FC2ブログ
2021. 01. 14  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。


「Look(ルック) Kéo Cleats」が、4,700kmほどの走行距離でボロボロに。

左側クリートのペダルに掛かる部分が数ミリしか残ってません。
21_01_10-02cleat.jpg
一定方向に足を引くと踵を捻らなくても外れる様になってしまいました。ダンシングでも何回か外れてドキッとします。

新しいクリートは「Look(ルック) Kéo Grip Cleats」
21_01_10-03cleat.jpg
ノーマルのクリートは、タイル面等を歩くと、かなり滑るのでグリップ付きにしました。締め付けトルクは5.5~6.0N・mで3㎜アーレンキーにしては高い。

手持ちのトルクレンチでは0.5まで管理出来ないので、だいたい5N・mで締め付けました。

クリートは左右が親指側で、前後が最後方に下げてから数ミリ戻した位置。定規で爪先と踵の中心を結んだ方向で向きを調整します。

翌日のサイクリングで使ったところ、グリップ付きは歩行時、だいぶ滑らなくなりました。そして、位置は左足の向きを微調整した方が良いかな?と言う感じですが良好です。

今回は4,700kmで交換しましたけど、3,500kmくらいで、すでにカタ付きが出始めました。LOOKはSHIMANOに比べて摩耗が早い感じがします。

でもブレード式だし、装着感の良いペダルが気に入ってるので、まあ仕方が無いかなと😅


【1月15日はWエントリーでポイント「9倍!」 お買い物マラソン】LOOK ルック KEO BLADE CARBON ケオ ブレード カーボン



LOOK(ルック) KEO GRIP CLEAT (ケオ グリップ クリート) クリート 可動角度:4.5° グレー (3611720061553) ロード 自転車 bebike




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



2021. 01. 09  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。



1か月以上ぶりにチェーンクリーニングしました。

まずは、CANYON Ultimateから。
21_01_02-01mainte.jpg
表面的には、うっすら曇ってますが、そんなに汚れてないように見えます。

「FINISHLINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナー」と、「FINISHLINE(フィニッシュライン)バイクチェーン ディグリーザー」を使って清掃作業。
21_01_02-02mainte.jpg
ペダルを20回くらい逆転させ「トレー」に排液しました。それを5回繰り返しましたけどモヤっとした黒い汚れが出ただけで全然汚れてません。

首を痛めて乗れない時期が長かった為か、チェーンは綺麗なものでした。


続いてKUOTA KIRALの番。
21_01_02-03mainte.jpg
首が痛くても通勤で乗ってたので結構汚れて見えます。

いつもの様に最初の排液は透明で後から黒く変わっていきました。
21_01_02-04mainte.jpg
黒い排液が止まらないので、こちらは7回繰り返します。しかし、「トレー」全面が黒くならないので、汚れ方はそこそこだった様です。

チェーンに「FINISHLINE(フィニッシュライン)セラミックワックスルーブ」を、各車2回ずつ注油したら作業終了。


少し間が空いたので、もっと汚れてるものかと思いましたが綺麗なので意外でした。

ずっと気になってたので拍子抜けですけど、スッキリして良かったです。

それにしても1回交換したチェーンクリーナーのブラシが、もうボロボロなので、そろそろ本体ごと買い換えたいなと。10年近く使ったことだし。


フィニッシュライン(FINISH LINE) チェーン クリーナー TOS04500



フィニッシュライン(FINISH LINE) エコテック バイクチェーン ディグリーザー 600ml TOS10801



フィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ 120ml TOS06502




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2020. 12. 09  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。



CANYON Ultimateディスクブレーキパッドを交換したらローターにパッドが擦れリアホイールの回転が渋くなってしまいました。

慣らし走行後、心出しの時に再度調整。リアの擦れは解消したものの和田峠往復サイクリングの帰りに、今度はフロントから盛大なブレーキ音が鳴る始末。

なのでリアブレーキの擦れ解消と同じ作業を試してみました。

ブレーキキャリパーをフォークから外し作業しやすい状態に。
20_11_21-01mainte.jpg
ブレーキパッドを外した状態でブレーキレバーを握ると左側のピストンしか押し出されて来ません。ブレーキの片利きが原因で音鳴りしたのかも知れません。

ブレーキレバーを何回か握りピストンを画像の程度押し出し「ウェス」で拭き掃除しました。

左側のピストンを「タイヤレバー」で押し、その状態を維持しながらブレーキレバーを握ります。
20_11_21-02-1mainte.jpg
すると今度は右側のピストンだけが押し出されて来るので拭き掃除した後に「タイヤレバー」で押し戻します。

その際、ピストン表面に「タイヤレバー」を渡し、その両端を引くと力が入りやすいです。ピストンを押し戻すには、かなりの力が必要ですけど油圧チューブに負担が掛からない様、注意も必要。

しっかり押し戻してある様に見えますけどローターが入りませんでした。
20_11_21-03mainte.jpg
再度、力を振り絞ってピストンを押し戻します。わたしは持ってませんがブレーキピストンレバーで作業した方が簡単かも知れません。

《即納》【あす楽】SHIMANO PRO(シマノ プロ) ブレーキピストンレバー[その他][専用工具]



パッドを取り付けたキャリパーをフォークに取り付けホイールを戻したら心出し作業。ブレーキレバーを握った状態で固定ボルトを締めていきます。

完全に締め込むのはローターの擦れがないか確認をしながらの方が心出しは決まりやすいです。


デフォーのタイヤ、SCHWALBE(シュワルベ)プロ ワンは約4,200km走行したので交換。
20_11_21-04mainte.jpg
一時、チューブレスレディ化によって、とても乗り味良く走ることが出来ましたけど紆余曲折を経て断念することにしました。

新しいタイヤに選んだのは「Continental(コンチネンタル)GRAND PRIX 5000 700×25C」
20_11_21-05mainte.jpg
チューブレスレディ化を断念したひとつの要因はGP5000TLが嵌められなかったから。ビードが硬過ぎて30cmほどを残してビクともしなくなりました。

カーボンリムを傷めたくないので噂のチューブレス用タイヤレバーを試すこともなく、シーラントで部屋の床を汚すことに嫌気がさした等々によりチューブレスレディ化を断念しました。

しかし、このクリンチャー用であるGP5000はスルスルと嵌めることが出来ました。KUOTA KIRALのMAVICにて経験済みでもDT SWISSとの相性は?と言う心配も杞憂に終わってホッとしました。


作業の翌日は日曜なのでブレーキもタイヤも、試したかったのですが、最近のハードなライドや仕事、筋トレが影響したのか、また首を傷めてしまいました…

昨年は左肩が痛み、今年は右肩が痛くて前傾が厳しい状態に。

早くロングライドに行ける様にとの治療も、もう3週間になります😓


《即納》【あす楽】SHIMANO PRO(シマノ プロ) ブレーキピストンレバー[その他][専用工具]



●【国内正規代理店品】【2本セット】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ 700×25C(25-622) WO【北海道・沖縄・離島地域 配送不可】



【公式】【2本セット限定価格】 パナレーサー Panaracer チューブ R'AIR W/O700×18~23/700×23~28 仏式 60mm 自転車用チューブ レース用




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2020. 11. 28  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。



CANYON Ultimateのデフォルト・タイヤ「シュワルベ プロワン」は走行距離4,100kmを超え、リアタイヤに角が出来てきたので交換しようと思います。

購入したのは「Continental(コンチネンタル)GRAND PRIX 5000TL」2
本セット¥14,650
20_11_17-02tire.jpg
GP5000はKUOTA KIRALで経験済み。文句無しのタイヤなので他の選択肢は頭にありませんでした。

しかもチューブレスレディタイプのTLが出たので下調べもしないで購入。

しかし、購入後にスペックを確認してみたら…
GP5000TL(チューブレス)25C:300g×2+バルブ:10g×2+シーラント:31g×2=682g
GP5000(クリンチャー)25C:215g×2+R'Air(チューブ)700×23~28C:78g×2=586g

前後合わせて96gも重いことが判明…
チューブレスの方が軽いと思ったのにクリンチャーより1.2倍近く重いとはガッカリ…しかし、転がり抵抗が低く、パンクリスクも減少、乗り味が良くなることを信じて交換します。

まずはプロワンの空気をしっかり抜いて「シリンジ」でシーラントの吸い取り。
20_11_13-02tire.jpg
30mL入れてたシーラントは10mLほどまでに減ってました。

吸い取ったシーラントは「トレー」に出し、その後は廃棄します。
20_11_13-03tire.jpg
タイヤを外しシーラントでベタ付いたリムをしっかり拭き掃除。

そして「GP5000TL」を嵌めるのですが片側のビードをリムに入れるのに、えらく苦労しました。リムの直径に対してギリギリの設計で、しかもビードがメチャクチャ固いです。

握力で、なんとか片側のビードをリムへ入れることに成功。

そして、もう一方のビードを入れていきますが30cmくらい残った所で微動だにしなくなりました。

嵌める時になんか使ったこと無いタイヤレバーで押し揚げようとしても全く言う事を聞きません…

ネットではチューブレス用タイヤレバーを使って入れた人が存在するそうですがカーボンリムを傷つけそうでチャレンジする気も起きませんでした。

2日後にライドの約束があるのでGP5000TLへの交換は断念。(ショックが大きかっただけに画像も無しです)


プロワンを、もう一度リムに戻し(スルスルと素手で付けられます)、新しいシーラントを注入。フロアポンプでエアを送るも、しかしスカスカに抜けて圧が掛かりません。

チューブレスレディのコツをつかんだつもりでしたが、普通のフロアポンプでは、やはりシーラントによる膜を作る為の放置時間が必要な様です。

心が折れてチューブレスレディすらも断念。またリムを綺麗に拭き掃除してチューブドに変え事なきを得ました。


チューブレスレディは乗り味も良かったし、パンクで大きめの穴が開いた時でもシーラントの効果により5barくらいまで圧が上がり走って帰ることが出来ました。

メリットを感じては、いたのですが取り付けに手間と時間が掛かるし、パンク修理が必要な時にはシーラントで汚れるのが非常にデメリットに思えてきました。

そして、タイヤは高価だし、その上に重量が増すことが加わると、もうデメリットの印象しか無くなってしまいました(-_-;)

後日、改めてクリンチャー用のGP5000を発注しました(;^ω^)


●【2本セット】【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000TL(グランプリ5000 チューブレス) GP5000TL ロードバイク用 チューブレスタイヤ 700×25C【北海道・沖縄・離島地域 配送不可】



●【国内正規代理店品】【2本セット】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ 700×25C(25-622) WO【北海道・沖縄・離島地域 配送不可】



DT SWISS DTスイス チューブレス リフィルキット 55mmバルブ



STANS NO TUBES スタンズ ノーチューブス RACE SEALANT レースシーラント 30oz(ST0070)ケミカル




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2020. 11. 26  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。

20_11_06brakepad.jpg
「SRAM(スラム) RED ETAP AXS HRDディスクブレーキパッドOrganic・aluminium」¥3,410×2set

笹子峠~柳沢峠サイクリングの帰り、フロントのブレーキ音が大きくなり、ダンシングすると聞き慣れない擦れた金属音が鳴る様に。

パッドを見てみたら擦り減って、もうほとんど無い状態でした。

慌ててY'sRoad新宿に行ってみるとメーカー在庫無し。ネットで買っても週末に間に合わない可能性があるので近くのショップに電話してみると在庫してるとのこと。

ただスチールは無くて少し高価なアルミのバッキングプレートでしたが購入しました。


■交換作業(未熟な失敗例)
・ホイールを外して古いパッドを取り出しピストンを押し戻す。
・ブレーキキャリパーをウェスで拭き掃除。
・新しいパッドを取り付け。
(新品のピンボルトは鉄の様なので元のSUSらしいものを使用)
・ホイールを戻しブレーキキャリパー固定ボルトを緩める。
・ブレーキレバーを握りながら固定ボルトを締めて心出しする。
・ホイールを回転させて異音がしないかを確認。

…異音どころかローターがブレーキパッドに擦れて回転が渋くなってます(>o<)
リアに至っては、ほとんど回らない状態…

まさか規格が違う物を買ってしまったのかと元のブレーキパッドを並べて厚さを確認しましたが肉眼では差がある様に見えません。

ピストンを押し戻しては心出しを繰り返し、なんとかフロントは擦れなくなりましたが、リアの擦れは取り切れませんでした。

仕方無く、その状態で慣らし走行に臨むことにします。


翌日、慣らし走行をすると異音がするし、回転が渋く短い距離を走っただけなのにクタクタになりました…

調整のし直し、ネットやリサーチでお勉強です(~_~;)


SRAM スラム DISC BRAKE PAD ディスクブレーキ パッド オーガニック/スチール eTap AXS 2ピースキャリパー用(00.5315.035.031)(710845828041)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
自転車・グルメ等について触れます
【BIKES】
CANYON Ultimate CF SLX 9.0 2020
KUOTA KIRAL 2015
tern Verge P20 2016

PR
アーカイブ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR