2014. 05. 31  
2014.05.30

渋谷でランチをした後、東急ハンズにパーツを買いに行きました。
そのパーツはタイトル通りの
「UNEX(ユネックス)フレームプロテクター4㎜(シフト用)」
¥360+税
14_05_30frameprotector.jpg
ネットで見つけて購入したのが初めて。
しかし、これだけをネットで購入すると送料が高く付くので買いません。
リアル店舗では東急ハンズ以外に見たことが無いので
買っておきました。

あれだけ外れないと言っておきながら買った理由は・・・
外れて無くしたから
ハンドルをグルンと90°近く曲げてしまい、確認もせずに走ってたら
無くなってました・・・

でも、今まで使った中で一番外れる可能性が低く感じられるので、
気に入って使ってます。
保険で2個、買ってますけどね

ハンドルがグリンとなったら、まず確認
無くさない様に注意したいです。

自転車 ケーブル UNEX【ユネックス】 フレームプロテクター(シフターアウター用)同色2個セット

価格:311円
(2014/5/31 21:53時点)
感想(0件)



自転車 ケーブル UNEX【ユネックス】 フレームプロテクター(ブレーキ/シフターアウター用)同色2個セット 10P01Jun14

価格:311円
(2014/5/31 21:54時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2014. 05. 30  
2014.05.30

今日は、お出掛けついでに渋谷でランチ。
道玄坂の串焼き店「佐五右衛門」さんに、お邪魔しました。

109を右に見ながら道玄坂を登り、道玄坂センタービルへ。
エレベーターで4階に上がると、OPENの11:30より10分ほど早いの
ですが、店の前のベンチには、すでに4人の先客が座って待ってます。

時刻になって店内に案内され、禁煙か喫煙かを尋ねられました。
禁煙と伝えると、厨房廻りのカウンター席へ案内されます。

黒基調で落ち着いた雰囲気の店内。
最初から9人の客が席に着いていて、それぞれ注文しました。
昨年7月に開店したこちらのお店、だいぶ人気があるみたいです。

店員さんに注文します「炭火焼き鳥丼」¥500
無料サービスの大盛りでお願いしました。
ダイエット中ですけど

厨房では、焼き置きされた大きめの鶏モモ肉を、
どんどん炭火で炙り、タレにどっぷり漬けてから切っていきます。

メニューが豊富で、鶏の唐揚げ、牛や豚の生姜焼き、親子丼等
ありますが、一番安いワンコインランチの為か、
ほとんどのお客さんが、わたし同様「炭火焼き鳥丼」を注文します。
その為、厨房ではハイピッチに調理されていきます。

10分足らずで運ばれて来ました。
14_05_30-01sagoemon.jpg
「おしんこ」と「冷奴」、「具だくさん豚汁」が付いて来ます。
この豚汁、お替り無料
定食類の、ご飯のお替りも無料です
とてもリーズナブル、人気も出るはず。

豚汁から頂いてみると、割とあっさりした出汁に、豚の甘みが出てます。
なかなか上品で美味しい豚汁。ニンジンやゴボウ等も入ってました。
で、豚肉を頂いてみたら驚き、柔らかくて甘くて、味噌汁の具にしては
とても美味しい肉でした。

では、焼き鳥丼を頂きます。
14_05_30-02sagoemon.jpg
地鶏の様な噛み応えのある肉質で、とてもジューシーです。
皮はパリパリ、炭の香りがして、何よりタレが美味しい。
甘さも辛さも、ちょうど良いタレが、ご飯に滲みて最高!
また、紅ショウガの清涼感とも相性が良いです

噛めば噛む程、味が出る鶏肉に、タレの滲みたご飯、美味しい豚汁。
これでワンコイン、充実過ぎる位の取り合わせ。
そして、どんぶりが小さく見えたので、大盛りな感じではなかったの
ですが、食べ終えてみると、かなりお腹一杯になりました。

満腹なので、豚汁のお替りは出来なかったです。
ダイエット中だし

夜もリーズナブルみたいなので、呑みにも来て見たいと思いました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

佐五右衛門 串焼専門
東京都渋谷区道玄坂2-29-8 道玄坂センタービル 4F
ぐるなび









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 28  
2014.05.26

4回目の登場、用賀駅の「三宝軒」さん。
もういい加減引っ張り過ぎ、ずっと気になってても注文しなかった
「オムライス」をいよいよ頂きに、ランチでお邪魔しました。

12:10頃に入店、4席のテーブルが二つ空いてました。
その一つに促されます。

水を運んで来てくれた店員さんに、なんの迷いも無く注文です。
料理を待つ間、どんどんサラリーマン風なお客さんが入って来ます。
安くて、そこそこボリュームがあるお店、サラリーマンの味方。
わたし一人で座ってる4人席も、相席で2人になりました。

初めてお邪魔した時は「シューマイ定食」、続いての「天津丼」は、
とても美味しく頂けましたが、前回の「マーボーラーメン」はいまいち。
果たして今回、頼んだものはどうでしょう?

10分ちょっとで運ばれて来ました。
14_05_26-01sanpouken.jpg
「オムライス」¥800
スープが付いて、皿には福神漬けが乗ってます。

ツヤのある綺麗な玉子、しかし被せただけで巻いてません・・・
減点です、やっぱりオムライスは巻いてないとね~

ここのって淡いんだよな~だからラーメン系が期待出来ない・・・
のスープを飲んで、オムライスをさばきます。
玉子がちょっと固めですが、ケチャップの利いたチキンライスが
美味しいです

と、食べ進んで行くとタマネギが出て来ました。
厚めのスライスがライスの食感を損ないます・・・
みじんにしたら良いのに。
前回もそう、なんかタマネギを主張させたがります。

そして、サルヴェージされた豚肉。
14_05_26-02sanpouken.jpg
メニューに「チキンライス」があるので期待してましたが、
正体はポークチャップライスでした。
オムライスと言えばチキンライス!と勝手に決め付けているので、
ガッカリ・・・減点です。

う~ん、美味しいですが、わたしの好みではありませんでした。
お腹一杯ですが、これで¥800は高いかな?

今度はシューマイに戻ろうかな?ごちそうさまでした。

三宝軒 中華料理
東京都世田谷区用賀3-18-6
http://www.geocities.jp/yougasanpoken/index.html









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 26  
2014.05.25

この日はMちゃりさんの、うどんライドが開催された様ですが、
山伏峠越えとなると、わたしにはサクッと行ける距離では無いので、
不参加です

優しいMちゃりさんは、次回について楽々輪行での参加を
オススメしてくれたのですが、わたしは車も無ければ、
ペーパードライバーのゴールド免許でございます

めんどくさい奴でスミマセン・・・
どこかで交差する接点を待ち望んでおります故、
気長にお待ち願います。

そしてわたしは「奥多摩湖」を目指してのサイクリングに
出掛けました。

天気予報、曇時々晴 予想最高気温29℃ 降水確率は午前10%、
午後30%と微妙・・・
そして暑い・・・塩分補給に気を付けたい一日になりそうです。

8:04出発。
朝はそんなに暑くなく、むしろ涼しい位。
先は長いので「多摩サイ」に入ってからも、マイペースに走行です。

しかし、府中辺りからスピードが上がり、軽い向かい風の中、
なかなかのペースで走る人に追い付きました。

やや登り勾配の向かい風でも30km/h以上のペースで走行する強者。
スミマセン・・・スリップストリームに入りました

だいぶ長く引いてもらってしまいましたが、立川付近で
先に行けのサイン。
ですよね・・・ごめんなさいと前に出ます。

いつの間にか、その方がいなくなって、単独走行に戻ります。
しかし、30km/h超のペースに乗ってしまいました。
飛ばし過ぎですよ、「どうどう」と馬を抑えますが、「ヒヒーン!」と
ばかりにスピードを上げて暴れ馬の体。

ペースが早い・・・9:31、「羽村取水所園地」に到着。
14_05_25-01mitake.jpg
どんより曇って、今にも雨が来そうです。

かなり飛ばして来たのでアヴェレージ確認してみました。
14_05_25-02mitake.jpg
わたしにしては、なかなかなハイスピードの25.6km/h。
牽引してくれた方のペースに合わせたら良い成績が出ました。

先週に続いて、また記録更新、狙えるんじゃないの?
このコース、そして自身の最高平均時速は、昨年6月に出した
25.9km/h。
26.0km/hの壁を越えられず、ここまで来ました。

雨は降りそうだし、つれあいから早く帰ってと指令が出てるし、
じゃあそうだ、「御嶽」で平均時速が26.0km/hに達してたら、
記録に挑んで折り返そう、と決めました。

そうと決まれば、トイレを済ませてさぁ出発。
しかし、出だしから大丈夫?と心配になる様なハイペース、
「小作坂下」からの登りを20km/h以上で駆け上がったのは初めてです。
それ位、調子に乗ってペダルを回しました。

10:23、「御嶽」に到着。
14_05_25-03mitake.jpg
インナーローで息も絶え絶え上がって来てた2年前が懐かしいです。
もうずっとアウターの重めのギアで、こんなハイペースに来たのは
初めて。たくましくなりました。
そして・・・

出ちゃいましたアヴェレージ26.0km/h
14_05_25-04mitake.jpg
ピッタリです(笑)
奥多摩の長いトンネル対応で装備した、でっかいジェントスの
バイクライト。
これが無かったら、もう0.1km/h早かったかも知れません・・・
・・・んな訳ない

奥多摩湖方面は霞が掛かってます。
14_05_25-05mitake.jpg
天候的にも先には行かない方が良さそうです。
それよりも行けるだけの体力は、もう使ってしまいました・・・

ジャージにはサラサラした塩が吹いてます。
塩分チャージタブレッツを2粒補給。
チェックポイントの条件をクリア、ここ「御嶽」をゴールとし、
折り返して記録に挑みます。

しかし、予定が変わったのでランチを頂く場所を考えないといけません。
ハイペースを維持しながらも、どのお店にするかを思案します。

そして、思い当った河辺駅の「はちのこ食堂」さんへ、
お邪魔することにしました。

11:10入店。すでに家族連れと一人の先客がありました。
カウンター席に座り「メンチカツ定食」¥600を頼みます。

厨房はお弁当の仕込みで忙しそう、それでも10分足らずで
出されました。
14_05_25-06mitake.jpg
キャベツの千切り、マカロニサラダが添えられたメンチカツの皿。
ワカメと豆腐の味噌汁、漬物、どんぶりご飯の定食です。

カウンターにあるソースを掛けたメンチカツ。
14_05_25-07mitake.jpg
厚みがあってそこそこの大きさのメンチカツが2つも皿に乗ってます。
サクサク揚げ立て衣に、良い塩加減のメンチ、ご飯が進むこと
間違いない。

食べてる途中でお腹が一杯に感じる程のボリューム。
これ¥600で大丈夫なの?と心配になる程、お得な値段。

良かったらこれも撮ってと差し出された「スタミナどんぶり弁当」
14_05_25-08mitake.jpg
親父さん商売上手です(笑)
たまたま弁当の注文があったとのこと。
帰り際、たくさんの弁当を車に積んでる人を見掛けました。
お会計の時に宣伝しておきますと言って、お店を出ます。

スピードが落ちそうな程、お腹一杯です ごちそうさまでした。

はちのこ食堂 定食・食堂
東京都青梅市河辺町5-13-8

お店のある河辺駅から羽村まではあっという間の距離。
満腹感がはなはだしいので、急いで行って公園のベンチで
長めの休憩を取りたいです。

11:52、「羽村取水所園地」に戻って来ました。
14_05_25-10mitake.jpg
幾分、空が明るくなって来ましたが、山の方は厚い雲に覆われてます。

放流されてる水の中を歩いてました。
14_05_25-11mitake.jpg
アオサギ、でかっ

そして、記録ですが・・・伸びてます
14_05_25-09mitake.jpg
「御嶽」からは下り勾配を、滑る様に走行することが出来、
35km/h以上、時には40km/h以上出せるハイペースな区間。
おかげで0.5km/hアップしましたが、ここからはこれをいかに
下げないかが勝負どころ。

ここでまた2粒塩分補給、トイレを済ませてスタートします。
休憩が長かったせいか脚にじんわりと疲労が広がります。
思いギアは回せなくなって、ケイデンスを高くして30km/h以上を
キープしました。

ただ、脚はかばえますが体力的にキツくなります。
午後に入って、気温も上昇、段々と吐く息が熱くなって来ました。
(やばい熱中症の兆候かも?)

立川付近でリフレッシュです。
14_05_25-12mitake.jpg
「コカ-コーラzero350ml」¥130をほぼ一気飲み、
体が冷却されてシャキッとします。
手持ちのスポーツドリンクはぬるくなり、飽きたので
「いろはす555ml」¥130と入れ替えました。

ジャージは汗でびっちょびちょ、木陰でしばし休憩します。
14_05_25-13mitake.jpg
風に汗が冷やされて気付けば鳥肌が・・・そしてゾクッとなりました。
大丈夫か?自分
脚をマッサージして、残った1粒の塩分チャージタブレッツを
口にしました。塩分足りてるかな?

改めてスタート、一般道から「多摩川」に戻ると向かい風のお出迎え。
28km/hからなかなか上がらないスピード、脚に力を込めると
吊りました・・・右太腿の前です。

通路から外れた所に立って、じーっとしてました。
痛みが引いてから、また走り出してみます。
吊ったところの筋肉に力を入れなければ大丈夫そう、走行再開。

すると、府中のワイズロードから、チームジャージを着た3人の方が、
「多摩サイ」に入って来ました。
向かい風なのに30km/h超の良いペース。
(スイマセン、付いて行きま~す)とまた、スリップストリームに
入ります

「関戸橋」を過ぎると、チームの方々が先頭交代しました。
すると一気に37km/hまで加速、スゴイ!どんどん進んで行きます。
あっと言う間に「是政橋」をくぐります。

しかし、橋をくぐった後のスロープを登ったところで、わたしの脚が
付いて行かずに振り切られてしまいました。
ここまで、引いてもらってスミマセンでした

13:56、「多摩川の広場」に到着。
14_05_25-14mitake.jpg
なんとか30km/h前後を維持しながら走って来て、はぁはぁぜぃぜぃ
言いながら地面に降り立つと、両足の親指がぎゅーんと上を向いて
吊ります・・・
続いて右のむこうずねの筋肉が盛り上がって、吊りました
まるで、タロットカードの名前を冠する見えない力に攻撃されてる様。

近くに人がいるので、小声で「痛い痛い痛い痛い」と言いながら、
身動き取れません
地面に座り込み硬直、痛みが引くのをしばらく待ちました。

いい大人が一人で何をしてるんでしょう?
アホですね・・・(苦笑)

もだえながらも視界の隅に入った愛車。
14_05_25-15mitake.jpg
しかしこのタイヤ、やる気にさせます!!
今までだったら脚力が切れてるところ、それをあきらめさせずに
回ってくれた様に感じました
なんてことを考えても、痛みをごまかすことは出来ませんでした。

結構な時間硬直し、やっと吊った足が治りました。
何事も無かった様に立ち上がり、多摩川に挨拶、帰路に就きました。
もちろん、アヴェ落とさないようにダンシングで。


疲労回復の為に、つれあいが沸かしておいてくれた風呂に入って、
ビール片手にワクワクしながらサイコンを確認。

あ~やっぱり落ちちゃってるな~
14_05_25-16mitake.jpg
平均時速26.3km/h。
しかし、とうとう26.0km/hの壁を越えることが出来ました
とても満足、達成感を味わいます。

14:18到着
走行時間=3:55
走行距離=103km
平均時速=26.3km/h NEW RECORD
体重変化=67.3kg→65.8kg

※記録更新の要因
・2回も早い人に引いてもらった。
・山通いの賜物。
・タイヤとの相性が良かった。
・ペダリングが変わった。
・ショートパンツになった。
・気合い
・・・思い当たるのは、そんなところです。

でも、もうムリ・・・この記録抜くには自転車にエンジン付ける
しかない。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 25  
2014.05.24

この日のディナーは、最近開店し、気になってたお店、
「ワイン バル ビバー 調布店」さんにお邪魔しました。
予約した17:00に入店、OPEN時刻だと言うのに早くも先客が
あり、女性3人が席に座ってました。

カウンターとテーブルどちらが良いか訊かれ、テーブル席に
案内してもらいます。

まずは、ワインからオーダーと言うところ、店長さん?から
オススメがありました。
今、ブラジルW杯にちなんで、ブラジルワインを仕入れたとのこと、
珍しかったので試しに頼んでみました。

「ブラジリアン ソウル シャルドネ2013」¥1,980
14_05_24-01bibber.jpg
手前が「チャージ」¥380、ヨーグルトの上にキャビア、
クラッカーが添えられてます。
ワインはスッキリとした飲み口で、フルーティな香りが漂います。
飲みやすく、なかなか美味しいお洒落なワイン。

フードを頼みました「自家製白レバーのパテ」¥700
14_05_24-02bibber.jpg
バゲットにはオリーブオイル、皿にイタリアンパセリが添えられてます。
匂いに敏感なつれあいは、ちょっと臭みがあると言ってたレバーパテ。
バゲットに塗ってイタリアンパセリと一緒に頂くと、臭み消しに
なります。

「スペイン産ハモンセラーノとオリーブの盛り合せ」¥780
14_05_24-03bibber.jpg
生ハム厚く切り過ぎです・・・そして脂の部分が無くて寂しい
グリッシーニが添えられてますが、厚い生ハムは巻けませんから。
オリーブとオリーブオイルが一緒にいますが・・・どうしたいの?
と言った一品。

「マッシュルームのセゴビア風」¥720
14_05_24-04bibber.jpg
ニンニクとベーコンかな?が詰まったマッシュルームをオリーブオイルで
焼いたもの。
ニンニクが利いてマッシュルームの食感が良く、美味しいです。
ワインに合うタパス。

白ワインが空いて赤ワインへ移行。
白ワインが美味しかったので、赤ワインもブラジルのものにしました。
「ブラジリアン ソウル タナ2012」¥2,380
14_05_24-05bibber.jpg
タナと言う葡萄の品種は知らなかったです。
フランス南西地方やウルグアイで栽培されてるそう。
名前の通りタンニンに富む品種、確かに渋みがあってスパイシー、
赤も美味しいワインです。

店長さん?気を使ってテイスティングさせてくれました。
14_05_24-06bibber.jpg
こちらは「ブラジリアン ソウル カベルネ・ソーヴィニヨン」
樽の香りがする、わたしが好きな美味しいワイン。
比較すると、わたしは重みがあるタナの方が好みです。

この頃、席にはウチら含めて10人程のお客さんが席を埋めてました。
そして、男はわずか、わたし一人(笑)
とても雰囲気の良い店内、店長さん?はイケメン、女性に人気のある
お店の様です。

パスタを頼みました「ボロネーゼフェットチーネ」¥720
14_05_24-07bibber.jpg
この状態だと分かりませんが、下の方に水分が溜まってしまって
ます・・・
フェットチーネも柔らかいし、何よりソースが淡いです。
これを頂いてゲンナリしてしまいました・・・
メインは無しで、おいとま致します。

接客サービス、店の雰囲気と美味しいワイン、とてももったいない
気がします。
料理がリーズナブルなのは好感持てますが、そのものには
感心出来ません

料理をもうちょっと頑張って欲しいなーと言うのが感想です。
この日のトータル¥8,040。
しばらくしたらまた来るかも。ごちそうさまでした。

ワイン バル ビバー バル
東京都調布市布田1-45-1CIELO B1
ぐるなび









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 24  
2014.05.23

5月7日に交換したタイヤ、
「Panaracer RACE L Evo2 (パナレーサー レース ライト エヴォ2)」
その後、2回のサイクリングで、231km走行しました。
そのタイヤ、なんか調子が良いんです

今まで気に入って、ずっと使用してたのが、
「Vittoria DIAMANTE PRO LIGHT Ⅱ(ヴィットリア ディアマンテ
プロ ライト Ⅱ)」

トレッド表面に何も無く、ツルッツルのスリックタイヤで、
軽くて良く回ると感じ愛用してました。

しかし、耐久性に欠け、だいたい2,500km前後で、タイヤ交換
してました。
前後の入れ換えをしたら、もう少し寿命が延びるのでしょうが、
せめて3,000~4,000kmの使用したいところです。

5月6日のサイクリング中にパンクしたのですが、
たまたま、その場所がワイズロードのすぐそばでした。

いつもなら、じっくり検討してネットで買うのですが、
選んでる余裕も無く、ほとんど値段で決めてしまった様なもの。
まぁ一回使ってみ?と言われてるようで、今回のタイヤを購入しました。

「Panaracer RACE L Evo2 (パナレーサー レース ライト エヴォ2)」
前代の「RACE type L(レース タイプ ライト)」を使ったことが
ありますが、わたしには、とても使用感の悪いタイヤと言う印象しか
ありません。

トレッド表面がザラザラしていて、路面に食い付く様な強い摩擦感と、
常に聞こえる「ザーー」と言うようなノイズ音で、疲労が蓄積していく
様に感じました。

また、タイヤ断面を山型にして、接地面積を減らそうと言うコンセプト
らしいのですが、曲がる時に「カックン」と言う感じで、スムーズでは
無い、違和感を感じるコーナリングでした。

しかし、今回の「RACE L Evo2」、前代に感じた問題、
全く解消されてます

まずはトレッド表面のザラザラ感、左が前代、右がEvo2です。
14_05_07tyre.jpg
前代は使用してるせいもあるでしょうけど、
しかし、見比べても分かるように、Evo2の方がザラッザラです。
仕上げの凹凸が大きいと判別出来ます。

なのにザラザラな吸い付くような摩擦感は無く、むしろそのグリップで、
わたしと愛車を牽引してくれてる様な感覚で前に進みます。
ペダルに掛けた力が、少ないロスで推進力になってくれてる様に
感じます。

また、DIAMANTEよりもEvo2の方がトレッドが厚い様に見え、
クッション性も上がったと思いました。

231km走行した「RACE L Evo2」
14_05_24-01tire.jpg
オレンジの皮みたいな表面は、中央に向かって薄くなっていきます。
本当にザラザラに見えますが、技術なんですね、転がり抵抗は
小さく感じます。

「RACE L Evo2」の断面形状。
14_05_24-02tire.jpg
前代はもっと山型でしたが、だいぶ丸みを帯びたと思います。
コーナリングの違和感が解消された要因ではないでしょうか?

先週の相模湖サイクリングで、平均時速の記録を更新したのも、
このタイヤが一役買ってくれたのではないでしょうか?
ただ、まだ2回のサイクリング、これからもっとその良さを、
見せてくれるかも知れません。

Panaracer パナレーサー ROAD用タイヤ RACE L Evo2 light レースL ライト 700×20C 700×23C

価格:3,480円
(2014/5/24 05:21時点)
感想(1件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 23  
2014.05.19

の疲れに、サイクリングの疲労を重ねて、
この日は朝から、どんよりしてました・・・

体重も増加傾向にあったのですが、元気を付けようと
中華屋さんでランチをすることに。
12:10頃、用賀駅の「三宝軒」さんに、お邪魔しました。

シューマイ定食が食べたくて見つけたお店。
しかしその時、お品書きに見つけた中華屋さんのオムライスが
気になって仕方無く、なってしまいます。

しかし、2回目は天津丼を頼んでしまいました。
さぁ3回目の今回でオムライスを頼むんでしょうか?
水を運んで来てくれた店員さんに注文します。

そして、料理を待つ間、壁にたくさん貼られたお品書きを眺めてました。
カニ玉定食、酢豚定食、餃子ライス定食、五目焼きそばや
カツ丼に親子丼あたりを試してみたいな~
また、シューマイ定食に戻るのも良いな~なんてことを考えてました。

そうこうしているうちに、5~6人だった店内が急に賑わって来ます。
わたしが座ってた3人席も相席で埋まりました。
もう店内ほぼ満席状態、座ってから10分程して、
それが運ばれて来ました、

「マーボーラーメン」¥700+「半ライス」¥100
14_05_19-01sanpouken.jpg
だって、お店のホームページでオススメだったから・・・
そして、ガッツリいきたかったので、半ライス付けちゃいました

醤油スープのラーメンの上に、麻婆豆腐が掛かってます。
スープだけ飲んでみると、マーボーが掛かるからか、味は薄め。
ちょっと甘い感じの鶏がらスープ。
とろみの付いたマーポー餡と一緒にすると、ちょうど良い味加減。
でも全然、辛くないです。

麺はと言うと、こんな感じ。
14_05_19-02sanpouken.jpg
特徴は特に無いフツーの麺。
で、ひし形や三角に切られた木綿豆腐が、ちょっと・・・
いや結構固い・・・
固いので麺にも、ご飯にも邪魔をしてくる感じで馴染まないです

そして、なぜタマネギ?
シャキシャキで甘いタマネギは炒め物に最高・・・でしょうけど
マーボーには合わない・・・邪魔だな~

食べ進んで最後の方で辛さが蓄積されて来ました。
額に汗が浮かび、舌が少しヒリヒリします。

不満をもらしながらも、もちろん完食しました。
ラーメン系は、どうかな?好みに合わないかも?と、
思ってしまいましたが、まぁいずれ頂いてみるかもです。

お腹一杯です。ごちそうさまでした。
予告、三宝軒(4)「オムライス登場!!」を乞うご期待。

三宝軒 中華料理
東京都世田谷区用賀3-18-6
http://www.geocities.jp/yougasanpoken/index.html









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 21  
2014.05.18

目覚まし時計のアラームを止めて眠ってしまった様です。
30分寝坊しました・・・
昨日一昨日、に行った職場の慰安旅行、旅の疲れがどんよりと、
重く体にのし掛かります・・・

あぁ、眠ぅ・・・だるぅ・・・
と、つぶやきながら起きて、それでもお腹だけは減っているので、
朝食の準備、胃だけは元気(苦笑)で、しっかり食べました。

しかし、食べ終わると、やっぱり眠い、だるい・・・
サイクリング行くのやめようかな?と頭をよぎる位の疲労。
それでも出てしまえば何とかなるだろうと、出発の準備を整えます。

天気予報は、晴後曇、最高気温25℃、降水確率0~20%でした。
久しぶりに手足のウォーマーを外して、半袖、ショートパンツの
軽やかな出で立ちです。

旅の疲れは予想してたので、短いコースの「相模湖」を目指して、
のんびり走ろうと、8:28出発しました。

晴れてるし、ちょうど良い気温、手足に当たる風が心地良い
と、思うのも束の間、上流に向かってるのに28~30km/h程で巡航。
わたしにとってはハイペース、疲労がむしろハイテンションに
させているのか?気持ちを抑えようと焦りました。

信号以外はノンストップで、9:56「陵南公園」に到着です。
14_05_18-01sagamiko.jpg
豆乳クッキーで糖質補給、あちこちに咲いてる花を眺めながら休憩。
脚がピクつくことも無く余力があり、朝の疲労も感じなくなりました。
ここまでは結構なハイペースでした。
それならば、攻めで走ってみようか?と、気持ちは逸りながらも冷静に、
トイレを済ませて改めて出発。

「甲州街道」「大垂水峠」に向かって走行。
いつもだったら、登板を前に脚を温存しつつ走るのですが、
自分が出来るだけの、早いスピードを維持、勾配がきつくなる前から
息が上がって来ますが、我慢してペダルを回しました。

更にきつい所でダンシング、また苦しい所でダンシングしてる時、
倍以上のスピードで抜き去って行くロード乗りのお兄さん・・・
「はぁ・・・早っ・・・」荒い呼吸と一緒に出た言葉。
ずっと後ろに付いてたのは気付いてましたが、付き合ってられないと
ばかりに抜き去られ、あっと言う間に姿が見えなくなりました

わたしも二人、追い抜いて「大垂水峠」を越えました。
14_05_18-02sagamiko.jpg
坂を少し下った、ラーメン店「富士屋」さんから近い場所、10:38です。
はあーー空が綺麗!いつもは富士山が見えるのですが、
この日は雲隠れです。

登った苦しさが報われる下り坂。
まだまだ全然遅いですが、坂を降りるのも、だいぶ慣れて来ました。
後方確認しながら走ってましたが車が全然来ません。
道幅一杯使ってコーナリング、気持ち良く滑り降ります。

10:57、「相模湖」に到着。
14_05_18-03sagamiko.jpg
「相模湖駅」周辺で昼食にしようと思ってましたが、
まだ、早いので先に休憩を取りました。

「相模湖公園」の奥、遠くに勝頼橋を望む場所。
14_05_18-04sagamiko.jpg
ちなみに公園内は自転車乗入れ禁止、愛車を押して徒歩で進みます。
平均速度が落ちてしまうのでサイコンは外しておきました。

この通りに、飲食店が並ぶのですが、まともにお客さんが
入ってるところを見たことがありません。

一度お邪魔してみたいなと思い、この日も店先を眺めながら、
歩いてみました。
しかし人気の少ない観光地、雰囲気からもやっぱり入る気には、
なれませんでした

そろそろ時間的に良いかな?と公園を後にして昼食です。
向かった先は、中華料理「カーブ」さんです。
14_05_18-09sagamiko.jpg
移動中に気が変わり、駅周辺では無い所に来ました。
前から気になってたので、初めて訪問してみます。
昔ながらの何でもある中華屋さん、11:20入店です。

外では張り紙で「うどん」を推してましたが、
店内ではアピール無し、どうしたいんだろう?(笑)
わたしは「五目チャーハン」¥650を頼みました。
14_05_18-05sagamiko.jpg
5分程で出て来たチャーハンの具は、チャーシュー、なると、卵、
シイタケ、ニンジン、ネギです。
黒い味噌汁の椀に入ってるので、色の分からないスープが
付いて来ました、ごま油の香りがスゴイします。

それと、手作り推しをしてた「焼ギョーザ」¥400をサイドに頼みます。
14_05_18-06sagamiko.jpg
ムラが惜しい、でも良い色に焼かれてます。
皿のくぼみに醤油、酢、ラー油を入れて頂きました。

フツーに美味しいチャーハン。
14_05_18-08sagamiko.jpg
ちょっと何か物足りないので、目の前にあったミル付きの、
ブラックペッパーを挽き掛けました。
正解。
ペッパーの香りがアクセントに、一回り美味しくなり帰って来ました。

ギョーザの皮がカリッと、もちっとして、ジューシーでは無いですが
餡はしっとりとしたタイプです。
14_05_18-07sagamiko.jpg
う~んフツーに美味しい

わたしの好きなチャーハンと餃子の組み合わせ。
両方スゴイ美味しいと言うお店は、なかなかみつかりません。
こちらのお店は両方美味しいですが、両方フツーでした

凄い種類の品数なので色々と試してみたいと思うお店です。
今度はラーメン系を食べてみようかな?
お腹一杯になりました。ごちそうさまでした。

カーブ 中華料理
神奈川県相模原市緑区与瀬687

満腹な状態で、すぐ帰りのヒルクライムに臨みます。
後の為に脚を温存、なんてことを考えずに出せるだけの
スピードで走行します。

神奈川側の帰路の方が、距離は長いですが勾配は緩いです。
スプロケ最大ロー27Tの出番は無く、24Tで駆け上がりました。
自分の設定で15km/h以上を保持しようと走行します。
ただ、終盤で勾配がきつくなるところでは、ダンシングを入れても
14km/h台まで落ちました。

そして、呼吸を荒らしながら再び「大垂水峠」に12:08到着。
14_05_18-10sagamiko.jpg
峠を越え少し下って停車出来るスペースに入り、振り返った所で撮影。
東京側から登って来たロード乗りさんと挨拶を交わします。
車を数台、見送った後に、気持ちが良い下り坂を味わいました。

急な坂を下ってると、さっき通り過ぎて行った車に追い付きます。
坂が緩やかになっても45km/h前後で高尾を駆け抜けました。

あっと言う間に「陵南公園」、12:25に戻って来ました。
14_05_18-11sagamiko.jpg
なんか快適なクルージング
青空を見ながら、走りと気候に、気持ちが良いな~と感じます。
旅の疲れは忘れてたのか、感じません。
しかし、脚が最後まで持つかと言う、不安は感じてました。

そんな気分をスッキリ、リフレッシュさせる為に、
ロッテ「ソーダ!?かけちゃったスイカバー」¥130を、かじります。
14_05_18-12sagamiko.jpg
「陵南公園」近くの「スリーエフ」で買いました。

スイカバーにソーダ風味のコーティングがされてます。
コーティングはパリパリチョコの食感で、ソーダ感はあまり無いです。
久々に食べたスイカバー、爽やかにスッキリしました。

さあ、気分も晴れて走行再開。
スタートから35km/h前後で愛車を馳せらせます。
大丈夫かな?こんな飛ばして脚力残せる?
また、不安を覚える様な走り方をする自分に、疑念を抱きました。

でも行ける、なんか回せる、どうしたの?自分。
脚が調子に乗って、筋肉フル稼働でペダルを回してました。
強い向かい風を受けながら、ずっと30km/h以上をキープしてます。

脚の調子が良い、それにも増してタイヤの具合が良い様に感じます。
5月7日に交換した「パナレーサーRACE L Evo2」が、
わたしを引っ張ってくれてる様に思いました。

強風を正面に受けても、心を折らずにペダルを回せば、
30km/h以上出ます。
時に42km/hマークするのを確認しました。
これ記録行けるんじゃないの?そう思いながら頑張ります。

「浅川」と別れる前に「ペプシNEX270ml」¥130で、
気合を注入します。
14_05_18-13sagamiko.jpg
脚は疲労して来ましたがまだ大丈夫、これから残り15km強を
風と戦いながら走ります。

13:41、「府中四谷橋」の上から上流側の眺め。
14_05_18-14sagamiko.jpg
「浅川」とはここでお別れ、「多摩川」の川面は風で波立ってます。

「多摩サイ」に入ると、やっぱり向かい風が待ってました。
暖かい日だったので、午後に入るとなおさらに風が強まってます。
下ハン掴んで、風を受け流し、疲れた脚にムチを入れて動かします。

14:10、いつもの「多摩川の広場」に到着しました。
14_05_18-15sagamiko.jpg
疲労した脚の筋肉を無理矢理に動かした為、ゼーゼー言いながら、
広場に入って来ました。
でも、気持ち良かったーー!ありがとう「多摩川」!と言い残し、
おウチまでがサイクリング、平均速度を下げない様、
おウチまでダンシングして帰りました。

14:24到着
走行時間=4:11
走行距離=103km
平均時速=24.7km/h COURSE RECORD
体重変化=67.9kg→66.7kg

久しぶりに出ました記録更新
このコースを走るのは今回で9回目、最速は昨年の5月12日に
出た24.0km/hです。
+0.7km/hは、かなりの躍進・・・わたしにとっては(笑)

最近の山通いが功を奏したか?
また、チャンスがあれば記録を狙いたいです。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 20  
2014.05.17

前日この日と職場の慰安旅行により、日本平ホテルで
楽しい時間を過ごしました。

そして、観光しながらの帰宅となります。
ホテルを出て、まずは車ですぐのところにある、ロープウェイに
向かいました。

「日本平駅」でチケットを購入、
ロープウェイ往復+東照宮拝観+東照宮博物館入館券 3点セット券
¥1,650。

ロープウェイで海側にある「久能山駅」まで、5分間の遊覧です。
14_05_17-01kaizan.jpg
晴れてて眺めが綺麗、風も気持ちが良いです。

駅を出てからは、徒歩で急な階段を上っていきます。
まずは「楼門」(ろうもん)をくぐります。
14_05_17-02kaizan.jpg
無料で杖が貸し出されている位、きつい石段。
わたしは自転車に乗ってるので楽に上がれますが、後日、筋肉痛を
訴える人が出ました。

「社殿」、御祭神「徳川家康公」(東照公)を祭る神社。
14_05_17-04kaizan.jpg
豪奢で美しい建築物。
国宝に指定されており、日光東照宮を始め全国の東照宮の原型。

石段をどんどん上がり、東照宮の奥に辿り着きました。
14_05_17-03kaizan.jpg
「神廟」(しんびょう)、徳川家康公の遺骸が埋葬された場所に
建てられた廟。
きちんと参拝して、石段の道を戻ります。

この後、「東照宮博物館」を見学。
国宝の刀、鎧や書物等が展示されてますが、館内は撮影禁止です。

ロープウェイで「日本平駅」に戻ります。
14_05_17-05kaizan.jpg
すれ違うゴンドラ、久能山よりも日本平の方が高いので、
帰りは登って行く感じで前に進みます。

日本平から見る富士山の眺めは、これで最後。
14_05_17-06kaizan.jpg
今度は、つれあいと見ることが出来たら良いなと思いますが、
なかなかそんな機会には恵まれないかな?
そろそろ昼食時、下に見える清水港に降りました。

清水魚市場に着くと、大勢のお客さんが集まってます。
お土産を見るのですが、まずは腹ごしらえ。
朝食で一杯食べたのに、歩いたせいかお腹が減りました

「まぐろ館」に入ると、どのお店も行列が出来てるのですが、
こちらのお店にはありません。
席も空いてる様で、すんなり入れました。なんか反って不安・・・

まぁいいやと12:13、「清水まぐろ館 海山」さんに、お邪魔しました。
14_05_17-07kaizan.jpg
ひろびろとした店内、たまたまなのか、席が結構空いてました。

仲間は「駿河湾三色丼」¥2,700や、「北海三色丼」¥1,944を
頼んでました。

で、わたしは舟盛り定食から「夫婦舟」¥1,944を頼みます。
定食はサービスで、ご飯が大盛りに出来ます。
もちろん、大盛りでお願いしました

みんなで旅の話しをしながら、料理を待ちました。

その後、仕事のことに話題を変え、料理を待ちます。

テーブルのポットの水が無くなるほど飲みながら、料理を待ちます。

みんなで静かになりながら、料理を待ち・・・
って、ぜんっぜん来ない!!

そして、一人が店員さんへ確認しに行き、やっと出て来ました。
が、全員分揃わずに、また料理が出るのを待たされます。
結局、全部出て来たのは、注文してから35分以上、後の事でした。

同じ注文をしたもう一人とわたしに、最後で届いた「夫婦舟」です。
14_05_17-08kaizan.jpg
気を取り直して料理を楽しみます。
豪快な舟盛りに、ご飯と漬物、味噌汁、果物の付いた定食です。

まずは味噌汁を頂いてみました。
甘エビが入って出汁が利いてるな~と思ったのですが、
臭みまで出ちゃってました。

それは、ともかく主役は刺身です。
14_05_17-09kaizan.jpg
中トロ、赤身、びんちょうと3種類のマグロ。
生シラス、アジ、甘エビ、イカ、サーモンが乗って豪勢。
これで¥2,000切るんじゃ安いなぁ。

味はと言うと港の中にあるだけ、新鮮で当然美味い
とても大きく切ってあるので、食感も満足します。
生シラスは苦味が少ないですが、細くて小さく、甘みも足りない感じ。
ちょうど一週間前に逗子で食べた、生シラスの方が苦味があっても、
大きくプリプリして甘みがあり、美味しかったです。

しかし、豪快な港飯、堪能させてもらいました。
美味しく頂き、お腹一杯です。ごちそうさまでした。

清水まぐろ館 海山 海鮮料理 
静岡県静岡市清水区島崎町149 河岸の市 まぐろ館 2F
http://www.shimizu-maguro.com/

その後は市場で、アジと塩サバの干物、釜揚げシラス、黒はんぺん、
イカの塩辛をお土産に買って帰りました。
釜揚げシラス、ふわっふわで美味しいです。













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 19  
2014.05.17

昨夜の宴会を終えて、仲間と部屋で飲んでるうち、
スイッチが切れたみたいに寝てしまった様です。

朝、目覚めて眠い目をこすりながらシャワーを浴び、朝食を頂く為、
階下に降ります。

日本平ホテル内、オールデイダイニング「ザ・テラス」さんで朝食です。

大きなカーテンウォール越しに、この日も富士山が美しい姿を
見せてくれました。
14_05_17-01nippondairahotel.jpg
そんな良い眺めと共に頂く朝食はブッフェスタイル。
一度、席に案内されてから、料理を選びに行きました。

和食系と洋食系があります。
最近、朝食にパンを食べてなかったので、洋食系で揃えてみました。
14_05_17-02nippondairahotel.jpg
「サラダ」はボウルに、自分で盛り付けます。
レタス、ニンジン、海草、豆類、プチトマトをそれぞれ選んで入れ、
サウザンアイランドドレッシングを掛けました。

野菜がたくさん入った「ミネストローネ」
「ゴーダチーズ」をひとつ取って、
自分で焼いたトーストの乗った「ディッシュ」には、
ハム、ベーコン、ボロニアハム、スクランブルエッグ、
カボチャのサラダを盛り付けました。
家では使わないバターも、この日は思いっきり塗ってしまいます(笑)

他のパンは、「ブリオッシュ」「クロワッサン」
ドリンクは「リンゴジュース」と、挽き立て淹れ立ての「エスプレッソ」

多い?多いよな~?食べ終わったら、かなり満腹になりました。
本当はキッチンサービスで、焼き立てのオムレツや、
パンケーキ&ワッフルを頂きたかったんですが、もう無理。

でも、「デザート」は別腹(笑)
14_05_17-03nippondairahotel.jpg
プレーンヨーグルトに、オレンジ、パイン、キウイ、グレープフルーツを
乗せて、マンゴーソースとシリアルを掛けました。
それに「エスプレッソ」のおかわり。

もう何にも入りません・・・満腹です。

4階の部屋に戻り、景色を眺めながら一息つきました。
14_05_17-04nippondairahotel.jpg
本当に素晴らしい眺望。

昨晩から、料理に酒と、そして絵画の様な眺めを堪能しました。
「日本平ホテル」さん、お世話になりました。ありがとうございます。

美味しくお腹一杯頂きました。ごちそうさまでした。

ザ・テラス ブレックファーストブッフェ
静岡県静岡市清水区馬走1500-2
http://www.ndhl.jp/restrant/restrant_02.html










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 18  
20140.05.16

この日、職場の慰安旅行がありました。
宿泊と宴会会場は、静岡市清水区にある「日本平ホテル」です。
まずホテルへ行く前、程近いところにある観光地を訪れました。

世界遺産「三保の松原」
14_05_16-01nippondairahotel.jpg
砂浜が広がり、松が群生している所、遠くに富士山を望みます。

「日本平ホテル」に到着しました。
14_05_16-02nippondairahotel.jpg
部屋は4階、半端無く素晴らしい景観。
手前はガラスで出来たバルコニーの手摺り。
この景色の全てを魅せようと言う設計者のコンセプトでしょう。
芝生の広がる庭が綺麗です。

清水港とその街並み、そして富士山。
14_05_16-03nippondairahotel.jpg
山中湖サイクリング以来、また会えましたね。

18:30に宴会が始まりました。
場所は日本平ホテル内、日本料理・寿司処「富貴庵」さんです。
部屋は窓の外に池、その向こうに富士山が望める和室です。

まずは生ビールで乾杯、各銘柄が揃ってるのには驚きました。
わたしは「ヱビス」をお願いします。

まだ、19歳だと言う可愛らしい、しかし良く気の回る仲居さんが、
料理を運んで来てくれました。

【先付】
「新馬鈴薯羽二重寄せ 若草利休黄身衣掛け
マイクロトマト天盛り」

14_05_16-04nippondairahotel.jpg
お上品なお懐石だこと、と言った感じの味。
もっちりとした馬鈴薯の寄せ物、種無しぶどうよりも小さいトマトが
乗ってますが味はトマトを強く主張して来ます。

ビールから日本酒へ変えました。
清水の地酒「臥龍梅」(がりゅうばい)
窪みに氷の入った徳利で来ました。
すっきりとした綺麗なお酒、本当に飲みやすくて料理に合う味わい。
気に入って、もうあとは、ずっとこれを飲み続けました。

【前菜】
「一、夏蕨浅漬 魳小袖鮨 蛍烏賊美味煮木の芽味噌被せ」
「一、白酢和之」
14_05_16-05nippondairahotel.jpg
可愛い小鳥の器に入った料理。
しかし、手元にお品書きがあるのですが、読むのがたいへん・・・
夏ワラビの浅漬けが食感が良くて美味しい。
カマスの鮨と、ホタルイカも美味しかったです。

【椀盛り】
「薄葛豌豆擂り流し仕立 焼霜鱧糝薯 袋茸 蓬麩 玉露散し」
14_05_16-06nippondairahotel.jpg
日本語?(笑)えんどう豆のすり流しうすくず仕立てに、
ハモのしんじょとヨモギ麩が入ったもの。
ハモもヨモギ麩を美味しかったです。器は富士山の形。

【造り】
「本日のおすすめ魚介 三種盛り あやめ大根 縒り人参 土佐醤油
季節の芽物一式」

14_05_16-07nippondairahotel.jpg
魚はサゴシ、メジナ、クロダイです。
サゴシはサワラの若魚。
あやめに見立てたのでしょう大根と、よったニンジンのつまにまで、
名前が付いてます。

【進肴】
「福子蓼焼 春大根含煮オイル焼き 蓼の芽添え 酢取り茗荷
丸十オレンジ煮」

14_05_16-08nippondairahotel.jpg
フッコがほろほろと柔らかくて美味しかったです。
丸十とは日本料理でのサツマイモのこと、オレンジの味と香りは
あまり感じませんでしたが、ほんのり甘くて美味しかったです。

【強肴】
「掻敷熊笹の葉 蝦夷柔蒸し レモン」
14_05_16-09nippondairahotel.jpg
掻敷とは供物の下に敷く葉のこと。
レモンに比べても判る様に小さな鮑をナイフで切って頂きました。
冠するだけあって驚く程に柔らかくて美味しかったです。

【酢の物】
「蒪菜と玉子豆腐 檸檬 生姜加減酢ゼリー 枸杞の実」
14_05_16-10nippondairahotel.jpg
加減酢とは酢に出汁汁や酒、砂糖や醤油で酸味を和らげたもの。
じゅんさいがとても新鮮な感じがしました。

【食事】
「麦飯とろろ 青のり」
【留碗】
「赤出汁仕立 粉山椒」
14_05_16-11nippondairahotel.jpg
名前がだいぶ短くなって来ました(笑)
出汁の利いた赤出汁がとても美味しく、お酒の後に良いです。

【甘味】
「時果」
14_05_16-12nippondairahotel.jpg
さくらんぼです。
確か山形のものと言ってた気が・・・酔っぱらって忘れてしまいました。

料理は以上。
量的にも上品、種類は豊富ですが適量でした。
一番印象に残ったのは鮑、本当に柔らかくて美味しかったです。

あとはお酒、また飲みたくなるような良い地酒でした。
東京に帰ったら探したいです。

良い時間と空間を楽しみました。ごちそうさまでした。

日本平ホテル 富貴庵 日本料理・寿司処
静岡県静岡市清水区馬走1500-2
http://www.ndhl.jp/restrant/restrant_01.html










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 17  
2014.05.12

この日が3回目、駒沢大学駅の「ラーメン モノノフ」さんに、
お邪魔しました。

前に訪問した2回とも、お店の中はガラガラ・・・
お客さんは少なかったです。
前回来た時に、メニューが少ないからかな?と思ったのですが、
今月からレパートリーが増えました。

ホームページを見ると、「まぜそば」や「しょうが焼きラーメン」が
追加されてます。
また、トッピングや、ご飯ものも増えてました。

前回の訪問から、もう5ヶ月経ってるので、ちょっと様子をうかがいに、
行って来ます。

12:10頃に入店。先客は13席中、5人でまぁまぁ。
わたし含めて半分埋めてるのは、初めてのパターンです。

新メニューいってみたいのですが、久しぶりなんで定番の
ラーメンから選択しました。
券売機で「小ラーメン(麺量250g)豚増し」¥850の
ボタンを押します。豚増しにしたのは初めて。

店員さんに食券を渡す時に「ヤサイ増しで」とお願いします。
「ヤサイ増し」「アブラ増し」「カラメ」は、無料サービスです。

5分ちょっとで届きました。
と、どんぶりを受け取っていると、雪崩の様なお客さんも届きました。
急に満席
ほとんどは大学生らしき、お客さんで席が埋まります。

賑やかになった店内で、ラーメンに集中します。
14_05_12-01mononofu.jpg
まずはレンゲでスープをひとくち。
アブラが浮いてアッツアツ、やっぱり好きですこの次郎系スープ。
醤油加減と甘さが美味しいです。

そして、もやしとキャベツでシャキシャキの"増し"になった
ヤサイを頂きます。
スープに浸しながら、ほぼほぼ頂いた後、やっと麺が顔を見せます。

その麺は幅広ちぢれでコシがあって、スープと共にわたし好み。
14_05_12-02mononofu.jpg
脂がトロトロ、肉の部分は少し噛み応えがありながらも柔らかい、
豚との相性も良く、美味しい麺です。

カウンターの上に置いてある、生ニンニクのみじん切りを入れました。
14_05_12-03mononofu.jpg
ガツンとした、コクと香りがプラス、麺とスープに相まって、
間違いない美味さです
麺量250gを余裕で完食。

お客さんが出れば入る、盛況ぶり。
今までは、たまたま入りが少なかっただけかな?
もうすぐ、開店1周年ですね、長く続けてもらいたいと願います。

今度は新作メニューを頂きたいです。ごちそうさまでした。

ラーメン モノノフ ラーメン
東京都世田谷区駒沢1-17-15 渡会ビル 1F
http://www.mononofu.mn/









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 16  
2014.05.11

そろそろ、ブレーキシューの溝が浅くなって来たので、
予備をネット注文しておきます。
その後、合わせて購入した品々が、この日に到着しました。

実は、先日のタイヤ交換時、タイヤレバーに引っ掛けプッシューと、
やって、新品チューブ1本をダメにしてしまいました
Vittoria(ヴィットリア)のタイヤとULTEGRA(アルテグラ)
ホイールの相性が良く、ずっと素手でタイヤを着脱してたから・・・
と言うのが言い訳です

ブレーキシュー「SHIMANO(シマノ) R55C3」¥733×2
チューブ「Panaracer(パナレーサー) R'AIR」¥1,644
14_05_11-01shoes.jpg
ブレーキシュー前回の交換は、2013年1月6日でした。
使用期間およそ16ヶ月、走行距離およそ7,700kmです。
フロントはほとんど溝が無くなりそう、リアはもう少し使えそうですが、
前後共に交換しておきます。

そして安かったので、ついでと言っては何ですが、
合わせて購入しました「GORIX(ゴリックス)フロアポンプKW0002」
¥1,736
14_05_11-02shoes.jpg
今までは携帯用フロアポンプで、シュコシュコ何回もピストンして
空気を入れてたのですが、最初は筋トレになって良いやなんて、
楽観的に思ってました。

しかし、暖かい日には汗をかく程の運動量になり、
最近はちょっとうんざりでした
いつか買おうと思ってたところ、本当に安かったので思わずポチります。

ちゃんとエアゲージも付いて、バルブは仏/米/英式に対応してます。
ゲージはPSIとBAR表示で便利。

試しに使ってみました。
ずーっと携帯用のミニポンプを使ってたから、レバーのリーチの
長さにヒヤヒヤします
体重を掛けて押し込んだら、タイヤがパーンといきそうな感覚(笑)

で、圧力の下がったタイヤ(チューブ)に空気を送っていると、
シューーーーーと小さく、空気漏れの音が聞こえてきます。
え?どこから?耳を澄ませて確認。
するとフロアポンプのゲージ近くから空気が漏れてます・・・

安かろう悪かろう?それとも不良品?そもそもゴリックスって何者?
やたら取り扱い商品はヒットするのに実態が掴めません。
ネット検索してもホームページすら出て来ない・・・

空気の漏れ音がする中、手を止めてしばらくゲージを観察。
しかし、ゲージの指針は落ちずに止まってます。
続けてレバーを上下し、8.0BARで止めて給気口を外しました。

すかさず「Panaracer(パナレーサー)デジタルゲージ」で圧力を測定、
結果は8.49BAR、逆に圧が高くなってました(笑)
しかし、空気を入れる分には問題無さそうです。

なんか使えるけど、腑に落ちない
このまま使ってみて、時間がある時にチューブの根元を
確認しようと思います。
それにしてもフロアポンプ、やっぱり楽!

R55C3 (BR-7900)カートリッジタイプ ブレーキシュー&固定ネジ(左右ペア) シマノ製(Y8FN98090)【自転車】(bebike)

価格:814円
(2014/5/15 23:00時点)
感想(27件)




PANARACER(パナレーサー) R'AIRチューブ 20×1.0-1.25FV/48mm (TH20-125LF-RA)

価格:1,424円
(2014/5/15 23:01時点)
感想(0件)




GORIX(ゴリックス)軽快 フロアポンプ(ゲージ付き) KW0002

価格:1,733円
(2014/5/15 23:02時点)
感想(0件)




Panaracer パナレーサー DUALHEAD DIGITAL GAUGE デュアルヘッドデジタルゲージ BTG-PDDL1

価格:2,280円
(2014/5/15 23:06時点)
感想(8件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 14  
2014.05.10

春になって解禁したヒルクライム。
トレーニングの意味も含めて、ここのところ山に通ってました。
そうしていると、恋しくなるのは海です。

達成感を味わえ、緑深い景色が美しい山も魅力があるのですが、
続け様に行ってると、開放感のある海が懐かしく思えてきます。

しかし、「山中湖サイクリング」で、ヒルクライムも一区切り。
行きたかった海を目指しました。
そして、3月から解禁の、海の幸も頂きたいと思います。

この日の天気予報は晴れ、降水確率0%で絶好のサイクリング日和。
最高気温は東京で26℃と高いのですが、しかし藤沢では23℃。
ちょっと肌寒いかな?微妙な気温なので、手脚にウォーマーを
着用しました。

8:06出発、遠くの空は白っぽいですが、頭上の空は青く広がり
気持ちが良い。
「鶴川街道」等を通り、たいした渋滞も無く順調に走行。

あっと言う間9:18、「境川」に到着。
14_05_10-01zushi.jpg
晴れてて陽気が良いせいか人通りが多いです。ロード乗りも、ちらほら。

9:52、「宮久保公園」に到着、ここで休憩タイムです。
トイレを済ませて、「豆乳クッキー」をかじりました。
14_05_10-02zushi.jpg
ここに至るまでの道で、そんな力を込めてないのに42km/h出ました
これが山で鍛えた脚の成果だな!
と思いたかったのですが、力強い追い風のおかげと判明します

この日は旅ライド気分で走ろうと思ってたのですが、
この追い風を活用しない手は無い。
調子に乗り自己ベスト目指してタイムトライアルやってみます。

10:14、「今田休憩所」に到着。
14_05_10-03zushi.jpg
脚を温存、休憩を多めに入れておきます。
ロード乗りは5~6人程が休んでました。

この日も4月に購入した「シマノ エクスプローラーグローブ」を、
着けて来ました。
14_05_10-04zushi.jpg
この手の平にある大きいパッドが心地良いです。
力が入った走りを続けると、手の平がしびれることが多かったのですが、
このグローブのおかげで、かなり軽減されてます。

ただ、ブラケットに擦れると「キュッ」と、茄子の漬物の皮を
噛んだ時の様な音がしてちょっと不快(笑)
滅多にないので気にしませんが、そこは改良して欲しいですね。
ブラケットカバーも、グローブもシマノなので。

追い風の恩恵を受けながら「藤沢市街」を通過。
134号に出て方角を東に向けると、今度は向かい風・・・
道はいつもながらの、軽い渋滞を見せます。

11:00、「逗子マリーナ」に到着。
14_05_10-05zushi.jpg
渋滞に会うも継続して走行、そして134号を除いては、
追い風だったおかげで、予定よりだいぶ早く着いてしまいました。
ランチのお店、OPENの11:30になるまで、防波堤で休憩。
「江の島」が水平線の向こうに見えます。

「江の島」の向こうには、富士山がぼんやりと浮かんでました。
14_05_10-06zushi.jpg
「山中湖」で眼前にしたのが、今やもう懐かしいです。
ぼんやり海を眺めてるのが気持ち良い~来たかった~海

「リビエラ逗子マリーナ」の周りに並ぶ椰子、青空を楽しんでました。
14_05_10-07zushi.jpg
そろそろ時間かな?とお店に向かいます。

11:20「めしやっちゃん」さんに到着。
まだ開店前、すでに10人程のお客さんらしき人々が、
お店の周りにいました。
お店のテラス席だったり、少し離れたベンチだったり、
無秩序にOPENを待ってる様子。

するとロード乗りが一人お店の前に止まり何かしてるのが目に入ります。
(あ~名前を書いて順番を待つシステムのやつだ!)
慌てて、わたしも名前を書きに行きました
初めて来たので勝手が分かりません。

11:30にお店がOPEN、名前を呼ばれた順に席を案内され、
その後、奥の小さなカウンターで食券を買います。
セルフで水を汲み、テラス席に着きました。

5分程して店員さんが運んで来てくれました、「海鮮丼」¥980
味噌汁とキュウリの漬物が付いて来ました。
14_05_10-08zushi.jpg
まぐろ、かんぱち、いか、あじ、たこの刺身が乗ってます。
そして、手前に盛られてるのが、待望の「生しらす」!!
待ち遠しかった・・・やっと出会えました。

ただ、生と釜揚げが乗った「しらす丼」¥880で、思う存分しらすを
堪能しても良かったのですが、ちょっとしらすだけでは寂しいので、
賑やかなこちらを選んでしまいました(笑)

この近く、2回行ったことのある「ゆうき食堂」さんの前を通った時に、
「本日、生しらすの入荷はありません」と張り紙されてたのを見て
愕然となりました。
しかし、あって良かった生しらすでは、頂きます。

机の醤油を醤油皿に入れ、刺身を浸しながら頂きました。
う~ん、どれも新鮮!ご飯は海苔の掛かった酢飯で相性が良くて、
美味しい。
14_05_10-09zushi.jpg
味噌汁も出汁が利いてて、これも美味しいです。

そして生しらす、形が少し大きめで、綺麗に透き通ってます。
14_05_10-10zushi.jpg
噛むとぷりっとして、少しだけ苦味を感じますが、溶けていくと
脂の甘さが広がります。食べられて良かった

他は、いかとあじが最高!口の中であっと言う間に溶けます!
いや~すぐにでも、また頂きたいと思う逸品です。
ボリュームもあってお腹一杯。ごちそうさまでした。

めしやっちゃん 海鮮料理
神奈川県逗子市小坪5-9-1
http://www.mesiyacchan.com/top.html#top

134号を西に戻りますが、こちらの車線は更に渋滞してました。
すり抜けしつつ、路肩の積もった砂を避けながら走行します。

12:28、「江の島」に到着。
14_05_10-11zushi.jpg
先程とは逆に「逗子マリーナ」をズームアップ。
リゾートらしい建造物が建ち並びます。

トビが旋回する青空を眺めながら、ゆっくり休憩。
14_05_10-12zushi.jpg
この辺りは、いつも通りに釣り人が多く集まってます。
島の中央に当たる岩山を眺めていたら、たまには近付いてみようと
思い立ちました。時間に余裕があるし。

そびえ立つ岩肌に重厚さを感じます。
14_05_10-13zushi.jpg
防波堤の上では、自転車での走行が禁止されているので、
下の駐車場を走って来ました。
この近くのスロープで防波堤に上がり、画像の左奥にある磯の方へ
降りてみます。

わざわざクリートを傷める様な、まねをしてまで来て見ました
14_05_10-14zushi.jpg
へぇ~こんな風になってるんだ。
橋の架かる島の入口から、ちょうど裏側に位置する所、
岩肌には洞窟らしきものがありました。

この辺りにも人が多く、みなさん磯釣りを楽しんでました。
もっと奥まで歩いて行ける様ですが、ほどほどにして出発します。

「江の島」を出て、「境川サイクリングロード」に戻ると、
往路で恩恵を受けた風は向きを変えずにそのまま・・・
つまり、それは向かい風として罰を受けると言うこと

往きで楽をした報い、しかしそこは山で鍛えた脚で立ち向かいます。
疲労も感じ出した脚で30km/h前後をキープ、呼吸を乱しながら
ペダルを回します、

13:45、再び「今田休憩所」に到着。
14_05_10-15zushi.jpg
午後に入って気温が上がって来ました。
アームウォーマーを外してサドルバッグへ。快適です。

疲労から水分補給の回数が増えて来ました。
空のボトルをスポーツドリンクの入ったボトルと入れ替えます。
2本目は冷凍しておいたので、まだ多少ひんやりとして美味しいです。

「今田休憩所」を出ると、目の前を通過して行った人と、
わたしのちょっと前に休憩所を出た人とで、3人の集団が出来ました。
追い風が厳しい中、先頭さんは29km/h程で巡航してくれてます。

最後尾にいるわたしはスリップストリームに入り、
楽させてもらってました
3人とも赤の他人、先頭さんは嫌がってるだろうなと思うと、
気が引けるのですが、抜けなくも無いスピードの中、脚を使って
前に出ても、結局強風にさらされ後ろに戻るのは目に見えてます。
なので、このまま付いて行くことにしました

そして、あっと言う間に到着してしまいます。
休憩場所「宮久保公園」13:45に到着です。
先頭さんと後続さんはスルーして行ってしまいました。
引いてもらってスミマセン、そしてありがとうございました

ここでトイレを済ませて休憩です。
14_05_10-16zushi.jpg
「塩分チャージタブレッツ」を2個食べておきました。
「江の島」でも補給しておいたので、これで4個目です。
脚が吊りません様に。

休憩を挟んで、しかもアシストさん(勝手に付いた)がいなくなった
ので、急に脚が辛く感じますが、登り勾配が少しきつくなったかも
知れません。
強い向かい風は続きますが、下ハン掴んでやり過ごしたりして、
しばらくすると30km/h以上をキープする様になりました。

もしかしてだけど、これってAVE.スピードの更新、
できちゃうんじゃないの?
そんなことを考えたり、考えなかったりしながら、辛くなった筋肉を
強制的に動かして愛車を前に進めました。

だいぶ苦しくなり、ほとんど信号待ちのたびにスポーツドリンクを、
口にしてるとボトルが空になりました。
「町田駅」を抜け「菅原神社」近くの自販機で水を買います。
¥110を投入、自販機が関西弁で何か言ってるのを聞き流しながら、
取り出し口を確認すると何も無い
お金、吸い込まれました・・・楽をすると罰が待ってる。
どうやら、そう言う日らしいです。

ゴミ箱備え付けの自販機を探しながら走ってたら、
「柿生」まで来てしまいました。
14_05_10-17zushi.jpg
ゴールは近いのに・・・まぁのどが渇いてるので買います。
「富士山おいしい水」¥110、ボトルに移して少し飲みました。
生き返ります。ついでに残り1粒となった塩分補給もしておきます。

16:09、「多摩水道橋」に到着。
14_05_10-18zushi.jpg
上流側からの強風で「多摩川」の川面が波立ってます。
と言うことは「多摩サイ」を選んでたら、帰路でフォローが
受けられたのか~と、残念がりました(笑)

しかし、この日結構、頑張ったつもり。
サイコンを確認することが楽しみと思いながら帰宅しました。

16:30到着
走行時間=5:14
走行距離=128km
平均時速=24.4km/h
体重変化=68.5kg→65.6kg

記録・・・全然足りない・・・
江の島、鎌倉、逗子コース走行13回中、第3位。
第1位は24.7km/h、もう少し及ばず・・・
そういうことだろ!とはなりませんでした・・・









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 12  
2014.05.08

先月も観に来たと言うのに、つれあいもわたしも、
すっかり気に入ってしまい、立て続けに訪れてしまいました。
「さくらんぼ」さんでの「ルパンJAZZ」ライヴ。

アニメ「ルパン三世」の曲を手掛けた、作曲家でありジャズピアニストの
「大野雄二」氏が率いる「大野雄二・ソウルペッパーズ」による
ライヴです。

とても色気のある雰囲気で魅力あるベースの「井上陽介」氏が、
残念ながら今回は、メンバーに入ってません。
前回はトリオでしたが、しかし今回はトランペットの入るカルテット、
趣向を変えて楽しみたいと思ったので、ふた月連続になりましたが、
この回を選びました。

この日は平日の木曜日、開演は19:30。
仕事終わりに即移動、柴崎駅の改札で、つれあいと待ち合わせします。

暮れる空にハーフムーン、「Sakuranbo」の文字にネオンが灯ります。
14_05_08-01sakuranbo.jpg
18:45に入店、入ったところでチャージ¥3,500×2を支払い、
席に案内されます。
ネット予約した時の要望通り、前方の席にしてくれました。

前回は友人と他のお店で頂いたのですが、今回はこちらでディナーを。
まずは、乾杯しました。
14_05_08-02sakuranbo.jpg
つれあいが「赤ワイングラス」¥700、わたしが「ハイネケン」¥600
ライヴ前、気持ちを盛り上げていきます。

そして、フードもオーダー、「トマトサラダ」¥700
14_05_08-03sakuranbo.jpg
シャキシャキ野菜に甘いトマト、ドレッシングはフレンチの様な、
オーソドクスなもの、野菜を摂らなきゃと思って頼んだもの。

「ハンバーグカレー」¥850
14_05_08-04sakuranbo.jpg
真ん中にハンバーグがどんと乗り、ビーフたくさんのカレーが掛かった、
カレーライス。
めちゃくちゃ柔らかいビーフに、とてもスパイシーなカレー。
旧横濱カレーミュージアム名誉館長が、おすすめしたのが分かります。
とても、美味しいです

挽き肉が詰まって見えるのに、フワフワな食感のハンバーグ。
14_05_08-05sakuranbo.jpg
あっさりスプーンで切れました。
全体的に結構なボリューム、満足な食べ応えです。

「ホタテドリア」¥900
14_05_08-06sakuranbo.jpg
つれあいのリクエスト。大きなグラタン皿、焦げたチーズが美味しそう。

底が深くてライスが多い、すっごいボリュームです。
14_05_08-07sakuranbo.jpg
つれあいは、半分も食べずにお腹一杯、ごちそうさまです・・・
わたしが全て平らげます・・・お米お米でわたしもお腹一杯。
しかし、とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

さくらんぼ JAZZバー
東京都調布市菊野台2-22-3 大竹ビル2F
http://www.jck.net/sakuranbo/
「オーナーのブログ」では、大野雄二トリオの演奏動画が閲覧できます。

食事を終えると、「フォアローゼス」¥700や「赤ワイングラス」¥700
を楽しんで、ライヴ開始を待ってました。
5~6人しかいなかった店内、お客さんがだんだん増えて来ます。

そして、19:30ライヴ開始です。
14_05_08-08sakuranbo.jpg
「大野雄二・ソウルペッパーズ」が入場すると、大きな拍手。
そして、各楽器のセッティング、ワクワクしてきます。

1曲目、まずはしっとりしたナンバー。
14_05_08-09sakuranbo.jpg
「Bye Bye Blackbird」(バイバイブラックバード)

この日の大野氏は前回よりノリが良かったと思います。
14_05_08-10sakuranbo.jpg
鍵盤を叩く指に力が入る表情。

客席に視線を送るトランぺッター。
14_05_08-11sakuranbo.jpg
ベーシスト、井上氏とはまた違った味わいを感じます。

1曲目を終えて、大野氏がマイクを握ります。
14_05_08-12sakuranbo.jpg
「みなさんお越し頂いてありがとうございます」と挨拶されて、
「でも、お客さんが少ないね・・・」と冗談交じり、客席に笑い。
そう、前回は場内超満席、立ち見の人もいる位の大盛況でしたが、
今回、席は埋まってるものの立ち見は無く、空間にも余裕がありました。
まあ、前回は土曜日、今回は木曜日なので、その影響もあったと
思います。

「倍は入ってくれないとね・・・」「良いプレイしてると思うん
ですけど・・・」客席から笑いを誘います。
前回よりも長めのマイクパフォーマンスをサービスして頂けました。

「今日は長めに喋ってますが、もう喋らないと思います、のると続けて
行きたいんで」と言ったことを話した後、メンバー紹介。

ベース:上村信
ドラム:江藤良人
トランペット:松島啓之
ピアノ:大野雄二

そして、2曲目に入りました。
14_05_08-13sakuranbo.jpg
トランペットが入ると音に迫力と厚みが加わります。

井上氏のベースの力強さが印象的でした。
14_05_08-14sakuranbo.jpg
上村氏の柔らかくも深みのある音も味があって良かったです。

「Smile」 Charles Chaplin
「スマイル」 チャールズ・チャップリン
映画「モダン・タイムス」のテーマ曲。
「ホリー・コール・トリオ」のカバーが好きです。

「[犬神家の一族]愛のバラード」 大野雄二
JAZZバージョン初めて聴きました。最高です。

以上、含めて全6曲+エンディングの演奏で、1セット目が終了。
14_05_08-15sakuranbo.jpg
この日の大野氏、本当にノリが良いです、1曲サービスしてくれた
みたいです。

時間も押して、さくらんぼマスターから2セット目は21:15から
スタートですと伝えられました。
およそ20分間の休憩、ワインを頼んで再開を待ちます。

2セット目が始まります。
14_05_08-16sakuranbo.jpg
前回もそうでしたが、前半の興奮が後半に持ち越しになり、
会場の温度が急上昇します。
わたしも汗をかいてきたので、上着を脱ぎシャツの袖まくりをしました。

ベース上村氏の表情に、力が入って良いです。
14_05_08-17sakuranbo.jpg
楽器が扱えるって気持ち良いだろうな~と思います。

前回も演奏した、
「Left Alone」 Mal Waldron
「レフト アローン」 マル・ウォルドロン
しかし、トランペットが入ったので、聞きなれたアレンジになりました。
「レフト アローン」沁みます。

曲の変わり目、大野氏が譜面をめくり選んだ曲を弾き始めると、
バンドからニヤッとした笑みがこぼれます。
会場もフフッとした笑いが、

大野氏が選んだ曲とは、
「Taboo」 Margarita Lecuona
「タブー」 マルガリータ・レクオーナ
加藤茶氏、往年のコント「ちょっとだけよ」のバックに流れる曲。
トランペットの口に指を当てて、
ブワァ~ブァ~、ブァブァブァ、ブァブァブァ~♪と鳴らすと、
お客さんから笑いが漏れます。

会場の熱を確かめるかの様に目を向ける大野氏。
14_05_08-18sakuranbo.jpg
「ルパン三世のテーマ」で締めくくり、ここで魅せる大野氏の、
鍵盤さばきが凄かったです。
速弾き、アドリブ、メンバーを牽引するかの様な盛り上げ方。

大野氏の激しいパフォーマンスが終わって大拍手、
続くドラムの江藤氏、力強いスティックさばき、会場の温度が
更に上昇します。
ベースもトランペットも続くかと思ったのですが、ソロパートは無く、
最後は全員で演奏、終了です。

この日のライヴ、観客は少ないながらも、大盛り上がり。
終わってしまうのが寂しかったです。

最後エンディングの曲に乗せて、改めて素晴らしいメンバーを紹介。
終わったのは22:30頃でした。
この日も本当に素晴らしいライヴを楽しませて頂きました。

この日は二人でチャージ¥7,000+食事¥7,590の合計¥14,590です。
ミニマムオーダーが¥1,500なので一人最低¥5,000で済むのですが、
飲み過ぎですね・・・

予算が足らなくなりそうな位、ハマりそうです。
大野雄二・ソウルペッパーズさんと、さくらんぼさんに感謝です。

大野雄二 OFFICIAL WEBSITE

上村信のホームページ

江藤良人 Drummer

松島啓之クインテット


LUPIN THE THIRD 「JAZZ」 [ 大野雄二トリオ ]

価格:2,469円
(2014/6/4 22:05時点)
感想(6件)



LUPIN THE THIRD「JAZZ」PLAYS THE “STANDARDS"&OTHERS [ 大野雄二トリオ ]

価格:2,313円
(2014/6/4 22:06時点)
感想(3件)



《送料無料》大野雄二(ピアノ)/LUPIN THE THIRD JAZZ(CD)

価格:2,571円
(2014/6/4 22:08時点)
感想(1件)



BOSS ANIME MORE LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! [ 大野雄二 ]

価格:3,600円
(2014/6/4 22:09時点)
感想(2件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 11  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.05.07

前日に行ったサイクリングで修復不可能になったタイヤ。
身動きの取れない状況。
しかし、たまたまそこはワイズロードのすぐそばでした。

そこで、購入したタイヤは、
「Panaracer(パナレーサー)RACE L(light) Evo2」¥4,147×2

これまで使用してたタイヤは、
「Vittoria DIAMANTE PRO LIGHT Ⅱ(ヴィットリア ディアマンテ プロ ライト 2)」

軽くて良く転がり気に入ってずっと使ってたのですが、耐久性が低い様に
思われる為、違うものに変えようかと考えてました。
修復不可能なパンク、そんな矢先の出来事で、今回は検討無しの購入と
なってしまいました。

ぼんやり候補に挙げてたのは、
「Vittoria DIAMANTE PRO LIGHT Ⅲ」
(ヴィットリア ディアマンテ プロ ライト 3)

お気に入りタイヤの後継品。
どんな進化を遂げたのか試したかったです。

「MICHELIN PRO4 CompLimited SC」
(ミシュラン プロ4 コンプリミテッドSC)

人気のプロ4、高価ですが165gと軽量、いつかは味わってみたい。

「Panaracer RACE L(light) Evo2」
(パナレーサー レースL エヴォ2)

この前の仕様「RACE type L」を使用したことがありました。
その、後継品です。
転がり抵抗が軽減されたとのことで、気になってました。

パナレーサーを使ってた時は、トレッドのザラザラ感に、
走行感として、とても抵抗がありました。
前輪からザーっと音が聞こえて、気分的にもペダルが重く思えてきます。
いや、実際に重く感じました。

そんなタイヤの後継品を選んだのは、何と言っても値段の安さです。
緊急時、急いでる、そこでほとんど価格の比較だけで、
さっと選んでしまいました。

でも、転がり抵抗が軽減されたとあったら、受け入れて良いんじゃない?
そう思い、改めて試してみたい気持ちになりました。
その、トレッドの状態を新旧のタイヤで見比べてみます。

左が旧「RACE type L」、右が新「RACE L Evo2」
14_05_07tyre.jpg
ウソでしょ?新しい方が、ザラッザラじゃん・・・
左の旧型の方は使用してますが、見た目そんなに変わってないはず。
右は新品なので光沢があって凹凸が大きく見えはしますが、
よく見比べても差は歴然、新型の方がザラザラ感が強いです。

また、ザーっと言う抵抗感に悩まされるのかな?
まぁでも今度のサイクリングで楽しみながら試走します。

Panaracer(パナレーサー) RACE type L EVO2 (Light) レース タイプL 700C 【タイヤ】【自転車 タイヤ】【ヒルクライムに最適】【ロード】【クロスバイク】【ピスト】(bebike)

価格:3,650円
(2014/5/11 10:03時点)
感想(32件)




全商品ポイント3倍【VITTORIA】(ビットリア)ディアマンテ PRO ライト3 クリンチャータイヤ 【クリンチャータイヤ】【自転車 パーツ】

価格:5,875円
(2014/5/11 09:59時点)
感想(0件)




ミシュラン MICHELIN プロ4コンプリミテッドSC PRO4 COMP LTD SC 700X23C ブラック タイヤ

価格:5,960円
(2014/5/11 10:01時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 10  
2014.05.07

この日のランチは餃子荘 紅蜥蜴さんへ、お邪魔することにしました。
桜新町駅から、少し遠いところにある中華料理のお店です。

メニューを見て迷います。
いつも坦々麺か、麻婆豆腐、時にチャーハンのパターンに、
陥ってしまいますが、ちょっと他のものも頂いてみます。

12:10頃に入店すると、いつもすんなり座ることが出来ます。
しかし、すぐさまどんどんお客さんが入って来て、
あっと言う間で満席になります。

10分しない位で運ばれて来ました「ナスと豚肉のピリ辛」¥880
14_05_07-01benitokage.jpg
あれ?ザーサイが付いて来ない
ご飯とおかずだけ・・・増税の影響か?はぁ、美味しかったのに。

店員さんが気付かったのか「ご飯の量は大丈夫?」と聞いてきました。
大盛りや、おかわり無料サービスは残ってるのかな?
でも、充分なので「大丈夫です」と返事をしました。

ナスと豚肉のみのシンプルな具材、とろみのついたソースで、
炒めてあります。
14_05_07-02benitokage.jpg
ナスから食べてみると、まずはいきなり酢の味と香りが口に広がります。
しかし、酸味は全然強くなく、まろやかで美味しい酢の味です。
ナスはトロッと柔らかく甘みがあります。

豚肉も柔らかく、肉の甘みとソースが良く合って美味しい。
ご飯が美味しくなる味付け、どんどん食べられます
気が付けば完食、割とボリュームもあってお腹一杯です。

定番のニラレバ炒め、回鍋肉、麻婆豆腐は¥780だったのが¥880に
値上げ・・・
他は据え置きでしたが、ザーサイが消えました。

増税で生活のちょっとした潤いが、今は失われていってる気がします。
どの様な変化を遂げていくのかが気掛かりです。
けども!今日も美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

餃子荘 紅蜥蜴 中華料理
東京都世田谷区新町2-4-15
http://www.shanghaichicken.jp/









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 09  
2014.05.06

ゴールデンウィーク4連休最終日。
「山中湖サイクリング」を終え、中二日空けて、またのサイクリング。
走行距離200kmを超えたのに、身体的なダメージほとんどありません。

ヒルクライムで活躍したスプロケ27Tのギアと、
終盤の走行に味方してくれた、追い風のおかげかもしれません。

問題無くサイクリング行けるなと、目標に据えたのは「奥多摩湖」
また湖、また山です・・・
ヒルクライムでGW最後を締めたいと思いました。

と、勢い込んではみたものの、天気予報では雨のにおいが漂います。
気になる降水確率は午前中で40%、空をにらみながらの
走行になりそうです。
最高気温も23℃と、ここ数日より低くなりました。
「山中湖」に行った時と同じ、ウォーマーで寒さ対策もしておきます。

出発は7:58、家を出て走ってみると、ギリッギリで、寒い
風で体が冷やされます。

「多摩川の広場」に到着。
14_05_06-01mitake.jpg
もう降るでしょ?これ雨降るでしょ?
生ビールのクリーミーな泡が浮かんでるみたい。

9:30、「羽村取水所園地」に到着。
14_05_06-02mitake.jpg
標高が上がったせいか、また少し寒くなりました。
空は変わらず、どんよりです。
もうこの空、「奥多摩湖」無理だろうな~・・・

10:22、「御嶽」に到着。
14_05_06-03mitake.jpg
残念ながら、ここをゴールに変えます。
少しですが、顔に雨粒が当たりましたので・・・

「多摩川」上流側、奥多摩の方角。
14_05_06-04mitake.jpg
雲、山に掛かっちゃってます・・・
これ見て、さすがに断念しました。

そうと決まったら、雨が降らないうちに急いで帰宅です。
ハイペースにペダルを回し、いつもなら35km/hで精一杯な道筋、
サイコンで43km/h出てるのを確認しました。
でもこれ最後まで持つのかな?と思いつつも、脚には力を感じます。

そんなことを考えながらも、お腹が減ってきました。
どこで食べようかな?と、お店の記憶を巡らします。

11:00、開店直後の「麺屋 蕾」さんに到着しました。
そう、ランチにしては早い時間、でもこのお店なら開いてると思って、
来ました。
場所は河辺駅と、小作駅の中間辺りです。

OPENしたばかり先客はもちろん無く、ゆうゆうとカウンターに座り、
「しょうゆチャーシューめん」¥880を頼みました。
そして、ランチタイム無料サービスの大盛りにします
増税で全品+¥30、値上げされてました。

ピチピチのグローブを外すのに苦戦し、セルフの水を汲んで
戻ってきた頃、5分程経って出されました。
14_05_06-05mitake.jpg
少し大きめのチャーシューは4枚です。
海苔に隠れるのは、シャキシャキもやしと、ワカメ、卵1/2.
少し、刻みネギも入ってました。

スープから頂くと、あれ?こんなに甘かったっけ?
最初だけですが甘さが際立ってました。
その後に来るカツオの風味が良いです。

ほぼ、もやしを平らげて、麺を頂きます。
14_05_06-06mitake.jpg
色が濃いのが特徴的、他に特徴があるとは言えないのですが、
スープに馴染んで美味しいです。

チャーシューもほどほどに柔らかく、肉の旨みが美味しい。
終わりの方、七味やコショウで味を変えて楽しみました。
甘めのスープには七味が合いました。

お会計で6月末まで有効の、¥50引きサービス券を頂きました。
美味しく頂きました。ごちそうさまです。

麺屋 蕾 ラーメン・つけ麺
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

腹ごしらえが済んで外に出ると、空気が冷たくふるえます。
午後に近付いて更に寒くなった感じ。
まぁ走れば体が温まると思って出発。

体を温める為にもスピードを上げて進みました。
すると愛車がなんだか変・・・
平坦な舗装路なのにガタンガタンと前後に揺れます・・・

前?後ろ?タイヤや、リムの形が変形してしまったか?
探る様にゆっくり走ってみて、気のせい?と思いながら、今度は
スピードを上げてみました。
すると、プシューッと言う音と共に脚にエアーが当たるのを感じます。
・・・あぁパンクだ

降りて邪魔にならない様、脇道の広い場所まで愛車を押しました。
タイヤを確認、すぐ分かりました。
後輪のトレッドに穴が開いてます。

すぐ、愛車をひっくり返しホイールを外して、チューブを抜きました。
14_05_06-07mitake.jpg
切れてます・・・2~3mm結構な大きさに切れてます。

タイヤは、こんな感じ。
14_05_06-08mitake.jpg
トレッドが切れて、ケーシングはぶちぶちのズタボロ
釘の穴どころじゃあない・・・これだけケーシングやられてたら、
走れないよな~

しかし、持ってて良かった「ParkTool(バークツール)タイヤブート」
これを貼ってタイヤの穴をふさいでしまいます。
14_05_06-09mitake.jpg
初めて使いました、こんなんで良いのかな?
タイヤブートは、タイヤの側面が切れたりしたら使うものです。
接地面に使って強度的に持つのか不安・・・

予備のチューブもありますが、ここはパッチにしておきました。
14_05_06-10mitake.jpg
タイヤブートが持つか分からない状況、新しいチューブは残して
おくことにしました。
穴付近を付属のペーパーで軽くやすって、パッチを貼り補修します。

チューブ、タイヤをホイールに戻してエアーを入れました。
14_05_06-11mitake.jpg
今思えば、ご丁寧に8bar以上も入れる必要無かったです。
そのせいで傷、広がったかな?タイヤブートが少し見えてました・・・
家まで残り36kmちょっと、まぁなんとかなるか。
不安を残しつつ、走り出します。

もう駄目だな~お気に入りのこのタイヤ使うの、耐久性が低過ぎ・・・
「Vittoria(ヴィットリア)ディアマンテ プロ ライトⅡ」
軽さと抵抗感の低さが好きだったのですが、本気でもう変えようと
思いました。

12:23、「羽村取水所園地」に戻って来ました。
14_05_06-12mitake.jpg
寒くて、今にも雨が降りそうな空模様。
休憩もそこそこに、トイレだけ寄って出発しました。

13:17、谷保の「河川敷公園」でタイヤを確認します。
14_05_06-13mitake.jpg
タイヤブートが丸見え・・・もう駄目だよね?

パンクした後輪に、他のところまで亀裂が発生。
14_05_06-14mitake.jpg
ケーシングが見えて、タイヤがいびつに変形してます。
それでも、スポーツドリンクの空いたボトルと、
ストックとを入れ替えて、ラストスパートでスタート。

しかし、割と強めな向かい風が行く手を阻み、ついでにいよいよと言う
感じで雨が降って来ました
雨は小雨ですが、雨滴でサングラスを覆う位には降りました。

それでも、30km/h超えのペースで走行、先を急いでました。
そしてそこで、プッシュー・・・そう当たり前に来たパンクです。
タイヤブートやはり持ちませんでした、小さく穴が開いてエアーが
漏れてます。

さぁどうしよう、タイヤブートとチューブ用のパッチは、
まだ手持ちがあります。
最初のパンクと同じ様に応急処置して走ろうかと思いますが、
タイヤの穴が広がってしまって、タイヤブートが露出してしまいます。
その処置じゃ家まで持ちません。

そう考える前に気付いてました、この現場がワイズロードに近いことを。
もう駄目だ、手っ取り早くタイヤ買おう。
検討の余地も無くタイヤを買うことにします、愛車を押して
お店に向かいました。

ちょっと「Vittoria(ヴィットリア)」を眺めましたが金額が高い
もう最近気になってた「Panaracer(パナレーサー)RACE L Evo2」にしました。
前のシリーズを使ったことがあって、トレッドのザラザラ感に抵抗を
感じて、走行感が好みで無かったです。

Evo2で更に転がり抵抗が軽減されたとあって、一度試してみたいと
思ってました。安いし(笑)
前後共、交換してしまいたいので2本購入します。

とっとと会計を済ませて、お店の外でタイヤ交換をしました。
ここでは後輪のみ交換、もちろんチューブも手持ちの新しいものに
交換です。
廃棄するチューブやタイヤ、購入したタイヤで背中のポケットを
パンパンにして再出発です。

いつの間にか雨は止んでました、しかし向かい風は強いままです。
それでも30km/h前後に維持して前へ進みます。

後輪の感触が変わりましたが、前輪はそのままなので、
新旧混ざった感じに。
家で前後のチューブ、タイヤ共「Panaracer(パナレーサー)」に交換。
感想はそれからです。

体が冷えてずっと行きたかったトイレ。
14_05_06-15mitake.jpg
「多摩川さくら緑地公衆トイレ」に寄りました。

14:56、「多摩川の広場」に戻って来ました。
14_05_06-16mitake.jpg
雨雲にしか見えませんが、走行中降られたのは少しだけでした。

交換した後輪タイヤ。
14_05_06-17mitake.jpg
検討しようと思ってたタイヤ選びでしたが、まぁ候補にあったもの
なので、インプレッションを確認しつつ楽しみたいと思います。

しかし、奥多摩湖に行っていて、こんなパンクが起きてたらと思うと、
ゾッとします
まして、前回の山中湖だったら立ち直れなかったと思います

不幸中の幸い、渡りに船、地獄で仏に会ったような体験をしました。
おかげで経験値だけは高まった気がします。

15:10到着
走行時間=4:07
走行距離=103km
平均時速=25.0km/h
体重変化=68.8kg→68.1kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 07  
2014.05.04

この日は、友人と呑みの約束をしてました。
前日は走行距離200km以上のサイクリング
寝てもいつまでも眠い倦怠感、脚に力の入らない脱力感、体から
抜けない疲労感、満身創痍でフラフラ、動きたくないです・・・

と、なるのがいつものパターン、しかしロングライドにも慣れて
来たのか、普段通り眠っただけで全然元気
呑みにもガンガン攻めて行けそうです

と、言う訳で、友人一人、つれあいとわたしの三人で、
つつじヶ丘駅の「クルアタイ」さんに、お邪魔しました。
タイ料理と言えばここ、もう何度も通ってます。

電話で席を予約、その時、ワイン二本を冷やしておいて下さいと、
お願いしました。
すると言い終わらないうちに、タイの女性店主さんから、
「冷蔵庫ね~」と返事が返って来ます。
もう、覚えてくれてるみたい

予約の17:00に入店、先客はまだです、OPENしたてですから。
まずは友人との再会に乾杯。

「シンハ・ビール」¥600×2、
白ワイン「ジェイコブス クリーク」¥2,800
14_05_04-01kruathaii.jpg
これでまずは乾杯。
わたしもあとで、白ワインを飲みました、グラスまで冷やされ、
冷たく美味しかったです。

フードも頼みます。「ヤム・ヌア」¥900
14_05_04-02kruathaii.jpg
牛肉入りタイ風サラダ、"入り"と言う割には牛肉がメインの料理です。
牛肉は歯応えがあって、噛むと旨味が広がり美味しいです。
ビールに合います。

「ビーク・ガイヤーン」¥850
14_05_04-03kruathaii.jpg
タイ風手羽先焼き、タレに浸けて頂きます。
手羽先にもタレが浸み込み、香ばしくてツマミに良い。
本当は、タイ風焼き鳥「ガイ・ヤーン」を頼もうとしたのですが、
切らせてました。

赤ワイン「ジェイコブス クリーク」¥2,800
14_05_04-05kruathaii.jpg
冷えた白ワインが飲みやすく、クイックイいっちゃいました。
で、早くも赤のお出まし

「ポー・ピア・クン」¥700
14_05_04-04kruathaii.jpg
海老の揚げ春巻き、ほぼ毎回頼む、サクサクプリプリな春巻き。
ピリ辛スイートチリで、頂きます。

どんどんお客さんが入って来ます。
14席の小さなお店、あっと言う間に満席になりました。

「トム・ヤム・クン」¥900
14_05_04-06kruathaii.jpg
定番のトム・ヤム・クン・スープです。
海老やシメジ等が入った、酸っぱ辛いスープ。
レモングラスの香りが良く、酸味と辛味とコクが美味しい。
あれ?パクチー入ってたっけ?

「ハイボール」¥300×2
14_05_04-07kruathaii.jpg
これは、友人とつれあいのオーダー。

そして、わたしは「紹興酒グラス」¥350
14_05_04-08kruathaii.jpg
常温で小さな湯飲みみたいなコップに入って来ました。
タイ料理との相性、わたしにはいまいちかな?

「ゲーン・キャオ・ワーン」¥800
14_05_04-09kruathaii.jpg
こちらもタイ料理定番、鶏肉のグリーンカレー。ライス付きです。
ココナツミルクの香りと甘さの中、舌の上に走る様な辛さを感じます。
でも、残らない程度の辛さ。

「パネーン」¥900と、「ライス」¥?
14_05_04-10kruathaii.jpg
豚肉のタイ風カレー炒め、鶏肉も選べます。
グリーンカレーは、さらっとしてますが、こちらは濃厚な
カレーソースを楽しめます。
ライスで無く、「カオ・ニャオ」(タイの糯米)を頼んだのですが、
そちらもありませんでした。

GWは、お客さんが少ないと踏んだ仕入れだったのかな?
だとしたら逆、あとからあとからお店の扉を開ける人が絶えません。
一人で切り盛りされてるので、それはそれは大変な状態です。

この日のお会計¥18,650、一人当たり¥6,200程。
いつもより、ちょっとお高めかな?

お酒はどれくらい呑んだんだろう?
何度もおかわりし、わずらわせてスミマセン
いつも美味しく頂いてます。ごちそうさまでした。

クルアタイ(廚泰) タイ家庭料理
東京都調布市西つつじケ丘2-1-10
http://kruathai.cocolog-nifty.com/blog/









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 05  
2014.05.03

ゴールデンウィークです。
長距離を走って体が使い物にならなくなっても良い様に、
4連休の初日を選んで、今年初の200kmサイクリングに出掛けました。

ゴールは「山中湖」を設定。
昨年の4月に初めて走ったコースです。

その時は「道の駅どうし」を出て、最高標高の「山伏峠」
(標高1,100m)を越えるヒルクライム中、最後の方でどうにも
脚に力が入らず、一回だけ地面に立ってしまいました。

悔しく、ずっと心残りで1年を過ごしましたが、今回再チャレンジを
挑もうと思います。

しかし、スケジュールを組もうと自分のブログで時間を確認してたら、
つい内容まで読んで、苦しかったことを思い出し、
(やっぱり、止めようかなぁ)と、気が萎えます・・・
でも、家を出てしまえばあとは行くだけ、
迷わず行けよ、行けばわかるさと、出発を決意します。

わたしにとっては超長距離、普段よりも装備を増やします。
チューブ+1、ジェントス バイクライト、塩分チャージタブレッツ×10
を追加しました。

天気予報は、晴れ~曇り、降水確率10~30%、最高気温28℃です。
山中湖での最高気温は23℃、やはり東京よりだいぶ涼しい様です。
今年初の「スポーツフル 半袖ジャージにショートパンツ」
「スポーツフル 手脚のウォーマー」を着用しました。

さぁ出発6:45、朝は5:00に起床ちょっと眠いです・・・
家を出ると空気が若干冷たい、手脚のウォーマーは正解でした。

「多摩サイ」から「浅サイ」に入り、7:42「万願寺歩道橋」に到着。
14_05_03-01yamanakako.jpg
青空に溶け込み佇む富士山、目標は遙か彼方。
この日の目標は、
・もちろん「山伏峠」無停車走破。
・走行距離200km走破。
・ほうとうを食べる。

8:29「陵南公園」に到着、ここで最初の休憩です。
14_05_03-02yamanakako.jpg
いつもより15分程オーバーのゆっくりしたペースで脚を温存します。

この日の糖質補給。
14_05_03-03yamanakako.jpg
柴崎駅「サントーレ」さんで買った、くるみの焼き菓子。
たくさんのくるみが入ったキャラメルをクッキー生地が包みます。
キャラメルに少し塩が利いていて美味しかったです。

「浅サイ」を離れ「町田街道」を経て、「道志みち」に入ります。
いよいよ「山中湖」への入口に来た、と言う気持ちになります。
14_05_03-04yamanakako.jpg
「道志みち」序盤の「セブンイレブン」で二度目の休憩。
今年のGWは連休が長く取れない為、国内旅行者が多いとのニュース。
めちゃくちゃな人だかり

レジ待ち20人近くの行列に並んで購入した、
「たまごサラダロール」¥108と、「挽きたてブラックコーヒー」¥129
14_05_03-05yamanakako.jpg
朝は家で冷凍のタンメンにワンタンやソーセージ、卵を投入して
ガッツリ食べて来たのですが、小腹が減りました。
ちょっとずつ補給するのも、この日の教訓。
汗もかいてます、塩分補給にタブレットを2粒食べておきます。

しかし、昨年のGWの比じゃない人の集まり様。
車、オートバイ、そしてロードバイクの台数が半端ないです。
ここでトイレもお借りしたかったのですが長蛇の列、諦めました・・・
あーほうとうのお店も諦めないとダメかな?

基本上りの坂道、時折急な下りを挟む道程。
下りは気持ちが良いですが、帰りには障壁になるので喜んでられません。
11:00ちょうど、75km地点で「道志村役場」を通過しました。

そこから1.6km程走って「道志村公衆便所」に到着です。
14_05_03-06yamanakako.jpg
列を成してるんだろうな~と予想してましたが、誰もいませんでした。
しかし、交通量は引っ切り無し、車、オートバイ、ロードバイクが
通過します。
また、塩分補給にタブレットを2粒、口に入れました。

11:35「道の駅どうし」に到着。
「ソフトクリーム(ピーチ&バニラミックス)」¥289を頂きます。
14_05_03-07yamanakako.jpg
めちゃくちゃ滑らか、桃の香りがして美味しい。
しかし、お腹が一杯になって来ました、ほうとう食べられる?
それでも、疲れた体に元気を呼び戻します。

建物裏の「道志川」です。
14_05_03-08yamanakako.jpg
たくさんの人が川に触れ、楽しんでる様子。

その近くで八重桜が咲いてました。
14_05_03-09yamanakako.jpg
標高が高いので、5月に入ったこの時期でも、春の花が楽しめます。

さぁ、やって来ました、ここからが本格的なヒルクライム。
ここまでも、なかなかしんどい道のりでしたが、登りの加減はそれ以上。
そして、温存してたダンシング解禁、まだ急坂一回にしか使ってません。
意を決してスタート。

序盤は緩やかな登り、平坦な道を挟んで、一回だけ軽い下り。
その後は延々続く急な登り坂で、息も絶え絶え登って行きます。
しかし、「道の駅どうし」に一杯停まってたロードバイクは、
全然上がって来ません。
休憩してそのまま引き返す人が多いのかな?

と、思ってたら大学自転車ロードレース部の名前が入るジャージの
青年にぶち抜かれます(笑)
間を開けて、同じジャージの青年、二人に抜かれ、更に3~4人に
抜かれました。
急坂を登板中なのに、みなさん早いです

直線の長~い急坂の向こうにカーブが見えます。
カーブで更に勾配がきつくなりダンシング一回目。
左、右に曲がるとまた気の遠くなる様な、ストレートな急坂が
待ってます・・・
見た目で心が折れそう・・・でも、考えない、終わりはあると信じて、
ペダルを回します。

ストレートな坂を登り切り、待つのはまた蛇行する急坂。
ダンシングしたいけど、その気力、体力も発揮出来ず、
地道にシッティングを維持します。

よっぽど苦しそうに見えたんだと思います。
反対車線を下るロード乗りの方に「あと少し、頑張って!」と、
励まされました。
ありがたい応援、折れそうだった気持ちを奮い立たせます

そして最後のカーブを曲がるとトンネルの入り口が見えて来ます。
ハァハァ・・・やった・・・ハァハァ着いた・・・
乱れる呼吸で、つぶやいてました。

12:45「山伏峠」に到達。
14_05_03-10yamanakako.jpg
これは「山伏トンネル」の中。
「道の駅どうし」を12:00過ぎに出ました。
およそ45分間、約9kmの険しい道のり。
無停車走破で、一つ目の目標をクリア出来ました。

「山中湖」はもうすぐ、快適な下りを気持ち良く進みます。
すると突如、視界に現れた「富士山」
14_05_03-11yamanakako.jpg
あぁ泣きそう
一年ぶりの再会で懐かしかったせいか、ここまでの登り坂がよっぽど
苦しかったせいか、年のせいかは分かりませんが、目に涙が浮かびます。

そのまま行くとT字路にぶつかり左折、湖を周遊する「マリモ通り」
走ります。
湖面が望める場所まで来ました、「山中湖」ゴールです。

周遊道路は軽くアップダウンしますが、ほとんど平坦な道です。
なのにフロントアウターにして走ってたら脚が吊りました・・・
あんなに塩分補給したのに・・・でも、インナーに入れてギアを
軽くしたら、治りました

「道志みち」から湖を挟んでちょうど反対側に位置する、
ほうとうのお店「浅間茶屋」さんに、お邪魔しました。
この辺りでほうとうと言えば「小作」さんが有名な様ですが、
ホームページを見ると、お店の雰囲気も良さそうなのであえて、
こちらを選びました

「小作」さんの前を通って来ましたが駐車場は一杯でした。
反面、こちらの駐車場はガラガラ・・・
13:10ちょっと不安になりながらも入店です。

店内は上品な感じ、店員さんも上品な感じで、ジャージ姿のわたしは
ちょっと浮くかな?と思いますが、暖かく迎え入れてくれました。
席に着きメニューを見て、「豚肉ほうとう」¥1,340を頼みます。

10分ちょっとで運ばれて来ました。
14_05_03-12yamanakako.jpg
想像してたより早いお出ましです。

金属の鍋で、でっかいお玉と一緒に運ばれて来ました。
豚肉が入り、野菜の種類が豊富、具だくさんです。
大きなカボチャ、白菜、インゲン、ニンジン、シイタケ、舞茸、
サトイモ等が入ってました。

ほうとうはこんな感じ。
14_05_03-13yamanakako.jpg
小麦粉を練ったままの、それと言った感じ。
懐かしい、すいとんみたいな味と食感、ちくわぶにも似てるかな?
うどんとは全然違って素朴。
おでんに、ちくわぶは必須のわたしには大好きな感じの麺です。

味噌の利いたつゆにお店オリジナルの辛味「よっちゃばれ」
入れて味を変えてみます。
14_05_03-14yamanakako.jpg
胡麻のコクと山椒の辛味で、また違った美味しさに変化。
この辛味、お土産でも売ってました。

山梨と言えば、ほうとう。
本当に食べられて良かった、目標二つ目の達成。
とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

浅間茶屋 ほうとう・うどん・丼
山梨県南都留郡山中湖村山中224
http://www.sengenchaya.jp/

食べ終わって出発、周遊道路を走ってると強い向かい風が吹き出します。
お店を出てすぐに走行距離100kmに達し、疲労した脚で喘ぎながら、
ペダルを回します。
その横をスイーッと抜いてくロード乗り・・・頭が下がります。

サイクリングロードから富士山を眺めます。
14_05_03-15yamanakako.jpg
後ろが青空だと良かったのですが、それでも富士山は美しいです。
前回は世界遺産登録の2ヶ月前に訪れました。
登録後初に間近で望むことが出来ました。

去年も使わせてもらったトイレに寄りました。
14_05_03-16yamanakako.jpg
大きな白鳥がいたんですが、この日は残念ながら出会えませんでした。
ここで、塩分補給を思い出し、タブレット2つ口に入れます。

「山中湖」を一周しました。
14_05_03-17yamanakako.jpg
富士山は、ずっとこんな感じで白い雲を背にした状態でした。
青空の下で、美しい姿を見たかったのですが、それでも再び
会えたことに感謝。
また、来られることを祈りつつお別れです。

「道志みち」に戻り、少しだけ坂を登って再び「山伏峠」越え。
距離は短いですが、登りは100km走った体には辛く感じます・・・
脚吊りましたから・・・痛みは軽かったので走行しながら、
脚を伸ばしつつ治します。

しかし、「山伏トンネル」をくぐってしまえば、往きの登りで
苦労した分のご褒美、気持ちが良い下り坂を滑り降りました。

アッという間、出発から30分程で「道の駅どうし」に戻って来ました。
14_05_03-18yamanakako.jpg
「富士山天然水」¥110「エナジージム」¥130を購入。
ちょうどボトル2本のスポーツドリンクが空いたところ、
水はボトルに移し、栄養ドリンクで元気を付けます。
塩分補給、またタブレットを2粒食べておきます。

つれあいに木彫りのあゆとやまめのストラップをお土産に買いました。
ごめんね、そんな小さいものしか運べなくて

トイレを済ませて出発、まだ続く快適な下り坂。
栄養ドリンクのおかげか、脚にも力が入る様になりました。
愛車も体に馴染み、シンクロして一緒に風を切って進みます。

山深い素晴らしい景色。
14_05_03-19yamanakako.jpg
渓谷と緑の美しさ、また来たいなぁ。

気持ち良く下り坂を走行しますが、きつめの登り坂が2回現れます。
それでももう、体が坂を登ることに対して抗体が出来てて、
辛く思うことが都合良く飽きてます(笑)
しかし、「うぃーっす」と後ろから挨拶されて、2人組があっさりと、
わたしを抜き去って行きました

えーもう着いちゃった?という感じで往きに寄った、
「セブンイレブン」に到着、16:28です。
14_05_03-20yamanakako.jpg
この時間でもまだ、少し並んでたトイレをお借りして、
「和梨バー」¥72と、「ソルティライチ」¥154を購入。
駐車場の地面に座って、アイスキャンディーをかじりながら休憩です。

17:47、「陵南公園」に戻って来ました。
14_05_03-21yamanakako.jpg
綺麗に咲き並ぶチューリップ、夕暮れ空もうすぐ日が沈みます。
トイレに寄って脚をマッサージして出発。

再度の、「万願寺歩道橋」18:43です。
14_05_03-22yamanakako.jpg
ここに至るまで夕食を食べるところを探してました。
何時に帰るか分からないので、どこかで夕食を食べてくると、
つれあいに告げてあります。
しかし、めぼしいお店が見つかりませんでした。

久しぶりにあのお店に行ってみようと当たりを付け、
ここで、サングラスを外して、リアライトを点灯、すぐ出発します。

18:57、百草園駅の「田や」さんに、お邪魔しました。
もう4回くらい来てる、安くて美味しい洋食屋さん。
入ると店内は、カウンターでお酒を楽しむ方、テーブルには家族連れ。
馴染み客の様で、アットホームな雰囲気を醸してます。

10分程で運ばれてきた「ハンバーグ定食」¥750
14_05_03-23yamanakako.jpg
夜も同じ値段なので驚きました、やっていけるのかなぁ?
デミグラスソースの掛かったハンバーグには、目玉焼きがトッピング。
ドレッシングが掛かった生野菜と、マカロニサラダが添えられてます。
味噌汁に、ほうれん草のおひたし、ひじきの煮物の小鉢まで付いて、
この値段は安すぎ。

タマネギが甘い、フワフワなハンバーグ、疲れてるのにご飯が進みます。
どんだけ食べるんだ?胃も疲れてるはず、でも美味しい

半熟の目玉焼き、割りました
14_05_03-24yamanakako.jpg
最高、間違いないです。
すっごい高いカロリー摂取した一日でも、もちろん楽々完食です。

さぁまた元気をもらいました。
こちらのお店、長く続けて頂きたい、ごちそうさまでした。

田や 洋食・定食
東京都日野市落川454-3

お店を後にすると、すぐに「府中四谷橋」に辿り着きます。
14_05_03-25yamanakako.jpg
19:30、もう真っ暗です。
ここまではどうしたの?って感じで、30km/h超のペースで走って
来ることが出来ました。

それもそのはず、橋の上に立って確信します。
追い風です。しかもかなりの強風。
疲れた脚の味方、「多摩サイ」からも風が後押ししてくれそうです。

20:00、「多摩川の広場」に到着。
14_05_03-26yamanakako.jpg
流れる雲に見え隠れする三日月、ジェントス バイクライトの光で、
浮かび上がる手摺り。
このライトが無ければサイクリングロードを30km/h超で走行なんて、
出来ません。

暗い中、たまに差す灯りでサイコンを見て、34km/h出てたのを
確認しました。
追い風の助け、ありがたかったです。

課題は多いと思いましたが、200km走破で目標は全て達成。
大満足、色々な意味でお腹一杯、サイクリングを満喫した一日。
大自然と愛車とお店、そしてつれあいに感謝です。

20:16到着
走行時間=8:50
走行距離=203km
平均時速=22.9km/h
体重変化=66.7kg→64.5kg

いつもは夕食前のシャワー後に体重測定します。
ガッツリ夕食も食べ、一日の摂取カロリーも高かったのに2.2kgの減量。
このコースの苛酷さが数字に表れました。
前回より平均時速が1.0km/h上がりましたが、追い風のおかげですね。

長々と読んで頂いたことに感謝致します。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 04  
2014.05.02

休日の不摂生が祟って、最近体重が落ちません
しかし、この日のランチはお店で食べたい
でも、明日予定してるサイクリングの為、ヘルシーなものが良いかと

さて、じゃあどこにするか考えてると「そば処 かねこ」さんが、
思い付きました。

前回、行った時は「まぐろづけ丼」を頂きました。
それはランチのサービス品で、他には「刺身の定食」と、「親子丼」が、
お品書きに並んでます。

ヘルシーとは言い切れませんが、脂肪たっぷりよりは良いでしょう。
ご飯を減らしてダイエットするのが、もっと良いのですが、
それはちょっと出来ない相談でした・・・食べたいので

ランチサービスを目指して12:10頃に入店しました。
GWの影響か?先客は3人と少なかったです。

「親子丼」良いな~と思いながら、お店に向かったのですが、
この日のランチサービスは「まぐろづけ丼」、「刺身定食」、
「かつ丼」でした。
「かつ丼」て・・・ヘルシーと真逆じゃん・・・

比較的、ご飯が少なめであろう、「刺身定食 まぐろ・たい・いか刺」
¥875を頼みました。

そば処ですが、こちらのお店で蕎麦を食べたことがありません。
たぬきそばで¥927・・・それはちょっとお高い
なのでいつもリーズナブルなランチサービスを選んでしまい・・・
ってもう来た!

毎回、料理が出てくるのが早いです、本当こんな感じに早いです(笑)
14_05_02kaneko.jpg
3種類の刺身に、ご飯、豆腐とワカメの味噌汁。
それに、小鉢の切り干し大根と、野沢菜の漬物、たくあんが、
付いてきました。

甘めの切り干し大根に、味噌汁はまぁフツーです。

いかの刺身は、こりこりとしてから溶ける感じが新鮮。
たいの刺身が、甘くて美味しかったです。
まぐろの赤身も少しさしが入ったものが美味しかったです。
柔らかくて旨みがありました。

ご飯のお茶碗、間口は狭いですが、奥が深くて結構なボリューム。
お腹一杯になりました。

これで¥875は、お得です。
今年の増税前は¥850だったのですが・・・

さすが元魚屋さん、美味しかったです。
ごちそうさまでした。

そば処 かねこ そば・うどん・丼・魚料理
東京都世田谷区桜新町1-13-9









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 02  
2014.04.29

「昭和の日」の休日、ランチはわたしが作ることにしました。

知人から頂いた「北野エース」「ジェノベーゼソース」
14_04_29-02genovesepasta.jpg
これを使ってパスタを作ります。

パスタには「サンミッシェル リングイネ」を。
14_04_29-01genovesepasta.jpg
チュニジアのパスタ、安かったからカルディ?かどこかで買ったと
思います。
ちょうど良い量が残ってました。

「チキンとカリフラワーのジェノベーゼ・リングイネ」
<材料>
・ジェノベーゼソース 小さじ4
・リングイネ 188g
・手羽元 3本
・カリフラワー 5房程度
・ニンニク 2片程度
・EXVオリーブオイル 大さじ1と1/2程
・グラナ・パダーノ 適宜※パルミジャーノ・レッジャーノでもOK
・ブラックペッパー 適宜
・塩(パスタ茹で用) 小さじ3 
・塩(調味用) 適宜
※家にあった材料を使いました。

手羽元とカリフラワー(冷凍)を電子レンジで室温程度にチンします。
14_04_29-03genovesepasta.jpg
手羽元は骨を外して、カリフラワーと共に食べやすい大きさに
切り揃えます。
ニンニクは半分に切ってから芽を取り除き、みじん切りにしておきます。

フライパンに1.5Lの水と、塩(パスタ茹で用)を入れて火に掛けます。
14_04_29-04genovesepasta.jpg
沸騰したら火を弱め、リングイネを入れてコポコポと茹でます。
表示されている茹で時間の最長が12分、少し短めの11分とします。
が、キッチンタイマーのスタートボタンを押し忘れました
結局、時間は関係無く、食べて固さをみながら茹でました・・・

フライパンにEXVオリーブオイルと、ニンニクを投入してから
弱火に掛けます。
14_04_29-05genovesepasta.jpg
ニンニクが色付く前の香りが立つ状態になるまで炒めます。

ニンニクの香りがしたら、手羽元を入れて中火程度で炒めます。
14_04_29-06genovesepasta.jpg
全体が白っぽくなり、少し焦げ目が付くまで炒めます。

次にカリフラワーを投入。
14_04_29-07genovesepasta.jpg
焦げ目が付くまで炒めて、塩とブラックペッパーで下味を付けます。

そして、茹で上がったリングイネと、ジェノベーゼソースを投入。
14_04_29-08enovesepasta.jpg
フライパンをあおってパスタにソースを絡めます。
茹で汁を入れると和え易くなり、またソースにもなります。
味見して塩が足りなければ、足して調味します。

ソースが充分絡んだら、皿に盛り付けます。
14_04_29-09genovesepasta.jpg
グラナ・パダーノをおろし掛け、ブラックペッパーを挽いて掛けたら
完成です。

チキンとカリフラワーの山のものと、バジルの香りが良く合います。
ジェノベーゼも家で作るとフレッシュな香りが最高に美味しいですが、
相当量のバジルや松の実も用意しないといけないので
結構、材料代が掛かります。

この「北野エース」の「ジェノベーゼソース」、フレッシュさは
作り立てには適わないものの、香りも良く手造り感があって
美味しかったです。

まだ、余ってるので、炒めたソーセージやジャガイモと和えたりして、
ワインのツマミも作ってみたいです。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 05. 01  
2014.04.27

結婚して20年近くになる、つれあいが結婚指輪をはめたいと
言い出しました。
結婚当時よりやせてるので、昔の指輪は抜け落ちてしまって、
着けることが出来ません。

なので、結婚記念日を祝して、指輪を新調しました。
その指輪が出来たとのことなので、お店へ受け取りに行きます。
そんな指輪記念日に乾杯しない手はありません(笑)

ランチタイム、調布駅界隈でワインを飲もうと、ビストロや
イタリアンを当たりますが、日曜日だからか開いてませんでした。

昨年開店した手打ちそばのお店があったなと、
「調布 清水」さんの、暖簾をくぐります。

12:27に入店、ネットの印象より意外と小さなお店。
カウンター席がたまたま空いてた感じで、テーブルの方は満席、
肩も触れ合う様な店内、お客さんで賑わってます。
席に着きほっと一息、そしてドリンクを頼みました。

「生ビール ヱビス」¥550 ワインが置いてありました。
「タケダワイナリー 蔵王 白グラス」山形 ¥600
14_04_27-01shimizu.jpg
指輪を記念して乾杯。
つれあいはワイン美味しいと言ってました。
わたしには少し甘く感じます。

ツマミが運ばれて来ます「鴨ロース煮」¥800
14_04_27-02shimizu.jpg
粒マスタードで頂きます。
鴨肉は歯応えがあるも柔らかく、旨みが濃くて美味しいです。
水菜も一緒に頂きました。

「出汁巻き玉子(卵3個)」¥600
14_04_27-03shimizu.jpg
「味が薄いので醤油で調整して下さい」とのことでしたが、
あふれてくる出汁に旨みがあり、充分に美味しい味がしてます。
大根おろしにだけ醤油を掛け、そちらで頂きました。

「天ぷら盛り合わせ」¥1,000
14_04_27-04shimizu.jpg
海老、ノビル、フキノトウ、タラの芽、サツマイモ、そしてテンペ。
テンペはインドネシアの食材で大豆発酵食品を固めたもの。
それを天ぷらで食べるのは初めてですが、なかなか美味しいです。

山菜の風味が良く種は美味しいのですが、衣がフリット状なのが
ちょっと残念。
香ばしくもサクサク感が足りないなぁ。

日本酒に切り替えました「八海山」本醸造 新潟 ¥400×二合
14_04_27-05shimizu.jpg
珍しいアルミ鋳物と思われる材質の徳利、冷たさが長持ちします。
蕎麦屋では定番の酒、外をだいぶ歩いて暑かったのですが、
気分をスキッとさせてくれました。

「蕎麦味噌」¥200
14_04_27-06shimizu.jpg
蕎麦の実が掛かった甘い練り味噌、焼いてないのは久しぶりに
頂きますが、舌触りしっとりとしていて美味しいです。
味噌を舐めつつ、日本酒が進みます。

「国権 俺の出番」特本辛口 福島 ¥550×二合
14_04_27-07shimizu.jpg
辛口だけにスッキリした味わい、しかし後味に旨みが残り、
美味しいです。初めて飲む酒かも知れません。

「そら豆塩ゆで」¥400
14_04_27-08shimizu.jpg
程良い塩加減、甘い空豆、皮が薄いので剥かないでも、
柔らかく美味しかったです。

「白鴻」特別純米 広島 ¥800×2合
14_04_27-09shimizu.jpg
こちらも後味に旨みが感じられる美味しい酒。
日本酒はどれも美味しくて、くいくいと飲んでいってしまいます。
すぐに「八海山」¥400×2合をおかわりしました。

酒を飲みながら〆です。「せいろそば」¥800
14_04_27-10shimizu.jpg
蕎麦は角が立って、機械打ちかと思う程、細く揃って見えます。

「せいろうどん」¥800
14_04_27-11shimizu.jpg
こちらも角が立ってます、熟成により透き通り、コシがありそう。
店主さんに尋ねると、蕎麦もうどんも、つゆは同じものだそうです。

共にひんやりと締まっていて、歯応えが良く美味しい。
ただ、蕎麦の香りがもう少しあったら良いな~

つゆは出汁が利いてますが、味がちょっとだけ淡い感じ?
上品な味なので、酔っ払って鼻も舌もおかしくなってる人には、
分からないのかも知れません(笑)

「そば湯」は釜から揚げたものでなく、別製とのことです。
14_04_27-12shimizu.jpg
トロッとしたポタージュ系、蕎麦の甘みが濃厚です。

このお店、調理は店主さん一人のみ、接客も一人の店員さんだけで、
切り盛りされてます。
しかし、この店主さんのさばき方がスゴイです。

どんどん注文が入っているのに、全然待たずに料理が出されて来ます。
お見事な仕事っぷり、なんですが店員さんも付いて行くと、
お店がより良くなると思います。

この日、締めて¥10,050・・・飲み過ぎだ~~
ランチの値段じゃあない
まぁ記念日なんで涙を呑みます。ごちそうさまでした。

調布 清水 手打ち そば・うどん
東京都調布市布田1-36-10
http://www.chofu-shimizu.jp/









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR