2013. 10. 31  
2013.10.27

前日は、台風の影響で強い雨が降っていましたが、この日は晴れてスッキリとした朝を迎えます。
予報では最高気温21℃ですが、朝のうちは肌寒く感じたので、上下ショートスリーブのジャージに、インナーシャツを着て、手足にはウォーマーを着けました。
グローブはフルフィンガーを着用します。

今年の「羽田/羽村」を往復するコースは、必ず何か良からぬことが起きてばかりでした。
雨で完走出来なかったり、猛暑の中くたくたになりながら帰って来たり、挙げ句の果てにはミスして後輪ホイールをゆがめてしまう有様・・・(入院中1ヶ月経過)
今年は何事もなく、走り終えたことがありません。

厄祓いだ!!とばかりに8:29出発です。

「多摩水道橋」から、最初に目指す羽田方面の風景です。
13_10_27-01hanedahamura.jpg
海側に雲が見えますが、頭上は抜ける様な青い空が一面に広がります。

9:56「羽田」に到着、「穴守稲荷 赤鳥居」に一礼。
13_10_27-02hanedahamura.jpg
ここまでの「多摩サイ」は、非常に交通量が多かったです。
倒れそうで倒れないラジコンバイクみたいな動きで、ちっちゃい子の自転車が寄ってきた時にはドキッとしました。

多摩川河口が近づくにつれ風が強くなってきます。
座って休憩したいのですが、強風で愛車を自立させることが出来ません。
立って愛車を支えながら、スーパーで買った「草大福」で糖分補給をしました。
たまに食べるとマジ美味いです
立っての休憩に加えて、風が強くて落ち着かず、すぐ出発します。

「穴守稲荷神社」に参りました。
拝殿の右手にある「千本鳥居」です。
これをくぐった先に「奥之宮」があります。
13_10_27-03hanedahamura.jpg
「多摩川サイクリングロード完全ガイド」を読んで(羽田の赤鳥居だけ眺めてないで、参拝しなければ)と思い、やって来ました。

「拝殿」では、家内安全を願い、撮影することのお許しを頂きました。
13_10_27-04hanedahamura.jpg
商売繁盛、家内安全、交通安全、厄除け等の御利益があります。

御本尊前にも赤鳥居があります。
13_10_27-05hanedahamura.jpg
「奥之宮」では「神砂」(あなもりの砂)が頂けます。
家等にまくと御利益あるのですが、今回は頂きませんでした。
まき方と御利益については「穴守稲荷神社HP」で。

「多摩サイ」に戻ると上流側から強い向かい風が吹く様になります。
通行量も多いし、トレーニング的な走り方はせず、旅感覚でサイクリングを楽しむことにしました。
13_10_27-06hanedahamura.jpg
産業道路の「大師橋」付近です。
台風の影響で多摩川の水は、どこもこんな色に濁ってました。

「二ヶ領宿河原堰」では増水して流れに勢いがあります。
13_10_27-07hanedahamura.jpg
トイレ休憩をする為に停車したのですが、激しい流れを見る為、多摩川に近づきました。
トイレは「二ヶ領せせらぎ館」前の公衆便所で済ませます。
肌寒く、トイレが近くなったおかげで、立ち寄るきっかけになりました。
眺めが良いので、また来たいと思いました。

11:48「多摩水道橋」に戻ってきました。
13_10_27-08anedahamura.jpg
増水して緑に濁った川面に、強い風が波を起こします。

このあたりで、お腹が減ってきました。
このコースでは定番化してきた府中是政の洋食屋さん、
「レストランはなみ」さんを目指して急ぎました。

12:15に入店、その時には半分くらいの席が埋まってましたが、あとからぞくぞくとお客さんが入ってきました。
このお店は、いつも賑わってます。
カウンター席に座りました。

お目当ては、日替わりメニューの「オムライス」 しかし、この日は「チキンソテー目玉焼きのせ」でした。
第二候補の「スパゲッティー(ナポリ)」¥680を注文します。
13_10_27-09hanedahamura.jpg
10分ちょっとで運ばれてきました。
少し細めのスパゲッティーに、ベーコン、タマネギ、エビが入ってます。
太いパスタにケチャップ味とのレトロなナポリタンを期待したのですが、上品なトマトソースでまとまったスパゲッティーと言う感じです。

ソースが部分的に糸を引くので、なんだと思ったらチーズが入ってました。
上品なトマトソースにチーズのコクが加わります。
カウンターに置いてある、粉チーズやタバスコを掛けて頂きました。

ボリュームもあり美味しかったです。
ごちそうさまでした。

レストランはなみ 洋食
東京都府中市是政5-4-37

13:48「羽村」に到着しました。
13_10_27-10hanedahamura.jpg
この堰で、こんなスゴイ量の川の水が流れてるのは、初めて見ました

狛江辺りから、ここまでの「多摩サイ」はいつもの交通量、そんな混んではいませんでした。
向かい風や、時折横殴りに吹く風は、ずっと続いてます。
食事以外で座って休憩していないので、少しゆっくりしてから出発しました。

ここは何だろうと調べても判らなかったのですが、「多摩川サイクリングロード完全ガイド」でやっと判りました。
13_10_27-11hanedahamura.jpg
「第三期鮮新世小宮砂層」と言うそうで、多摩川八景にも選ばれてます。
しかし、この日は残念ながら増水で幻想的な様相を見ることが出来ませんでした。
過去に撮影した普段の姿は「コチラ」です。

帰りはたびたび強い横風を感じますが、向かい風は無かったです。
風向きが変わらずに、多分追い風に乗ることが出来たと思います。
30km/h以上の巡航で帰ることが出来ました。

15:20に、いつもの「多摩川の広場」に到着。
13_10_27-12hanedahamura.jpg
青い空、日差しが暖かいですが、風はやや冷たく感じます。

この様な気候は非常に走りやすいです。
13_10_27-13hanedahamura.jpg
風は強かったですが、本当に晴れて気持ち良く走ることが出来ました。

で、今回の走行でこのコースの厄祓いが出来たのか?と言うと、穴守稲荷神社にもお参りが出来て、風を除けば走行も順調、何の問題もなく完走出来た様に思います。

しかし、家に帰って愛車を確認すると汚れまくりです・・・
丸子橋と多摩川大橋の間、多摩川左岸の道には、水はけが悪い場所があり、台風で出来た水溜りを、何度も通ることになりました。
更に、段差を通った衝撃で、スポーツドリンクが噴き出してました。

そんな泥や砂と、飴状になったスポーツドリンクの糖分で、フレームやクランク辺りが、ドロドロのベトベトになってました・・・

せっかくキレイに清掃したばかりなのに、やっぱりなんかあります、このコース
次回は「穴守稲荷神社」で、交通安全祈願をして、「神砂」を頂いて帰ります。

15:36到着
走行時間=5:16
走行距離=125km
平均時速=23.7km/h
体重変化=68.4kg→66.3kg



このブログを始めてもう8ヶ月になろうとしてます。
半年以上、「毎日更新」を続けてきましたが本日を最後にします。
今まで毎日読んで下さってた方には、深く感謝を申し上げます。
これからは「随時更新」していきますので、今後ともお付き合い下さいます様、宜しく御願い致します。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2013. 10. 30  
2013.10.26

この日はエスニックなものが食べたくて、またディナーでは行ったことが無かったので、
つつじヶ丘駅、インド・ネパール料理のお店、
「エベレストキッチン」さんに、お邪魔することにしました。

17:20頃に入店します。
先客は2組、席には余裕がありました。

まずはドリンクのオーダー。
13_10_26-01everest.jpg
インドビール「キングフィッシャー」¥500
インドワイン「グローバー ソーヴィニヨンブラン」¥2,000
アルコールを頼むとツマミに「パパド」が付いてきます。

インドの白ワインは、この価格でも爽やかな口当たりで美味しいです。
さっぱりと飲めます。

「カチュンバルサラダ」¥280
13_10_26-02everest.jpg
インディアンスタイルの角切りサラダ。
ミントドレッシングとメニューに書かれてますが、定番のニンジンペーストが入ったインドドレッシングが中に隠れて掛かってました。
ミントの爽快感は感じられなかったのですが、シャキシャキの野菜が美味しかったです。

「タンドーリミックスグリル」¥1,350
13_10_26-03everest.jpg
タンドーリチキン、チキンティッカ、マライティッカ、シークカバブ、フィッシュティッカ、タンドーリプラウンが、キャベツ等の野菜と共に鉄板の上で熱々になって運ばれてきます。

マライティッカはチキンなのですが漬け込むソースがタンドーリチキン等とは異なります。
シークカバブは挽肉、フィッシュティッカはカジキマグロ、タンドーリプラウンは海老の窯焼きです。

どれもツマミには最適。とても美味しいです。

「エベレストモモ」¥550
13_10_26-04everest.jpg
ネパール風の餃子、カレー風味のソースを付けて頂きますが、今まで食べたモモの中で、一番固いです
店名を冠していて、おススメの様で楽しみだったのですが、これは残念です・・・

白ワインが空きました。
13_10_26-05everest.jpg
「グローバー カベルネシラーズ」¥2,000
グローバーの赤ワインです。
軽いですが香りが良くて美味しいワインです。

「チキンビリヤニ」¥800
13_10_26-06everest.jpg
メニューに「インド風チャーハン」と説明が書かれてます。
隠れてますがタンドーリチキンが埋まってました。
カレー味かと思ったら、タンドーリチキンと同じ風味がします。
ビリヤニを頂くのは初めて、しっとりとした、まさに「インド風チャーハン」、なかなか美味しいです。

ナンとカレーで無い〆も、やってみると新しい発見があって良かったです。
ワインと料理、ディナーでも美味しく楽しませてもらいました。
但し「モモ」はいまいち・・・ちょっと残念でした。

お腹いっぱい頂きました。
ごちそうさまでした。

エベレストキッチン インディアン ネパーリ レストラン
東京都調布市西つつじが丘3-30-16 第一小林マンション1F











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 29  
2013.10.25

この日に、ネットで購入した「専用工具」が届きました。
13_10_25tool.jpg
右から、
「SHIMANO(シマノ)Eリング取外し工具A」¥578
「SHIMANO(シマノ)Eリング取外し工具B」¥252
STIレバーのEリングを取り外したり、取り付けたりする工具です。

「SHIMANO(シマノ)ペダル用ロックブッシュ戻し工具」¥212
ロックブッシュを外して、ペダルを分解するための工具です。

STIレバーは故障した為に、新品と交換しました。
しかし、出来るものなら故障したものを分解して原因を確認してみたく、Eリング取外し工具2種類を購入しました。

と言ってもこの工具で出来ることはブラケット部分とレバー部分が外れるだけで、精密機械部分までは分解できません。
そこまで分解したら元に戻せなくなるので、まぁやれるところまでやってみたいと思います。

ペダルを取り付けてから1年3ヶ月以上、走行距離6,400km以上、使用してます。
その間はノーメンテ・・・分解すると中は恐らくグリス切れして、更に真っ黒でドロドロな状態だと思います。
しっかり洗浄してグリスアップしたいと思うのですが、ペダルのメンテナンスはした事が無いので、時間を作ってじっくりやりたいと思います。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 28  
2013.10.25

帰宅時に探し物があって書店に寄りました。
そこで棚に鎮座した1冊の本を見つけてしまいます。
「多摩川サイクリングロード完全ガイド マップ付」

たまに行くと、こんな出会いに出くわすが書店の良いところです。
早速、手に取ってみると100ページに満たない薄い本でした。
他にも購入したい本があるので、ここは¥1,000前後なら絶対買うと決めて裏表紙を見ます。
¥1,500(税別)
高っ・・・

棚に戻す前に中をパラパラと眺め、主に多摩川を走る身の自分が、この書物を所持せずに良いのかと?
これは買わなければ後悔する、こんな出会いは滅多にないぞ・・・
と、考える間もなく、設定した予算枠を無視して、速攻購入しました(笑)

13_10_25tamacycguide.jpg

普段、「多摩川サイクリングロード」は、走り抜けるだけなのですが、随分と見てみたくなる名所がたくさんあるものだなと、教えてくれるガイド本です。
また、良い景色だけど名称が判らない、なんでこんな呼び名なんだろう?といったことも、いくつか解消してくれました。

全ページに渡っての数多い写真と、マップで細かく見所が紹介されてます。
最近は、もっぱらトレーニング感覚で走ってる「多摩サイ」ですが、時には旅として観光も楽しみながら走りたいと思わせてくれました。

行ってみたい所も増えて「多摩川」を更に楽しみたいと思わせてくれたことに感謝です。

「多摩川サイクリングロード完全ガイド マップ付」
著 者:小林一郎 D-create
発行所:株式会社マガジンハウス

多摩川サイクリングロード完全ガイド [ 小林一郎 ]

価格:1,575円
(2013/10/28 21:12時点)
感想(0件)










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 27  
2013.10.25

NHKを観ていた人に教えてもらった、
「チャリダー★」は、NHK BS1 すべての自転車乗りに捧げる本格派自転車情報番組です。
13_10_25chariderlogo.jpg
http://www.nhk.or.jp/charida/index.html

10月25日の放送は24:00からで、録画予約したものを翌朝観ました。
この日の内容は、俳優 猪野学さん、お笑い芸人 堤下敦さんが、ロングライドやヒルクライムに挑戦、それを自転車界の御意見番 竹谷賢二さんから指導をもらうと言った番組構成です。

これは、かなりライディングの勉強になる番組です。
今まで、こんな本格的な自転車番組を他に知らないので、走ってるところを観てるだけでも楽しめます。

この日の放送は3回目、第1回が7月15日、第2回が9月23日。
面白い番組なので、もっと早く知っておけば良かったです

と思ってサイトを調べてたら、再放送決定の文字が
放送はサイトをチェックした日の20:00からです。
ラッキーと思いながら、ネットでテレビ番組表を確認すると、セリアAの試合になってます。
放送予定が変更されてました・・・がっかりです

再放送は、やるんでしょうか?サイト要チェックです!!

MCは、サイクルクリニックのオーナーとして うじきつよしさんが、
アシスタントは、高橋メアリージュンさんです。

次回の放送は、11月29日(金)20:00~
非常に楽しみ!待ち遠しいです









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 26  
2013.10.25

今日は何を食べようかと街を探していると、歩道におススメ料理の看板が目に入ります。
桜新町駅の、「敷島屋」さんにランチで、お邪魔しました。
こちらは、「サザエさん通り」付近にある蕎麦屋さんです。

12:10頃に暖簾をくぐります。
雨模様のせいか、お客さんは3人だけ、店内はガラガラでした。
メニューをさらっと見てから、誘いの看板にあった
「親子丼セット」¥900を、暖かい蕎麦で注文しました。

通常¥1,030が、本日のサービスメニューとして¥900になってます。
他のメニューを見ても、この辺りではかなりリーズナブルな価格に、思えます。

「サザエさんギネス認定記念」で、たぬきそば/うどん+半ライス¥700 → ¥500と言うキャンペーンも、やってました。
創意工夫で頑張ってるなーって思います。

そして、5~6分で注文の品が届きました。
13_10_25shikishimaya.jpg
仕切りの付いた重箱に親子丼と、たぬきそばが盛り付けられ、味噌汁、きざみネギ、漬け物が付いてきます。
もりそばならよく見ますが、つゆそばがお重に入ってるのは、めずらしいです。
器に口をつけて、つゆを飲めないのでレンゲが付いてきている様です。

なめこと、きざみ揚げが入った味噌汁から飲んでみると、まぁ普通の味でした。
さすが蕎麦屋さんの味噌汁!と感動する用意があったのですが、普通でした(笑)

たぬきそばのつゆを飲んでみると、甘めですがこちらは美味しいです。
昔ながらの町場の蕎麦屋さんの味、懐かしい味です。
蕎麦もそんな感じで美味しいです。

親子丼は卵がトロトロして、鶏モモ肉も柔らかくて美味しい。
丼つゆも甘すぎずに、醤油の加減もちょうど良いです。
すごいたくさん入ってるように見えたのですが、深さは無いので量もちょうど良いです。

なんかあとを引くつゆで、ほぼ飲み干してしまいました。
完食しない日は無いのですが(笑)今日も完食。
お腹一杯になる量でした。

この日が初めての訪問、安くて早くて美味しい、またお邪魔したいと思いました。
ごちそうさまでした。

敷島屋 そば・うどん
東京都世田谷区桜新町1-4-7









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 25  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.23

「SHIMANO SPD-SL クリートセット SM-SH11」¥1,499
13_10_23-01cleat.jpg
ネット注文したものが、バイクウォッシュと共に到着しました。

先週の「檜原村サイクリング」で、「仏沢の滝」を目指して、岩場を歩いた結果です。
13_10_23-02cleat.jpg
1日で、クリートが傷だらけになったわけじゃありませんが、結構なダメージになりました。

このクリートは、ペダル(SHIMANO 105 PD-5700-L)を買った時に付いてたもので、もう使って1年3ヶ月以上、走行距離にして6,320kmになりました。

石段上って神社に行ったり、砂利や岩の上を歩いたりと、苛酷な使い方をしているせいで、もうボロボロです。
黄色い部分の減り具合が交換時期の目安になるのですが、目安どころじゃなく千切れてしまって無いです・・・

前回の走行では、左のクリートをはめた後に外れてしまうと言う事態に。
これ以上、使うのは危険だと思ったので交換します。

もう何度も調整して、熟成されたクリートの位置を変えたく無いので、修正ペンでマーキングしました。
13_10_23-03cleat.jpg
クリートの前と後ろになぞって入れます。

クリートを外して清掃。
13_10_23-04cleat.jpg
「ウェス」「バイクウォッシュ」で、泥や油汚れを落としました。

マーキングした位置に、新しい「クリート」を合わせて取り付けます。
13_10_23-05cleat.jpg
付属のクリートワッシャーとクリート取付ボルトで固定。
ボルトの先にグリスを塗り、トルクレンチで6N・mで締め付けます。
※取扱説明書では5~6N・mです。

新品のクリートでは、熟成された位置に合わせたと言っても、感覚が変わってしまうでしょう。
走ってみて、結局は微調整が必要になります(笑)
ロードバイクは、調整も楽しみに思わないと、乗ってられないです

それにしても、あぁースッキリしたー
クリート変えただけで気持ちが晴れ晴れとします。

速く走りたいですけど、しかし週末は台風の影響により雨予報・・・
週末ライダー、久しぶりの休みになってしまうのかな?~~

SHIMANO シマノ SPD-SL クリートセット SM-SH11 セルフアライニング(フローティング)モード 黄

価格:1,580円
(2013/10/24 22:05時点)
感想(5件)




grunge グランジ コンパクトトルクレンチ

価格:6,250円
(2013/10/24 22:06時点)
感想(33件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 24  
2013.10.23

とうとうネット購入しました、「FINISH LINE SUPER BIKE WASH」
(フィニッシュライン スーパーバイクウォッシュ)のお徳用。

容量3.77リットル、価格は¥3,800(送料無料)でした。

前回購入したバイクウォッシュは、容量1.0リットル(スプレーノズル付きボトル)の価格は¥1,499(条件付き送料無料)でした。

どれだけ、お徳かと言うと¥1,499-¥3,800/3.77リットル=¥491
1.0リットル当たり¥491もお徳!!
お徳用を1本使い切ると、¥491×3.77リットル=¥1,851もお徳です!!!

このバイクウォッシュを買うようになって、今まで1.0リットルのボトルを6本買ってます。
1本はスプレーノズル付きにしたいので5本分で考えると、
¥491×5本=¥2,455も無駄にしてしまいました・・・

バイクウォッシュは、本当によく使うのでノズルが詰まらない限り、
お徳用を購入し続け、より愛車を磨きまくります


【即納】フィニッシュライン バイクウォッシュ 3.77L

価格:3,302円
(2013/10/23 22:18時点)
感想(3件)




【即納】フィニッシュライン バイクウォッシュ 1000ml

価格:1,411円
(2013/10/23 22:19時点)
感想(18件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 23  
2013.10.22

「Bianchi FRETTA」(ビアンキ フレッタ)は、折り畳み自転車です。
初めて出会ったのは、昨年の東急ハンズ渋谷店のサイクルコーナー。
ネットでも見たことが無かったので、リアルな車体を目の当たりにした時は、美しいフォルムに「おぉー」と感嘆の声が漏れました。

13_10_22-01fretta.jpg

どこで折れて畳まれるのかが判らない様なスマートなデザイン、サスペンションも見たことの無い形状でお洒落です。
大きなチェーンリングで、ミニヴェロながらスピードが出そう。
「Bianch」のロゴが映える2012年モデルが一番魅力的です

しかしこのフレッタ、よくよく調べたらドイツで作られた「BD-1」の、
OEMだと知りました。
フレッタを見つけた当時の2012年、BD-1には3種類のモデルが揃ってましたが、2014年では5種類までラインナップが増えてます。

それぞれのコンセプトに興味を持ったので、サイトを見てみることに。
スピード重視や、楽々ライドのコンフォートと言ったスペックが揃ってます。
ギア比較の表も紹介されていて、速度の違いが気になったので、ちょっと計算してみました。
5種類のスペックを、簡単にまとめます。

ギア比は最大で比較してみます。(トップスピード)
<例>フロント54T/リア9T=ギア比6.0
   (ペダルを1回まわすと、後輪が6回まわる)
    タイヤ周長138cm×ギア比6.0=距離828cm
「ギア比」と「距離」は「BD-1のサイト」の表に記載されてるので、参照出来ます。
ケイデンス(1分間のペダル回転数)は、エネルギー効率が良いとされる、
70回転/分(rpm)とします。
<速度計算式>
速度(km/h)=距離(cm)×1/100,000×70rpm×60分



「BD-1 SPEED LTD.」(スピード リミテッド)¥210,000
(ブラック)
13_10_22-02speed ltd
フロント54T リア9-26T ギア比最大6.0 距離828cm
速度34.8km/h 変速9Speed タイヤIRC18×1.25


「BD-1 STANDARD」(スタンダード)¥169,050(ブルー)
13_10_22-03standard.jpg
フロント56T リア11-30T ギア比最大5.09 距離702.55cm
速度29.5km/h 変速9Speed タイヤIRC18×1.5


「BD-1 COMFORT」(コンフォート)¥157,500(ホワイト)
13_10_22-04comfort.jpg
フロント52T リア11-30T ギア比最大4.7273 距離652.36cm
速度27.4km/h 変速8Speed タイヤIRC18×1.5


「BD-1 DISC-R」(ディスク-R)¥220,500(マーキュリーグレー)
13_10_22-05disc-r.jpg
フロント56T リア11-25T ギア比最大5.09 距離703cm
速度29.5km/h 変速9Speed タイヤIRC18×1.25


「BD-1 ALFINE」(アルフィーネ)¥239,400(マットブラック)
13_10_22-06alfine.jpg
フロント50T リアALFINE ギア比最大5.98 距離825cm
速度34.7km/h 変速11Speed タイヤIRC18×1.5
※内装変速SHIMANO ALFINE(シマノ アルフィーネ)搭載


モデルによってギア設定や、ハンドルポジション、タイヤ口径等、随分違うことが判ります。
価格ですが、ピッカピカのアルミカラー:ハイポリッシュだけは、
+¥8,400です。

各モデルに、それぞれの特徴があって、楽しく興味深いラインナップです。
オプションも豊富で、カスタム魂に火を付ける自転車に思います

BD-1は、この辺りにしておいてFRETTAに戻り、そのスペック。


「Bianchi FRETTA」(ビアンキ フレッタ)¥130,200
フロント54T リア11-30T ギア比最大4.909 距離677.44cm
速度28.4km/h 変速8Speed タイヤCST M-127 18×1.5


乗り心地はBD-1の「スタンダート」と「コンフォート」の中間な感じでしょうか?
BD-1との、年数は違いますが、どのモデルとも異なる設計で面白いです。
価格もBD-1に比べたら、かなり控えめですが、それでもわたしのロードバイクよりは高いです・・・

しかし、この「フレッタ」、Bianch 2014のサイトから消滅しました・・・
つまりは、生産中止です
渋谷で一目惚れして、たった2年の実らぬ恋でした・・・
また、いつか帰っておいで

【送料無料】当店だけの特典!ミニフロント&リアライト付き!【2014】rieseundmuller【リーズ&ミューラー】(BD-1SPEED LTD ブラック)9段変速折りたたみ自転車2014年モデルS-BAA認定モデル

価格:194,400円
(2014/8/5 23:12時点)
感想(0件)



【送料無料】当店だけの特典!ミニフロント&リアライト付き!【2014】rieseundmuller【リーズ&ミューラー】(BD-1スタンダード ブルー)9段変速折りたたみ自転車2014年モデルS-BAA認定モデル

価格:156,492円
(2014/8/5 23:11時点)
感想(0件)



【当店在庫あり】2014 BD-1 COMFORT ホワイト

価格:153,900円
(2014/8/5 23:14時点)
感想(0件)



【BD-1】Classic クラシック レッド【折り畳み自転車】

価格:145,800円
(2014/8/5 23:21時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 22  
2013.10.21

この日のランチは、前から気になっていたお店、駒沢大学駅の
「横浜家系らーめん 家丸」さんにお邪魔しました。
わたしは家系の、醤油豚骨ラーメンが好きなので、期待して行きました。

12:10頃に入店するとほぼ満席、学生さんが多いようです。
券売機で食券を買って店員さんに手渡します。
「お好みありますか?」と尋ねられました。
麺の硬さ、味の濃さ、油の量が、調節出来る様です。
初めて来たので全部「普通」にしました。

「ご飯付けますか?」と訊かれたので「お願いします」と答えます。
ご飯は無料、おかわり自由です。

空いてたカウンター席に座ります。
水はセルフサービスで、入口そばの冷水器に取りに行きました。

5分ちょっとで運ばれてきました。
「味玉ラーメン」¥750
13_10_21-01iemaru.jpg
見た目クリーミーな感じのスープに、海苔、チャーシュー、ほうれん草、ネギ、味付け玉子が入ってます。

久しぶりな醤油豚骨スープの味はどうでしょう?
ひとくち飲んでみると、う~ん、いかにも家系の昔ながらの風味です。
2口、3口と飲み進めると、あれっ?あんまり味がしない・・・
麺を食べてみます、やっぱり味が薄いです

臭みが無い、風味の良いスープには味が足りてないです。
早々に味を変えてみました。
13_10_21-02iemaru.jpg
カウンターにある「豆板醤」と「おろしニンニク」を入れます。
すると、スープにコクが出て美味しくなりました。
カウンターには他にも「おろし生姜」「白ごま」「酢」「コショウ」
「キュウリの漬け物」と言った、たくさんの薬味や調味料が、置いてあります。

スープに余白を残しておいて、自由に味を付けて楽しんで欲しいと言う、
コンセプトでしょうか?
なんだそりゃ?(笑)

麺は、すすった最初のひとくちだけ少し、かん水臭さを感じましたが、
もっちりとした食感が楽しい中太ストレート麺です。

それにしても、お願いしていた「ご飯」が来ません。
店員さんに言って、持ってきてもらいます。
13_10_21-03iemaru.jpg
味玉を割ってみました。
食べログさんで見たものよりも、黄身が固まってます。

ご飯は大きなお椀に入ってました。
少し古いご飯の臭いがしますが、まぁ無料なので多くを求めません・・・
味玉や海苔とスープをおかずにして完食しました。

その後は特別、味を変えずにラーメンも完食します。
お店もラーメンもムラがある感じで、素直に美味しいとは言えないところ・・・しかし、なんか全否定も出来ない感じがして機会があれば、またお邪魔してみたいとおもいます。

ちなみにお店の床は、ヌルッヌルです(笑)
滑りやすいので転倒に注意です。

お腹一杯になりました、ごちそうさまでした。

横浜家系らーめん 家丸 ラーメン
東京都世田谷区駒沢4-18-18









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 21  
2013.10.20

前の日の晩に、突然遊びに来てくれた友人と、つれあいとの3人でランチに行きました。
つつじヶ丘駅の「マダムリン台北」さんにお邪魔しました。

メニューが豊富な上、リーズナブルな台湾料理のお店です。
家でテレビ録画を観ていたら、昼食が遅くなってしまいました。
13:30頃に入店します。

まずは、わたしが「生ビール(中)」※おつまみセット¥750、つれあいが「杏露酒ロック」¥450を注文します。
13_10_20-01madamelin.jpg
車の友人は、アルコールを頼めません・・・スミマセン目の前で酒飲んで

おつまみセットの「バンバンチー」※メニュー表記のままです。
13_10_20-07madamelin.jpg
ソースが美味しく、蒸し鶏がプリプリしてます。

わたしは、生ビールが空いて「甕出し紹興酒一杯」¥500をロックで頼みます。
13_10_20-08madamelin.jpg
つれあいは、「茘枝酒ロック」(ライチ酒)¥450を頼みました。
友人よ、すまん・・・

こちらのお店では外せない「焼き餃子」¥400
13_10_20-04madamelin.jpg
皮が厚めでモチモチ、スープがこぼれるほどにジューシー。
家でも食べたいと、冷凍の「もちかえり餃子15個」¥1,050を、買って帰ります。

「五目焼きそば」¥700
13_10_20-05madamelin.jpg
醤油味の焼きそば、この麺もモチモチで美味しいです。

「麻辣牛肉乾」(マーラーニュウニョク)¥800
13_10_20-09madamelin.jpg
どんな料理か知らないで頼んでみました。
大量の唐辛子で炒めた、ビーフジャーキーです。
火が通ってる為に辛くないな~と、調子に乗って唐辛子をポリポリ食べてたら、急に辛さが襲ってきます。
牛肉乾が、なんだか判ってなかったので「肉が固いな~」なんて言いながら食べてました(笑)

つれあいとわたしが、これらを分け合って頂き、友人は
「酢豚定食」¥850を頂いてました。
そちらも、たいへん美味しそうでした。

友人とも楽しいひとときを、過ごせて良かったです。
お腹一杯、美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

マダムリン台北 台湾家庭料理
東京都調布市東つつじヶ丘1-1-3 K'SCUBE 1F









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 20  
2013.10.19

存在するのか?しないのか?「秋川サイクリングロード」「檜原村」を目指してサイクリングに行ってみました。
ネットで見てもいまいち、秋川の情報が少なく不安に思うのですが、幼い頃に行った川の美しさをまた見てみたくて行ってみました。

更に秋川上流の檜原村の観光地を調べると、「払沢の滝」(ほっさわのたき)がおススメの様です。
そちらも見てみたくなり目的地とします。

8:22出発、天気予報は降水確率80%、最高気温15℃でした。
ただ、雨が降るのは18:00以降でした。
賭けで雨を覚悟して家を出ます。

肌寒い気候で、半袖のラッシュガードを中に着て、アーム・レッグウォーマーを着けて、グローブはフルフィンガーを着用しました。

8:39に多摩川に到着します。
13_10_19-01hinoharamura.jpg
出発してすぐ、2~3滴の雨が顔に当たります。
(あぁやっぱりダメか)と思いUターンしますが、その後、雨の降りが無かったので、強行してまた先を目指しました。
しかし、厚い雲に覆われた空、降雨を覚悟しながら走ります。

多摩川左岸から「睦橋」を渡ります。
13_10_19-02hinoharamura.jpg
空気が冷たいです。
橋のたもとにある「福生南公園」のトイレに行きました。

睦橋から見た多摩川下流側です。
13_10_19-03hinoharamura.jpg
台風の影響で増水のあとが見受けられます。

「睦橋」を渡って左に曲がり、しばらくすると、「秋川」にぶつかります。
13_10_19-04hinoharamura.jpg
(えっこれなの?)と思うほどの狭い道、これが「秋川サイクリングロード」と呼んでいいのか?・・・

「秋川」は、とてもキレイです。
13_10_19-05hinoharamura.jpg
いつも通る福生はまだ街の様相が見られるのですが、秋川に来ると急に田舎風景に変わりました。

走行して、およそ34kmの川沿いに丸太の椅子と机が置いてある場所を、見つけます。
13_10_19-06hinoharamura.jpg
スポーツドリンクを含んで、糖質補給をしました。
帰りが遅くなると雨が降るかもしれませんので、先を急ぎます。

休憩した場所の上流側の道。
13_10_19-07hinoharamura.jpg
狭い、荒れてる、途中には泥が体積してます。
このコースは、シクロクロスの様相です。

サマーランドに着きました。
13_10_19-08hinoharamura.jpg
午前中、天候、サマーで無い、せいか人の賑わいは感じられなかったです。

サマーランドを過ぎた辺りで自分がどこを走ってるかを見失います・・・
道を誤ったなと思い、来た道を戻ると幸運なことに、武蔵五日市駅往きのバスに出くわします。
方向が確認できて予定していた道に戻れました。

「檜原村」に入り、駐車場の守衛さんに「払沢の滝」への道順を尋ねました。

「払沢の滝」の入口。
13_10_19-09hinoharamura.jpg
喫茶店があって、その横の山道を10分ほど登って行きます。
途中まで愛車を連れて行ったのですが、山道が途中で階段になるので、この辺りで待っててもらった方が良いです。

自然が気持ち良いです。
13_10_19-10hinoharamura.jpg
少し晴れ間も見えてきました。

「水神宮」と彫られた石碑が立ってます。
13_10_19-11hinoharamura.jpg
真っ直ぐに伸びた杉の木と、岩肌が幻想的です。
この先は階段となってたので愛車には、留守番をしてもらいました。

「払沢の滝」に到着しました。
13_10_19-12hinoharamura.jpg
高い所から落ちる瀑布の姿と音に感動します。

ビンディングシューズをボロボロにしながら岩を登りました
13_10_19-13hinoharamura.jpg
滝壺では吹き付ける風と音で畏怖すら感じます。

極まれに凍ることがある様です。
13_10_19-14hinoharamura.jpg
そちらも見てみたいですが、凍結してる様な環境で、自転車で来れるかは考えものです。

自生のモミジが多いです。
13_10_19-16hinoharamura.jpg
紅葉の季節、この風景は半端なくヤバイと思います。

滝に感動をもらって感謝しながら後にしました。
13_10_19-15hinoharamura.jpg
この道程、往復で20人近い人とすれ違いましたが、みなさんとは「こんにちわ」と挨拶しました。
街では挨拶なんてしないのに、なぜかこういう場所では、挨拶したくなってしまいます。

守衛さんのいた駐車場に戻ってトイレを済ませて帰路に着きます。
12:00を過ぎました、そろそろお腹が減ってきました。

食べログさんで見つけた、ほうとうのお店「佐五兵衛」(さごへい)さんにお邪魔しました。
行列が出来ていて5人目に並びます。

10分ほど待ってお店に入れました。
メニューの最初に書かれた「五日市ほうとう」¥1,102を注文します。
地場産の猪豚が入ってるそうです。

10分くらいで運ばれきました。
13_10_19-17hinoharamura.jpg
野菜たっぷりです。
きくらげ、三つ葉、ニンジン、ネギ、カボチャ、里芋、竹の子、油揚げ等が入っています。

まずは、つゆを飲んでみると、優しい出汁の味噌仕立てです。
野菜はどれも柔らかく煮てあって特にカボチャは甘くて美味しかったです。

ほうとうは、ふんわり柔らかい食感で、こちらも美味しいです。
13_10_19-18hinoharamura.jpg
どれをとっても優しい味です。
もう少し何かインパクトが欲しい気がするのですが、根強い人気があるのでしょう、お客さんの列が絶えませんでした。

お腹が一杯になりました、ごちそうさまでした。

ほうとう 佐五兵衛 ほうとう
東京都あきる野市小中野130
http://www.sagohei.com/

「武蔵五日市駅」に到着します。
13_10_19-19hinoharamura.jpg
秋川への道のりも判らず、ちょっと通りたくないなと言う思いから、「五日市街道」を辿って、「多摩川」に出ることにしました。

早いです(笑)あっと言う間に、「多摩川」に到着しました。
「武蔵五日市駅」からは、休憩無し、ノンストップでここまで来ました。
13_10_19-20hinoharamura.jpg
肌寒い一日、家から持ってきているスポーツドリンクは、1本半も飲んでません。
天候は、先週とは大違いでした。

気温的には、涼しくて気持ちが良いくらいだったのですが、ほとんど厚い雲に覆われて景色を濁らせてました。
「檜原村」は観光として良いと思いますが、その道程、サイクリングに向いたコースは、検討が必要だと思いました。

15:26到着
走行時間=4:54
走行距離=112km
平均時速=22.9km/h
体重変化=68.6kg→67.2kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 19  
2013.10.19

もう、秋も深まろうという時期に、夏のまとめです・・・
9月にアクシデントがありすぎて、書くことが出来ずに、ここまで来てしまいました。

今年の猛暑により、気付いたこと、困難だったこと、やってみたことを、まとめてみました。

<日焼け>
「SPORTFUL(スポーツフル)」のジャージを着てサイクリングに行ってたのですが、7月下旬、この背中と肩の白い部分の形のままに、うっすらと日焼けしてました。
13_07_29-01jersey.jpg
露出してる腕と脚は、一気に日焼けさせると皮がめくれるので、日焼け止めを出発前に一回だけ塗ってます。
汗で流れてしまえば焼けていくのですが、その腕と脚と同じ濃さで、背中も日焼けしてました。

鏡で見るとスゴイ目立ちます。
泳ぎに行ったり、温泉に行ったりしたら、ちょっと恥ずかしい・・・
こんな背中の日焼けの状態を見て、UVカットのジャージを試しても良いかな?と思いました。

<水分補給>
「CAMELBAK PODIUM CHILL 610ml」(キャメルバック ポディウム チル)のボトルを2本使ってますが、前の晩にスポーツドリンクを作って、夏場は1本を冷蔵、もう1本は冷凍にしておいてます。(メーカーの取扱説明書で冷凍OKと書かれてます。)
13_08_24_01bottle.jpg
このボトルは2層構造で保冷効果があるのですが、冷凍していても猛暑の中で冷たく飲めるのは、保って2~3時間程度といったところです。

今年の夏は本当に大量の水分補給をしました。
5リットル以上飲んだ日もあって、摂り過ぎで体調が心配になるほどです。

普段は飲まないコーラにも、随分お世話になりました。
ただの水と違って、気分をスッキリさせる効果が、得られることを知りました。
命の水です(笑)

暑い日の水分補給では、常温よりも冷水の方が吸収率が高くなると、雑誌で読みました。
スポーツドリンクも切れて、ボトルに移した冷えたミネラルウォーターを飲むたびに、生き返ったのを思い出します。

<汗の処理>
水分を補給すれば当然汗をかきます。
休憩の為に自転車から降りると、その途端に滝の様な大量の汗がこぼれます。
体が慣れてない午前中には、フラッとする日もありました。

今までは、汗が少し落ち着いた後すぐに走り出してたのですが、きちんと汗をタオルで拭き取ってから走った方が、体がすぐに冷却されて熱射病予防になることに気付きました。

休憩時、背中のポケットに入れてたタオルは、取り出してすぐに一回絞って、汗を拭き取ってまた絞れる様な状態になります。
人間の体からこんなに水が出ることに、むしろ感動を覚えます。

う~ん、しかし振り返ると本当に危険な夏だったとも思えてきます・・・

<塩分補給>
猛暑を一番、恐怖に感じたのが「宮ヶ瀬湖サイクリング」に行った日でした。
「宮ヶ瀬湖」を出て、帰りまでの距離50km以上を残した所で、両足がつって前に進めないというアクシデントに見舞われました。
初めてリタイアを考えたサイクリングです。

この夏、気温が高くなるにつれて、脚がつる頻度も高くなっていたので、その対策として、つれあいが見つけてくれたカバヤ食品「塩分チャージタブレッツ」をこまめに補給してたのですが、足りなかった様です。

カバヤ 塩分チャージタブレッツ 梅味 80g

価格:210円
(2013/10/18 20:46時点)
感想(0件)




脚がつらないギリギリの負荷でペダルを回し、20kmほど走ったところで休憩、念の為「ソルティライチ500ml」を飲んでおきました。

【10月30日出荷開始】【在庫処分】キリン 世界のkitchenから ソルティライチ 500mlPET×24本[賞味期限:2014年2月1日]同一商品のみ2ケースまで1配送でお届けします

価格:1,488円
(2013/10/18 21:16時点)
感想(20件)


再び、もう20km走った所で急に脚がつらなくなります。
たぶんソルティライチが効いたんだと思いました。
本当に塩分の大切さを、身を持って実感しました。

猛暑だと言うのにトレーニングじみた走行をしたり、山を走ったりと、無謀な冒険で自分を危険にさらす様なマネをしてしまいました。
このまとめをもとに来年の夏、事前準備を万端、整えたいと思います。

※個人的な体感と意見なので、ご了承下さい。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 18  
2013.10.18

ネット注文して、今年8/23に届いたサングラス、
「TIFOSI DOROMITE 2.0」(ティフォージ ドロミテ2.0) 、着用して7回サイクリングに行きましたが、その使い勝手の感想をまとめました。


13_10_17-01doromite.jpg

<フレーム>
最初に気になっていたのが、レンズの外周を囲むフレームです。
今までのサングラス「J!NS SG-003」は上側にしかなかったので、路面や後方確認の時に、死角が出来ないかと心配してました。

実際、路面の確認はそれほど気にならないのですが、やはり後方確認の時にはフレームが、視界に入ってくるので、少し注意が必要です。
ただ、レンズが顔の曲線に合わせてカーブし、目尻の方までカバーしてくれているおかげで、横を見た時でもレンズを通しての視界が、確保出来るところは良いです。
13_10_17-02doromite.jpg
「J!NS SG-003」で後ろを見ると、レンズが足りなく裸眼で見ることになり、不便さを感じていました。

<ベンチレーション>
あとはベンテッドレンズ(穴あきレンズ)の穴が、視界に入るのを気にしました。
エアフローを促してレンズの曇りを防止し、顔周辺を涼しく保つ為のベンチレーションです。
13_10_17-03doromite.jpg
目にレンズを近付けると、下の穴はほとんど見えませんが、上の穴は視界に入ります。
しかし、走行中はほぼ忘れていて、時々(あぁいたんだ)と言う感じ。
あまり気になりません。

<レンズ機能>
このレンズの種類は、ティフォージの「ポラライズド フォトテック」と言うものです。
ポラライズドの偏光と、フォトテックの色調可変効果(調光)が、組み合わされたレンズです。

「J!NS SG-003」も、偏光機能は備わっていてギラつきを抑える働きをします。
緑をとてもキレイに見せるのですが、黒はとても強調されて、マンホール蓋や、スモークの入った車のリアガラス等が、ハッキリと見え過ぎて目を奪われ少し疲れます。

「ティフォージ ポラライズド」も同様に緑がキレイに、黒が強調されるのですが、適度に抑えられて見やすいと思いました。

「ティフォージ フォトテック」の色調可変効果(調光)は、太陽の紫外線が当たることにより、色調が可変します。
これを試すのが楽しみで、晴れた日に片方のレンズだけタオルで隠して、その差を確認してみました。

う~ん微妙・・・変わった様な、変わってない様な、と言った具合です。
「ティフォージHPのデモ」(WATCH THE DEMOをクリック)ほどには可変してない様に見えました。
本当に強い日差しの下で試してなく、まだ納得出来ないので、これはまた改めて確認したいと思います。

光透過率は32.1%~11.9%、トンネルでも外さずに見えるのかも興味がありました。
しかし結果、視界は悪いです・・
出口が見える様な短いトンネルなら多少は見えるのですが、長くて暗いトンネルでは視認性が悪くて危険を感じます。

奥多摩湖に行く時に通った「新氷川トンネル」は、長い上にカーブしている為、外の光が入らずに暗いです。
路面の確認が遅れるので、このサングラスは外して走行しないと危険だなと思いました。

<フィット感>
広い視界の確保や、ズレ防止にはフィッティングが必要です。
その調整は、ノーズパッドとイヤーパッドで行います。
13_10_17-04doromite.jpg
目にレンズを近付けるほど視界が広く取れます。
まつげと、ほおにレンズが当たらないくらいにノーズパッドの奥行きを調節します。
ノーズパッドの間隔は、下を向いてもズレない様に鼻の幅に合わせます。

イヤーパッドは、耳の裏の形状に合わせて曲げてやります。
曲げる位置がレンズから遠いとズレやすく、近いと耳の裏が痛くなりますので、ちょうど良い位置を探しながらの微調整が必要です。

<まとめ>
調光に関しては、期待より効果が低いと感じました。
一番のお目当の機能だったので残念ですが、もっと強い日差しのもとで改めて確認はしたいと思ってます。
「フォトテック ライトナイト」ならトンネルの中でも見えて、調光の差も判りやすいかも知れません。
但し、偏光機能が無いので、どう見えるかが気になるところです。

偏光に関してはギラつきを抑えて見やすく、目に対するストレスが少なくて良いと思います。

目をカバーしている範囲が広いので、保護性が高いです。
フィット感が良いですが、フィッティングがうまくいってないと重さがある為に、ズレやすくなります。

見やすい、フィット感が良い、デザインが良いと言う点で、気に入って使ってます。
価格が手ごろなので、何種類か揃えて使い分けるのも楽しそうです。
わたしは最近、愛車につぎこんだので、今はそんな予算ありませんけど・・・


Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 グロスブラック

価格:8,910円
(2014/8/28 22:06時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 ブラック/ホワイト

価格:7,110円
(2014/8/28 22:09時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 マットガンメタル

価格:7,110円
(2014/8/28 22:12時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 マットブラック

価格:5,310円
(2014/8/28 22:14時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 パールホワイト

価格:5,310円
(2014/8/28 22:15時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 トータス

価格:5,310円
(2014/8/28 22:16時点)
感想(0件)



Tifosi(ティフォージ) ドロミテ2.0 メタリックシルバー

価格:5,310円
(2014/8/28 22:16時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 17  
11.10.26(購入日)

ロードバイクに乗るようになって、初めての冬支度です。
どんなウェアを買えば良いかも分からず、まして冬用のウェアは高い・・・
価格重視で購入したのが「SHIMANO(シマノ)ウインドブレークジャージ」です。

「SHIMANO(シマノ)ウインドブレークジャージ」¥8,800(当時)
13_10_16-01wear.jpg
冬しか着ないとは言え、もう2年が経ちました。
コケて右腕の袖口が擦り切れてますが、未だに使ってます。

他を知らないで言うのもなんですが、このジャージ価格の割には、機能は高いと思います。
想定温度は0~5℃、裏起毛、ハイネックのおかげで、とても暖かいです。
生地も厚くなく、体にフィットするので、体の動きを邪魔しません。

真冬は、ボディメーカーの裏起毛アンダーウェアを着てます。
基本、体は運動して熱を発しているので、上半身はその2枚で充分です。

背中には3ポケットが備わってますが、ジップ無しです。
わたしは、ジッパー付きポケットの必要性を感じて無いので、問題ありません。
13_10_16-02wear.jpg
リフレクターが付いてますが、それにしても寂しいデザインです。
安くて機能的ではありますが、デザインがう~ん
地味~で、おシャレな感じはしません・・・

「SHIMANO(シマノ)ウインドブレークロングタイツ」¥11,040(当時)
13_10_16-03wear.jpg
ジャージも同じ作りなのですが、表面がウインドブレーク素材で、裏面は通気性が良い素材になってます。
ウエストのヒモは結構重要で、ズリ下げを防止します。

裾にはジッパーが付いて、履いたり脱いだりが、しやすいです。
3Dパッドは、少し薄い感じがしますが、大きくて安定感があります。

わたしは身長176cm、体重67.0kg前後(最近太め・・・)、このジャージは上下ともMサイズで、ぴったりフィットしてます。

今年は寒さが厳しいらしいです。
ジャージを新調しようと目論んでいたのですが、9月のアクシデント続きで出費がかさみ、諦めることにしました
まぁ、今のものが充分使えるので、今年はこれで行きます。


シマノ ACCU3D R タイプ ウインドレジスタント ジャージ ブラック

価格:12,852円
(2014/9/8 21:52時点)
感想(0件)



シマノ パフォーマンス ウインドブレーク ジャージ ブラック

価格:9,180円
(2014/9/8 21:56時点)
感想(0件)



シマノ パフォーマンス ウインドブレーク ジャージ ライトニングブルー/ブラック

価格:9,180円
(2014/9/8 21:57時点)
感想(0件)



シマノ サーマルプリント ロングスリーブジャージ チーム ホワイト

価格:7,803円
(2014/9/8 22:03時点)
感想(0件)



シマノ サーマルプリント ロングスリーブジャージ チーム SHIMANO ブルー

価格:7,803円
(2014/9/8 22:05時点)
感想(0件)



シマノ パフォーマンス ウインドブレーク ロングタイツ ブラック

価格:11,016円
(2014/9/8 22:07時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 16  
2013.10.16

台風26号の影響で、外は防風防雨の大荒れです。
自宅待機で、家のことをしてたのですが、昼にかかるとお腹が減ってきます。
一緒にいた、つれあいと家で昼食にしました。

「貧乏人のパスタ」と言う意味の「ポヴェレッロ」を作ります。
昔、グルメ雑誌の「dancyu」(ダンチュウ)で紹介されていて、一度試したいと思ってたのですが、つれあいが興味を示さず、作らず終いで1年以上が経ちます(笑)
今回は、つれあいにあまり説明しないで調理開始しました。
「ポヴェレッロ」
<材料>
リングイネ:180g※家にあったラ・テラ・エ・イル・チェロ
卵:3個
パルミジャーノ・レッジャーノ:適宜
プラテッロ ペコリーノ:適宜※イタリア展で買った残り
ニンニク:1片
EXVオリーブオイル:大さじ1
水:2リットル
塩:小さじ4※パスタの茹で用
塩:適宜※調味用
ブラックペッパー:適宜
オレガノ:適宜※乾燥(イタリアンパセリを切らしてるので)
13_10_16-01poverello.jpg
チーズは、おろしておきます。
上のパルミジャーノ・レッジャーノは全部使いました。
下のペコリーノは、青カビが生えてきたので削り取り、半分くらいをおろしました。

底の深いフライパンに水・塩を入れて火に掛け、沸騰したらリングイネを入れて茹でます。
表示の茹で時間は6~8分、今回は7分とします。

ニンニクの芽を取り除き、みじん切りにします。
13_10_16-02poverello.jpg
細かい方が良いです。

卵1個を半熟目玉焼きにします。
13_10_16-03poverello.jpg
油を使わないヘルシー目玉焼きです。
マーブルや、テフロンコーティングのフライパンに、薄く水を張り(分量外)沸騰させます。
卵を落として、すぐに蓋をして蒸し焼きにします。

表面が白くなったら蓋を取り、残りの水を飛ばしたら出来上がりです。
蓋を取ってからの火の通し方で卵の固さが調節できます。
ヘルシーで洗い物も楽、朝食にも便利だと思います。

焼きあがった目玉焼きを、皿に移しました。
13_10_16-04poverello.jpg
これはパスタソースになるのですが、ちょっと火を通し過ぎました・・・

冷たいフライパンに、EXVオリーブオイルとニンニクを入れて、中火に掛けます。
13_10_16-05poverello.jpg
ニンニクの香りが立つまで炒めます。

ニンニクの香りが立ったら、オイルをフライパンの全面に広げて卵2個を落とし、再び目玉焼きを作ります。
13_10_16-06poverello.jpg
パスタの茹で汁を、この程度入れて蓋をして蒸し焼きにします。
こちらは、さっきよりもしっかり焼いていきます。

白身に焼き目が付くくらいに焼きました。
13_10_16-07poverello.jpg
ニンニクに焼きムラが出来てしまいました・・・
目玉焼きは、ニンニクを入れないで作った方が良さそうです。

フライパンにソース用の目玉焼きを戻し、茹で上がったリングイネ、チーズ、茹で汁を入れます。
13_10_16-08poverello.jpg
目玉焼きを崩し、チーズと茹で汁が混ざっていくとソースになります。
塩を入れて、ブラックペッパーを振り掛け、フライパンをあおってパスタにソースを絡めていきます。
茹で汁とチーズに塩分があるので、塩は味を引き締める程度にします。

パスタを皿に盛り付けて、目玉焼きを乗せます。
13_10_16-09poverello.jpg
ブラックペッパーとオレガノを振り掛けて完成です。

お好みで、おろしたチーズを掛けながら頂きます。

シンプルながらもチーズのコクと、まろやかな卵の甘味が美味しいパスタ料理です。
課題が残されましたが、いつでも作れる材料なので、もっと工夫して美味しく作りたいと思います。

つれあいの感想はと言うと、「すっごい美味しい!」とのことでした。
昔、提案した時に、なぜ却下されたのでしょう?もっと早く作れば良かった(笑)

ごちそうさまでした。











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 15  
2013.10.15

この日はラーメンが食べたい気分で、桜新町駅の「清勝丸 桜新町店」さんに、ランチでお邪魔しました。

こちらにお邪魔するのは、2回目です。
前回は、つけそばを頂いたのですが、麺が太い為つけ汁が薄く感じられました。
今回は他のメニューを頂いてみます。

12:15頃に入店すると雨だというのに店内は、ほぼ満席です。
前回は、それとは逆にほとんどお客さんがいない状態でした。
何か変わったのかな?と期待します。

食券を買って空いてる席に座ります。
今回は女性の店員さんが、テーブルの食券を愛想良く持って行きました。

5分ほどで運ばれてきました、「ランチ」(チャーシューご飯)¥100
13_10_15-01seishoumaru.jpg
ランチタイムはサービス価格と券売機のメモに書かれていたので思わずボタンを押してしまいました・・・
今週は、気合いを入れたダイエットが必要そうです・・・

ゴロゴロと乗ったチャーシューが美味しそう
¥100なので小さな茶碗くらいのサイズかな?と予想してましたが、結構なボリュームです。

それから、もう2~3分して「濃厚中華そば」¥750が運ばれました。
13_10_15-02seishoumaru.jpg
チャーシュー、半熟煮卵1/2、海苔、白髪ネギ、メンマ、タマネギのみじん切り等が入ってます。
スープはトロトロで確かに濃厚な感じです。

スープを飲んでみました。
魚介の香りが鼻に抜けて、臭みの無い豚骨スープの旨味が感じられます。
つけそばの時よりも濃厚に感じて、こちらの方が美味しいです

麺を食べてみると、スープとしっかり絡んで太さもちょうど良く、もっちりとした歯応えで美味しいです。
13_10_15-03seishoumaru.jpg
このお店の一押しは、つけそばの様ですが、わたしは中華そばの方が気に入りました。

チャーシューのタレが浸みたご飯もやはり美味しく、スープにも合います。
海苔や煮卵をおかずにしたら、もう間違いない美味しさです。

タマネギのみじん切りが、入ったところのスープを飲むと清涼感が加わって味が変わって楽しめます。
テーブルには、一味唐辛子やすりごま、酢?が置いてあって好みで味が変えられます。
美味しくて、あとを引くスープを、ほとんど飲み干してしまいました。

美味しく頂きました、お腹も満足です。
なのでサービスのアイスは、遠慮しました。
ごちそうさまでした。

清勝丸 桜新町店 らーめん
東京都世田谷区桜新町1-15-22 イイダアネックス6 1F








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 14  
2013.10.12

今回は「荒サイ」を走ってみたいと思い、ネットで検索したら理想的なコースが見つかりました。
ルートラボ、投稿者:老ディーさんのコースです。
こちらのコースを参考にして、この日サイクリングに行きました。

「荒川サイクリングロード」(さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道線)
「入間川サイクリングロード」(川越狭山自転車道線)
「多摩川サイクリングロード」(たまリバー50キロ)
を辿る、およそ118kmのコースとして紹介されてました。

Googleで地図を眺めて、交差点や橋等の名前を覚えますが、ちょっとチェックポイントが多くて、いまいち自身が持てません・・・
サイクリンロードも、ところどころ2~3本並んでて、どれを走ったら良いのかという感じで複雑です。
埼玉県を走行するのは初めて、冒険気分でサイクリングに臨みます。

8:19出発、まずは「吉祥寺」を目指します。
吉祥寺駅を通り過ぎて「四軒寺」の交差点を右折、しばらくするとセブンイレブンが見えてくるので、その角を左折、すぐの「桃井四丁目」の交差点を通過します。

「石神井公園」を突っ切り、北上していくと「白子川」にぶつかります。
13_10_12-01kawagoe.jpg
橋を渡って右折します。
川の向こうに「大泉ジャンクション」が見えます。

一回だけ迂回しますが、あとは「東京外環自動車道」を右に見ながら離れずに走ると、荒川に辿り着けます。
途中、東武東上線に当たるところでは、両側が階段で中央がスロープのアンダーパスがあります。
勾配が急で、幅も広くは無いので注意して走行する必要があります。

9:44、荒川「幸魂大橋」に到着しました。
13_10_12-02kawagoe.jpg
途中、渋滞も多かったですが、意外と早くあっさり着いた気がしました。
ここまで20kmちょっとです、(荒川って結構近いんだ)って思いました。
この日の天気予報では最高気温31℃とのこと。
空気は軽いのですが、日差しが暑いです。

橋上から見た「彩湖」
13_10_12-03kawagoe.jpg
青空が湖面に映ってキレイに見えますが、実は大量のアオコが発生して汚れてます・・・

「幸魂大橋」は美しい斜張橋です。
13_10_12-04kawagoe.jpg
しかし、この橋の上に立ってると、ずっと揺れてます。
大型車両が通ると、更に激しい揺れに、欄干を越えて転落してしまいそうな感覚に捕らわれます。

彩湖湖岸に降りて、「彩湖・道満グリーンパーク」でトイレ休憩をしました。
13_10_12-05kawagoe.jpg
いよいよ初「荒川サイクリングロード」の走行です。

「彩湖」北端です。
13_10_12-06kawagoe.jpg
ここまでの区間はランナーが多かったです。
遠くに渡ってきた「幸魂大橋」が見えます。

見渡す限りの田園風景を、一直線にサイクリングロードが延びます。
13_10_12-07kawagoe.jpg
ロード乗りも多く、みなさん気持ち良さそうに走ってました。

10:43、40kmほど走ったので、そろそろ休憩したいなと思ったところに、仮設の休憩所がありました。
13_10_12-08kawagoe.jpg
ベンチに座って休憩、糖質補給します。

国道16号「上江橋」を渡ります。
13_10_12-09kawagoe.jpg
先に見えるスロープを通ると、「荒川」「入間川」とに挟まれる州に降ります。
ちなみに、ここまでで二回、道を間違えました(笑)

次に「入間大橋」を渡ります。
13_10_12-10kawagoe.jpg
橋を渡って「入間川サイクリングロード」に入り、しばらく右岸を走ります。

このサイクリングロードは、堤防の上と、そのひとつ下との二段構えになってます。
上の段は、幅も広く入間川を眺めながら走行出来て気持ちが良いのですが、管理用通路だからなのか途中からダートになったり、橋にぶつかり途絶えたりしてしまいます。
スムーズに走るには、下の段のサイクリングロードを走った方が良さそうです。

しばらく走ると橋のある車道にぶつかり、渡りたいのですが車の往来が激しく向こう側に行けそうにないです。
横断歩道を渡ろうと、左に曲がって交差点に近づくと、中華料理屋さんが見えてきました。
(あーここだ~)偶然にも入ろうとしてたお店を見つけました。
ラッキーです

11:40頃、もう60kmほど走行してます。
ちょうどお腹も減って良いタイミングで入店、「三福源 小ケ谷店」さんにお邪魔しました。

「チャーハン」¥500「焼き餃子」¥200を注文します。
安いですね~(笑)定食メニューも安くて豊富です。

10分しないくらいで運ばれてきました。
13_10_12-11kawagoe.jpg
普通に頼んだのに「チャーハン」めちゃくちゃ大盛りです。

とろみのついた玉子スープを飲んでみました。
味が薄いです。
遠いところに塩味がいる感じ(笑)

餃子を頂いてみるとこちらは、若干ジューシー。
でも普通の餃子です。
そしてチャーハンは、やっぱり薄味・・・
中国醤油やラードを使ってそうで香りは良いのですが、遠い向こう側に味がします。
餃子をおかずにしたら丁度良いかもしれませんけど、薄味ですね。

それにしても超満腹になりました。
ごちそうさまでした。

三福源 小ケ谷店 台湾料理
埼玉県川越市大字小ヶ谷397-6

先ほどの「初雁橋」を渡って「入間川」左岸に移ります。

「安比奈親水公園」の花畑がキレイでした。
13_10_12-12kawagoe.jpg
天気が良いからか、シートを敷いてお弁当を広げてる人たちもいました。

柏原にある堰です。
13_10_12-13kawagoe.jpg
段の奥行が狭い、あまり見ない堰の形で、滝のように水が落ちてキレイです。

「入間川サイクリングロード」のゴールです。
13_10_12-14kawagoe.jpg
向こうに見える橋は「豊水橋」で、この橋を渡ります。

「豊水橋」の上から魚道のある堰を眺めます。
13_10_12-15kawagoe.jpg
「入間川サイクリングロード」、上流に向かって走るので多少、脚に負担が掛かるのですが、交通量が少なくて走りやすかったです。
楽しく走れたことを感謝して、「入間川」を後にしました。

「豊水橋」を渡って歩道橋のある交差点を右折し、都道・県道195号線を走行します。

だいぶ暑くなってきました。
スポーツドリンクも無くなって、冷たいものが飲みたくなります。
13_10_12-16kawagoe.jpg
「スポリカ500ml」「アルカリイオンの天然水500ml」を購入します。
どこぞのメーカーかも判りませんが、¥100なので助かります。
冷たいスポーツドリンクを、こめかみを痛くしながら飲み干しました。

しばらく走って「阿須」の交差点を左折、都道・県道218号線を走行。
ここから上り坂が続くのですが、80km走ってきた脚には、ちょっとキツイです

並行して走ってる八高線の「金子駅」を過ぎて最初の信号がある交差点を右折する・・・つもりが手前で曲がってしまいます・・・
次に曲がろうとしてた「藤橋久保」の交差点は当然見つからず、「今寺駐在所前」で左折しました。

「小作駅」付近を通る予定が少し青梅寄りを通過しました。
しかし、なじみの通りに出てホッとします

14:05、「羽村取水堰園地」に到着します。
13_10_12-17kawagoe.jpg
昼食を摂って以来、まともに休んで無いので長めに休憩しました。

立川付近でドリンク補給です。
13_10_12-18kawagoe.jpg
「ドデカミン ストロング300ml」「富士山おいしい水600ml」を購入。
ドデカミン、この手のドリンクを飲むのは久しぶりですが、甘~い・・・
ローヤルゼリー入りで元気が出るかも。

立川の小さな公園で、うがいと顔や腕の汗を洗い流しました。
13_10_12-19kawagoe.jpg
すっきりして残りおよそ20kmの走行に備えます。

天気予報通りの真夏日、上下のハーフスリーブのジャージには、塩が白く噴いてました。
この日は、2回塩分補給しました。

15:48に「多摩川の広場」に到着します。
13_10_12-20kawagoe.jpg
初めてサイクリングで行った土地は、新鮮でとても楽しめました。
「荒サイ」「入サイ」も基本、走りやすくて楽しめました。
絶対に、また走りたいと思います。

新たにサイクリングコースのレパートリーが増えました。
「老ディーさん」ありがとうございます。
この記事に感謝の気持ちを込めて。

16:06到着
走行時間=5:19
走行距離=128km
平均時速=23.9km/h
体重変化=67.2kg→65.4kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 13  
2013.10.11

駒沢大学駅から10分ほど歩いた住宅地にある「上馬 大菊」さんに、ランチでお邪魔しました。
そばが食べたいなと食べログさんで検索、見つけたのですが、メニュー等の情報は少なかったです。

12:10頃に入店すると、30席ほどの店内には半分ほどの、お客さんで埋まってました。
「いらしゃいませ」と声が聞こえますが、店員さんは忙しい様なので、自分でカウンターの席を選んで座ります。

カウンターの反対端にあったメニューを手繰り寄せて眺めました。
そば/うどんのメニュー書きには、「かけ」や「せいろ」¥650、「たぬき」や「きつね」は¥800とあります。
(あぁ~そのパターンか~)と思いました。
お高めな価格設定の蕎麦屋さんです。

水を運んできた店員さんに「たぬきそば」¥800を注文しました。
「ミニカツ丼」や「ミニ親子丼」セット¥500(単品¥700)も魅力的でしたが、食べ過ぎになるのでやめました。
どうやら接客を担当する店員さんは一人の様で、せっせと料理を運んでます。
店内は落ち着いた和モダンな雰囲気、BGMには久保田利伸が流れてました。

蕎麦を茹でている時に使っているのでしょうか?クッキングタイマーのアラームが鳴ってます。
注文から10分ほどが経っているので、そろそろかな?と思いきや、他のお客さんでした。
10分が過ぎて、15分が過ぎる間にも、クッキングタイマーの音を2~3回聞きますが、まだ料理は運ばれてきません・・・(おいおい頼んだのは、たぬきそばだぞ~)と、思ってしまいました。

20分が過ぎたところで、「たいへん遅くなって申し訳ありません」と運ばれてきました、
「たぬきそば」です。
13_10_12-01oogiku.jpg
ずいぶん手の込んだ、たぬきそばです。
色々な具材が、乗せられてます。
しかし、その為に20分以上掛かったのでは無く、多分順番を間違えたんだと思います。
・・・でも店内は空いてたよな~

具材は、カボチャやナス、カラーピーマンの天ぷら、麩に玉子焼き、三ツ葉、オクラ、揚げ玉等が入ってます。
小皿には、刻みネギ、すだちが乗せられてました。
あーこれなら¥800は、納得できます。

レンゲですくって、つゆを飲んでみると、雑味が無く透き通った味で、出汁が利いてます。
それぞれの具材も美味しく、つゆを吸った麩は、なかなかの味わいです。

蕎麦を頂くと、こちらはまぁ普通。
13_10_12-02oogiku.jpg
香り・コシ、見た目からして機械打ちの普通の蕎麦です。

つゆが特に美味しかったですね、天ぷらも美味しかったです。
でも、ランチで蕎麦一杯を頂くには、ちょっと高いです。

蕎麦の量が少ない店かな?とメニューの大盛り+¥200を見て思ったのですが、普通にお腹が一杯になるくらいにありました。

気が向いたら、また行ってみようと思います。
ごちそうさまでした。

上馬 大 そば・うどん・丼
東京都世田谷区上馬4-39-9









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 12  
2013.10.10

10月5日に行った「逗子マリーナサイクリング」では、前夜遅くまで降り続けた雨が、出発することを躊躇してしまうほど、路面を濡らしていました。

パーツ交換や、各コンポ等、細かいところの清掃により、およそ一週間掛けてピカピカにした愛車を、あっさりと汚してしまうのには抵抗がありました。

しかし、飾っておきたいのでは無く、走る為にキレイにしたわけで、思いを改め、汚れるのを覚悟して出陣します。

水溜まりを避け、車のタイヤが通った乾いた路面を選び、うっすらと溜まった泥の上を眉間にシワを寄せて走りました。

サイクリングから帰ってきて、愛車の汚れやすい場所を恐る恐る確認しました。

「フロントブレーキ」
13_10_10-01care.jpg
あれっ?拍子抜けするほどキレイです。
多少、砂塵が付着してますが、想像してたよりも、はるかにキレイです。

「リアブレーキ」
13_10_10-02care.jpg
砂塵と、細かくなった落ち葉が付着してますが、そんなに汚れてはいないです。
「シートチューブ」「シートステー」も同じ様な感じの汚れでした。

愛車を裏返して「ダウンチューブ」等を見てみます。
13_10_10-03care.jpg
砂塵や、飛び跳ねた泥が付着してましたが、それも大した汚れでは無かったです。

汚れる汚れると不安に思ってたのですが、それも杞憂に終わりました(笑)
「バイクウォッシュ」「ウェス」で、サーっと拭いて終わりです。

「チェーン」「バイクウォッシュ」を噴いて「ウェス」で磨きましたが、「チェーンリング」で砂がシャリシャリ言ってました。
音が無くなるまで拭き取って終了です。

本当に大した汚れでなくて良かったです。
元がキレイな状態だったので、清掃の手間も少なくて済みました。

今週末も走る気、満々です。
前日に確認・調整を行って、また出陣します。

フィニッシュライン バイクウォッシュ 1000ml

価格:1,411円
(2013/10/11 23:51時点)
感想(17件)



システムクロス厚手30cm×30cm(マイクロファイバークロス)

価格:298円
(2013/10/11 23:53時点)
感想(333件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 11  
2013.10.06

故障、トラブルに見舞われた愛車は、後輪ホイールを除いてパーツ交換・清掃により一新しました。
新生した愛車を駆って「逗子マリーナサイクリング」に出陣です。

新生と言えど「SHIMANO ULTEGRA」(シマノ アルテグラ)の後輪ホイールは、わたしのミスにより入院中です。
デフォルトホイール「SHIMANO RS10」を、はいての走行になるのですが、どの程度の重さを感じるかが気掛かりに思います。

今回の目的地は、9月に一度目指したのですが、「STIレバーの故障」により断念を余儀なくされた場所です。
今回の渡航を成功させて、災厄を駆逐してやろうと図る旅でもあります。

8:20頃に出発しました。
前夜、遅くまで降り続けた雨で路面全体が、まだ濡れたままです。
少し肌寒い空気に購入後、初めて使用する、「sportful(スポーツフル)アーム・レッグウォーマー」を着用して行きました。

「多摩水道橋」に到着です。
13_10_08-01zushi.jpg
空一面、厚い雲に覆われてました。
また雨が降り出すのでは、なかろうかというような空模様です。

予報でも降水確率は低く、雨など降らんと信じて走行しました。
13_10_08-02zushi.jpg
9:40頃に「境川」に到着します。
おはよう今日もよろしくと挨拶して先へ進みます。

10:10頃に「宮久保公園」に到着しました。
13_10_08-03zushi.jpg
トイレを済まして、糖分補給しながらホッと一息つきます。
遠目からは、前後のホイールが、ちぐはぐなことが判りません。
そして、デフォルトのホイールの走行感も判りません・・・
わたしの脚が鈍感なんでしょう、重くも無く普通に走行してます(笑)

11:00頃、「江ノ島」に到着しました。
13_10_08-04zushi.jpg
順調に行けば、あのお店のOPENに間に合いそうです。
この三叉路を左折して逗子を目指します。
この辺りから少し青空が覗いてきました。

滑川を越えてから、しばらく行くと左の脇道への入り口があります。
その道の坂を上がって行くと、この様なトンネルが見えてきます。
13_10_08-05zushi.jpg
真っ暗で急坂、車にも出くわすので危険、前後のライトを点けて慎重に走行する必要があります。
路肩には段差もあるので寄らない方が良いです。

トンネルを過ぎると下り坂です。
5分ほど走って、逗子マリーナのすぐそばにある、念願のお店、
「ゆうき食堂」さんに辿り着きます。
目論み通り、OPENの11:30に着いたので、並ばずにすんなり入店することが出来ました。

お会計は先払いです。
「アジフライ定食」¥880に、「刺身を付けられますか?」と尋ねたら、「高くなりますけど、値段は¥1,200です」とのことで、刺身を付けてもらいます。
刺身は数種類あって、生シラス、新サンマ、ブリ等が魅力的でしたが、「地アジ」にしました。
アジに、こだわってフライと刺身の味比べです。

10分しない位で運ばれてきました。
13_10_08-06zushi.jpg
すごいボリュームです(笑)
アジのフライも刺身も大きいです。
ご飯は、テンコ盛りの絵に描いたような、どんぶり飯です。
お吸い物、たくあん、ゆで卵が付いてきます。

野菜から食べて、お吸い物をすすります。
お吸い物はアツアツの時は、潮の風味が香り美味しいのですが、冷めてくると、しょっぱくなってしまいました。

アジの刺身にいってみます。
13_10_08-07zushi.jpg
大きく切られた身は、まさにプリプリで、脂ものっていて、とても美味しいです。
アジの刺身、付けて良かったーーと感動します。

こちらも大きいアジフライは、肉厚の身がフワフワして、箸で切れるくらい柔らかいです
13_10_08-08zushi.jpg
卓上のソースを掛けて頂きます。
衣がサクサク、アジの旨みも感じられて、とても美味しいです
一緒に多めのご飯を口に運びますが、みるみるお腹が膨れていきます。

食べるタイミングが、つかめず最後に残ったゆで卵。
(もうお腹一杯な状態で、ゆで卵なんて無理だなー)と思いつつ、
(でも、このままにして帰ったら捨てるんだろうな~)と考えると頑張って食べようと言う気持ちが湧き立ちます。
ゆで卵食べました・・・すると、食べ終わって最後に残った印象が、ゆで卵になります(笑)
今度お邪魔したら、ゆで卵キャンセルしようかな?と思いました。

美味しくお腹一杯頂きました。
ごちそうさまでした。

ゆうき食堂 海鮮・定食
神奈川県逗子市小坪5-2-11

ゆうき食堂さんを後にして海の方向に走ります。
13_10_08-09zushi.jpg
2~3分、走った所にある「小坪漁港」に行ってみました。
空が、だいぶ晴れてきました。
その下のエメラルドグリーンの海が美しいです。
堤防から釣り人が糸を垂らしてました。

「小坪漁港」とは反対に位置したところには、高級そうなクルーザーが並んでました。
13_10_08-10zushi.jpg
白い船体と海の青がキレイです。

ハーバーの向かいには洒落たレストラン「リビエラグランブルー」さんがあります。
13_10_08-11zushi.jpg
サイクルジャージでは、入れないお店です。

遠くには江の島が見えて、その上に重なって富士山の影が望めます。
13_10_08-12zushi.jpg
海や空の眺めもキレイで、また来たいな~と思いつつ、「逗子マリーナ」を離れました。

134号線を、江ノ島方面に走ってる途中、海水浴場にある公衆トイレに寄りました。
13_10_08-13zushi.jpg
左側の建物がトイレなのですが、親切設計、シャワーも完備されてます。
サーファーさんが体の砂を落としてました。

13:00頃、「江の島」に到着します。
13_10_08-14zushi.jpg
お腹は超一杯なのですが、なんかスッキリしたいと「コカ・コーラZERO500ml」を購入、食後のデザートとして飲みました。

日差しも強くなって、暑くなってきました。
13_10_08-15zushi.jpg
しかし、強くなってきた風に当たると、それでも少し肌寒いです。
アームウォーマーを外そうかなとも思ったのですが、風除け、日除けにする為、まだ着けておきました。
コーラを飲みながら、しばらく海を眺めてから出発します。

向かい風を感じながらトロトロと走って14:00頃、「今田休憩所」に到着します。
雲が浮かぶ青い空がキレイで、濡れた路面が心配だったけど来て良かったと思いました。
13_10_08-16zushi.jpg
ここで休憩するつもりはなかったのですが、脚に疲労を感じてきて、しかも体が熱くて冷たいものが欲しくなりました。
人道橋を渡った先の自販機で「アクエリアスZERO500ml」「いろはす555ml」を買いました。
コーラに飽きて購入したアクエリアス、どうせスポーツドリンクと期待しないで飲んだのですが、後味スッキリでとても美味しかったです。
いろはすは、ボトルに移しました。
やっぱり暑いので汗でビショビショのアームウォーマーを外しました。

脚の疲労を引きずりながら、14:35頃に「宮久保公園」に戻りました。
13_10_08-17zushi.jpg
だいぶ日も傾いてきました。
引き続き同じペースで走行、「境川サイクリングロード」を走り終えます。
楽しくサイクリング出来たことを境川に感謝して離脱、一般道に入ります。

町田を過ぎて、しばらく走ったところ、菅原神社そばの自販機で「ミウ500ml」を購入します。
13_10_08-18zushi.jpg
その場で少し飲んだのですが、体にスーと浸みてくる様で、とても美味しいです。
しかし、なかなか売ってる所を見かけないです・・・
残りをボトルに移して走り出します。
ミウのおかげでは無いと思いますが、この後から脚が元気を取り戻していきました。
疲労の峠を越えたようです。
大量なご飯の消化が終わって、筋肉に血が回ってきたかも知れません。

爽快に走って16:30頃に「多摩水道橋」に到着しました。
13_10_08-19zushi.jpg
もう日が暮れようとします。

風もあって雲の動きも速かったです。
また、厚い雲が掛かろうとしてました。
13_10_08-20zushi.jpg
逗子マリーナにいた時が、この日一番綺麗な空を見せてくれました。
多摩川にも、また来るよと挨拶して帰りました。

キレイで眺めも良く、美味しそうなお店が他にもあったので、
「逗子マリーナ」
良いですね また行きたいと思います。

16:53到着
走行時間=5:34
走行距離=131km
平均時速=23.5km/h
体重変化=67.0kg→65.7kg

あんなに食べたから、体重変化無しか、太ってるものと思ってました。
しかし、結果は謎の減量です・・・でもラッキー









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 10  
2013.10.05

この日のディナーは、つれあいと二人で行った、
「伊勢丹新宿店イタリア展」で買い揃えたものを頂きました。

イタリアのワインや食材、惣菜にドルチェ、食品だけではなく、食器類なども販売され、あいにくの雨の中でも大勢のお客さんで賑わってました。

食べ物の用意をする前に赤ワインをデカンタしておきます。
「アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ 2009」
イタリア ヴェネト州 ¥3,990 
13_10_05-01italia.jpg
このワインは、ブドウを陰干しして、ほとんどの水分を蒸発させるアッパッシメント(陰干し製法)が用いられてます。
酸素に触れさせると深い甘みが広がると、試飲の時に教えてくれました。
このワインは、つれあいと一緒に早い段階で、決定しました。
アマローネは他のワイナリーでも多数お勧めしてましたが、¥10,000前後が多かったです。
こちらは、リーズナブルな上、とても美味しいワインで気に入りました。

「カロリーナ マレンゴ シャルドネ フェウ デル ピショット2010」
イタリア シチリア州 ¥3,780
13_10_05-02italia.jpg
黄色が濃い白ワイン。
花の香りがするものをリクエストしたら、これを試飲させてくれました。
花と果実の香り、果実味がしっかりしていて、後味の余韻も深い美味しい白ワインです。
ラベルのデザインが、カロリーナ マレンゴです。

ワインをカゴ一杯に買っているお客さんもいて大盛況です。
いつもながらレジは長蛇の列が出来てました。
持ち帰り用と、発送用とにレジが分かれているので、並ぶ前に確認した方が賢明です。

イタリア総菜のお店で購入しました。
「トリッパと数種の豆のフィレンツェ風煮込み」¥735/100g
13_10_05-03italia.jpg
あると食べたくなるトリッパのトマト煮込み、ワインのお供に最適です。
トリッパのプニプニした食感は少なく、牛スジ様の繊維質な肉を食べてるみたいで、めずらしいです。
豆の食感も楽しく美味しいです。

チーズ3種類です。
13_10_05-04italia.jpg
左から、「プラテッロ ペコリーノ」ピーラーでスライスしました。
「マスカルポーネ ゴルゴンゾーラ」交互にチーズが層になってます。
「パルミジャーノ・レッジャーノ24ヶ月」手でくずしました。
3つで¥3,000ほどですが、皿に乗ってるのは、その一分量です。
どれもワインと合って美味しいですが、なかでも「マスカルポーネ ゴルゴンゾーラ」は、チーズの組み合わせが良く、青カビの臭みが、まろやかになって、とても美味しいです。

赤ワインに切り替えました。
13_10_05-05italia.jpg
濃いルビー色で、ほどよい甘味に渋み、スパイス感がバランス良く、とても美味しいワインです。
アマーロに、ハマってしまいそうです

トリッパと同じお店で購入しました。
本日のメイン「鴨胸肉のロースト ブラックペッパーのアクセント 皮はパリッと!肉はジュ~シ~~」¥2,400(¥945/100g)
13_10_05-06italia.jpg
やや厚めにスライスしてピンクペッパーを振り掛けました。
お店の人に暖めて良いか尋ねたら、ちょうど良くローストされた状態なので、そのままの温度で食べた方が美味しいとのことでした。
切っていて判りました、確かに良い火の入り方です。

お店でパックに詰めてる時に、鴨の脂をたくさん掛けてたので漏れないかと心配だったのですが、あけたらほとんど肉に戻ってました。
表面が芳ばしくスパイシー、中が柔らかくジューシーで、とても美味しいです
間違いなくアマーロに合う逸品。

パンもイタリア展で購入してきました。
13_10_05-07italia.jpg
手前が「カフォーネ」¥400、奥が「ジェルモーリバケット」¥334
それぞれの1/2をスライスしました。
カフォーネは天然酵母のパンで酸味が強く風味が良いです。
ジェルモーリバケットは、固くないフワッとしたバゲットで、小麦の香りが引き立ちます。

ワインを試飲させてもらって、ほろ酔いになりながらショッピングをするのは楽しいものです。
イートインで食べたピッツァでお腹一杯なのに、たくさん試食してしまいました(笑)

食べきれずに残してしまうと思って買わなかった、生ハムやオリーブ、アンチョビも、本当は欲しかったです。
また、生ポルチーニ茸、コラテューラ(魚醤)、大きなサルシッチャ(ソーセージ)も魅力的でした

また、来年も行きたいと思います。
ごちそうさまでした。











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 09  
2013.10.05

伊勢丹 新宿店で年に一度のイベント「イタリア展」に、つれあいと二人で行ってきました。
イタリアのワインや食材、食器やカトラリー等が販売され、大勢の人で賑わうイベントです。

イートインブースも、いくつか設けられるのですが、いつも行列が出来ていて、並ぶのが億劫なので今まで入らずじまいでした。
但し、この日は「真のナポリピッツァ協会」の有力者でいて、ナポリピッツァ界の巨匠 ガエターノ・ファッツィオ氏が来日されると言うことで、これはお邪魔せずにはおれまいと、OPENの11:00に着く様に家を出ました。

伊勢丹の6Fまで上がりイートインブースの前まで来ると、この日の雨の影響と早い時間が功を奏したか、お客さんの列は無く、すんなり席に着けました。
その時点で、席が埋まってるのは全体の1/3といったところです。

メニューはこれだけ、ピッツァ3種類とドリンクです。
13_10_05-01dagaetano.jpg
オーダーした中からまず「ワイン赤」¥735と、「イタリアンビール」(モレッティ)¥630が運ばれてきます。

オーダーしてから、10分しないくらいで「ピッツァ・ガエターノ」¥2,205が、運ばれてきました。
13_10_05-02dagaetano.jpg
<ダ・ガエターノ>×<ダ・ガエターノ>は、ガエターノ氏のもとで修行された舌間氏の福岡のお店と、元祖ナポリのお店のコラボです。
その店名を冠した代表メニューはプローヴェラ(燻製チーズ)の、スモークが香ります。
トッピングは、フレッシュトマト、プロシュート、ルッコラです。

「マルゲリータ」¥1,680
13_10_05-03dagaetano.jpg
ナポリの代表ピッツァです。
料理が揃った頃、いつの間にか席は、ほぼ満席状態になってました。

今回は、ガエターノ氏と舌間氏の師弟コンビによる監修のもとピッツァが作られると言うことで、非常に楽しみにしてました。
しかし、正直これは、かなり厳しいピッツァです・・・

生地、ソースに塩味が足りない。
生地がサクサク、モチモチでない。
バジルが足りない、形が悪い・・・もう言いたく無いと言う感じです。
お会計¥5,250の価値は、ありませんでした。

食べ終わって支払いをしようとレジへ行くと、奥に薪のようなものが見えたので「窯は薪ですか?」と尋ねました。
店員さんは知らない様で周りの人に確認してますが、周りの人も判らない様子。
ようやくピッツァ職人の方が「電気」と答えてくれました。
「解りました、ごちそうさまでした」と行ってお店をあとにします。

ガエターノ氏がお店の中に、いらしゃいました。
笑顔で誰かと話しをされてます。

その様子を眺めながら、(電気か~~!)と思いました。
アツアツ・サクサクでないピッツァは火力不足が原因かな~?と思います。

しかし、無理ないよな~仮設店舗だもんな~薪やガスでは換気や火災対策の設備が用意出来ないんだろうな~等と、ごにょごにょ考えて変に納得してしまいました。
いやピッツァに納得してはいないんですが、事情があるのは仕方がないのかな?と思ってしまいます。

一度は入ってみたかったイートインを体験出来て良かったですが、もういいかな?とも思いました。
わたし達が入店してから30分くらいしか経っていないのですが、すでに長い行列が出来てます。

気持ちを切り替えて、試飲で盛り上がってるワインのコーナーに向かいます。
ごちそうさまでした。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 08  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.05

この日、土曜はあいにくの雨・・・
一週間前からの雨予報はズバリ的中しました。
サイクリングは中止、つれあいと二人で伊勢丹新宿店の「イタリア展」に行くことにしました。

それについては後日として、今回はイタリア展から帰ってきてから作業した「バーテープ」巻きです。

交換にはネットで購入しておいた「Bianchi HANDLEBAR TAPE EOLO」(ビアンキ ハンドルバーテープ イオロ)¥1,701を使用します。
13_10_06-01bartape.jpg
カラーはブラック、「Bianchi」のロゴ入りです。

最初に、市販の「両面テープ」「ハンドルバー」の3ヶ所に巻き付けます。
13_10_06-02bartape.jpg
「バーテープ」の緩み防止になります。
下地の黒いビニルテープは、「インナーケーブル交換」時に巻きました。

画像は右のハンドルですが、すでに左のハンドルで練習済みです。
13_10_06-03bartape.jpg
「ハンドルバー」の外側を「バーテープ」が下から上に向かう方向に巻きます。
ハンドルに差し込む分を作って、一周したところでロゴの位置が決まります。
ここで微調整を繰り返して、ロゴがベストな位置に来る様にします。

スミマセン・・・撮影する間もなく巻き上げてしまいました・・・
13_10_06-04bartape.jpg
「バーテープ」を引っ張ったり、緩めたりしながらロゴを揃えて、巻いていきます。

「バーテープ」の切れ端が箱に入っているので、それを使って「STIレバー」のクランプバンドを隠す様にあてがってやります。

「STIレバー」まで巻き上がったら、S字を描いてハンドルのフラット部分に移ります。
その際に、「バーテープ」の切れ端を巻き込んでやります。

「ハンドルバー」の前に立ってドロップ部分と同じ方向、下から上に、ロゴを揃えながら巻いていきます。

最後まで到達したら「ハンドルバー」から10cmのところで一度切ります。
「バーテープ」のハンドル外側の角から、ステム側の端までの対角線を、ハサミでまっすぐ切ります。
斜めの切り口が出来たところを巻いて、「エンドテープ」を巻きます。

エンドキャップを差し込んだら完成です。

ロゴは揃いましたがシワが出来たりと、いまいちの完成度・・・
13_10_06-05bartape.jpg
もうちょっと丁寧に出来たかな~と反省します。

一見、左右ちぐはぐな様に見えますが、"B"の位置はだいたい合っていて、右のハンドルは前に、左のハンドルは後ろに「Bianchi」の文字が流れる様に巻かれてます。
13_10_06-06bartape.jpg
しかし、まあまあの仕上がりです。

このバーテープは、「fi'zi:k MicroTex Bartape」(フィジーク マイクロテックス バーテープ)より厚みがあってハンドルが太くなりました。
クッション性も高くて持ちやすくなった感じがします。
ロゴの位置も合わせやすく、比較的巻きやすいです。

フィジークのロゴは、揃える様にデザインされてないようで、揃えて巻かれたものを見たことがありません。
「サイクルベースあさひ」でも揃えてなかったです。
でも、強引に引っ張って巻きのピッチを狭くすると揃えられます(笑)
「ロゴを揃えたフィジークバーテープ」

このBianchi(ビアンキ)の「バーテープ」気に入りました。
次回の交換でも他に良いものが見つからなければ使いたいと思います。

あとは、ボトルケージの取付、チェーンの注油、空気圧チェック等が残ってるのですが、イタリア展で買ってきた食材とワインで夕食の準備をしなくてはなりません
そそくさと、愛車から離れキッチンに飛び込みました。

この日の夜、遅くまで雨が降ってました。
明日、予報では曇りなのですが、路面はウェット・・・と言うよりビッチョビチョです。
サイクリングに行くか止めるか、朝起きてから決断します。

ビアンキ(BIANCHI) バーテープ BIKERIBBON EOLO SOFT

価格:1,606円
(2013/10/7 22:08時点)
感想(0件)



fizi:k(フィジーク) バーテープ 【SUPER LIGHT】with fi'zik logo【自転車】【ロード】【シクロクロス】【ピスト】(bebike)

価格:1,659円
(2013/10/7 22:11時点)
感想(12件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 07  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.04

前日、「アウターケーブル」の取付まで終了しました。
この日は、「インナーケーブル」を交換します。

前回、「インナーケーブル」を交換したのは、今年の7/13です。
交換したばかりなので、新品を使うのは調整で短くなってしまった、「リアディレイラー」のみのつもりでした。

しかし、いざ通してみたら、「フロントブレーキ」以外は、全て長さが足りません。
「アウターケーブル」に余裕を持たせたので当然です・・・
念の為にと買っておいた、「ブレーキ用インナーケーブル」も使用することになりました。

使用している「インナーケーブル」は、PTFE(テフロン加工)仕様です。
「STIレバー」に入ってたものはフッ素加工でした。
こちらは予備で取っておくことにします。

交換の詳細は、「ロードバイク ~インナーケーブル交換」を参照して下さい。

今までわたしは「アウターケーブル」の中に「ワコーズ ラスペネ」を差してたので、グリスを使ってませんでした。
今回は、「SHIMANO(シマノ) ケーブルグリス」¥1,880をワイズロードで購入しておいたので、これを使用します。
13_10_04-01inner.jpg
グリスを指に取って「インナーケーブル」に薄く塗ってから通します。

「インナーケーブル」を通したら、「ビニルテープ」を巻いて「アウターケーブル」を、「ハンドルバー」に固定します。
13_10_04-02inner.jpg
「ハンドルバー」の肩から巻いていきます。
ステム側は、「バーテープ」を止める位置を決めておきます。
わたしは、ステムの端から5cmにしました。

バーテープの巻き方を参考にした雑誌では、ステム側まで「ビニルテープ」を巻いたら、戻って2回巻く様にと説明されてます。
わたしは、厚くなるのを避けて1回巻きとしました。

「フロントブレーキ」です。
適度な長さ、と言うより「インナーケーブル」を無難と長めにカットしました。
13_10_04-03inner.jpg
付属の「インナーキャップ」はシルバーですが、こだわってブラックを購入してます。
「ケーブルカッター」の突起部で圧着して取付けます。

「フロントディレイラー」です。
13_10_04-04inner.jpg
ギアをインナーに入れると、「インナーケーブル」が横を向く様になり、ペダルを回す脚に当たります。
起こしてクセをつけてやって、脚に当たらなくします。
ギアをアウターに入れてみてタイヤに当たらなかったらOKです。

「リアディレイラー」です。
13_10_04-05inner.jpg
こちらの「インナーケーブル」も少し内側に。
但し、スポークに当たらない様に注意が必要です。

「リアブレーキ」です。
13_10_04-06inner.jpg
こうやって見ると、余長を取り過ぎ(笑)
雑誌で4cm程度と読んだことがあります。
まぁ邪魔にならないので良しとします。

ブレーキ、ディレイラーの調整をします。
さすがに新品の「STIレバー」!!
どの操作も軽いです

「チェーン」をはめて再度確認・調整します。

「インナーケーブル」を通したり抜いたりしてるうちに、結構時間が経ちました。
残すはバーテープ巻きのみ。
最後の仕上げは集中してやりたいので、この日はここで終了とします。

シマノ 純正工具 PTFE シフトインナーケーブル (1.2mmx2100mm) Y6009821

価格:1,160円
(2013/10/7 20:49時点)
感想(0件)



シマノ 純正工具 ロード用 PTFE ブレーキインナーケーブル (1.6mmx2050mm) Y80098320

価格:954円
(2013/10/7 20:51時点)
感想(0件)



【即納】シマノ ケーブルグリス 50g(Y04180000)

価格:1,630円
(2013/10/7 20:52時点)
感想(0件)




【特】【AF】ParkTool パークツール 自転車用工具 プロフェッショナルケーブルカッター CN-10C

価格:4,796円
(2013/10/5 09:40時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 06  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.03

愛車のメンテナンスは、まだ続きます・・・
とてもじゃないけど時間が足りないと、筋トレを休んで作業しました。

まずは、「チェーン」の清掃です。

バットに「チェーン」を平に入れて、「フィニッシュライン マルチディグリーザー」を全体に噴き掛けます。
リンク表面のサビ落としに、ワイヤーブラシを掛けました。
13_10_03-01chain-outer.jpg
バットをガシャガシャと横に揺すって「チェーン」を洗浄すると、
ディグリーザーが汚れで黒く染まります。

ディグリーザーを噴き掛けては、ガシャガシャと揺すって洗浄するのを、5回繰り返しました。
13_10_03-02chain-outer.jpg
ディグリーザーが少し黒いですが、切りがないので終了します。

「チェーン」に付いたディグリーザーを、ウェスでよく拭き取ります。
13_10_03-03chain-outer.jpg
ところどころ黒っぽくなっているのが、落ちきらなかったサビです。
今年の6月頃から錆びる様になりました。
海の塩害かな?と思ったのですが、原因はわたしの汗かも知れないです
ミッシングリンクを外したのは、今回で3回目です。
次回、外した時は交換しなければいけません。

次は、「アウターケーブル」の交換です。
「STIレバー」の箱の中にケーブルのセットが入ってました。
13_10_03-04chain-outer.jpg
愛車購入時、デフォルトのケーブルはホワイトでしたが、ブラックが良くて交換したのが一昨年の12月です。
前の交換から2年近く経っていて、カラーもちょうどブラックなので、「アウターケーブル」も交換することにしました。

「リアディレイラー」の分は、箱に入っていたままを取り付けました。
13_10_03-05chain-outer.jpg
切断や、端部処理の手間が省けて得をした気分です。

「リアブレーキ」の分は、わたしが切りました。
13_10_03-06chain-outer.jpg
「ケーブルカッター」で一気にジャキンと切断します。
ゆっくり切ってると断面が、つぶれてしまうので勢いよく切る必要があります。
金ヤスリで断面をキレイにしてから、千枚通しの様な物で穴を丸く整形します。

さぁバイクの、顔となる場所の、ケーブル配置を検討します。
ネットで、他の方のブログやバイクの画像を見て色々試してみました。
ブレーキ用ケーブルを左右、逆にしてみたり、シフター用ケーブルを前に長く出してみたりと模索します・・・

そして結論は・・・前の形と同じです(笑)
13_10_03-07chain-outer.jpg
前は「Bianchi(ビアンキ)」のエンブレムが、もっと見える様にしてたのですが、今回はケーブルに余裕を持たせた為、少しかぶってます。
形を決めるのに「マスキングテープ」で仮止めしましたが、ここに至るまでに出たテープのゴミがダンゴになってます(笑)

この時点で時刻は、0:00少し前・・・もう、作業を終了にしたいと思います・・・
バーテープ巻きはおろか、インナーケーブルですら終わらすことが出来ませんでした・・・

FINISH LINE/フィニッシュライン マルチバイク ディグリーザー 360ml (TOS08000)≪自転車本体・パーツ・アクセサリー通販≫

価格:1,260円
(2013/10/5 09:37時点)
感想(4件)



システムクロス厚手30cm×30cm(マイクロファイバークロス)

価格:298円
(2013/10/5 09:38時点)
感想(332件)



【特】【AF】ParkTool パークツール 自転車用工具 プロフェッショナルケーブルカッター CN-10C

価格:4,796円
(2013/10/5 09:40時点)
感想(0件)



SHIMANO シマノ 105 デュアルコントロールレバー フロントダブル ST-5700-L

価格:17,500円
(2013/10/3 19:55時点)
感想(1件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 05  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.02

この日も引き続き、愛車のメンテナンスを行いました。
前日はリアディレイラーの分解・清掃までを終えてます。

この日まずは、「カセットスプロケット」の清掃を始めました。
「SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)ホイール」の入院期間が長くなりそうだと、ショップの方に連絡をもらった次の日、スプロケだけ引き取らせてもらいました。

「フィニッシュライン スーパーバイクウォッシュ」を噴き掛けて1枚ずつウェスで拭いていきます。
13_10_02-01sti.jpg
汚れを落としたギアを並べました。

愛車購入時、デフォルトのホイール「SHIMANO(シマノ)RS10」に取り付けます。
13_10_02-02sti.jpg
「カセットスプロケット」の光沢に、わたしの目も輝きます。
続けてホイールに、チューブとタイヤを取り付けました。

「クランク」「ボトムブラケット」の間に砂がこびりついていて、いつも気になっていました。
BBにはザラザラと砂が付いて、シャフトのグリスは黒くなってます。
13_10_02-03sti.jpg
すみずみまでキレイに清掃します。

あわせて「フロントディレイラー」も清掃しました。
清掃後、FDを手で動かすと、砂のジャリジャリいってた音が無くなりました。
13_10_02-04sti.jpg
シャフトやボルトに「デュラエース グリス」を塗って取り付けます。
「フロントディレイラー」の可動部には、「ワコーズ ラスペネ」を噴き付けておきました。

これは「フロントブレーキ」です。
13_10_02-05sti.jpg
意外にキレイで軽く拭くだけで済みました。
シューに小さな金属片が刺さってたので取り除いてやります。
「リアブレーキ」も同等の清掃で済みました。

この「STIレバー」「fi'zi:k(フィジーク)バーテープ」も見納めです。
13_10_02-06sti.jpg
バーテープをはがして、「ハンドルバー」に付いた接着剤をキレイに拭き取っておきます。

「STIレバー」クランプバンドの溝に、タッチペンでマーキングしておきます。
13_10_02-07sti.jpg
元の位置を変えたくないので、取付の時の目安にします。

新しいSTIレバー「SHIMANO(シマノ)105 ST-5700」は、9/25にネット発注しました。
届いたのが9/28の発注から3日後、「羽田/西立川サイクリング」から帰ったら届いてました。
購入価格は¥17,500です。

「STIレバー」を計量してみました。
13_10_02-08sti.jpg
右が、243g

左が、241g
13_10_02-09sti.jpg
合計=484g
シマノ ホームページでは490gと表示されてたので、6gの誤差です。

「ハンドルバー」「STIレバー」を取り付けました。
13_10_02-10sti.jpg
「ブラケットカバー」が本体に、ぴったりフィットしてます。
新品な感じで嬉しいのですが、固くて作業がしにくいです。
古い物は膨らんで柔らかくなってたので、交換してみて愛車を買った2年前を思い出しました。

そして、新しい「STIレバー」はカラーをブラックにしました。
より引き締まって見えると思います

時刻は23:30を過ぎてます。
3時間以上、作業してますが、終わらないと言うのは、ちょっとつらいです
今日は、この辺で終了。

主な未済作業は、チェーン清掃、ケーブル張り、バーテープ巻きです。
天気予報では、今度の日曜日に晴れマークが出ました
サイクリングに行けることを期待して残りも頑張ります。


【即納】フィニッシュライン バイクウォッシュ 1000ml

価格:1,411円
(2013/10/3 01:05時点)
感想(17件)



システムクロス厚手30cm×30cm(マイクロファイバークロス)

価格:298円
(2013/10/3 01:07時点)
感想(331件)



WAKO's ワコーズRP-C ラスペネ業務用 350ml業務用浸透潤滑剤

価格:1,285円
(2013/10/3 01:10時点)
感想(4件)



シマノ/デュラエースグリス(50g)[プレミアムグリス]

価格:935円
(2013/10/3 01:14時点)
感想(1件)



SHIMANO シマノ 105 デュアルコントロールレバー フロントダブル ST-5700-L

価格:17,500円
(2013/10/3 19:55時点)
感想(1件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 04  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2013.10.01

この日は、家で筋トレを終えた後22:15過ぎから、リアディレイラーの清掃を行いました。

スプロケ・チェーンの取付、タイヤ・チューブの付け替え、新品のSTIレバー取付、アウターケーブル交換、バーテープ巻き等々、作業は延々続くかの様にあるのですが、これを機にしっかり清掃もしておきたいと思います。

まずは、小雨の中を走った影響等で汚れがひどいのでは?と思われる「リアディレイラー」を、およそ3ヶ月ぶりに清掃します。

「リアディレイラー」をフレームから外して、分解しました。
13_10_01-01care.jpg
思ったより汚れが少ないですが、それでも細かい砂がこびり付いてます。
綿棒を使って、プーリーの溝から古いグリスを、取り除きます。
「フィニッシュライン スーパーバイクウォッシュ」をパーツに噴き掛けて、ウェスや綿棒で汚れを落としていきます。

汚れが少ない方でも、綿棒やグリスは、これだけ黒くなってます。
13_10_01-02care.jpg
本体の裏側やスプリングは汚れやすいので、丁寧に拭き取ってやります。

プーリーの溝には、爪楊枝を使って「デュラエース グリス」を充填してやります。
組立て中、はみ出たグリスは拭き取って、プーリーを取り付けます。
フレームに取り付ける前、可動部に「ワコーズ ラスペネ」を噴いておきました。

すっきりキレイになりました。
13_10_01-03care.jpg
指で押して動かすと、多少動きが良くなった様に感じられます。

この後の、清掃作業も行いやすい様に、最初にチェーンを外しておきました。
「KMCミッシングリンク」を外したのですが、これで3回目です。
次、外したらこのパーツは交換です。

この時点で0:00です・・・
もう風呂に入って寝ますが、作業は遅々として進みません。
週末まで間に合うか?しかし雨予報が出てます。
週末のサイクリングは、何においても微妙です。

リアディレイラー清掃について詳しくは、以前行ったリアディレイラー清掃~グリスアップを御覧下さい。

【即納】フィニッシュライン バイクウォッシュ 1000ml

価格:1,411円
(2013/10/3 01:05時点)
感想(17件)



システムクロス厚手30cm×30cm(マイクロファイバークロス)

価格:298円
(2013/10/3 01:07時点)
感想(331件)



WAKO's ワコーズRP-C ラスペネ業務用 350ml業務用浸透潤滑剤

価格:1,285円
(2013/10/3 01:10時点)
感想(4件)



シマノ/デュラエースグリス(50g)[プレミアムグリス]

価格:935円
(2013/10/3 01:14時点)
感想(1件)













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 03  
2013.09.30

この日のランチは、桜新町駅の「鴻翔」さんにお邪魔しました。
こちらは、四川料理のお店で、今まで2回訪問したことがあります。

最近、焼売が食べたく、こちらのランチに脇役的に付いてくるので、もしかしてメインでもあるかな?と思って行ってみました。

12:05過ぎに入店すると、テーブル席はお客さんでいっぱいになっていて、カウンター席に案内されました。
席に着いてメニューを見ると、焼売メインの料理はありませんでした。

そこで、「辣醤面」(らーじゃんめん)¥840を注文します。
餃子か焼売が選べますが、もちろん焼売を選択します。

初めて来た時、石焼麻婆豆腐丼を頼んで20分以上、待たされました。
この日も混雑しているので、そのパターンかと思ってたら、やはり同じくらいの時間が経って運ばれてきました。

蓋の付いたせいろに焼売が入ってきました。
焼売を一から蒸してて、時間が掛かるのかも知れません。

「辣醤面」(らーじゃんめん)は四川風ラーメンと説明書きがありました。
そのスープはと言うと上湯の様に透明です。
13_09_30-01koushou.jpg
その済んだスープの中に、多めの辣油等の辛味調味料が入ってます。

スープを飲んでみるとインパクトは薄く、あわ~い味わいです。
辛さは、そこそこピリ辛な感じで、そんなに辛くはないです。

麺もフツーな感じ、辛さがなければ中国料理屋さんの、いわゆるオーソドックスな汁そばを思い出させます。
13_09_30-02koushou.jpg
具や薬味には、ネギやシャキシャキのモヤシ、クコの実、白ゴマ等が入っていて少し凝ってます。
判らないのが四角く切られた黒い海綿状の食材です。
キノコの様な食感なのですが、調べたら多分これ、凍みコンニャクだと思われます。
四川で使われるみたいですが、申し訳ありません自信は無いです。

この食材がゴロゴロっと入ってるのですが、食感も味付けも良く美味しいです。

念願の焼売を食べてみると、肉と皮がプリプリしていて、いかにも出来たてな感じがします。
餡からは、魚介の旨味が感じられ、とてもジューシーで美味しいです。
これは、白いご飯が欲しくなります。
上に乗ってる黄色い物が、気になったので味見してみました。
甘い卵の味がしたので、黄身ソースを絞ったものと思います。

なんか普通の辛めなラーメンだと言う印象だったのですが、後半スープが後を引く様になりました。
淡いと思っていたのですが、割と複雑なスープの様に思えてきました。

いつの間にか、スープを飲み干した頃には、額から滝の様な汗をかいてました。(笑)
主役はスープが美味しかったです。

焼売が本当に美味しいです。
また、食べたくなったら早い時間に、お邪魔します。
ごちそうさまでした。

鴻翔 四川料理
東京都世田谷区桜新町1-12-13 桜新町ビル2F









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2013. 10. 02  
2013.09.29

つれあいがパスタを食べたいと言うので、この日のランチは、わたしが作ることにしました。

「ソーセージと野菜のアラビアータ」
<材料>
太麺スパゲッティ:180g※つれあいは少なめ70~80gほどです。
無添加ソーセージ(冷凍):6本
ニンジン:1/3本
中玉トマト:5個
タマネギ:1/2個
カラーピーマン:1個
ニンニク:2片
唐辛子:2本
パルミジャーノ・レッジャーノ:適宜※おろしておきます。
EXVオリーブオイル:大さじ1
水:1.5リットル
塩:小さじ3※パスタ茹で用
塩:小さじ3※調味用
赤ワイン:大さじ3
ケチャップ:大さじ2
ブラックペッパー:適宜
13_09_29-01arrabbiata.jpg
家にあったもので作ります

ニンジン、中玉トマト、カラーピーマン、タマネギは全て、みじん切りにしてボウルに移します。
13_09_29-02arrabbiata.jpg
ニンニクをみじん切りに、唐辛子はへたを切って種を取り出します。
野菜を切ってるうちに、少し解凍されてきたソーセージはタテ半分に切ります。

底の深いフライパンに水と塩を入れて沸騰させてパスタを茹でます。
この日は、茹で時間の表示16分のところ15分30秒としました。

冷たいフライパンに、EXVオリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れて中火で炒めます。
13_09_29-03arrabbiata.jpg
ニンニクを焦がさない様に返しながら香りが立つのを確認します。

ニンニクの香りが立ってきたら、ソーセージを入れます。
13_09_29-04arrabbiata.jpg
ソーセージに軽く焼き目が付くまで炒めますが、ニンニクが焦げない様にフライパンを動かしながらが良いです。

ソーセージに軽く焼き目が付いたら野菜を入れます。
13_09_29-05arrabbiata.jpg
野菜を軽く炒めて火を通してから、赤ワインとパスタの茹で汁とを入れて、炒め煮にします。

野菜に火が通り柔らかくなったら、塩とブラックペッパー、ケチャップで調味し、もう少し炒め煮してソースの完成です。
パスタが茹で上がったらトングでソースのフライパンに移します。
絡めやすい様に茹で汁を加え、パスタとソースのフライパンに火を通しながら和えていきます。

ソースの水分が少なくなったら、トングでパスタを皿に盛り付けます。
13_09_29-06arrabbiata.jpg
最後にブラックペッパーを振り掛けて完成です。

ソーセージと野菜の旨味が出たソースが、太いパスタに絡んで美味しいです。
茹で時間は、もう少し短くしてアルデンテな方が、わたしの好みなのですが、あまり固いと、つれあいからクレームが出るので、ほどほどにしました。

おろしたパルミジャーノ・レッジャーノがトマトと合って美味しいです。
太いパスタにも合います。

しかし、全然アラビアータでは無かったです・・・
大きな唐辛子だったので2本にしましたが、ピリ辛程度の辛さになってしまいました。
う~ん、これなら唐辛子の種も入れてしまって良かったかも・・・

でも、野菜もたくさん摂れて、美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR