2017. 06. 18  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが自己責任で行って下さい。
 事故・故障が生じた場合でも当方では責任を負えませんので、
 何卒ご了承の程お願い致します。

2017.06.02

夕食後にローラー台でトレーニングしてたらまたもやパンクしました…
リムテープ交換してから大丈夫と思ってたら、やはり弱いスポークの張りが原因みたい。トレーニングは諦めて本格的に振れ取り作業を始めました…

ホイールはBIANCHI VIA NIRONE7にデフォルトで付いてた「SHIMANO(シマノ)RS10」、振れ取り台は「MINOURA(ミノウラ) FT-1」です。

前回、同じホイールを確認したところ振れについては問題なさそう。ただ隣り合ったスポーク2本を握ってみると、とても柔らかく感じます。
5mm程度は曲がるのでパンクの原因は張りが足りないスポークのしわざだと考えました。

タイヤとチューブを外したホイールを振れ取り台にセットします。
17_06_02furetori.jpg
次は振れ取り台に付属の「ニップル回し」で締め込んでスポークのテンションを上げてやります。

しかしニップルを少しずつ締めていくと、どんどんとリムが振れていきました…時間ばかりが過ぎていき冷や汗をかくも振れはひどくなるばかり…そこで気付いたのがニップルを回す方向…逆か~~

左に回すとスポークのテンションが上がるのに勝手な思い込みで右に回してました。作業を改めたらスイスイと振れが取れていきます

なるほど振れ取り作業ってこう言うものなんだねと勉強になりました。振れも許容範囲まで取れましたがリムは微妙なナミナミになってますしかしスポークはガチガチに固く出来ました。寝る支度も出来てないのでこの日はこれで終了。そして経過を撮影する余裕はありませんでした…

翌週ローラー台トレーニングでそのホイールを回してみると剛性が上がったおかげか軽く感じました。トレーニングなのに軽くなってどうすんだよ?wwwでも軽くなるんだったらキシリウムもやろうかな?って位、剛性の高さは軽さに繋がると体感。でもロングライドになった時は疲労感が増加するかも知れないので安易には出来ないか?

振れ取り作業はいざやってみるとそんなに難しくなく、むしろ面白く感じました。ただ精度を上げるには勉強と経験が必要だと思います。


MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1 COMBO










スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
ローラー台トレーニング17.06.06 ~ロードバイク
NEW Topics
陳建一麻婆豆腐店 グランデュオ立川店 ~ Chen Kenichi-mapo doufu ten
和田峠(表)サイクリング ~カツ丼食べに激坂へ
忍野村サイクリング ~第3回:吉田のうどんライド
とん駒 ~Tonkoma
SHIMANO(シマノ) Originalグローブ 、チューブ購入 ~ロードバイク
らーめん大鳳(2) ~ra-men Ootori
下曽我サイクリング ~美味しい丼を仲間と一緒に
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR