2014. 07. 22  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.07.20

フロントハブのメンテ、そしてその反省を踏まえて、
次はリアハブをメンテナンスします。
ホイールは「SHIMANO(シマノ)アルテグラ WH-6700」です。

【工具・ケミカル類】
14_07_20-00rearhab.jpg
「家具用レンチの15mmを使用」
「バズーカ ペダルレンチ15mm」
「ピンセット」
「トレー」※百均で購入
「フィニッシュライン マルチ ディグリーザー」
「マイクロファイバークロス」
「シマノ プレミアムグリス」※ワイズロードで購入
「ティッシュや綿棒」


「家具用レンチ」「ペダルレンチ」を使って「ロックナット」を
外します。
14_07_20-01rearhub.jpg
正ネジ(右ネジ)なので反時計回りに回して緩めます。
どちらのレンチも精度悪くて使いづらい・・・
15mmのコーンレンチ2本買った方が良い様です。

取り出したパーツを「トレー」に並べました。
14_07_20-02rearhub.jpg
左が「ロックナットユニット」と「スチールボール×9」、
右の「ロックナットユニット」は「アクスル」から外しませんでした。
それに「スチールボール×9」です。

左右で混ざらない様に注意します。
もちろん「スチールボール」も混ざらない様に。

「マルチ ディグリーザー」を噴射、「ファイバークロス」
「ティッシュや綿棒」で清掃します。
14_07_20-03rearhub.jpg
右側「玉押し」部分の右にある溝に、真っ黒なグリスが
詰まってたので、綿棒の先を使って取り除きました。

「玉押し」に光沢のある線が一本入ってましたが、フロントハブの様な
虫食いは無く綺麗です。

「パーツ」を取り出した、「フリー」側の中。
14_07_20-04rearhub.jpg
細かい砂がこびり付き、「カップ」には黒くなったグリスが付いてます。
「ティッシュや綿棒」で拭き掃除しました。
ケミカル類は使用しません。

中心のギザギザになった所に10mmアーレンキーを差し入れ、
反時計回りに回して「カセット取付ボルト」を抜くと、
「フリーホイール部」が外せるのですが、固くて1mmも
動きませんでした。

「ラチェット」のグリスアップもしたかったのですが、今回は断念・・・
金属のパイプ等を用意して、柄を長くして回してみようと思います。

綺麗になった右側(フリー側)「ハブボディ」の中。
14_07_20-05rearhub.jpg
「リアハブ」の「シールリング」は取れそうに無かったので、
無理せず、そのままの状態で作業しました。

左側「ハブボディ」の中。
14_07_20-06rearhub.jpg
ピッカピカになりました。
キズ等の傷みもありませんでした。

活躍してくれた「綿棒」達。
14_07_20-07rearhub.jpg
黒くなったり茶色くなったりでグリスが汚れてました。
しかし、綺麗なままのグリスも残ってたのですが、
ただ、そのグリスは無色透明です。

これってデュラグリスじゃ無いな・・・
ワイズロードのお兄さん、デュラでは無かったですよ~

「カップ」に「プレミアムグリス」を充填、「スチールボール」を
並べます。
14_07_20-09rearhub.jpg
「スチールボール」が並んだ右側(フリー側)の状態。
フロントハブより大きく重いので、落ちない様に注意が必要です。

「スチールボール」が並んだ左側の状態。
14_07_20-08rearhub.jpg
ピンセットで「スチールボール」を掴んで並べていきます。
最後の一個は詰まって入りづらいですが、押してやると入ります。

「アクスル」と「玉押し」部分に「プレミアムグリス」を塗りました。
14_07_20-10rearhub.jpg
「綿棒」を使うと手を汚しません。
しかし、ネジ部分を擦ってると繊維がほどけてくるので、
付着しない様に注意します。

左の「玉押し」部分にも「プレミアムグリス」を塗ります。
14_07_20-11rearhub.jpg
「スチールボール」に引っかけない様に、ゆっくりと「ハブボディ」に
「アクスル」を差し込み、「ロックナット」をねじ込みます。
そして、面倒な作業<調整>を始めます。

探り探りしばらくやってると、左の「ロックナット(玉押し)」だけで
調整したら良いことに気が付きました。
ガタ付きを無くすことに集中、両端をつまんで上下左右に揺らして
ガタを確認します。

左の「ロックナット(玉押し)」を、ねじ込んでいくとガタ付きが
無くなる、当たりが見つかります。

そこから1mm緩めると・・・ガタ付く
また1mmねじ込むと・・・ガタ付かない
0.5mm緩めたら・・・ガタ付かない!
こんな風に、一番緩めたところでガタ付かない位置を探し出す
作業をしました。

おっ決まった!
と、思ったらすかさず、「家具用レンチ」「ペダルレンチ」
使って、「ロックナットユニット」を締め込みます。

そして、ガタ付きを確認・・・OK。 回転を確認・・・固っ!
「ロックナット(玉押し)」が微妙に右へ回ってしまった様です。

「ロックナットユニット」を緩ませ、また調整。
それを繰り返して、なんとか作業終了まで持ち込みました

念の為、スプロケを付けずにフレームに戻し、回転を確認します。
バイクは逆さの状態、タイヤの頂点に人差し指と中指を当てて、
1/4周に力を込めて回します。
回転が止まるまでの時間をストップウォッチで測定。

なんと、メンテナンス前と、ほとんど時間は変わりませんでした・・・
ってことはスプロケ付けたら、ラチェットの影響で回転は
悪くなるってこと・・・

また、やり直すことを考えましたが、これ以上ちょっとでも緩めたら
ガタ付いてしまう位に調整出来てます。

これは、グリスの粘度が高いのと、まだ馴染んで無いのが原因だと、
考えることにしました。
14_07_20-12rearhub.jpg
スプロケを取り付け、フレームに戻して完了とします。

それでは、フロントハブのメンテナンス時にも行った検査です。
ストップウォッチで回転時間を測定します。
作業前
1回目:49.98秒
2回目:48.08秒
3回目:52.05秒

作業後
1回目:33.89秒
2回目:32.88秒
3回目:38.20秒

・・・やっぱり回転性が悪くなってます。
異音やガタ付きはありません。
しかし、いじった成果が無い・・・と言うか悪くなってるのは
悲しい限り、虚しさだけが残ります・・・

でも、まあ走ってみないと分かりません。
翌日は、やっと雨の予報が消えました。
張り切って試走に出掛けたいと思います


ParkTool パークツール コーンレンチ DCW-1 DCW-2 DCW-3 DCW-4

価格:610円
(2014/7/22 22:36時点)
感想(2件)



FINISH LINE(フィニッシュライン) TOS09400 マルチ バイク ディグリーザー 12oz(360ml) [TOS09400]

価格:1,296円
(2014/7/19 01:41時点)
感想(0件)



システムクロス厚手30cm×30cm【マイクロファイバークロス】【おすすめ】【業務用】【プロ用】【無地】【メール便】【洗剤不要】【後払い】【吸水性】【速乾】【布巾】【ふきん】【フキン】【キッチンクロス】【掃除】【水拭き】【窓拭き】【カラバリ6色】

価格:306円
(2014/7/19 01:44時点)
感想(397件)



【取り寄せ商品】 シマノ プレミアムグリス 50g ( ケミカル ) SHIMANO PREMIUM GREASE 50g Y04110000 デュラエースグリス DURA-ACE Grease

価格:926円
(2014/7/19 01:46時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR