントタイヤのスローパンク発生。それでもう確か3度目。タイヤに深めの傷が1ヶ所あり、インジケーターも薄らとしてきたので交換することにしました。

タイヤは「Continental(コンチネンタル) GrandPrix4000sII 700×23C」走行距離はフロント約6,850km、リア約7,600km、使用期間はフロント約1年、リア約1年1ヶ月です。(リアは一度パンクによる交換、しばらくして前後交換した為、リアの方が走行距離と期間が長くなりました)新品も同じ物で交換します。

そしてタイヤを外したついでにホイールの振れ取りをすることにしました。それと言うのもダンシングや急発進、急制動の時にフロントホイールからピキピキと音鳴りするのが気になった為。

最近まではクイックを外してホイールを付け直したり、玉押し調整を締め直したりしたら解消出来たのですが、段々と音鳴りが止まらなくなってしまいました。

そこで疑ったのがスポークのテンション。3年間使ってるうちに緩くなってしまったのかな?と振れ取りを敢行。

使用する振れ取り台は「ミノウラ FT-1」。ネットでは精度が低いとか書かれてますけど、わたしに職人技スキルが無いのでこれで充分w
18_09_12-02furetori.jpg
まずは縦振れの確認から。フロントホイールを傾かない様、振れ取り台にしっかりセット。縦振れ測定ゲージを起こしハブのセンターに向けます。縦振れゲージ調整ノブを回しゲージをリムに近づけます。音が鳴る部分があればハブのセンターから外側にリムが振れてると言うことになります。

10cmに満たないくらいの範囲で擦れ音が出ました。スポークのリム側に付いてるニップルを締めて振れを取っていきます。

ニップルを締めるスポークは一番振れてる所の2本と、その左右3本ずつの計8本。ちなみにフロントホイールのスポーク全数は18本です。

ニップルを回すのは両端から始め1/8回転、次の左右2本も1/8回転、その次の左右2本が1/4回転、最後は中央に当たる2本を1/2回転を目安にします。

「キシリウム付属工具」でスポークのニップルを回します。
18_09_12-03furetori.jpg
扁平したスポークの向きが変わらない様、左手で工具を画像の様に持って固定。ニップルも同じ工具を使って反時計回りに回します。時計回りに回すと緩むのですが、振れ取り作業において緩めるのは禁物、締めるのみで振れを取ります。

スポークを固定しても、ニップルの回転につられて回ろうとするので、予め時計回りに軽く捻ってからニップルを反時計回りに回した方が締め易いです。

ホイールを回転させ様子を見ながら作業を繰り返し、擦れ音がしなくなったら粗方、縦振れが取れたことになります。更にゲージをリムに近付け細かい振れを確認します。ミノウラの取り説では3mm以下は許容範囲と書かれてます。1mm前後に抑えられてますが、波打ってるのはやはり腕の無さか?


続いて横振れを確認します。

画像の様に見やすい方の横振れ測定ゲージをリム側面に近付け、使用しない側は広げておきます。

横振れゲージ調整ノブで、ゲージとリムとの隙間を調整します。ホイールを回してリムとゲージとが擦れて音が出る場所を探ります。

回転方向10cm程度の幅で擦れ音が出ました。その範囲が画像で言う右側に振れてることになります。なのでハブ左のフランジと繋がってるスポークのニップルを締め、リムを左側に引っ張って振れを取る作業を行います。

ニップルを締めるのは、左側のフランジと繋がってるスポークの中で、一番振れてる所で2本と、その左右2本ずつ、計6本を選びます。

ニップルを回すのは、また両端から始め1/8回転、次の左右2本が1/4回転、中央に当たる最後の2本が1/2回転を目安とします。ニップルを回す方法は縦振れの時と同様です。

擦れ音が徐々に小さくなっていくので消えるまでニップルを締めていきます。その後、更にゲージをリムに近付けて細かい振れを確認。ミノウラの取り説では許容範囲2mm以下と書かれてます。1mm以下に見えるのですがやはり波打ってる感じ。均一に滑らかにしたいのですが、そんなに時間は掛けられないので許容範囲とします


最終確認は「ミノウラ センターゲージFCG-310」で行います。画像はありませんがコンパスの様な形のゲージでハブセンターに対しリムが傾いていないか、及びフロントホイールの場合は左右が対称になっているかを確認する為の工具です。この確認については問題ありませんでした。

以上の作業と同様に、引き続きリアホイールでも行いましたが、縦振れはほぼ無く、横振れが少しあったので調整をしておきました。

後日、サイクリングで走行しながら音鳴りの確認をしたところ、しばらくはしなかったのですが終盤からは、またピキピキと鳴り出しました…

テンションは隣り合うスポークを手で握った感触や、ドライバー等で叩いた音が均一かで確認出来るそうです。でも、いずれも職人技っぽいので数値で明確にしたい気もします。安めのスポークテンションメーターを買おうかな?と迷うところです


ミノウラ FT-1 コンボ リム 振れ取り台 セット NW-300 ニップルレンチ付 箕浦(ミノウラ)製 (4944924430702) 自転車 ピストバイク bebike



【土曜も16時まであす楽】【MAVIC】(マビック) ハブ スポーク兼用レンチ (L32542300)【一般工具スポークレンチ】



PWT スポークテンションメーター STM01




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2018. 09. 18  
18_08_25-04chain.jpg

自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

前回、本格的なチェーンクリーニングしたのは6/16で2ヶ月以上経ちました。走行距離はおよそ1,200km。ルーブを落としてしまうくらい大汗かいてたので相当汚れてるんじゃ無いかと気にしてました。

「FINISHLINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナー」「FINISHLINE(フィニッシュライン)マルチディグリーザー」を使用します。
18_08_25-01chain.jpg
いつもの様に「トレー」に流した1回目の排液はほぼ透明。砂粒がいくつか落ちてるだけです。

2回目の排液では、うっすらとした茶色い汚れが出て来ました。
18_08_25-02chain.jpg
見慣れない色の汚れ。恐らく汗による錆びだと思われます。チェーン表面には全く現れてませんがローラーの中が錆びてるのかも知れません。

5回クリーニングを繰り返して溜まった排液。
18_08_25-03chain.jpg
透明な部分も残ってるので、思ったより汚れは少ない感じ。しかし、茶色い液体の割合が多く、こんなことは初めてです。

余分なディグリーザーを「マイクロファイバークロス」でしっかりと、ローラーを磨く様に拭き取ります。
18_08_25-04chain.jpg
黒ずんでたのが光沢を取り戻してピカピカになりました。

錆は多分、表面的なもので進行はしてないと思われます。今年交換したばかりのチェーンはこのまま使用。

スプロケとプーリーをクリーニングしたら、チェーンの仕上げに「FINISHLINE(フィニッシュライン)セラミックワックスルーブ」を塗布。乾かした後に2度目を塗布して作業完了です。

105グレードのチェーンはひと目で分かるほど思い切り錆させたことがあります。材質が異なるせいかアルテグラグレードの見た目では錆が確認出来ません。

しかし、汗で濡らしてしまったなと思った時には、すぐに簡単でもクリーニングした方が良さそうです


フィニッシュライン チェーンクリーナーキット 【自転車】【メンテナンス】【クリーニング・ボディケア】【フィニッシュライン】



フィニッシュライン FINISH LINE マルチ ディグリーザー 355ml TOS10800



マイクロファイバークロス マイクロファイバー クロス 30cm×30cm 厚手 コネクト システムクロス キッチン ふきん 超吸水 いろいろなお掃除に 超極細繊維 進化系ぞうきん 進化形ぞうきん



【FINISH LINE】(フィニッシュライン)セラミック ワックスルーブ(120ml) 【ルブリカント】 TOS-06502




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2018. 09. 07  
18_08_22-01ニローネメンテ

自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

「Bianchi Via Nirone 7」(ビアンキ ヴィア ニローネ 7)のオーバーホールの5日目、まずはポジションセッティング。「サドル」のボルトを緩めるついでに、外してクリーニングしました。

「FINISHLINE(フィニッシュライン)バイクウォッシュ」を染み込ませた「綿棒」をボルト穴に突っ込むと砂でジャリジャリ。他に普段見えない所がだいぶ汚れていたので、やって良かったです。

ポジションに戻り、「ステム」は100mmから110mmに変更、「ハンドル」「5mmコラムスペーサー」1個分、下げてだいぶ攻撃的にw

ハンドル心の上~サドル先端までの長さも495mmから510mmに延長しました。BB心~サドル上部までは長さを決めて無かったのですが725mmになり結果2mm伸びました。

サドルは傾かせず水平にセッティング。「水平器」で確認しながらボルトを締め込みます。

そして最後の仕上げ「DEDA ELEMENTI(デダ・エレメンティ)バーテープ」を巻きます。
18_08_22-02ニローネメンテ
画像は作業終了の物ですが…現状はアウターケーブルを固定する為の「ビニルテープ」を巻いてある状態。次に緩み防止の「両面テープ」を巻きます。「端部」「肩部」「巻き終わり」の3ヶ所、左右で6ヶ所に巻きます。

「端部」の手前から上を通る方向に巻き始めます。
18_08_22-03ニローネメンテ
内側に折り返す部分は多めにするのが綺麗に納めるコツ。そしてロゴ入りはスタートが肝心。気に入った場所にロゴを置いてから巻き始めないと綺麗に揃いません。

少し不揃いで腕の無いところがバレますけど、一応“Deda”のDを揃える目印にして巻きました。STIレバーの固定バンドを「バーテープの切れ端」(Dedaは自分で作らなくても入ってます)で隠し、ハンドルのフラット部へと移行。

ハンドルが少し楕円形でケーブルもあるので太くなりますが、バーテープが千切れない程度に引っ張って、ロゴを揃えることに尽力。

最後はハンドルの下からバーテープを10cm出してカット。ブラケット側からステム側の対角、斜めにカットします。その部分を巻いた上に「化粧テープ」を巻いて作業終了。

その後、「FINISHLINE(フィニッシュライン)セラミック ワックス ルーブ」を注油。チェーンのローラーひとつずつに塗布し、乾かした上で2回目を注油しました。

エアを入れて「Panaracer(パナレーサー)デュアルヘッド・デジタルゲージ」で圧力を確認・調整したら、とりあえず走れる状態になりました

掛かった日数は5日間、時間にしたら20時間以上ってところだと思います。楽しいと言えば楽しいのですが時間が掛かり過ぎで他のことが何も出来ません…

そして翌日は雨予報なので新生ニローネの出番は無し…電車通勤ですwww

この日の作業は、ここまでにしてライトやサイコン、サドルバッグ等は翌日クリーニングしながら取り付けました。


[最大1000円OFFクーポン★9/11 1:59迄] SK11 アルミレベル450 MG付 SAL45M 4977292195416 [藤原産業 大工道具 測定具 アルミ水平器][r13][s1-080]



デダ DEDA DEDA TAPE バーテープ CARBON/BLK



《即納》FINISHLINE CeramicWaxLube 120ml (TOS06502) フィニッシュライン セラミックワックスルーブ[オイル・ルブリカント][ケミカル(油脂類)][メンテナンス]



パナレーサー(Panaracer) デュアルヘッド・デジタルゲージ BTG-PDDL1




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2018. 09. 06  
18_08_21-03ニローネメンテ

自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

「Bianchi Via Nirone 7」(ビアンキ ヴィア ニローネ 7)のオーバーホール、作業4日目はコンポーネントに「WAKOS(ワコーズ)ラスペネ」を注油するところから。クリーニング後の組み立て時にやろうと思ってたのに忘れてました…

「ブレーキ」「ディレイラー」の可動部に噴き付けてやり余分な油は「マイクロファイバークロス」で拭き取ります。

続いて、ブレーキ用アウターケーブルは前日終えたので、「Shimano(シマノ)ロード シフト ケーブル セット OPTISLICK」でシフター用アウターケーブルを張ります。

ブレーキ用同様、メンテの時にハンドルを外し易い様、長めにカットし取り付けました。カーブが大きく取れるのでインナーケーブルの負担も軽減出来ます。またブレーキのシルテックと同じようにオプティスリックもカットした後の断面が潰れにくいので整形するのが容易でした。

アウターケーブルを張り終えたらブレーキ用、シフター用共にインナーケーブルを通します。カーボンフレームの様な内装ケーブルでは無いので通すのが楽です。

インナーケーブルを通し終えたらアウターケーブルを「ビニルテープ」でハンドルに固定します。ハンドルの肩の方からステムに向かって「ビニルテープ」を重ねながら隙間無く巻いていきます。バーテープの巻き終わりより若干手前で巻きを止めます。

最後の方はアウターケーブルどうしが、なるべく干渉しない様な位置に調整しつつ「ビニルテープ」で固定します。走行中の振動による不快なビビり音を出さない為です。

ケーブル張りが終わったので次はコンポの調整に移ります。

ブレーキには「Tacx(タックス)ブレーキシューチューナー」を使います。
18_08_21-01ニローネメンテ
リムに対するシューの位置と、トゥーインが簡単に設定出来るという調整工具。リムの縁に引っ掛けてボルトで固定し、緩めたシューをチューナーに沿って合わせます。

位置があったらブレーキレバーを強く握り、そのままの状態でシューの固定ボルトを締めます。
18_08_21-02ニローネメンテ
ブレーキレバーの握りが弱かったり、勢いよくボルトを回すとシューが回ってしまうので注意が必要。

ブレーキシューチューナーの先端が薄く、後方が厚くなってる為、シューの先が内側に向いたトゥーインの状態が設定出来ます。ブレーキ効率が上がり、音鳴りしにくくなります。

リアも同様に行ったらブレーキの調整作業は終了。続いてディレイラーの調整なのですが、急いでたので画像はありません…

リアディレイラー(RD)調整の手順:①シフターのレバー操作でトップギアにしておく。②フレームとRDの調整ボルトを最後までねじ込み、その後少し戻しておく。③ガイドプーリーがトップギア外側の線に来る様、トップアジャストボルトで調整する。④インナーケーブルを強く引き、RDに引っ掛け固定ボルトを締める。⑤シフターでローギアに変速する。⑥ガイドプーリーがローギアの真下に来る様、ローアジャストボルトで調整する。⑥チェーンをフロント・リア共にローへセットし、クランクを逆回転させる。チェーン詰まりしない位置までガイドプーリーをギアに近付ける様、Bテンションアジャストボルトで調整する。⑦チェーンをリアのトップにセットし⑥と同様の調整を行う。⑧ローから2段目にシフトしクランクを回す。シフターを遊び分だけ操作してカチカチと音鳴りがしたらベストセッティング。⑧音が鳴らない場合は調整ボルトを緩め、3段目にシフトしてしまう場合は調整ボルトを締める。

フロントディレイラー(FD)調整の手順:①チェーンをフロント・リア共にローへセットしておく。②フレームの調整ボルトを最後までねじ込み、その後少し戻しておく。③FDのロー側調整ボルトでチェーンガイド内プレートとチェーンの隙間を0.5mmに調整する。④インナーケーブルを強く引き、FDに引っ掛け固定ボルトを締める。⑤シフターでフロント・リア共にトップへ変速する。⑥FDのトップ側調整ボルトでチェーンガイド外プレートとチェーンの隙間を0.5mmに調整する。⑦フロントトップ、リアローに変速し、FDのトリム操作を行う。(FD側ローのレバーを軽く押す)⑧カチッとFDがわずかにロー側へ移動することを確認。移動しなかったりチェーンがローに変速してしまう場合はトップ側調整ボルトやフレームの調整ボルトで調整する。

※フロントトップ、フロントローの時、それぞれでリアのギア全段をクランクを回しながら変速し動作を確認します。
※微調整はフレームやRDの調整ボルトで行うのですが、ほとんどの場合はインナーケーブルの緩みを取る方向なので調整ボルトは予め締め込んでおくと調整幅が広く取れてやり易いです。
※しばらく経つとインナーケーブルが初期伸びを起こす可能性があるので、その時も調整ボルトを緩める(インナーケーブルを張る)調整が必要になります。

インナーケーブルを「ケーブルカッター」で適度な長さに切り、先端に「エンドキャップ」を取り付けて完了。

久しぶりに105グレードの調整をしたら手こずりましたしかし、初心に返ってマニュアル通りの手順で素直に進めたら簡単に終了

でも残念ながら、この日はここでタイムアップ…仕上げは翌日に持ち越しです


マイクロファイバークロス マイクロファイバー クロス 30cm×30cm 厚手 コネクト システムクロス キッチン ふきん 超吸水 いろいろなお掃除に 超極細繊維 進化系ぞうきん 進化形ぞうきん



シマノ オプティスリック シフトケーブルセット



Tacx(タックス) ブレーキシューチューナー(BRAKESHOE TUNER)(8714895021157) 【80】 自転車 ブレーキ 調整 bebike 国内正規品



SHIMANO(シマノ)純正部品(工具・消耗品) Cable Cutter ケーブルカッター ライナーニードル付き TL-CT12[ワイヤーカッター][メンテナンス][一般工具]




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR