2014. 10. 31  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.10.29

水曜日恒例、愛車のメンテナンスです。
筋トレが休みなので烏龍ハイをかたわらに置いて作業しますw

サイクリングから帰ってすぐに「マイクロファイバークロス(ウェス)」
でチェーンを拭き、更に歯ブラシで汚れを浮かせてから
拭き取ってます。

「チェーンクリーナー」を使った本格的な清掃は
久しくやって無かった気がしたので行いました。

「ディグリーザー」「クリーナー」に注ぎクリーニング。
14_10_29-01cleaning.jpg
ペダルを逆回転、30回程回したら「バット」に汚れた
「ディグリーザー」を排液します。
それを2回繰り返しました。

「バット」を水平にすると透明な液に見えますが傾けると真っ黒。
14_10_29-02cleaning.jpg
いつもよりは汚れが少ない感じですが黒い液体を見ると、
綺麗になったのが実感出来て気持ちが良い。
気持ち良いのは酔ってるからか?w

前回の作業日を後で調べたら10/8(水)でした。つい最近・・・
走行距離は366km。
そんなもんかなのに、また毎回拭いてやってるのに、結構な汚れに
嫌気がさします

乾いた「ウェス」「ディグリーザー」をよく拭き取って、
「チェーン」を少し乾かします


続いて「プーリー」の清掃、そしてグリスアップをしようと思います。
前回の作業は6/11、やっぱり水曜日w 5ヶ月半以上前です。
走行距離は2,544km。
走行感が悪くなったわけではありませんが、やれる時にやっておこう
と言ったところ。

「リアディレイラー」は「SHIMANO(シマノ)105」ですが、
「プーリー」だけ「デュラ・エース」に交換してあります。

「リアディレイラー」から「プーリー」を外して分解。
14_10_29-03cleaning.jpg
「キャップ」に付着したグリスが真っ黒です。
ベアリングを濡らしたくないので「バット」からどかせ、他のパーツに
「バイクウォッシュ」を噴き掛けて汚れを落としました。

本体は「バイクウォッシュ」を少し染み込ませた「ウェス」
拭いてやり、溝は「綿棒」で綺麗にしてやります。
14_10_29-04cleaning.jpg
今回は「綿棒」×5本を消費しました。
隅や狭いところは「爪楊枝」を使います。
(スミマセン、キャップの位置が逆でした・・・)

「プーリー」の溝に「セラミックグリス」を充填します。
14_10_29-05cleaning.jpg
溝に充填する時は「爪楊枝」の持ち手側を使うのが便利。
太さが丁度良く、「グリス」を溝に置いていく時、「爪楊枝」の凹凸の
おかげで落ち難くなります。

「グリス」を充填した後、キャップを嵌めます。
14_10_29-06cleaning.jpg
はみ出た「グリス」「ティッシュ」で拭き取り、「リアディレイラー」
に取り付けて作業終了です。

「チェーン」を触るとかなり柔らかく、軽くなったことが実感出来ます。
ペダルを回すと軽やかな感触。
スッキリしました。
週末の天気予報はモヤモヤしてますけど!!

※10/25 10:00~11/1 9:59迄!エントリーで店内全品ポイント10倍!※ 【自転車 工具 メンテナンス】【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナーキット TOS04600

価格:4,228円
(2014/10/30 23:03時点)
感想(0件)



※10/25 10:00~11/1 9:59迄!エントリーで店内全品ポイント10倍!※ 【自転車 工具 メンテナンス】【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)エコテック 2 ディグリーザー 600ml TOS08002

価格:1,814円
(2014/10/30 23:05時点)
感想(0件)



※10/25 10:00~11/1 9:59迄!エントリーで店内全品ポイント10倍!※ 【自転車 工具 メンテナンス】【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)バイクウォッシュ 1000ml TOS08100

価格:1,451円
(2014/10/30 23:06時点)
感想(0件)



※10/25 10:00~11/1 9:59迄!エントリーで店内全品ポイント10倍!※ 【自転車 工具 メンテナンス】【送料無料】【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)セラミックグリス 60g TOS07700

価格:1,618円
(2014/10/30 23:06時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
2014. 10. 30  
2014.10.27

この日はランチにラーメンが食べたい。
最近OPENし、行ってみた時は満席で入れなかったお店。
「らーめん春樹」さんに、お邪魔しました。

12:10頃、また混雑してたら違うお店へと思ってましたが、
お客さんの入りは席数の半分と言ったところです。
めずらしさの熱が冷めたか?、開店サービス期間が終了したか?
その様に感じられました。

店員さんにカウンター席を促され、座ってメニューを眺めます。
つけ麺にらーめん、ご飯ものに餃子等、なんかいかにも
ラーメンフランチャイズ店的な内容。

メニューから察するに、つけ麺がオススメでしょうかね?
麺増量900gまで無料とメニューに力強く書かれてました。

注文は「つけ麺 大盛り」¥830(麺量550g)でお願いしました。
セルフの水を飲み飲み、待つことおよそ12分程。
運ばれて来ました「つけ麺」
14_10_27-01haruki.jpg
底の深いどんぶりにどすんと入った550gの「麺」
背脂が浮いた「つけだれ」

なんか丁寧に盛りつけされた「トッピング」の皿。
14_10_27-02haruki.jpg
海苔の上に魚粉と、レモンの皮、刻みネギが乗り、
味玉1/2、メンマ、チャーシュー×2枚が、その内容です。

太い「麺」を「つけだれ」に付けて頂いてみます。
14_10_27-03haruki.jpg
「つけだれ」がトロトロのポタージュ状なので、ストレートな麺でも、
相当に絡んで上がって来ます。
どんぶりに顔近付けないと絶対はねる!
「ズズズッ」じゃあなくて「ズジュジュッ」って感じで麺をすすります。

「麺」は固めのモチモチ、つけだれは豚骨醤油の、ほのかに魚介。
味や香りがまとまっていてなかなか美味しいです

魚粉とかレモンの皮は入れても全然味が変わりませんが、
ネギは「つけだれ」と合って、とても美味しいですね。

「トッピング」は別皿なので少しずつ取って、味を変えて楽しめます。
カウンターの上には、餃子用の醤油、酢、ラー油があり、
おろしにんにくまで置いてありました。
にんにくをつけだれに足してみるとコクが出て美味しいです。

「つけだれ」はドロドロでほとんど麺にまとわりついた為、
最後はほんの少ししか残りません。
無料なので足してもらっても良かったのですが、
そのまま何も言わずに「スープ割り」をお願いしました。

「スープ割り」
14_10_27-04haruki.jpg
やっぱり味薄いな

大盛りを完食、なんか550gの割りにはペロッといけちゃいました。
その後、胃でふくらみますがw

美味しくお腹一杯です。ごちそうさまでした。

らーめん春樹 駒沢大学店 つけ麺・らーめん
東京都世田谷区駒沢1-17-13 早川ビル 1F









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 29  
2014.10.26

土曜の昼に、もろもろショッピングしたり、昼食を頂いたり、
バイクショップに立ち寄ったりと調布界隈をグルグルしてました。

そのひとつ、日曜の夜に食べるパンを買う為に、
「ブーランジェリー スノウチ」さんにも寄りました。

こちらは誰が言ったか「京王線三大パン」に入るお店として
名が通った「パン トレシェル」さんが、改装と同時に改名までした
とのこと。

パンそのものは変わってない様ですが、改名前に1回だけ
購入したことがあります。
今回は久しぶりに来てみました。

小さく可愛らしい店内にあるショーケース。
その中に美味しそうなパンが並んでます。
向こうに立つ女性の店員さん(奥さん?)にパンの名前を言って
袋に詰めてもらいます。

今回、購入したパン。
14_10_26sunouchi.jpg
奥が、「パン オ ノア」
フランス定番のクルミが入ったパン。

固くは無いですが、やや噛み応えがある生地の中にクルミの
カリッとした食感が美味しいです。
赤ワインが合う様に思いました。

左が、「フロマージュ フランス」
少し柔らかめのバゲット生地の中に、チーズが入ってます。
家にクリームチーズがあったので、乗せてチーズダブルにしたら、
なお美味しかったです。

右の変わった植物の葉みたいな形のパンは、「フーガス」
バジルとオリーブオイルが練り込まれた生地はかなりハード。
丸く乗ってるのはこんがりと焼けたチーズ。
生地は噛みしめる程に味が出る、これだけでワインのつまみになる
美味しいパンです。

手前が、見たまんま普通に「クロアソン」
クロワッサンのドイツ語読み。ブーランジェリーなのに何故?w

サクサク感があまりないので、バターが少なめなのかも?
フワフワで少しもちっとした歯応え。
クロワッサンっぽいヘルシーなパンと言った印象です。

この日の夜は、このパンと、つれあいが作ってくれたサラダに、
ボイルしたソーセージ、チーズにワインです。
最近の、日曜ディナーの定番となりました。
安上がりだしw

この日のお会計は合計¥869でした。

他のパンも頂いてみたいです。
ごちそうさまでした。

ブーランジェリー スノウチ パン
東京都調布市国領町7-1-17









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 27  
2014.10.26

「Mちゃりさん」から、たっての希望の武蔵野うどん。
食べログさんを駆使して探し、良さそうなお店を見つけました。
お店が決まればコースも見えてきます。

「浅川CR」「多摩サイ」は走ったことが無いそうなので、
ちょうど良いと二つのサイクリングロードを辿って、
「橋本」から「町田」までを案内することにしました。

前の晩のニュースで必ずかの様に雨が降ると言う予報・・・
不安に包まれながらも就寝。
起床直後に天気予報を確認すると、曇りの降水確率30%。
微妙な数値ですが雨は免れたみたいで出発の準備を始めました。

予想最高気温は23℃、腕と脚のウォーマーだけで大丈夫そう。
インナーシャツは着ませんでした。
そして、7:01に出発。

「Mちゃりさん」と、あと誰が来るのかを知りません。
まさか前回の様に10人以上のトレインにならないよね~
自分が先頭で引っ張るなんてことはしたことが無いので、
少し不安に思いながら「多摩サイ」「多摩ニュータウン通り」
走りました。

8:18頃、「ミニストップ橋本駅前店」に到着。
9:00待ち合わせなので、だいぶ早く着きました。
「ミニストップ」でどら焼きと缶コーヒーを手にしてレジに並んでると、
「Mちゃりさん」到着、早っ!
品物を棚に置いて外に出ました

気になるお連れの方はと言うと「ノリックさん」と「谷川さん」
でした。
もう一人「片山さん」が合流されるとのことで待ってる間に立ち話しを。

「ミニストップ」にはトイレが無かったので、近くの「ローソン」
お邪魔しました。
14_10_26-01hashimotomachida.jpg
トイレを借りたので、こちらで「どら焼き」¥144と
「コーヒー」¥120を買いました。
食べながらで失礼しましたが、おしゃべりの輪に戻ります。

「片山さん」も合流されて合計5人に、なんかちょうど良い人数。
ランチライドへ出発進行!
まずは「町田街道」で高尾方面を目指します。

9:52、最初の休憩「陵南公園」に到着。
14_10_26-02hashimotomachida.jpg
雲が多くも、空はスッキリと晴れていて気持ちが良い。
「谷川さん」の「オギノパン」ジャージが際立ちますw
背中の「丹沢あんぱん」と言う文字に味があります。

ちなみに「谷川さん」、オギノパンの関係者ではありませんw
そして、トイレを済ませて出発。

出発してから10分程走ると、「Mちゃりさん」は後続が切れてる
ことに気付きました。
「Mちゃりさん」が電話をするとなんと「ノリックさん」がパンク。
公園で修理中とのこと、戻ってみるとスタート地点に近い公園でした。

日向の公園、のどかなパンク修理の風景。
14_10_26-03hashimotomachida.jpg
一人では味わえない暖かい雰囲気です。
「ノリックさん」は気の毒だけど・・・
しかもこの直前、散歩犬によってたかって吠えられたそうですw
笑えないけど・・・

気を取り直して走行に戻ると滅多に降りないJR八高線の踏切に、
前後のトレインが分断されました。
14_10_26-04hashimotomachida.jpg
ホントに珍しい、そして列まで切れちゃうなんて・・・
なんかハプニングが続きます。
って言うか、わたしがペースを分かってないだけ?

のんびりとした「浅川」の風景を楽しみつつ走って、
11:20過ぎに、目的の「小平うどん 聖蹟桜ヶ丘店」に到着。
まだ、お昼には早い時間、広い店内は席がたくさん空いてました。
5人だとお座敷が良いと、店員さんに促されるまま小上がりへ。

各々で注文した後に談笑を、やっぱり話題は自転車とグルメ。
待ってる時間も楽しく感じられます。

そして、10分ちょっとで運ばれて来ました。
14_10_26-05hashimotomachida.jpg
わたしが、「肉増しうどん400g」¥850※ネギ増し(無料)

つけ汁の肉増し加減
14_10_26-07hashimotomachida.jpg
お椀の中にわんさか入った豚肉、うどんを食べ終わるまで
ずっとあって楽しめましたw

他の方は全員「カレーうどん」(つけ麺)を頼みます。
14_10_26-06hashimotomachida.jpg
「谷川さん」だけ麺600gにしたので撮らせてもらいました。
そんなに多くは見えないのですが・・・
「カレーうどん」には無料で小さいご飯が付けられます。
小さいか?コレw

わたしは麺600gにせず、串揚げメニューから頼みました。
14_10_26-08hashimotomachida.jpg
「味玉」1個¥120と「彩り揚げ」1個¥120(頼んだ人の分、同じ皿に盛り付けられます)
天ぷらでは無く、うどん屋さんでは珍しいホントに串揚げの衣です。
「彩り揚げ」は網状の皮に包まれた春巻きみたいなもの。
中には「えび・さつま芋・枝豆」が入ってます。
「味玉」は半熟、「彩り揚げ」はサクッサクで美味しかったです。

武蔵野うどん特有のゴッチゴチの歯応え、終盤かなり苦しく
なりましたが完食。みなさんも完食です。
唯一、麺600g+ご飯の「谷川さん」も、相当苦しそうですが、
ギリギリ(?)完食出来ました。

〆にカツオが利いた「だし割り」をもらって、つけ汁に入れて飲み
仕上げです。

お腹一杯になりました。美味しかったです。
ごちそうさまでした。

小平うどん 聖蹟桜ヶ丘店 うどん
東京都多摩市一ノ宮4-20-24
http://www.udon-tama.biz/

「川崎街道」を少し戻って食後のデザートを
先週に続き立ち寄りました「アルティジャーノ・ジェラテリア」さん
14_10_26-09hashimotomachida.jpg
今回選んだ、イタリアンジェラートのフレーバーは、
「ミルクベリー」と、土日限定「ヨーグルト」

ストロベリー・ブルーベリー・ブラックベリーのソースが混ざった
「ミルクベリー」はラズベリー等の果実まで入って甘酸っぱい。
これ・・・間違い無いです。美味いっ!

それを超えてきたのが「ヨーグルト」
酸味とコク、濃厚なヨーグルトの香りが美味いっっ!!
今度もダブルにして、これベースに合うフレーバーを選ぼうw

「片山さん」はあまり量を食べないとのことでシングルですが、
あんなに食べた直後なのに、他のみなさんもわたしと同様に
ダブルをオーダー。
デザートは別腹w

これからの季節、寒くなってくるけど、また来ようw
美味しかったです。ごちそうさまでした。

アルティジャーノ・ジェラテリア イタリアンジェラート
東京都日野市百草329
http://www.artigiano-gelateria.com/

再び「川崎街道」を戻って「関戸橋」を渡り「多摩サイ」に入りました。
この頃から雨を予感させる暗い雲に空が覆われ始めます。

だいぶロード乗り、ランナー、散歩の方々が増えて来ました。
向かい風も強くなってきましたが、そんな中をポタポタのんびりと
サイクリング、気持ちが良いです

13:05、「西河原公園」に到着。
14_10_26-10hashimotomachida.jpg
鉄棒をスタンドにしてwトイレ休憩。
ここを出ると、少し走って登戸の「セブンイレブン」でドリンクを購入。
その後は「津久井道」をしばらく走行します。

雲が晴れて、再び青空が見え出しました。
雨の心配は無くなった様で一安心、良かったです。

すると、もうすぐで「新百合ヶ丘駅」と言う地点でトラブル発生。
14_10_26-11hashimotomachida.jpg
二人目のパンク!「谷川さん」の愛車がパンクしてしまいました。

仲間と走るライド2回目にして4回パンク被害の発生・・・
率にして200%・・・あり得る?
もしかして、わたしが鬼門?・・・

パンク修理を終えて再出発。
また、しばらく走って「町田駅」に辿り着くと大規模なデモ行進が。
ずっと変わらない赤信号。
これは封鎖されてるなと、やむなく歩道に上がって信号をパスします。

「町田」「境川CR」入り口まで、わたしが先導する予定だったの
ですが、トイレに行きたくなったのでもう少し先までお付き合い
させて頂きました。

15:20、「町田の野球場」に到着。
トイレを済ませて話しをしてたら、11月もイベントが盛りだくさん
だと言うこと。
是非是非、参加したいと思いますが、調布から自走なので、
お手柔らかにお願いします

最後に記念撮影、みなさんお疲れ様でした。
14_10_26-12hashimotomachida.jpg
色々ハプニング(?)がありましたが楽しい一日でした。
感謝感謝です。ありがとうございました。

お別れした後、一人「境川」を遡ります。
「町田駅」はデモの影響により、まだ混雑してる可能性があるので、
避けるルートを選びました。
14_10_26-13hashimotomachida.jpg
いつもより更に遡上した場所。
人通りが多いので避けてきましたが、この日はそうでも無かったです。
たまには通ってみようかな?

ここで「境川」ともお別れ。
JR横浜線の線路をくぐって、いつもの道路に出ます。

じゃあトレーニングしてみようかな?と、脚力の貯金を使い
果たすかの様に思いっきりトルクを掛けてペダルを踏みました。
すると40km/h出ますw それ以上もww
呼吸は荒れますが、だいたい40km/h前後で巡航しました。
これって利息が付いてね?w

ほとんどそのペースで走行、40km/h以上までウラァーっとペダルを
漕いでハァハァ言い、慣性走行と信号待ちで呼吸を整えます。
それを繰り返し、上り坂でも40km/h、急坂でもアウター。
心拍数上げて、汗をかきかき突き進みますw

こんなスピード出せるなんて、これって「峠三連戦」の効果?
なんて考えてましたが、今思えば追い風でしょうねきっとw

そんな風に飛ばして走ってたら、あっと言う間で「多摩川」
戻って来ました。
14_10_26-14hashimotomachida.jpg
16:30、「多摩水道橋」からの風景。
ホント天気が保ってくれて良かった

しかし、下手な先導でなんやかんやとトラブルを呼び込んで
しまった様に思います。
申し訳ありませんでした・・・

そして、みなさん長旅にお付き合い頂きましてありがとうございます。
また、お会い出来ることを楽しみにしてます。

16:50到着
走行時間=5:38
走行距離=127km
平均時速=22.6km/h
体重変化=67.8kg→66.5kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 26  
2014.10.26

愛読雑誌「CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)」を買ったら付録が
付いて来ました。

「CYCLE MODE international2014 GUIDE BOOK」
14_10_26cyclemode2014.jpg
結構な厚み、ほとんどが出展者一覧ですが、会場MAPが付いて、
バイクやパーツの紹介もされていて結構楽しめます。

昨日も「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が民放で
放送されてました。
そして、日本最大級のスポーツ自転車フェスの開催。
自転車業界、更に機運を高める時期に来た様に感じられます。

「CYCLE MODE international2014」開催まで1週間を切りました。
是非行きたいと思ってます。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 25  
2014.10.25

自転車であれやこれやとショッピングに回り忙しい中、
楽しいランチタイムのタイミングになりました。

テレビによく出ていて、気にはなってたけど初めての訪問。
布田駅の「若松屋」さんにお邪魔しました。

「ぶらぶらサタデー」やブラマヨと大食いなでしこの番組で
紹介されてます。

調布市内ではメガ盛り店のさきがけなのでしょうか?
このお店のメガ盛りきっかけで、町おこし的に周りのお店も、
盛りを多くするイベントがあったのですが、
好評だったのか?否か?は関係者にしか分かりません。

11:40頃に入店、先客は4名でした。
テーブル二人席に着いて「かつ丼セット」のせいろそばを頼みます。

待ってる間に先客さんの料理が運ばれて行きました。
おっっっ!!

初めて来てライヴで見ることが出来ました、「メガ!盛りそば」!
食べログさんの画像で確認して下さい・・・そのままですww
お父さんと、小さな息子さん二人の席に運ばれて行きました。
もうこれはイベント!楽しそうです

10分ちょっとでわたしのが運ばれて来ました。
14_10_25-01wakamatsuya.jpg
「かつ丼」に「せいろそば」、薬味は刻みネギにワサビ。
キュウリの漬物が付いて来ます。

「せいろそば」を頂いてみます。
14_10_25-02wakamatsuya.jpg
持ち上げてみると短かっ!味は普通の町場の蕎麦屋さんのもの。
蕎麦がちょっと短か過ぎるかな~・・・

「かつ丼」はトンカツが小さめ、そして丼つゆが際立って甘い・・・
普段甘いもの食べないからなおさらなのかな?
う~ん甘いな~・・・

早々に届いた蕎麦湯は少しだけ白濁したもの。
透明なものよりは良いかと言った感じ。

なんか普通に頼むと普通なものが出て来ましたって印象。
ただ、通常¥950が似たような内容だったと言うことで、
日替わり定食と同じ値段¥850になりました。お得
それでも、お腹一杯になりました。ごちそうさまでした。

若松屋 そば・うどん・丼
東京都調布市国領町1-13-4
ちょうふどっとこむ


明日は「Mちゃり」さん達とランチライドです。
予定通り楽しみにしておりますので、宜しくお願いします。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 24  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.10.24

使用しているタイやは「Panaracer(パナレーサー)RACE L Evo2」
最近その傷が増えてるので心を傷めてます・・・
と言うのも交換後の走行はまだ1,400kmそこそこ。
せめて2,500kmは持ってほしいところです。

暗くて奥までは写ってませんがケーシングが見える程の深さ。
14_10_24-01tyre.jpg
長さにして2mm程のキズが2つ、後輪に付いてます。
このままにしてると広がっていくし、鋭利な小石等踏んだら
パンクしそう。

有効か?これ・・・「アロンアルファ」
14_10_24-02tyre.jpg
ただ以前、同じタイヤにささくれの様なめくれが出来、
これでくっつけてやったのですが、はがれる事無く維持出来てます。

なので試しにキズに突っ込んで接着してみます。
14_10_24-03tyre.jpg
タイヤのエアを抜いて「アロンアルファ」「爪楊枝」に取り、
キズに塗布しました。
キズの断面どうしが圧着される様に指でつまんでしばらく保持し、
その後、乾燥させてやりました。

タイヤにエアを入れてやります。
14_10_24-04tyre.jpg
この時、9.0barのパンパンな状態。
スゴイな「アロンアルファ」!多少キズの開きはありますが、
高圧にも負けず広がることはありません。

まあ走ったその後はどこまで保持出来るのかは未知ですが、
ほんのちょっぴり不安を解消することは出来ました。
貧乏補修w もうちょっと様子見て走ってみます。

Panaracer(パナレーサー) RACE type L EVO2 (Light) レース タイプL 700C 【タイヤ】【自転車 タイヤ】【ヒルクライムに最適】【ロード】【クロスバイク】【ピスト】(bebike)

価格:3,479円
(2014/10/24 23:00時点)
感想(39件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 23  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.10.22

今年の5月に行った「山中湖サイクリング」
暗くなってからの帰宅になるので強力なバイクライト、
「GENTOS(ジェントス)XB-300B」を装備して行きました。

するとほんの少し荒れた路面を走行しただけで、大きなビビリ音が
鳴り響きます・・・
たまらずに「万願寺歩道橋」の上でクサビになる様なものを
探しました。

ちょうど良くビニルフィルムが落ちてたので折りたたんで、
バイクライトとブラケットの隙間に差し込んだら全く音鳴りが
しなくなりました

バイクライト裏側の構造。
14_10_22-01gentosbikelight.jpg
左が「XB-300B」、右隣りが今年9月に購入した「XB-355B」
右の二つが「ブラケット」なのですが、双方とも同じ形状です。

バイクライト本体裏側の爪をブラケットの溝に差し込みスライドさせて
取り付けます。
「XB-300B」は、単純にクリアランスが大きく、振動によりビビリ音が
してました。
「XB-355B」は改善され、ジャストフィットしてるので音鳴りしません。

右が折りたたんでクサビにした拾い物のビニルフィルムw
14_10_22-02gentosbikelight.jpg
しかし、このまま使ってるのも不快なので何か対策をと。
家で色々材料を探しましたが適当なものがありません。
試しにブラケット両端のバイクライトに当たる部分へ、
肉厚に「アロンアルファ」を塗ってみました。

固まったらカッターで整形して、クリアランスを埋め様と言う魂胆。
しかし、2時間程度の乾燥後でも全然固まりませんでした・・・
パテじゃないしな~と、諦めて「アロンアルファ」を拭き取ります。

すると表面が溶液により荒れて、若干膨張したみたいです。
バイクライトをスライドさせて取り付けてみると、ジャストフィットw
振っても音がしません。

怪我の功名、良いんじゃないこれで
14_10_22-03gentosbikelight.jpg
実際、走行してみて音がする様ならパテ買って来よう。
10年前に買ったタミヤパテがカッチカチだったのでw

今年はまだ1回しか行って無い200km超のロングライド。
ジェントスのダブル装備で臨みたいのですが、いつ行こうかな?

GENTOS LED Bike Light GENTOS.XBシリーズ ジェントス XBシリーズ XB-300B XB Lambor

価格:2,445円
(2014/10/23 22:36時点)
感想(0件)




GENTOS LED Bike Light GENTOS.XBシリーズ ジェントス XBシリーズ XB-355B

価格:3,631円
(2014/10/23 22:36時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 21  
2014.10.19

「ヤビツ峠」「風張峠(風張林道)」に続いて、
今回は「和田峠」に挑みます。

「ヤビツ峠」に行った後、その斜度等を調べてたら見つけたサイト、
「thesaitama」さんでは、関東近郊の峠道が分類整理してあり、
「和田峠」は「中級」と評価されてました。

同サイトで「風張峠(風張林道)」は「上級」となってます。
前回の地獄の様なヒルクライムよりは苦しまずに済みそう

しかし、「ヤビツ峠」を「初級」と評してしまう「小宮和寛氏」とは、
いったい、どんな剛脚の持ち主なのでしょう?
そう考えると評価をそのままに受け取ると痛い目に合いそうです。

ただ「風張林道」を知ったのもこの方のおかげ、
さあ「和田峠」の評価はいかに?恐恐としながらも楽しみです

天気予報は、久々の晴れ 降水確率0% 予想最高気温23℃
インナーシャツ無しでも行けそう。
半袖、半パンのジャージに、腕脚のウォーマーを付けての出で立ち。
8:01、ヒルクライム三部作、完結編へと向けて出発。

「多摩サイ」に入り遠くを眺めるとそこはガスってますが、
高い空は久しぶりのスッキリとした青空で気持ちが良い

「風張林道」で鍛えられた太腿の筋肉に、いつもより力が入り、
序盤から少しハイペースに走ってしまいますw

少し汗ばみながら9:28、「陵南公園」に到着。
14_10_19-01wadatouge.jpg
天気が良いので訪れる人も多かったです。写って無いけど・・・
出発からおよそ1時間半が経過。
困ったことに凍らせたスポーツドリンクが全然溶けません・・・

おしめり程度のスポドリをすすってここまで来たのですが、
まだ溶けません・・・
「アミノバイタル」を飲みたいのに水飲みが見当たらず、
トイレの手洗いの水は飲みたくないので諦めました
塩分補給のタブレット2粒なめ、トイレを済ませて出発します。

「北浅川」の綺麗な景色を眺めながら「陣馬街道」を走行。
10:16、交差点を左折し、滝が見える所で停車。
14_10_19-02wadatouge.jpg
初めて行く「和田峠」までの道順は覚えて来ましたが、
その他の情報は一切仕込んでませんw
スタートってどこなんだろう?と思いながら、路肩が広くなってたので
ここに決めましたw

スポドリも一口分がやっと溶けたので、口に含んで
「アミノバイタル」をドーピングです。

ここまでの走行距離45.99km。
14_10_19-03wadatouge.jpg
そう、右に見えるのは「勾配計」、初装備です。

「多摩サイ」「浅川CR」の勾配位では、ほぼ0%しか示しませんが、
「陣馬街道」からは少し登りがキツくなるので1~2%程が
読み取れる様になりました。

体感で上りか下りかだいたい分かりますが、視認出来る様になると、
なかなか面白いです。
ヒルクライムでも使えるか?試してみたいと思います。

さあ準備は整いました。
目指すは「和田峠」、もちろん足付き無しで走破が目標。
三連戦の最終日、ヒルクライム、スタート。

道路の幅員も狭くなり、勾配もだいぶ上る様になって来ました。
じんわりと、どんどん上り、どんどん山道らしくなっていきます。
晴れてて眺めも良い、とても気持ちが良い。

3km程進むと、おもむろにバスが見えて来て、そこがバス停だと
分かりました。
その付近に赤いジャージを着たロード乗りの団体さん。
(あ~ここがスタート地点なんだw)
そう言えば何かで読んだ気がw

赤いジャージの方々を横目にしながら道は分岐に差し掛かります。
標識が指し示す右に行くと、登山客の方々が見えました。
そして、しばらく走ると、急に急になる急な坂道が目に飛び込みます。
(あっ心の準備が・・・)

インナー(34T)×ロー(27T)に叩き込みました。
割とな人数の登山客を避けながら走行するのは初めて。
なんか間違って入って来ちゃった的なアウェイ感が半端無いw

前を行くロード乗りさんが、「こんな所、上って来るなんて凄いね~」
等とおばさまから言われてるのが聞こえて来ました。
(分かったから何も言わないで、心が乱れるから・・・)
このコースには急坂以外にも敵が潜んでる様ですw

呼吸はとうに乱れていて、滅茶苦茶に苦しい・・・
少し勾配が緩くなった所で整えてからで無いと先に進めない状態。
つづら折りのカーブではアウトへアウトへ逃げて、少しでも
勾配のキツいインコースは避けます。

ほっそい道に、車やバイクも通ります。
ゆっくりとスピードを落としてやり過ごすのですが、かすらないかと
ヒヤヒヤもの・・・
そして、せっかくアウトコースにいたのに前からの車で、
インに寄らなければならないという曲面が・・・体力消耗に直結します。

勾配キッツいな~って感想が浮かんだ時、全然「勾配計」
見てないことに気付きましたw
ところどころで苦しいな~と呼吸が荒れるのは12~13%の勾配。
呼吸が整うまではいかないにしても10%を切るとだいぶ楽に
なります。

そんな勾配を繰り返していると、下で集まってた赤いジャージの方、
一人に抜かれました。
少し付いて行きましたが、ゴールが見えないので、自分を制し
元のペースに戻ります。
付いて行ったら間違い無く終わってましたw

呼吸は荒れっぱなしのまま、体力が消耗していく中、
壁の様にそびえる激坂が突如現れました

小さな橋が架かってて天に向かってく様な角度です。
やりたくないのにダンシングしないと先は無い状況。
シッティングなんかでノロノロ上ってたら色々なものが切れてしまい
そうな坂でした。

しかし、なんとか必死に上ると、その先は少し勾配を緩くした場所。
命拾いした気分、ホッとします。

更に地道にペダルを回し、木の切れ間から眺めの良い山と青空の
景色が望めました。
たまたま周りには誰もいない状態で、なぜだか山との一体感を
味わえた瞬間でした。

(おおーここにもあるんだと)感動した、巻き貝の様なコーナー。
ただ、「風張林道」のものに比べたらあまり綺麗ではありませんw
そして、アウト側を走ると、インコースより全然緩やかで、
呼吸が整えられる程の勾配で進むことが出来ます。

もう少し進むと坂の向こうに赤いジャージの方々の姿が
見えました。
(おー着いた~~)
赤いジャージの方々、わたしを抜いた行ったのは3人でした。
その後も順々に上って来ます。

和田林道完成記念碑の前を通過し、バイクスタンドまで行ってゴール。
14_10_19-04wadatouge.jpg
10:51到着、走行距離6.22km タイムは32分16秒
数字は今後の参考にしようと思います。
早いか遅いかなんて確認するまでも無く遅いでしょうw

峠周辺の写真を撮ってから、トイレを済ませました。
14_10_19-05wadatouge.jpg
達成感を味わいながら茶屋のベンチで休憩です。
また少し溶けたスポドリを飲みつつ、塩分タブレット2粒補給。

「藤野」側に抜ける方はゲートが閉じられてました。
14_10_19-06wadatouge.jpg
相模湖の「濱陣」さんで天丼を頂く腹づもりだったので、
通れないと困ります。
近付いて看板を確認してみると「路肩崩壊」の文字が・・・

危険を冒してまで行く必要は無いと思い、戻ることに決めました。
また、上って来た坂を撮りながら帰ろうと。
「峠の茶屋」さんHPを見ると、平成27年3月末日まで通行止めだと、
書かれてました。
早急に復旧されることをお祈り致します。

下りは早い、そして寒い!山で薄着なんだから仕方無いw
「和田峠」から数分で到着の巻き貝。
14_10_19-07wadatouge.jpg
完成度は低いのですが1ヶ所だけありました。
道幅が広いのでアウトコースだと随分楽に上れます。
まぁそれでもかなりある高低差。

木の切れ間から見える綺麗な眺望。
14_10_19-08wadatouge.jpg
眺めの良い場所はここ1ヶ所だけでした。
ブレーキ掛けてもなかなか止まらず、愛車を押して少し上りましたw
坂を上るおじさんと少し言葉を交わします。
お気を付けて。

わたしが一番キツいと感じた場所。
14_10_19-10wadatouge.jpg
ダンシング無しでは上れない程の激坂。
疲労から脚力が抜けないか心配になりました。

もちろん「勾配計」なんて見る余裕ありませんw
なので帰りに、愛車の向きを変えて測定してみました。
14_10_19-09wadatouge.jpg
気泡の上端で目盛りを読みます。
およそ17%
この少し上の方では18%ありましたが、ゴミや石を避けてたら
下ってしまいました。

勾配が17~18%にもなると、もうシッティングでは上れなく
なってしまう様です。

その後、寒いと感じながらもダウンヒルを楽しみ、下界が近くなると
急に暖かくなりました。

走りながら天丼はどこで頂けばいいんだ?
と、鳴いてるお腹と相談しながら、記憶を掘り返してみます。

そう言えば「高尾駅」のそばで看板に「天ぷら」って書かれた
お店があったなー
一回行ってみたかったから、ちょうど良いやとお邪魔してみることに
しました。

高尾駅の「中村屋」さんです。
11:55頃に扉を開けるとそこには寿司屋のカウンターがありました。
そう言えば「寿司」とも看板に書いてあったな

昼時の行楽日和に先客2名がカウンターに座ってました。
わたしもカウンター席に着いて注文します。

で、頼んでから10分程して運ばれて来ました「天丼」¥972
14_10_19-11wadatouge.jpg
天ぷらは、ししとう×2本と大葉に茄子、海老×2本です。
三つ葉とワカメの味噌汁と漬け物が付いて来ました。

大葉から口に入れてみると、天ぷらの衣が固っ・・・
サクッといきません・・・
他は?と気になって海老も食べてみたら、やっぱり同じ・・・衣が残念

そして、ご飯も少々固め・・・
なんかテンション下がっちゃうな~な天丼でした。
ごちそうさまでした。

中村屋 寿司・天ぷら
東京都八王子市高尾町1579

少し走ると「浅川」に戻ります。
14_10_19-12wadatouge.jpg
再び「陵南公園」で休憩しました。
草の上にシートを敷いてランチにしている家族連れが多いです。
気持ち良さそう。

トイレを済ませて、ベンチで塩分×2を補給、しばらく休みます。
脚に疲労を感じてきましたが、まだまだ大丈夫、使えそうです。
峠通いが効果を発揮してるのか、最近は脚の筋肉がピクピク
言うのも減ってきました。

来週は「Mちゃり」さんとランチライドの予定が入っており、
ちょうどこの帰りのコースを使います。
都合が良いので下見しながら帰ろうと思います。

相模湖を回らなかったので、だいぶ早く帰ることが出来そう。
つれあいに、いつもの帰るメールをしておきました。

「浅川CR」の終わり近い「ふれあい橋(万願寺歩道橋)」の手前。
14_10_19-13wadatouge.jpg
良い天気で気持ちが良い。来週もこんな感じで頼みますよ
35km/hで巡航、汗をかきながら走行してました。

「浅川CR」を離れて「百草園駅」を通過、「川崎街道」に入ります。
そして少し走ったところにあるのが、
「アルティジャーノ・ジェラテリア」さん。
イタリアンジェラートのお店です。

赤い可愛らしい建物に入り、ジェラートが並ぶショーケースを
眺めます。
一番人気「しぼりたてミルク」と、「ラズベリー」を選びました。
14_10_19-14wadatouge.jpg
容器は「コーン」で、ダブルです。
「ミルク」「飯田牧場」さんの方がインパクト大です。
しぼりたてと言う割には、あまり濃厚に感じません。
普通に美味しいミルクのジェラート。

そして「ラズベリー」は超美味い!
ラズベリーの香り成分を使ってるとやらで、香りが凄い強く、
甘酸っぱさも良くて、これがオススメです。

暑くなってきたので、美味しくリフレッシュ出来ました。
土日限定の「ヨーグルト」、「ミルクベリー」、「クリームチーズ」
なんかも気になりました。

食べログさんコメント読めば分かりますけど色んな意味で愛想の
無いお店の様で、行ったらあぁ~わかるわかるという感じ。
美味しかったですけどね。ごちそうさまでした。

アルティジャーノ・ジェラテリア イタリアンジェラート
東京都日野市百草329
http://www.artigiano-gelateria.com/

来週お邪魔するお店の位置を確認した後、
「関戸橋」「多摩川」左岸に渡り「多摩サイ」へ。
恒例、向かい風のお出迎えですが、まだ元気。
気合いで30km/h以上を保って走行します。

そして、最後の脚力を確かめる為、フルパワーで休憩場所に
突っ込むというコーナー「根性見せたらんかい!!」
この日の速度は35.5km/hでした。
・・・だから?

青空と白い雲、遠くに飛行船も浮かぶ、日曜の暢気な昼下がり。
久しぶりに良い陽気に楽しくサイクリング出来ました。
14_10_19-15wadatouge.jpg
自転車、ランナー、犬の散歩と、多くの人で集まってます。
冬が来るまでの短い期間、こんな日が多くやってくることを祈ってます。


そして、ヒルクライム三連戦も今回で完結。
峠3ヶ所、その感想は。
わたし個人の体感による厳しさで比較すると、
「風張峠(風張林道)」「和田峠」「ヤビツ峠(裏表)」
と言う順序。

感想と特徴は、
「風張峠(風張林道)」
感想=苦しい。心が4回折れそうになる。二度と行きたくない。
特徴=蛇行しないと上れない。危険を肌で感じる。

「和田峠」
感想=ツラい。強度の高いトレーニングになる。また来れる。
特徴=登山客が多い。激板があるが休める所もある。

「ヤビツ峠(裏表)」
感想=ツラいけどマイペースを守ってるといつの間にか登頂してる。
特徴=長く感じるが激板には感じ無い。

飽くまでも個人的な感想なので御理解願います。

わたしの中で「風張峠(風張林道)」は本当に別世界の
ヒルクライムでした。
達成したことが自分でも信じられません。

あんな経験は二度としたくない・・・今のステータスで頭打ちならw
あの達成感も二度と味わえないのか~と思うと・・・

「ヤビツ峠サイクリング」
「風張峠(風張林道)サイクリング」
「和田峠サイクリング」

14:37到着
走行時間=4:33
走行距離=107km
平均時速=23.4km/h
体重変化=67.8kg→65.9kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 20  
2014.10.18

この日の夜は、つれあいと二人で寿司を楽しもうと、
仙川駅の「磯春」さんにお邪魔しました。

今までに5回以上はお邪魔してるはずですが、最近はなかなか
来られず、おそらく1年以上ぶりの訪問になると思います。

開店の17:00にカウンター席を予約。
椅子に座ってまずは、お飲み物は?と。

わたしは最初に「生ビール」を。
14_10_18-01isoharu.jpg
お通しは「小アジの南蛮漬け」
頭から全部頂ける柔らかい小アジ。
酒に合うお味。

つれあいは日本酒(一合)「黒龍」福井県¥800
14_10_18-03isoharu.jpg
わたしも頂きました、
ちなみに日本酒と焼酎以外の、お代は不明です。

季節の魚を造ってもらいました。
「カワハギの刺身」「サンマの刺身」
14_10_18-02isoharu.jpg
肝が乗った「カワハギ」、わさびをちょっと付けて、刺身醤油に
ちょっと浸けた瞬間、液面に脂が広がります。
コリッとした身に肝のコクとあまさ、間違い無く美味しい。

お店の方々ご出身、気仙沼産の「サンマ」は、新鮮さが歯に伝わる
身の張りで、もちろん脂が乗ってあまいです、美味しい。

「カキ酢」
14_10_18-04isoharu.jpg
殻付きで来るとは思いませんでした
手造りらしいポン酢、小ネギと、もみじおろしで頂きます。
こちらも気仙沼産で磯の香りが口に広がり、そしてあまい。
とても美味しい牡蠣です。

「サザエのつぼ焼き」
14_10_18-05isoharu.jpg
とても大きな壺焼きで、ひとつを二人で食べても充分満足。
磯と醤油の香りに、肝の苦みが美味い。
日本酒にとても良く合います。

日本酒が進んで、どんどんお代わりを(笑)
いつも置いてる定番3種類が、
「日高見」宮城県、「金澤屋」福島県、「伯楽星」宮城県
特別に置いてたものが、
「黒竜」福井県、「緑川」新潟県です。

どれも美味しいですが、すっきり辛口で魚と合う様に思うので、
わたしは「日高見」が好きです。

酒の肴を頂いたので握ってもらいました。
14_10_18-06isoharu.jpg
左の「アイナメ」は引き締まってコリコリとした歯触り、
旨味があって美味しいです。
右の「ハタ」の身は柔らかく淡泊ながらもやはり美味しい。

「大トロ」入ってますけど・・・
14_10_18-07isoharu.jpg
お腹が一杯になってしまうので先に頼んでとつれあい(笑)
序盤から「大トロ」が入ります。
「小肌」は酢の入りが絶妙で美味しく、「平貝」はシャリシャリとした
食感が楽しく、貝のあまみが美味しいです。

ここで箸休め的に、また酒の肴を。
14_10_18-08isoharu.jpg
箸休めにしては贅沢な「自家製カラスミ」
基本の食べ方、大根の薄切りが添えられてます。

ねっとりとした舌触りと濃厚な旨味で日本酒との相性は最高。
シャキシャキでみずみずしい大根との相性も最高。

また、更に握りを。
14_10_18-09isoharu.jpg
プリプリであまい身の「ホタテ」
そして「新子」って言ったんですけど、これ「小肌」ですね、
新子の時期は過ぎてました(笑)

「ウニ」
14_10_18-10isoharu.jpg
海の香りとあまみが口の中に広がります。
また、パリッとして香りの良い海苔がそれを後押ししてくれる感じ。

「中トロ」
14_10_18-11isoharu.jpg
脂がかなり乗ったマグロの身は溶ける様に美味しいです。

〆の「穴子」
14_10_18-12isoharu.jpg
フワッとした「穴子」を少し炙って出してくれます。
表面にカリッとした部分が出来て芳ばしく、甘い詰めとも良く合って
とても美味しいです。

かなり堪能させて頂きました「磯春」さん。
「ごちそうさまでした」とお会計をお願いします。

料金の書かれた小さな紙をいち目して少々驚きました。
こちらのお店で初めて¥2万を超えたので(笑)
合計¥25,860.-でした。

久しぶりの訪問で調子に乗って高級なものを頼み過ぎました。
しかし、楽しい時間をありがとうございました。
ごちそうさまでした。

磯春 寿司
東京都調布市仙川町1-21-26 第三マンションウエスト 103
http://www.isoharu.com/









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 19  
2014.10.18

この日の休日は一人でお出掛け。
ランチで、調布駅の「カフェバーンズ」さんにお邪魔しました。

こちらは調布界隈で名を馳せた「い志井グループ」、洋食部門の
お店です。
前から気にはなってたのですがタイミングが合わず、この日が
初めての訪問となりました。

12:20頃に入店。
お客さんは半分入ってるかどうか?と言ったところ。
4人席のテーブルに座ってオーダーしました。

すぐに運ばれて来たのがランチの「サラダ」と、
「黒生ビール(一番搾りジョッキ)」¥500※税抜
14_10_18-01cafebuns.jpg
サラダの上に乗った白いものは薄切りのダイコン。
胡麻のドレッシングが掛かってます。
肌寒いかと思ったら暖かったこの日もビールは美味い!w

頼んだランチメニューは「特製オムライス」¥980※税抜
14_10_18-02cafebuns.jpg
おっ、そう来たか。
勝手にケチャップの定番オムライスかと思ってたら、
元祖的な造りのオムライス。
卵にライスが混ざったタイプ。

ソース的なものが何も無いので、これって正解なの?って
疑ってしまいますw

付け合せのブロッコリーを食べてみると、茹でただけのお味・・・
えっ?と思って店員さんの顔を確認してしまいました。
しかしフツーにテキパキ仕事されているので、やっぱりこれで
正解みたいですw
ニンジンのグラッセとポテトサラダも食べてみると美味しかったです。

「オムライス」割ってみますね。
14_10_18-03cafebuns.jpg
中は卵が少しトロッとした状態で、ライスが詰まってます。
入ってるのはベーコンだけかな?

頂いてみると、あっスープが利いて美味しい。
味付けは塩のみと思われシンプルな感じ。
ベーコンの風味が生きて、卵もフワトロ、初めて頂くこのタイプの
オムライス、とても美味しいです。

小ぶりに見えたのですが食べ終わるとなかなかの量でお腹一杯に
なりました。

ランチのドリンク、選んだのは「アイスコーヒー」14_10_18-04cafebuns.jpg
テーブルのビニルの下に挟まった広告。
ふわっトロッのフレンチトーストが気になりますが、
平日15:00~17:00の限定メニュー・・・商売上手w

お腹一杯、ごちそうさまでした。

カフェバーンズ 洋食
東京都調布市布田1-45-6
ちょうふどっとこむ









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 18  
2014.10.17

食べログさんを眺めてたら、おっ!初登場のお店!
しかし情報の投稿はほとんど無し・・・
追って調べるとお店の人がFBを公開してました。

どうも油そば、まぜそばのお店の様です。
なんか面白そうなので行ってみました。

用賀駅の「ら~そば QP亭」さんに、ランチでお邪魔します。
分かりづらい、ビルの地下にそのお店はありました。

お店に入ると、店内はバーの様な作りです。
白いカバーが掛かったソファーが並び、奥にはカウンターが
あります。

先客3人がソファーの席に座ってました。
店主さんらしき方が向こうから「カウンター席にどうぞ」と
促します。

12:10頃で先客は先程の3名でした。
麺のメニューは「ら~そば」のみ。
「並」か「大」を選べ、価格はどちらも¥800です。

他のメニューは「小ライス」「ミニチャーシュー丼」「ドリンク類」で、
これは「ら~そば」のセットメニューの様です。

一人あたふたと調理する店主さんに「ら~そば大」
注文しました。
店内を眺めると大量のキューピー人形と酒のボトルが並びます。
やっぱりバーなんだな、このお店。

そうやって見学してると10分程して出されました。
14_10_17-01qptei.jpg
「ら~そば大」にはコロコロのチャーシュー、メンマ、
(不揃いなw)白髪ネギ、そして黒っぽいなんだこれ?なもの。
食べてみると揚げたネギでした。

丼の底にタレと油が入ってて良く混ぜて食べて下さいとのこと。
そして食べ方の説明書きを読むと、カウンター上にある「ラー油」と
「酢」を掛けると美味しく頂けると書かれてます。
それに従って両方を回し掛けました。

よく、よく混ぜてこんな感じに。
14_10_17-02qptei.jpg
太麺が美味しそう、そして油でテラテラw

一口すすると味的には汁無し坦々麺です。
まぁラー油入れたからね。
麺がもちもちでタレのバランスも良く美味しい・・・
ですが、どこまでもジャンクな味w

辛いのが好きな人にオススメ、「特製唐ダレ」とやらをトッピングして
みました。
14_10_17-03qptei.jpg
ニンニクたっぷりらしいですが、劇的に味が変わることはありませんw

更にお客さんが入って来ました。
ご飯ものを頼んだ方がいらっしゃった様です。
店主さん、電子レンジにサトウのごはん的なものを入れます・・・
え~~炊かないの~?

それ見て思いました。
自家製のものってどれだけあるんだろうって?
特製唐ダレと揚げネギとネギ油ってとこか?

既製品を丼に乗っけて乗っけて出来上がりか~?
それで¥800・・・う~ん・・・想像だけどw

お店を出て階段を上がると看板があることに気付きました。
こちらのお店「Cafe Bar QP's」と言うやっぱりバーでした。
夜に出してた油そばが好評だったから昼もやってみようかって感じ?

次行くかなぁ?う~ん、ジャンク的に美味しいけど・・・
お腹一杯です。ごちそうさまでした。

ら~そば QP亭 油そば
東京都世田谷区用賀3-17-5 石黒ビル B1F
facebook









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 17  
2014.10.13

この日は祭日、つれあいと二人でつつじヶ丘駅へ、
ランチをしに行きました。
訪問したのは、台湾家庭料理のお店、「マダムリン台北」さんです。

まずはドリンク、つれあいは「津軽林檎酒ロック」¥460、
わたしが「生ビール(中)」¥480です。
14_10_13-01madamelin.jpg
「林檎酒」を味見させてもらいました。
ほぼリンゴジュースw あっま~~い・・・

頼んだ料理が運ばれて来ます。
「マダムリン餃子(五個)」¥450
14_10_13-02madamelin.jpg
テーブルの醤油と酢、ラー油で普通に頂きます。
皮がプリモチでニンニクの利いた餡が美味しい、外せない点心。

「林檎酒」「生ビール」を一杯ずつすぐにお代わりwすぐに飲み干しw
次は味を変えて、つれあいが「烏龍ハイ」¥390、
わたしが「甕出し紹興酒一杯」¥510を頼みました。
14_10_13-03madamelin.jpg
なんかやばいハイペース・・・しかし飲んでしまうw

つれあいリクエストの「マーボ豆腐」¥650
14_10_13-04madamelin.jpg
そんなに辛くは無く、ピリ辛程度。
特筆することは無いけど普通に美味しい麻婆豆腐。

頭に『オリジナル』と付くものもあって、そちらは¥820。
麻婆豆腐好きとしては一度、試してみたいです。

またまた点心、「シューマイ(四個)」¥400
14_10_13-05madamelin.jpg
こちらで頂くのは初めてだったかな?
メニューには三個って書いてあるんだけど・・・
アツアツで、餡がプリプリしていて美味しいです。

先程と同じドリンクを追加、そして料理も追加注文。
「鶏の唐揚げ」¥670
14_10_13-06madamelin.jpg
表面にキラキラと光る白い物が・・・味の素?・・・
掛けるかなぁ?普通・・・w

しかし、衣に五香粉(ウーシャンフェン)が入ってるらしく、
香りが良いです。
鶏もも肉もプリプリでジューシー付け合わせのマヨを付けると、
また禁断のコク・・・脂肪が怖い・・・しかし酒に合うw

まったまた最後に点心w「手作り春巻(三本)」¥450
14_10_13-07madamelin.jpg
辛子醤油で頂きます。
モヤシのシャキシャキ感が食感を少し損なう感じ。
もう少し餡がトロッとしたものが好きですが、
味的には普通に美味しい。

左に見えるはわたしの「角ハイボール」¥400、
つれあいは「甕出し紹興酒一杯」を。
ランチですよ!・・・どんだけ飲むんだ?

こうして二人は結構、酔っ払った様子で、気分良くお会計です。
合計¥6,360・・・飲み過ぎ・・・

まぁたまにはいいかの三連休。
楽しく美味しく過ごせました。ごちそうさまです。

マダムリン台北 台湾家庭料理
東京都調布市東つつじヶ丘1-1-3 K'SCUBE 1F









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 16  
2014.10.12

この日は「下高井戸シネマ」に、つれあいと二人で映画を
観に行きました。

タイトルは「私の男」
第36回モスクワ国際映画祭で、最優秀作品賞と最優秀男優賞の
W受賞で話題になった作品です。

わたしとつれあいはその原作を読んで感動したので、
映画も観たくなりました。

整理券がもらえるので、チケットを先に購入。
開場前に近くのお店でランチをしました。

アジア料理のお店「ムンランギットカフェ」さんにお邪魔します。
OPENの11:30でした。

店内はこんな感じ。
14_10_12-01monlangitcafe.jpg
アジアンな雰囲気に落ち着く空間です。

まずはドリンク、つれあいは「ワイン・ホワイト(グラス)」¥600 
わたしが「生ビール」¥450 ランチセットで¥300
14_10_12-02monlangitcafe.jpg
タイ・ワイン「モンスーンバレー」、ビールは「ハートランド」です。

そして、ランチメニューから「カオマンガイ」¥800
14_10_12-03monlangitcafe.jpg
タイの鶏肉のせ炊き込みご飯。
久しく食べてなかったので是非ともの思いでオーダーしました。
蒸し鶏にタレを掛けて頂きます。

そして、そのお味は・・・めちゃくちゃ美味しい
柔らかい鶏肉にタレが合い、更にタイ米とも合ってとても美味しい。
強いて言えばほんの少しだけ米が固いかな?と言う気がしますけど、
タレと一緒に食べるとライスが進みます。

ライスの香りも良く本当に美味しい。
こちらの「カオマンガイ」気に入りました。
つれあいも美味しい美味しいと言って、結構食べましたw

つれあいは小食なので、つまみになる様な物を頼もうとしましたが、
ディナーメニューなので用意出来ないとのこと。
なので残ったらわたしが食べるよと頼んだのが「カオソーイ」¥850
14_10_12-04monlangitcafe.jpg
タイのカレー麺。
軟らかく煮たキャベツや、紫タマネギ、パクチー、そして揚げ麺が
乗ってます。
揚げ麺??面白いね~とつれあいと笑ってました。
中にはゴロゴロっとした柔らかい鶏もも肉が入ってます。

スープを飲んでみると確かにタイカレーの味。
しかし、ライスと一緒に食べる濃厚なカレーでは無く、やっぱり
麺用のスープに仕上がった、サラッとした感じ。
辛みもあって美味しい!

麺はこんな感じの太麺。
14_10_12-05monlangitcafe.jpg
モチモチ・シコシコとした美味しい麺。
そして、揚げ麺と一緒に食べると、食感が変わって、香ばしさも
加わり、また違った美味しさに!
揚げ麺のトッピング正解!

「ココ美味しいよ」「ココ美味しい」と何度も言ってましたw

アルコールの追加、左が「ネプモイ」¥600 ベトナム黄もち米の焼酎。
右が「メコン」¥600 タイのなんちゃってウイスキーで本当はラム。
14_10_12-06monlangitcafe.jpg
「ネプモイ」はつれあいが頼みました。
味見させてもらうと、スゴイ米の風味で、甘みがあります。
「メコン」は紹興酒にそっくりな味と風味。

最後にわたしだけ「モンシャム」¥600を頼みました。
タイのジャスミン米で造ったプレミアム焼酎。
米の良い香りがする焼酎です。

二人で絶対、夜にまた来ようと誓って、お会計。
合計¥4,350でした。

奥の厨房にいらした御主人が「ディナーメニューが出せなくて
スミマセンでした」と気さくに声を掛けて下さいました。
おねえさんの接客も丁寧で、とても良いお店。

とても美味しかったです。また来ますね。ごちそうさまでした。

ムンランギットカフェ アジア料理
東京都世田谷区赤堤4-36-1 細谷ビル 1F
facebook


良いお店を見つけることが出来て良かったのですが。
映画の方は最悪でした・・・
原作の素晴らしい世界観がぶち壊し・・・









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 14  
前回、行ったヤビツ峠サイクリング
初めての聖地を制覇して、今までの峠を数字的に比較してみようと、
ネットで調べてました。

するとすでに峠をクラス別に評価したサイトを見つけます。
序の口~初級~中級~上級と分類されていて、
行ったことのある峠を確認してみると、序の口に「大垂水峠」
これは納得。
「ヤビツ峠」は初級・・・これは厳しい評価
「風張峠」が中級は、まあ納得と言ったところ。

では、上級はと言うと「柳沢峠」が入ってました。
行ったことはありませんが、いずれ行きたいと思ってます。

そして、気になる名称も上級に入ってました。
「風張林道」?なんだそれ?
「風張峠」に向かう林道、つまり裏ルートが存在することを初めて
知りました。

そのルートの特徴も記載されていて、うまくまとめられた文章を読むと、
身の毛もよだつ様な激板だと言うことが伝わってきます。
なんだこれ~
ヤバイなちょっと怖いもの見たさで行ってみたいな。

そんなタイミングでスレイプニルさんからコメントを頂きます。
ヤビツ峠にも裏ルートの林道があると教えてもらいました。
わたしの中でちょっとした林道ブームが起きますw
奮起して行ってみよう「風張峠」「風張林道」を通じて。

この日の天気予報は、晴時々曇 最高気温24℃ 降水確率10%。
檜原村では22℃と少し寒そう、腕と脚にウォーマーを付けて出発。
7:05です。

「多摩サイ」を走行中、ペダルが重いなと感じたのですが、
多分、向かい風。
その後は爽快に走れたのでひと安心。

8:24、「福生南公園」到着。
14_10_11-01kazaharirindou.jpg
厚い雲も浮かぶ空。
青空も覗かせますが微妙な雲行きです。

ヒルクライム入口までのエネルギーを「一本満足」で補給。
じんわり汗もかきました、塩分タブレット2粒を補給しておきます。
そしてトイレを済ませて出発です。

9:28、「払沢の滝入口」に到着。
14_10_11-02kazaharirindou.jpg
トイレを済ませて休憩。
標高を高くしてこの辺りはもう山です。
少し飛ばしたので結構な汗をかきました。
塩分を2粒補給して、バス停の木のベンチに尻の跡を残しw
出発です。

檜原村の山深い原風景。
14_10_11-03kazaharirindou.jpg
「北秋川」の清流、森の緑が美しい土地。
とても好きな景色、自転車で来ることが出来て嬉しく思います。

「藤倉の交差点」に到着。
14_10_11-04kazaharirindou.jpg
ここまでかなりの勾配となった道を上って来ました。
そして、ここを直進、ヒルクライムの入口まで、あと2.3kmです。

10:24、ヒルクライムスタート地点『地獄の門』に到着です。
14_10_11-05kazaharirindou.jpg
右の道路から上って来ました。そして、往くは左の上り坂です。
「神戸岩」へ行く分岐からここまでのルートを走るのは初めてです。
そして、この道程、正直言って「裏ヤビツ」より厳しいと感じました。

ハァハァと息を切らせて上って来たのに、更にこの上り坂具合・・・
14_10_11-06kazaharirindou.jpg
唖然として笑ってしまいました・・・
Googleストビューでチェック済み、しかし画像とリアルにそびえる
その激板を目の前にするのとは歴然の差・・・悪夢です・・・
黒く穿つ森の穴に激板が吸い込まれて行きます。

「嘘だろーー!」「マジか!、これ行く?」「無理だろ~」
人っ子一人いないことをいいことに右往左往しながら、
一人でぼやいてました。

とりあえず、ドーピングします。
14_10_11-07kazaharirindou.jpg
「アミノバイタル」でパフォーマンスを上げたい。
こんなにむごいコースなら朝も飲んでおけば良かったと後悔。
それとここまで大汗かいたので塩分タブレットを2粒補給。

意を決してスタートラインに立ちました。
14_10_11-08kazaharirindou.jpg
ここまでの距離は61.2km、あっここで帰ったら120km以上になるよ♪
なんてことも頭によぎってしまいます・・・

現実逃避
14_10_11-09kazaharirindou.jpg
だって壁だもんw この位置に立っても躊躇してしまいます。
しかし行くと決めた、目標は決して足を地面に着かないこと。
必ず「風張峠」にゴールすることです。

ストップウォッチをセットして、行くよ。
ヒルクライムのスタート。

平坦のうちにクリートをはめて激板に入ります。
直後は(あれ?全然余裕じゃん)と感じ、スイスイ上って行きました。
しかし、余裕に思えたのは休憩のおかげ・・・
「ですよねーー!」と叫びながら、あっと言う間に呼吸はゼェーゼェーと
乱れていきます。

叫ぶのは山の上から聞こえるサルの声に対し牽制したもの。
更には熊除けのつもりで発したのですが、すぐに出す余裕なんて
無くなります。
それで済めば良い方で、更に喉の奥から人のもので無いような
音に、呼吸が変わります。

最悪・・・本当に最悪・・・
最初のチェックポイントは「檜原きのこセンター」
この地獄に対してなんなんだ、そのポップな響きは・・・
そこまでの区間が一番の激板、いや激激板とのことです。

道路の擦れ違い用に広くなったところや、民家の前等を利用して
なんとか呼吸を整えて上を目指しました。
しかし3回、心が折れそうになります・・・

サイトでは「檜原きのこセンター」には、歩いてでも行く価値があると
書いてありました。
しかし、足を着いた時点でボッキリと心が折れて、
そのまま下ってしまうと考えます。

どこで足を着いても後悔する。
先に行けば必ず平坦で休めるオアシスがやって来る。
今までの経験からそれを信じてペダルのひと回しが出ました。

そして、それを裏切ってくれるのもヒルクライム。
あの坂道の先で休めるかも?
しかし、なんとか到達して、その先に目をやった時に待ち構える
更なる激板・・・失望により心が折れる瞬間です・・・

そんな経験をして来たのが、この時を支えました。
脚力よりも、意地と精神力で激激板をのろのろと上って行きます。
少しでも勾配を緩くする為に狭い山道を蛇行しながらの進行。

そして、死ぬ思いで「檜原きのこセンター」を通過。
ここの前は平坦、極力遅いスピードで前に進み呼吸を整えます。
ここまでの激激板が、この先は激板に変わるそうで、
少し楽になるのかと期待しました。

この前に四駆が1台擦れ違ったのですが、ちょうど道幅が
広い場所を走ってたのでラッキーにも難なくやり過ごすことが
出来ました。

そして、また激板が始まるところからが「風張林道」の入口。
ここまでは公道で、地図にも載ってます。

ただ公道だろうと林道だろうと、とても危険が多いです。
転落、転倒、落石、熊、猿、マムシ、虫等、危険のオンパレード。
この紹介をきっかけに走行したとしても責任は負いかねます。
自己責任による訪問をお願いします。

山場を越えても、激板は激板・・・
延々と続く様に感じる上り坂、次の目標はガードレールが無い、
眺めの良い崖の上の林道。

やっぱり、狭い道路をジグザグに走ります。
たまにダンシングで道に沿って走りますが、すぐに辛くなって
しまいます。
呼吸を整える為、勾配を緩くする様、道路を真横に走ることも
ありました。
切り返しでバランスを崩して落車しそうにもなります。

体幹も総動員しての走行、そのうち背筋が痛くなってきます。
そんなころに崖っぷちの道路に辿り着きました。
勾配が緩くなってかなり休めます。
そして、素晴らしい眺めが展開!
思わず「最高っ!最高だー!」と叫んでました。

この辺りから「奥多摩周遊道路」を走るバイクのエンジン音が
聞こえて来ました。
(もうすぐだ、もうすぐゴール)
呼吸が充分に整ってから、まだ続く激板に挑みます。

あとは「風張峠」を目指すのみ。
「奥多摩周遊道路」を走ってる時は、ただただうるさい、
バイクの爆音も、近付いて来るとゴールに向かってるんだと言う
安心感に変わります。

ダンシングなんてもう出来ない、左太ももの内側が攣りそうな感じ、
ペダルを踏まないで、引き脚重視にしてカバーします。
石や落ち葉、栗のイガに木の実等を避けながら相変わらずの
ジグザグ走行で体力の消耗を防ぎます。
と言うか、そうしないともう登板出来ません・・・

あえぎながら走って行くと、バイクの音がすぐ近くに聞こえて来ます。
「風張林道」一番高い所が見えて来ました。
そして、通過する時に「やった!やったぞ!!」と叫び声が出ました。
そんなこと今まで言ったこと無いですww

一番高い所から少し降りるとゲートがあり、そこで「ゴール」
14_10_11-10kazaharirindou.jpg
えええっ!?たったの4.6km・・・なんて濃密なコース・・・
こんな短距離をおよそ41分も掛けて走って来たとは・・・

「風張林道」、究極に過酷なヒルクライム。
足付き無し!!このステージ、クリアしました。

東京で一番高い道路「奥多摩周遊道路」の道標
14_10_11-11kazaharirindou.jpg
標高1,146m「風張峠」に到着。

しかし、ゲートの向こうに見える林道、坂の上が一番高いですw
14_10_11-12kazaharirindou.jpg
ゲートの左の隙間から「風張林道」に戻り、往きで出来なかった
写真撮影を存分にして帰りたいと思います。

ここで改めて注意書き。
また進む道は公道では無く林道です。
下手をしたら死に直結するとても危険な道程。
行かれる場合は自己責任でお願いします。

林道の一番高い所、行き止まりに先程のゲート、左の木の隙間から
赤く舗装された「奥多摩周遊道路」が見えます。
14_10_11-13kazaharirindou.jpg
ここで達成感の余り、感嘆の声を上げましたw

同じ場所で振り向くとこんな下り坂。
14_10_11-14kazaharirindou.jpg
急転直下、進むとかつて無い程の加速。
速い速いと言葉に漏れます。
路面は散らばってるので車の通った跡を利用して障害物を
避けながらのダウンヒルとなります。

ブレーキが壊れたら飛びますよ、そして確実に死にます。
14_10_11-15kazaharirindou.jpg
ガードレールが無い崖っぷちの道路が見えて来ました。

囲う物が何も無い開放感。
14_10_11-16kazaharirindou.jpg
最高!と叫んでしまうのも自然に思えます。

杉の木を伐採してるおかげで眺めが良い!
14_10_11-17kazaharirindou.jpg
綺麗な山の連なり、画像では伝え切らない色々な思いと感動。

スリットの入ったコンクリート舗装。
14_10_11-18kazaharirindou.jpg
中央、縦にも一本スリットが入っていて、帰りにタイヤが嵌って
コケそうになりました。
しかし、今見てもうんざりします・・・この勾配。

ウケるんですけど~ww
14_10_11-19kazaharirindou.jpg
巻貝の様な石垣、よく造ったなこれw
ネットでここ知ってたので、崖っぷちの道路がもうすぐだと信じて
励みになりました。
にしてもこのうねり、自転車だよ・・・よく上ったな・・・

ここを撮影してたら軽自動車が1台、御老人を乗せたミニバスが
2台上って行きました。
何しに行くんだろう?
にしてもここでの擦れ違いで良かったです。
細い場所での上りに出くわしてたら足着いて待たないと
いけなかったから。

ここが最初のチェックポイント「檜原きのこセンター」
14_10_11-20kazaharirindou.jpg
見ての通りの平坦、この場所で極端に遅くジワジワと走って
呼吸を整えないと先には行けませんでした。

「檜原きのこセンター」を過ぎてすぐの下り坂。
14_10_11-21kazaharirindou.jpg
画像に見ても急坂、リアルでは激激板です。

こんな眺めを無理やり目の前に突き付けられて来ました。
14_10_11-22kazaharirindou.jpg
とにかく終わりが見えない、メンタルに相当負荷が掛かります。

ガードレールの摩擦では愛車は止まりません。
前輪に小石を挟んで停車しての撮影。
14_10_11-23kazaharirindou.jpg
だいぶ下って来た、でもまだまだ眺めが良く、山深い。

カラーコーンが見える場所が擦れ違い場所。
14_10_11-24kazaharirindou.jpg
人のものとは思えない呼吸音を漏らしながら四駆と擦れ違った
場所です。
この先では最悪な勾配で、延々とダンシングをさせられました。
まだ体力があった頃だから出来たこと。
しかし、序盤からの地獄な登板に不安しか無かったです。

今見ても気持ちが重くなってきますw
14_10_11-25kazaharirindou.jpg
こんな坂がずっとですよ、ず~っとw

さっきの画像、カーブから森に吸い込まれた道路の先。
14_10_11-26kazaharirindou.jpg
でしょでしょ、ず~っと坂です、あきれる位じゃ言い表せない・・・

まだです、まだまだの激激板。
14_10_11-27kazaharirindou.jpg
苦しい~苦しいですよ~
この後、若いお兄さんが息を切らせて上って行くところを
擦れ違いました。

挨拶しましたが、返事とも呼吸音ともつかない声が、
下りで耳に触れる風の向こうに聞こえます。

石垣の右側がふくらんで少し平坦になってました。
14_10_11-28kazaharirindou.jpg
ここでジワジワと進み、ヒャァアーーヒャァアーーと訳の分からない
音を発しながら呼吸を整えました。

左に首を振った先の下り坂。
14_10_11-29kazaharirindou.jpg
本当に、もうごちそうさまでした、満腹です。
二度と来るか!!ドあほーーー!!!

ヒルクライムスタート地点に戻り、裏ヤビツより厳しいと感じた
一般道を、最高に気持ち良く下って行きます。
もう道路も広く、そして落下物も無い綺麗な路面を走行。
悪夢から解放された気分もあって爽快です。

超腹減ったーーと言う所で手打ちそば「深山」さんに到着です。
14_10_11-30kazaharirindou.jpg
12:20頃で、民家の様な畳敷きの店内はほぼ満席。
大きな机で相席させてもらいました。

こちらのお店、気にはなってたのですが、「kanoka」さんが訪問された
時の記事を読んで行きたいな~と拍車が掛かりました。

右に行くとバイクスタンドと屋外の席も用意されてます。
手造り感満載のほのぼのとした雰囲気の空間です。

注文してから13分程で運ばれて来ました。
14_10_11-31kazaharirindou.jpg
「もりおまかせ膳」¥1,300

限定8食とのこと、その内容は。
小鉢、右から「ゴボウの甘い炊き物」「合鴨の自家製スモーク」
「裏の畑から取れたジャガイモのポテトサラダ」、「キュウリの漬物」
そして「釜炊き舞茸御飯」に、「もりそば」です。

どれも本当に美味しい
地のものは新鮮でそのものの味が濃くてとても美味しいです。

気さくなお店の御夫婦(?)、色々と話しかけて頂き、
とても楽しかったです。
舞茸は「檜原きのこセンター」のものですか?と尋ねたら、
その通りでした。

御主人らの人柄も良く、絶対にまたお邪魔したいお店。
本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

深山 手打ち蕎麦
東京都西多摩郡檜原村3148
http://soba-miyama.com/

往きで休憩した「払沢の滝入口」、その目の前の「ちとせ屋」さん。
14_10_11-32kazaharirindou.jpg
13:13、かなりお腹一杯なのですが、食後のデザートはこちらでw

「ソフトアイス(豆乳)」¥290
14_10_11-33kazaharirindou.jpg
危険な角度に傾いてましたw
後味に豆乳の香りが漂い美味しい。
久しぶりに食べました。

「檜原街道」の途中で追い抜く一人がありました。
割とハイペース、35km/h以上、40km/h近いスピード。
結構長い距離、申し訳無いですけど後ろに着かせてもらいましたw

14:06、「福生南公園」に帰って来ました。
14_10_11-34kazaharirindou.jpg
「ペプシネックスZERO350ml」¥130で、喉を潤します。

ベンチに座って休憩。
14_10_11-35kazaharirindou.jpg
だいぶ雲が薄くなってきました。
もうひと踏ん張り、塩分タブレット2粒補給、出発です。
あっトイレ行くの忘れた・・・

国立の「河川敷公園」のトイレに寄りました。
その後はワイズロード府中多摩川店へ。
欲しかったものは無く、例の「勾配計」なるものを衝動買いして
しまいます・・・

この日に一番、使いたかったシロモノ・・・
実際に使えるのかも疑問ですが・・・

16:04、いつもの「多摩川の広場」に到着。
14_10_11-36kazaharirindou.jpg
この日の「根性見せたらんかい!!」(コーナーになったの?w)は、
34.8km/h。
最後の力走、やっと出たスピードで広場に突入します。

呼吸を整えてから家路に就きますが帰り際、「多摩川」に挨拶。
「おかげで達成することが出来たよ」とつぶやいたら、
こみあげてくるものがありましたw

まだ走行中、頭はボーッとしてるのですが、身体が苦しさを
覚えてたんでしょう、テレビで泣いてるアスリートの気持ちが
ほんの少し分かりました。

「風張林道」最悪です
もう二度と行きたくない そんな風に思ったのは初めて。
振りじゃないよw
だって次行ったとしたら、完走出来る自身が無いから・・・

16:18到着
走行時間=5:51
走行距離=132km
平均時速=22.5km/h
体重変化=67.1kg→64.6kg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 11  
2014.10.11

今日はサイクリングに行きました。
帰りに「多摩サイ」を走って途中、「ワイズロード府中多摩川店」
寄ります。

そこで「スレイプニル」さんが紹介されてたメカニカルな
インナーキャップを探しますが、さすがにそんなマニアックなものは
置いてませんでしたw

他にもバンダナや、熊鈴等を探しますが目ぼしいものは
ありません。

目当てのものが無いので帰ろうかというところ、目を奪うものを発見。
これこそマニアックじゃないの?よく置いてたねw
ネットで見て知ってましたが、リアルに売ってるとは思いませんでした。

それがこちら。
14_10_11-01koubaikei.jpg
「勾配計」¥1,965
ハンドルに取り付けて坂道の勾配を計るアイテムです。
ネットで見た時はこんなの使えるか?と思ったのですが、
何か綺麗だし、ちょっと高いけど興味が先行、お遊びで買ってみる
ことにしました。

ハンドルに取り付けます。
14_10_11-02koubaikei.jpg
φ31.8mm用です。
取付けに薄いゴム板を挟み込むのですが、下のパーツに
入りづらいです。
ネジ2本で止めるのですが、木ネジでした・・・
先がとがったネジ山のピッチが広いものです。

普通のネジに出来なかったんでしょうかね?
付け外しでネジがどんどんバカになりますよ・・・
ドイツ製なのですが、こんな仕事しないでしょ?
そして取付ハンドル径、もう一種類はφ26.7mmです。

愛車のフロントを持ち上げました。
14_10_11-03koubaikei.jpg
水平器と同じ仕組み。これで勾配10%です。
フロントを持ち上げて、角度の確認をしました。
上りは気泡の上端の位置で目盛を読み取り、下りは下端で目盛を
読み取ります。

本当にキツイ勾配を走行してたら、勾配計なんて確認する余裕も
無いでしょうね。
帰りの下りで静止して勾配を確認するのも面白いかもw

【SILCA】 シルカ 勾配計26【4580306060060】

価格:1,620円
(2014/10/11 22:14時点)
感想(1件)













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 10  
2014.10.10

今日はやけにカレーが食べたくなり、桜新町駅のインド料理店、
「サウェーラ」さんにお邪魔しました。
前から気にはなってましたが、今回が初めての訪問です。

12:10頃に入店すると、先客は3名で店内ガラガラ。
窓際の2人テーブルに座りました。

ランチメニューを見ると「サービスランチ」以外は全部¥1,000以上と
ちょっとお高め。
A~C、のランチはカレーを2種類選べたり、タンドリーチキンが
付いて来ます。

わたしは「サービスランチ」¥840にしました。
カレーは10種類のうちから一つ選べ、「チキンチリカレー」を。
ドリンクは「チャイ(アイス)」で。

辛さは10段階、普通は2~3とのこと。
初めての店で10はさすがにやばいかw
すでに名前にチリが入ってることを考慮し、辛さはお手柔らかにと
「5」を選択。

10分ちょっとで運ばれて来ました。
14_10_10-01sawera.jpg
「ナン」と「ターメリックライス」、「ミニサラダ」、
そして「カレー」がセットになったもの。

まず「サラダ」、大根の千切りとキュウリ、レタス、少しハーブの
利いたイタリアンみたいなドレッシングが掛かってます。
オレンジ色のインドドレッシングではありませんでした。

「チキンチリカレー」を「ナン」に付けて頂きます。
カレーはなんかとても滑らかでインドカレーっぽくない。
よく煮込んだカレーに似ていて、そしてスパイス感が少ない。

小さく切ったタマネギやピーマンも入ってるのですが、
食感的には無くていいな~

辛さはちょうど良かったです。
終盤に額から少し汗が流れる程度で、すぐ引きました。
この「カレー」良くも悪くも無いけど、好みでは無いかな?

そして「ナン」・・・薄くてパリパリ・・・
「ナン」と言えば表面がサクサクしていて、中はもっちりしたものが
美味しいと思うのですが、これは小麦粉で出来たせんべいの様です。

サクサク、モッチリ感が無くて薄い・・・原料をいかに抑えるかに
勝負を掛けた「ナン」みたいに思えました。
「ターメリックライス」もぼそぼそで固かったです。

もっと安くて美味しく、「ナン」も「ライス」もお替わり自由のお店も
あると言うのに・・・桜新町の地価じゃ厳しいか・・・

ランチの「チャイ(アイス)」
14_10_10-02sawera.jpg
ほんのりスパイスの利いたアイスミルクティー。
舌の上から辛さを流します。

今までいくつかインド料理屋さんに行きましたけど、
こちらはだいぶ、わたしの好みから外れてしまった様です
それを物語る様に、お店はこんなに閑散として・・・
と思ったら帰る頃には、ほぼ満席となってました

お腹一杯になりました。ごちそうさまです。

サウェーラ インド料理
東京都世田谷区桜新町1-13-4 清水ビル 2F









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 09  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2014.10.08

週末サイクリングに行って愛車のメンテナンスをするのは、
たいがいが筋トレを休みにしてる水曜日。

気になってきたのが8/22に行ったチェーンクリーニング。
チェーンだけは走行後に毎回ウェスで拭き、更に使い古しの
歯ブラシで、すき間に残るスラッジを落としてやってます。

クリーナーを使った清掃は1ヶ月に1回が目安(にしたい・・・)
しかし、今回は1ヶ月半も経ってしまいました

その間の走行距離は1,063km、チェーンは見た目にも光沢があるし、
動作的にも問題無さそうですが、本格的にクリーニングをします。
筋トレ休みなんでウーロンハイ飲みながらw

「FINISH LINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナー」
「FINISH LINE(フィニッシュライン)マルチ ディグリーザー」
注ぎます。

そして、クリーナーをチェーンにセット。
14_10_08-01chaincleaning.jpg
クリーナーのレバーを持つのはセットする時だけで、
クリーニングの際は、しっかりボディを持って行います。
ガラガラとペダルを逆回転させ、ブラシがチェーンを擦ります。

クリーナーを微妙に前後、上下させてチェーンのすみずみになるべく
ブラシの先が当たる様にしてやります。

30回程ペダルを回してから、クリーナーのディグリーザーを
排液させます。
・・・真っ黒
3回繰り返しても排液の黒さはあまり変わらず・・・
切りがないので打ち切りました。

これが3回分の排液。
14_10_08-02chaincleaning.jpg
「バット」を傾けて、排液を片側に寄せてあります。
黒ゴマの入ったしるこの様な色w
粒子状のスラッジも「バット」の底に引っ掛かってるのが見えます。

ルーブを、
「FINISH LINE(フィニッシュライン)セラミックワックスルーブ」
に変えたら、チェーンがあまり汚れなくなったと思ってたのですが、
今までで一番の汚れになったと思います。
なんでだろう?風の強い日が多かったから?

ピッカピカに光るチェーン
14_10_08-03chaincleaning.jpg
「ウェス」「ディグリーザー」を拭き取るのですが、動きが良く
柔らかくなったのが手に感じ取れます。

チェーンを乾かしてる間に、スプロケ、ホイール、フレーム等を清掃し、
ボルトの増し締めと、ブレーキ調整までしました。
そして、その後チェーンの注油を行ったのですが、ローラーの動きが
とても軽いのが見て取れました。

この日は時間が無くなったので、翌日に2度目の注油をして作業は
終了。

いつも次回の走行感を、とても楽しみにするのですが、
画期的には変わらないのが、いつものパターン・・・w

【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)チェーンクリーナーキット TOS04600

価格:4,228円
(2014/10/9 22:17時点)
感想(0件)



【在庫あり】【送料無料】FINISH LINE(フィニッシュライン)エコテック 2 ディグリーザー 600ml TOS08002

価格:2,268円
(2014/10/9 22:18時点)
感想(0件)



【在庫あり】FINISH LINE(フィニッシュライン)セラミックワックスルーブ 120ml プラボトル TOS06502

価格:1,107円
(2014/10/9 22:20時点)
感想(0件)














にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 08  
2014.10.07

この日のランチは、駒沢大学駅にある
「三友軒」さんにお邪魔しました。

お店は先週行った「与那原家 駒吉」さんの並びにあります。
食べログさんで見つけてたので知ってはいましたが、前を通った時、
ふっるい外見ながらも面白そうなお店なので今回入ってみました。

12:10頃に入店。
4人卓のテーブルと座敷にパラパラとお客さんがありますが、
全体の半分、いるかいないか。

奥にあるメジャーリーグの試合を流すテレビ下のテーブルに座ります。
メニューは壁に貼られた紙だけの様で、定番な料理の名前が
並びます。

この日は何が食べたいというものが無かったので、
「チャーハン」、「天津飯」、「麻婆豆腐ライス」辺りで迷って
しまいます。
あ~これあるんだ~
ついつい頼んでしまう一品がありました・・・

ホールを担当する、おばちゃんに注文します。
「マーボーメン下さい」
「はい、マーボーメンね」
「それと、ライスも」
「え?、えライス? あれマーボーメンは~麺が入ってるやつ」
(だろうね
「はい、良いですよ~」と笑顔でお願いしました。

まだ不思議そうな口調で厨房に通してましたが、
ラーメンライス食ってる人いるでしょうが~

しかし、わたしはわたしで、ついダブル炭水化物注文をしてしまい、
やっちまった感で心がさいなまれてました・・・

そして10分程で現れました「マーボーメン」¥650
14_10_07-01sanyuuken.jpg
初見は普通に美味しそうと思いましたが、豆腐が崩れ過ぎ、
ギリギリでダマになってる水溶き片栗粉を発見w
大丈夫ですかね?

そんなスープから飲んでみると・・・ぬるいよ・・・
熱くなるかなと2~3回飲んでも、まだぬるいです・・・
そして、その後・・・熱っっ

丼にスープ入れてから、マーボー作り始めたか?
しばらく放置したな~これ・・・

あ~でも意外に美味い・・・失礼しました美味しいです。
しっかりした味付けで、でも濃すぎずに丁度良い調味加減。
まさに、ご飯と合う味の濃さです。

で、運ばれて来ました「ライス」¥200
14_10_07-02sanyuuken.jpg
多いな・・・半ライスにするべきでした・・・つーか頼むな
秋だね~すっごい食欲、冬眠すんのかい
「白菜とキュウリの漬け物」が付いて来ました。

餡がかったスープと一緒に「ライス」を頂きます。
う~まw 間違い無いよこれ、美味いです。
今度からこれオススメ定食メニューにしなよ、おばちゃん。

入ってるやつの麺はこんな感じ。
14_10_07-03sanyuuken.jpg
細麺でむにゃむにゃと絡まっちゃうやつ。
少しほぐしつつ、口に運びます。
特にコシがあるわけでは無いのですが、つるつるとした喉越しで
なかなか美味しいです。

餡とも絡まって、ぐずぐずだと思った豆腐も付いてくるのは計算?
懐かし美味しい、これって結構好きな「マーボーメン」
「ライス」無しにしても、結構なボリュームがありました。
美味しくてスープまで完食です

初めて来たのですが、またお邪魔したいと思いました。
なんかちょっとずつ雑だし、古~いけどw
美味しくお腹一杯になりました。ごちそうさまでした。

三友軒 中華料理
東京都世田谷区駒沢2-18-5









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 07  
2014.10.05

毎年の訪問が恒例になった伊勢丹新宿店の「イタリア展」に、
今年も行って来ました。

毎年1回、この時期に催されるイベント。
イタリアのワインや食品、食材、食器等がフロアに並び、
集まった人でギュウギュウになる人気の催事。
つれあいもわたしも、いつも楽しみにしてます。

まずはフロアを1周して、買いたい物に目星を付けます。
それから、ゆっくりとワインの試飲w
今年は¥18,000の赤をテイスティング出来ました

うんちくは言えませんけど、普段飲んでるワインとは、
もう全然違います
複雑で美味しい!!
買えないけど・・・

ほろ酔いで気持ち良くなりながら、ワインを2本カゴに入れました。
それとテーブルを彩るちょっとしたアイテムも。

つれあいが選んだ「ランチョンマット」¥550
14_10_05-01italia.jpg
イタリア製なのにパリ柄w
フランスを愛して止まない彼女にはちょうど良いw

わたしが選んだものはこんな感じ。
14_10_05-02italia.jpg
やっぱり、パリって書いてあるw
なんでだろう?

「フォイルカッター付きワインオープナー」¥1,750
14_10_05-03italia.jpg
ソムリエナイフが傷んでたのでちょうど探してました。
ボトルの口に嵌めて90°回すだけ。
4つある円盤型のカッターがフォイルを切り取ります。
これ便利

支点となるレバーは軸がスライドするので、ボトルの口から
滑ること無くホールド出来て力が入れやすい。
カラーも豊富でした。
イタリア:ファーム社 ブーメランエクステンド

家に着くと早速ワインを開けて乾杯!
「アマッソ ロッソ テッレ シチリアネ2012」¥2,500
14_10_05-04italia.jpg
葡萄を乾燥させることにより濃縮、そして醸造する方法は
アマローネと一緒なのですが、それよりは乾燥期間が短いとのこと。
香りや甘み等がアマローネに似てますが比べるとやっぱり軽いです。

だいたいが1万円を超すアマローネ、こちらはその味わいを手軽に
楽しみめると言う1本です。

円形のものを半分に、更に4等分した「パリエリーナ」¥2,000
「ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ」¥0
14_10_05-05italia.jpg
「イタリア展」最終日だったので得しました。
「パリエリーナ」を買って「ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ」
付いてきましたw

「パリエリーナ」は白カビチーズ。
カマンベールより外側はしっかりとした歯触り、逆に中は
トロっとしてます。
これに合わすのは白ワインだったかな?この日は買いませんでした。

「ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ」、食べたことあるなと思ったら、
昨年の「イタリア展」で購入してました。
ワインと一緒にでも合いますが、パンに塗って食べると、
なお美味しいです。

「生ハム・サラミ詰合せ」¥1,200
14_10_05-06italia.jpg
パックから出して皿に盛っただけw
「生ハム」に「ピスタチオの入ったハム」、「サラミ」が2種類
入った詰め合わせ。
どれも美味しい、甘めの赤ワインとも合います。

「鴨胸肉のロースト」¥1,584
14_10_05-07italia.jpg
こちらも昨年購入してましたw美味しかったのでリクエストです。
切り分けて、細切りにしたサニーレタスを添えました。
温めたりしないでそのまま食べてと言われ、その通りに頂きます。
確かに絶妙な火の通り加減で、ピンク色の身が残ってます。

表面に黒胡椒が付いてローストされた、つれあいの好きな鴨は、
合鴨じゃないとカードに書かれてました。
にしては、非常に柔らかくてとても美味しい。
最高に赤ワインと合います!

「イタリアパン」を4つ買いました。合計¥834です。
14_10_05-08italia.jpg
左上から「ブラウンブレッド」、細長い「ランデールイチジク」
丸く、刻んだ黒オリーブの入った「パーネ コン オリーブ」
最後に右のは「ペピーテ」です。

どれも美味しいですがゴルゴンゾーラとイチジクが合うだろうと、
「ランデール」に「ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ」を塗って食べたら
最高に相性が良く正解、ワインとも合う、三つ巴で美味しかったです。

「ヴィカーリ ラクリマ ディ モッロ ダルバ スペリオーレ2012」
¥2,800
14_10_05-09italia.jpg
こちらの葡萄には木が合わないと言うワイナリーのこだわりにより、
チタン製の樽で醸造してるとのことです。

木樽の香りは無くとも深い味わい、なにより花の芳香が素晴らしく
しばらく忘れない位に香ります。
とても美味しい赤ワイン、ワイナリーの方からサインを頂きました。

珍しくたくさん食べてた、つれあい。
取っておいたチーズ以外は買ったもののほとんどを
二人で頂きましたw

今年も「イタリア展」を堪能しました。
そして楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

※表示の価格は税抜きです。

Farm italy【ファームイタリー】Boomerang X.tend【ブーメランエクステンド】 BLACK

価格:1,890円
(2014/10/7 23:13時点)
感想(0件)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 05  
2014.10.04

初めて団体で走行した、前回のサイクリング
その皆さんは全員が神奈川の方々。
さすが地元の聖地、ほとんどがヤビツ経験有りです。

坂好きではないんですが一度は絶対行かないと、そう思ってました。
良いきっかけ、行く決心が付きました。
そして、標高1,000mも無いのになぜ聖地だと言われるのか?

「聖地がなんぼのもんじゃい!!」とその真偽を確認したい、
ヒルクライムの聖地、ヤビツ峠に挑みます。

その日の夜は、つれあいと家で鍋をつつく約束をしてました。
前の晩に「18時過ぎると思うけど良い?」と尋ねます。
「18時半までなら良いよ」
「うん、ガンバル」
ミッションをひとつ増やして出発。

天気予報、曇時々晴 降水確率10% 最高気温27℃
まあまあ暑そう、しかし山なので腕のウォーマーだけ
着けて行きました。

6:16に家を出ます。
14_10_04-01yabitsu.jpg
初っ端からお食事の画w
家を出てすぐの「ファミリーマート」
4時過ぎに家でカップラーメンを食べて来たのですが、
こちらが本当の朝食。

「大盛明太子スパゲティ」¥398に「ボス無糖ブラック」¥124
1,000を超えるカロリー・・・と思ったら意外と低い600kcal
なので買いました、いつも横目で見てたのでw

お腹を満たして「多摩サイ」入り、「関戸橋」を渡って、
「多摩ニュータウン通り」に入りました。

ゆっくりとしたペース、7:33に「多摩センター駅」到着。
14_10_04-02yabitsu.jpg
空はこんな感じ。午後から晴れるんだよね?
そう信じつつ、トイレを済まし、塩分を2粒チャージしておきます。

9:02、「宮ヶ瀬湖」に到着。
14_10_04-03yabitsu.jpg
まだ早い朝、観光客は皆無でした。
空は真っ白、雲に覆われます。

開いている、お店もありません。
14_10_04-04yabitsu.jpg
一軒位はなんかやってるかな?糖質を補給したいんですけど・・・
しかし、ですよね~まだやってませんよ・・・そりゃそうだ・・・

ソフトクリームのフレーバーが並びます、帰りに絶対食べよっ
そして念の為に持って来た、「ナンバーバナナ」を食べました。
トイレを済ませ塩分補給2粒、改めて出発。

「宮ヶ瀬北原」の三叉路に近付いた所に標識があります。
右に行くと「ヤビツ峠」だという表示。
これまでは羨望のまなざしで眺めつつ、直進してたのですが、
この日は、いよいよ右折します。

「国道70号線」途中から車のすれ違いが厳しくなる程、
道幅が狭くなります。
しかし路面も綺麗で走りやすく、木々と渓谷、自然の眺めも綺麗で、
とても気持ち良く走れる山道。

但し、カーブで死角となった車には注意が必要。
前と後ろに集中し、耳を澄ませての走行が大事。
そして、道はアップダウンを繰り返しながら、標高を上げて行きます。

その、渓谷の眺め。
14_10_04-05yabitsu.jpg
透明に澄んだ川の流れ。
キャンプ場や管理釣り場がありました。

「札掛橋」を過ぎると、上がり下がりだった道は様相を変え、
ほぼ上りオンリーとなります。
しかし、勾配はそんなにきつくなく、27Tを温存、24Tで登れます。

ただ、全然遅いので後ろからヒルクライマーさんがどんどん
わたしを抜いて行きます
その方々と気持ち良く朝の挨拶を交わし、前方に消えて行きました。

そして24Tのままで終われるわけがありません、裏ヤビツの本領発揮。
「きまぐれ喫茶」さんを過ぎてしばらく行くと、更に勾配が
きつくなります。
27Tに入れても、呼吸が荒くなってダンシングが無くては、
厳しい所もありました。

でも、ツライ所はそんなに長くない、気付いたら登頂してました。
10:17、「ヤビツ峠」ゴールです。
14_10_04-06yabitsu.jpg
「裏ヤビツ」上るだけなら楽勝かな?
道標の前で、皆さん撮影してます。
やっぱり定番なんですね。

なので、わたしも「裏ヤビツ」登頂記念の写真撮影。
14_10_04-07yabitsu.jpg
トイレは済ませました、塩分も2粒補給完了。
さぁ出発です・・・どっちへ?
この時点で70km超を走行、戻っても良い距離。
しかし、時間的にはまだまだ余裕があります。

「ヤビツ峠」と言えば当然「表ヤビツ」
それを経験しない訳にはいきません。
秦野側へ下山することにしました。

「表ヤビツ」の道程を滑る様に下って行きます。
そして、数秒下って分かりました・・・「聖地」です。間違い無く・・・
急坂、カーブにはバンクまで付いてる激板・・・

高みからのこんなパノラマ風景。
14_10_04-08yabitsu.jpg
晴れてたら絶景だったでしょう。

そして脚の筋肉が、これ以上は下界に降ろさないでと言ってます。
降りてしまったらもう帰れないんじゃないかと・・・
やめてやめてやめてやめてーーー~!!
ダメよぉ~~・・・

10:46、「名古木交差点」に到着。
14_10_04-09yabitsu.jpg
聖地への入口とのことで、ここで折り返すことにしました。
どうせなら「秦野駅」まで行ってみたかったのですが、あの激板を
みたら時間短縮しておいた方が良いかな?と戻ることに決定です。

しかし、もうお腹が減りました。
14_10_04-10yabitsu.jpg
「デイリーヤマザキ」で食べ物を調達。
「大きなハム&たまご」¥130、「特上栗どら焼」¥133
消費してしまった念の為の糖質補給食、
再び念の為「1本満足」¥129を購入しておきます。
ドリンクは朝にかぶった「ボス無糖ブラック」¥123

パンと、どら焼きを食べて元気になりました。
結構お腹一杯で、ランチはもう無理かも・・・

「名古木」からここに来るまで軽く両脚攣りました・・・
2粒塩分補給しておきます。
それと体温は上昇しっぱなしになると思われる為、
アームウォーマーを外しておきました。
いよいよ「表ヤビツ」ヒルクライムスタートです。

山の手前、民家が建ち並ぶ町の時点で急坂なんですよね・・・
嘘でしょとつぶやきながら、ひたすらペダルを回す。

「こんにちは~」と挨拶して抜く人もあれば、
「こんにちは~」と言われて抜いて行く人もありです。

前を行く女の子、スゴイな~と思いながら「こんにちは~」と言って
抜こうとしました。
すると「ヤビツってあとどれくらいですかね?」呼吸が荒いせいか
早口で訊かれます。

「まだ結構あるよ~」
「何キロ位ですか?」
わたしはサイコンを見て「5キロはあるかな~」と
「ひゃあ~・・・ありがとうございました」

そんな一時の交流もありながら、下山で寄っておけば良かったと
思った見晴らし台が見えて来ました。
眺め良いんだろうな~良いな~寄ろっかな~?
足付き無しでの登頂を決心してるのに逃避の心理か?

逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ・・・、逃げちゃ駄目だーー!
ダメダメ

そんなことを考えながらw苦しい所はダンシング。
追い抜かれながらもマイペースにヒルクライムを味わいます。

そして12:13、再び「ヤビツ峠」に到着です。
14_10_04-11yabitsu.jpg
脚攣りが来ないかと思うと恐かったのですが、何ごとも無く
ゴールすることが出来ました。
全身は汗でびっしょり、でも良い汗かきました。
超気持ち良い!

「ヤビツ峠売店」の自販機でまたブラックコーヒーの購入。
14_10_04-12yabitsu.jpg
「ジョージア ブラック」¥140
カフェインで精神の活性化を図りたいのか?コーヒーが飲みたい。
あっ単純に眠かったのか?

道標前、「表ヤビツ」分も記念撮影しておきます。
14_10_04-13yabitsu.jpg
「裏ヤビツ」では愛車が表だったので、ひっくり返してみましたw

初めて来た聖地、名残惜しいですが下山します。
ダウンヒルは「裏ヤビツ」の方が気持ち良いかも?
ヘアピンカーブが少ないのでスピードが出せます。
しかし、突然現れる車には注意です。

水が澄んでてクリアブルーに見える川が綺麗。
14_10_04-14yabitsu.jpg
しかし、河原に書かれた駐車用の白線には興醒めします。

13:18、気持ち良く、あっと言う間、40分程の走行で「宮ヶ瀬湖」
到着しました。
そして、やっぱりランチしておきます。

今回は『KANOKA』さんご紹介のお店、「Cafe tenba」さんに
お邪魔しました。
14_10_04-15yabitsu.jpg
コンクリート打ち放しの壁と、木を使った空間が落ち着きます。
13:18到着、先客はテラス席にいるロード乗りさんの2名でした。

頼んだものが7~8分程で運ばれて来ます。
「チーズバーガー」¥770
14_10_04-16yabitsu.jpg
「フライドポテト」と「ピクルス」が付いて来ました。
芳ばしく焼けたバンズが美味しそう。

サニーレタスとスライスされたトマト、タマネギ、厚めのパティが
サンドされてます。
14_10_04-17yabitsu.jpg
チェダーチーズはなんと2枚、バンズには粒マスタードと、
ケチャップが塗ってありました。

頂いてみるとやっぱりバンズ、美味しいです
オリジナル感のある手造りな感じのバンズ。
表面はスコーンの様な歯触り、中はフワッとしてパティと合います。

パティはジューシーって程ではありませんが、肉の旨みが良く、
また、味付けも良く美味しいです。

「フライドポテト」もジャガイモから揚げてるみたい、
自然な感じで、スゴイ芳ばしくて、こちらも美味しい。
バーガーと一緒に頂くとなお美味しいです。

これで本日4食目・・・高校生かっ!?w
このお店では『KANOKA』さんがオーダーされてた
「豚バラあぶりのっけ飯」を頂きたかったのですが、ちょっと4食目で
食べられるボリュームでは無さそうだったので、バーガーにしました。
次回は「のっけ飯」頂いてみたいです。

ご紹介ありがとうございました。
とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

Cafe tenba(カフェ テンバ) カフェ
神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-18

食事後、往きで使わせてもらったトイレに立ち寄ります。
食べようと心に決めたソフトクリームはもう入り処がありません・・・
スジャータのソフトクリーム、相模湖にもありましたよ。
どちらでも、またの機会に頂きます。

「宮ヶ瀬湖」を出て「津久井湖」を経由。
「橋本駅」付近でぐずぐずと道に迷いました・・・
なんとか「多摩ニュータウン通り」に戻って、「多摩センター駅」
到着です。

自販機でドリンクを購入。
「リアルゴールド190ml」¥120、「いろはす555ml」¥120
14_10_04-18yabitsu.jpg
ラストスパート、シャキッと元気!にリアルゴールド。
いろはすをボトルに移します。
往きと同じトイレをお借りして、蚊に刺されながら休憩。
塩分補給して出発します。

脚力は意外にもまだ健在。
下り基調のおかげで35km/h巡航、時には40km/h以上でも巡航。

そんなペースで走っているとすぐさま「多摩センター通り」
終着に至ります。
「多摩川」にただいま!「多摩サイ」に入りました。

まだ、大丈夫30km/h以上のペースで飛ばしますよ「多摩サイ」
ちょっとだけ向い風が来てるか?もうすぐ終わりという地点、
ペースダウンしてしまいそうな脚の状態、
でも「根性みせたらんかい!!」とペダルを蹴って引き上げますw

35km/h超えで「多摩川の広場」に突入しました。
14_10_04-19yabitsu.jpg
16:23到着。
空一面に広がるミルキーな雲・・・
雨降ったんですよ、ポツポツ程度の一時ですが。
だけど降水確率は最高でも10%・・・
もう打ち上がった最新の人工衛星に期待するしかありません。
今後の予報。

初めて行ったヒルクライムの聖地。
決して簡単ではありませんでしたが、楽しむことが出来ました。
今度は絶対、綺麗な青空の下、また気持ち良く走らせてもらいたい
と思いました。

16:36到着
走行時間=7:26
走行距離=169km
平均時速=22.7km/h
体重変化=67.7kg→64.9kg

あんなに食べて、まさか痩せるとは思いませんでしたw
しかもこんな数字で落ちるとは・・・聖地の苛酷さを物語ってます。
しかし、夜につれあいと楽しんだ鍋で、がっつり体重、
元に戻しました








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 04  
2014.10.03

秋ですね~
全然、痩せませんよ

週末はヒルクライムに行く予定なのでダイエットしてましたが、
思う様に体重が落ちていきません・・・
この日の体重は67.5kg、標準よりも少ないけど、あと1kgは
落としたかった

今週はもういいやとなって、お腹いーーっぱいになれる、
お店でランチすることにしちゃいます

12:10頃、お店の前に着くと、いつも[準備中]になってる札が、
この日は、ひっくりかえって[営業中]になってました。
「大丈夫ですか?」と尋ねなくても入れますw

お店の中では、いつもの様におじいちゃんとおばあちゃんが、
定位置に座ってました。
つまり、いつもの様に先客は無しです。

「こんにちは」と挨拶して席に向かうと、「いらっしゃいませ」の後に
そそくさと動き出し、おじいさんがおしぼりをテーブルの上に置き、
おばあさんがお茶を運んでくれます。

ちなみにおじいさんの仕事らしい仕事はこれにて終了。
あとはテレビに集中ですw
お茶が運ばれたタイミングで注文をしました。
すると、おばあさんが厨房に向かい、調理を開始します。

料理が出来上がった雰囲気がしたので厨房を見ると、
おばあさん、両手で持ったお盆が微妙に不安定な感じのまま、
スイング扉をお腹で、ボーンッ!と開けて、ゆっくりこちらに
進んで来ます・・・いつもヒヤヒヤする間・・・

わたしのいる机に置こうとするも、向かいの席の背もたれの上に
お盆の底をガーーン!と当てて、立ってたアジがコロンと寝ますw
今度から受け取りに行こうと心に誓いながら、
「はい、お待たせしました~どうぞ~」と、おばあさんの笑顔と共に
置かれた料理をたぐり寄せます。

13分程で、ご到着「あじフライ定食」¥700
14_10_03nagasakiya.jpg
「あじフライ」は小ぶりながらも厚みがありそう、それが2枚。
山となった「キャベツの千切り」、付け合わせにしては大量の
「スパゲッティーサラダ」がレタスの上に乗ります。
辛子も付いて来ました。

あとは、「大盛りご飯」に「ワカメと豆腐の味噌汁」、
「キュウリのぬか漬け」の構成です。

まずは「キャベツ」を(粗いな~)と心で笑いながら、ほぼ平らげ、
テーブルの上にある市販のソース、販売されてた容器そのままから
掛けて「あじフライ」を頂きました。

衣がサクサク、やっぱり身が厚く、フワッとして良い揚げ加減。
これが年期か?とても美味しい「あじフライ」
なかなか減らない量のご飯がどんどん進みます。

そして、尻尾の近くを噛むとガリッと言いました。
ゼイゴが残ってますよーw
そういう調理法なのか、取り忘れなのかは分かりませんが、
別にいいやwそう思わせるお店w
美味しいから?それだけ?理由が分からないw

「キュウリ」はちょっと、最近にしては無い程、ぬか臭いですよ。
でも、なんか懐かしいかほり
量も多い2~3切れがフツーと思いますが倍ありますw

「味噌汁」がまずかったら定食って残念に思います。
こちらの「味噌汁」ご飯と合います。美味しいです。

2匹目の「あじフライ」にはゼイゴが無いことを期待しつつ食べます。
さぁどうでしょう?・・・ありますw
あったらあったで口から出せば良いじゃん。
そう思わせてくれるお店w

むしろ、ここはゼイゴあって正解、話題的には。
そして完食、めちゃくちゃお腹一杯になりました。

店内古びてるし、古~いにおいも漂います。
難はある、色々とw
無ければランチタイムに、わたし一人なんてことは無いでしょうw

でも、また何故か、行きたくなるなる「ながさきや」
ゼイゴを取って、キャベツの水はしっかり切ってね。
美味しく、お腹一杯です。ごちそうさまでした。

喰処 ながさきや 定食・洋食
東京都世田谷区弦巻5-6-16









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 03  
2014.10.03

今、使用している半袖ジャージは、
「Sportful GRUPPETTO TEAM JERSEY」
(スポーツフル グルペット チーム ジャージ)

2014年4月16日に購入の2シーズン目。
そろそろタンスの中で眠ってもらう様な時期になりました。
デザインが好きになり買ったんですが、軽さとフィット感が良く、
気に入って使ってます。

ただ、2~3週間前に気付いたんです。
お気に入りのジャージに異変が起きてることを・・・

白い部分が少し黄ばんできました。
14_10_03-01jersey.jpg
いつもネットに入れて洗濯機で洗ってますが、この位だったら
浸け置き洗いで落ちそう。
しかし異変と言うのは、これで無く・・・

背中の変色・・・
14_10_03-02jersey.jpg
肩周りと、腰にある3バックポケットの黒い布地が変色してます。
あんなにまじめで良い子だったのに、夏休み終わったら、
悪くなっちゃったよ・・・
って位、真っ黒から茶色に変わりました。

気付かなかっただけかも知れませんが、しかも急にです・・・
こんなに焼けるかねっっ!?
UVカット素材なら変色も防げるのかなぁ?

なんか今年の夏は日差しがより厳しい様に感じてました。
例年より日焼けしてる気がします。

ジャージの、右肩と肩胛骨からバックポケットのある腰までが白いん
ですが、紫外線が透けてこの形で背中の皮膚が日焼けしてます
日光写真・・・古っっ

ここまで変色しちゃうと格好悪いな~
今期は我慢して使って、タンスに戻ることは無いかも・・・









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 02  
2014.09.30

沖縄料理をランチで食べたこと無かったな~
やってるお店があったので行ってみました。
駒沢大学駅の「与那原家 駒吉」さんです。

12:10に入店、店内は半分以上の席が埋まり早くも賑わってます、
ランチメニューは主に沖縄そばに定食類。
色々なものが楽しめると「ハーフ&ハーフ定食」¥900にしました。

料理を待ってる間も、どんどんお客さんが入って来ます。
人気がありそう、正解かも

10分ちょっとで運ばれて来ました。
14_09_30-01komakichi.jpg
品数が多い、楽しいお盆です。
メインのおかずは「ミニポーク卵」と「ミニゴーヤチャンプルー」
ハーフ&ハーフとは、この2品のこと。

汁物は「ミニそば」、小鉢に「アスパラと茄子の炊き物」、
それに「漬け物」
「ご飯」の上には「沖縄豚肉みそ」らしきが添えられてます。

「ミニそば」のスープを飲んでみました。
カツオが利いた美味しいスープ・・・に感じましたが、
今、思えばきちんと出汁取った?とも感じられる後味。
う~ん、どうだろう?

「ゴーヤチャンプルー」は、ゴーヤとモヤシがシャキシャキ。
あとはスパムと卵の構成。
そしてつゆだく・・・炒め方が足りない?
つゆだくチャンプルーは初めて食べました。

カツオ節も掛かってないし、やっぱり出汁取ってないかな?
疑惑は深まる・・・

「ポーク卵」にはサラダが添えられてました。
ポークランチョンミートに卵焼き、ケチャップ味。
まぁフツー・・・
ん?・・・フツー・・・

「ご飯」も米が口に残る様なザラザラした食感。
ん~なんか残念に思いました。

強いて言えば「沖縄そば」が美味しかったと思います。
14_09_30-02komakichi.jpg
もちもちとして、つるつると入る美味しい麺。
カツオ節から取ったかは別として、スープもなかなかいける。

そばメニューの「ソーキそば」は食べてみたい気がします。
でも¥880・・・CPがどうもチャレンジ精神を失わせる・・・

一時、ほぼ満席状態にもなったので、人気店だと思います。
う~ん、でもどうだろう? 次、行くかな~?

それぞれの量は決して多くない。
しかし、かなりお腹一杯になりました。ごちそうさまでした。

与那原家 駒吉 沖縄料理
東京都世田谷区駒沢2-18-5 第11フォンタナ駒沢 1F
http://www.agurimeguri.com/komakichi.html









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR