2015. 07. 18  
2015.07.17

書店で見つけ、中も見ないで衝動買いしました。
「最新!トッププロが教える ロードバイク トレーニング 2015」
15_07_17trainingbook.jpg
出版:洋泉社 税抜¥1,500
監修は自転車ロードレース元選手の栗村 修氏。

レースやトレーニング、食事、娯楽等を氏が過去に監督を務めた
チーム:宇都宮ブリッツェンの選手面々と対話形式で紹介する本。

パワーメーターを使うか否か、体重をどう落とすか、酒を呑んでは
いけないか、と言った内容の意見が各者の間で交わされます。

実際レースに出場して、それに応じたトレーニングをしてる人には
理解出来るでしょうが、わたしの様な未経験者には内容が
入ってこない・・・www

時間を掛けてきっちり読了しましたが印象に残るものはわずか
ただ、付録的な「落車マニュアル」や「機材の話」、
「森本誠氏との対談」は比較的面白かったです。

興味を持たれた方は書店かネットで


最新!トッププロが教えるロードバイクトレーニング(2015) [ 栗村修 ]

価格:1,620円
(2015/7/17 21:23時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2015. 07. 06  
2015.07.03

書店で目に入り衝動買いしました。
「弱虫でも」強くなる!ひとつ上のロードバイク<プロ技>メソッド
著者:山崎敏正 発行所:SBクリエイティブ株式会社 ¥850(税抜)
15_07_03books.jpg
著者の山崎氏は関西のロードバイク専門店「シルベストサイクル」
統轄店長にして、自転車競技の元モスクワ五輪代表選手。
還暦にしても未だ実業団レースにおいて活躍する実力の持ち主。

序章は著者自身の経歴があって、その後ほとんどはビギナーに
あてたロードバイクの購入、セッティング、メンテナンス方法、
乗り方、マナー・ルール等とだいたいは既知な内容でした。

最期の方でやっと本のタイトルに合った内容となり、トレーニングの
方法で2~3ヶ所は為になったかな?と言う感想です。

ビギナー向けではありますが、わたしの様にロードバイク4年弱くらいの
経験者が、もう一度基礎を読み直すのにもちょうど良いかと思います。
初版発行2015年6月25日で情報も新しいものです。

混んだ電車でも読みやすい大きさ。
気になる方はお試し下さい。


「弱虫」でも強くなる!ひとつ上のロードバイク〈プロ技〉メソッド [ 山崎敏正 ]

価格:918円
(2015/7/6 19:05時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2015. 01. 24  
2015.01.23

「ロードバイク オールカタログ2015」買いました。
発行・発売:株式会社枻(えい)出版社 ¥1,600+税

15_01_23catalogue.jpg
愛読の月刊誌「サイクルスポーツ」も同様のカタログを、
出版してますが、個人的にはこちらの方が見やすく感じます。

いいな~いいな~と各ブランドのバイクを眺めてるだけで癒されます。
しかし、サイクルスポーツの記事を読まなきゃいけない、
マンガも読まなきゃいけないで、このカタログいつ読めるんだろうw

280ページもあるのに1ページずつ飛ばさず読むのでえらい時間が
掛かりますw

各ブランドの国や起源が記載されたり、シマノ、カンパ、スラムの
コンポ-ネントも紹介されてます。

読み応えあるカタログ、垂涎必至のこのカタログ。
一度、手に取ってみられてはいかがでしょう。

【後払いOK】【1000円以上送料無料】ロードバイクオールカタログ 2015

価格:1,728円
(2015/1/24 00:45時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 12. 19  
2014.12.19

昨年の8月に紹介した小説「追い風ライダー」
作者は米津一成氏。
13_07_12-01oikazerider.jpg
ロードバイクを通じて繋がっていく人達の物語が描かれてます。

今年のわたしはこの物語を地で行ってるな~と思います。
ロードバイク繋がりの新しい出会いと、そこから続く旧友との再会。
その旧友が言ってました「自転車って本当スゲーな!」
出会いを結ぶ力の素晴らしさを、その一言が表してる様に思います。

ロードバイクに関係する人達を包む小さなエピソード。
心当たりがある方に読んで頂きたいと思い、
改めて紹介してみました。
良かったらページを開いてみませんか?

「追い風ライダー」
著者:米津一成(よねづ かずのり)
発行:株式会社スターダイバー
発売:株式会社徳間書店

追い風ライダー [ 米津一成 ]

価格:1,425円
(2014/12/18 22:01時点)
感想(3件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 11. 13  
2015.11.08

「CYCLE MODE international 2014」
(サイクルモードインターナショナル2014)で展示された数ある
バイクの中で、個人的に一番興味を持ってるブランド、
「KUOTA(クオータ)」をまとめました。

わたしは2013年の「KURARO(クラーロ)」に魅了され、
翌年2014年に発表された「KIRAL(キラル)」に衝撃を受けて、
それから、ずっと追っかけてるのですが、インターマックスさんのHPが
なかなか更新されないので今回を楽しみにしてました。

「InterMax(インターマックス)」ブース、
「KUOTA(クオータ)」のバイクたちです。

「K-UNO(クノ)」(ブラック×ホワイト)
14_11_08-32cyclemode.jpg
「SPINERGY(スピナジー)」のホイールが合ってカッコイイ!
フレーム重量910g、軽いですね~
パヴェ等の悪路走行に対応したフレームで、振動吸収性が高い。
フレームセット税抜き¥320,000 ※価格は参考

「K-UNO(クノ)」(ブラック×イエロー)
14_11_08-33cyclemode.jpg
イエローが差し色になるのも洒落てる。
さすがにバーテープはブラックに変えるかな?

2015年ニューモデル「KOUGER(クーガー)」
14_11_08-34cyclemode.jpg
クラーロの後継モデル。
と言うわけでクラーロ無くなりました

フレーム重量1,030g、エアロを追求したバイクでフロントブレーキは
フォークの後ろ、リアブレーキはハンガーにぶら下がってます。
メンテしづらそうなんですが、ひっくり返せばいいのか。
アルテグラ完成車¥356,400 ※価格は参考

そして「KIRAL(キラル)」(ホワイト)
14_11_08-35cyclemode.jpg
2014年とフレームデザインの変更は無い様です。
良いな~スピナジーのホイール。前後で¥30万位するな~

フレーム重量1,080g、ロングライドやエンデューロに焦点を置いた
設計、なおかつレースにも対応する剛性感を持ち合わせるモデル。
セクシィ~な形状のフレームが素晴らしい
アルテグラ完成車¥346,400 ※価格は参考

2015年のニューカラー、
「KIRAL(キラル)」(ダークグレー?×ブルー)
14_11_08-36cyclemode.jpg
2014年のホワイト、グリーンに加えてこのブルーとホワイト×レッドが
加わりました。
アルテグラ完成車のホイールは「VISION TEAM25」
(ヴィジョン チーム25)¥27,140(※価格は参考)が付いて来ます。

フラッグシップモデルだった
「KOM(ケーオーエム)」(グリーン×ブラック)
14_11_08-37cyclemode.jpg
これって2014モデル?オフィシャルサイトから消えてました。
かつてはキング・オブ・マウンテンの名を持つ旗艦モデルでしたが
2015年からは世代交代します。

その2015年フラッグシップモデル「KHAN(カーン)」
14_11_08-38cyclemode.jpg
黒いな~細いな~早そうだな~
カラーは、どブラック一色のみの様です。
フレーム重量860gと超軽量。
フレームセット税抜き¥340,000 ※価格は参考
履いてるホイールは「Lightweight(ライトウェイト)」¥60~80万

2015ニューモデル「KRYON(クレヨン)」(ホワイト×レッド)
14_11_08-39cyclemode.jpg
名前もフレームもなんだか可愛らしい。
オールラウンドで人気「KHARMA EVO(カルマ エヴォ)」
後継モデル、そのフレーム重量1,120g
アルテグラ完成車¥329,000 ※価格は参考

「KOBALT(コバルト)」(ダークグレー?×ブルー)
14_11_08-40cyclemode.jpg
2015年のエントリーモデルなカーボンバイク。
フレーム重量1,130g
105完成車¥219,000 ※価格は参考

「KYDRA(キドラ)」(ホワイト×レッド)
14_11_08-41cyclemode.jpg
「KIRAL(キラル)」のディスクブレーキタイプ。
フレーム重量1,100g
フレームセット¥240,000 ※価格は参考
世の中ディスクブレーキ主流になるんでしょうか?

「K-FACTER(ケーファクター)」(ブラック×ホワイト×レッド)
14_11_08-42cyclemode.jpg
TTバイクってあまり興味無いのですが目の前にあると
魅入ってしまいます。
フレーム重量1,390g、フレームセット¥190,000

「KALIBUR(カリバー)」(ホワイトブラック)
14_11_08-43cyclemode.jpg
フレーム重量1,350g、フレームセット¥290,000

以上、「KUOTA(クオータ)」2015特集でした。


「CYCLE MODE international 2014」は今回で10周年になる
そうです。
来年はまたパワーアップして、この幕張(お台場でもいいよ)に
戻って来て欲しいと思います。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR