2017. 09. 18  
2017.09.15

continued from 1st.STAGE

17_09_15-22fujisl.jpg

長く長くひたすらにペダルを回してゴールした「富士スバルライン五合目」走行距離は124kmに達しました。全身から発してた熱も汗と共に標高の高い空気に冷され、暖を取ろうと建物に入りたくなりました。

本当に海外からの観光客さんが多かったです。
17_09_15-23fujisl.jpg
そしてメロンパンが売ってるお店はどこだろう?

噂に聞いてた郵便局がありました。
17_09_15-24fujisl.jpg
標高2,305m、気温は10℃と書かれてます。寒いわけだ…
右の入口から入ると右に土産屋さん、左にメロンパン等を売ってるお店がありますけど、とりあえず奥にあるトイレを使わせてもらいます。賽銭箱みたいなものが置いてあって使用料¥100を投入。

「AMANOYA」さんで名物の「富士山めろんぱん」¥260と「レギュラーコーヒー」¥400を購入。
17_09_15-25fujisl.jpg
頂く前にアームウォーマーとウインドブレーカーを着用し寒さをしのぎます。暖かいコーヒーで手の震えが落ち着きました。

あと残り数個で1時間待ちになってた富士山めろんぱんはメロンの香りが強くてパン生地が軽い。ココアパウダーとパウダーシュガーが良く合って美味しかったです。

ここまでこまめに塩分補給してきましたがハムが攣りそうになりました。なのでここでも塩分摂っておきます。体も暖まってお土産を見て回り、「生ほうとう(小)」¥760と「富士山クランチチョコレート」¥850×2を購入。それらをダンボール箱に入れてもらい郵便局へ。「郵送料」¥850を支払い自宅へ発送しました。

建物から外に出ると寒い!ファスナーをしっかり閉じてさぁ下山!

ちょっと下った所、なぜかここだけ雲が切れて展望出来ました。
17_09_15-26fujisl.jpg
まだ標高2,000m以上あるのに不思議と地面が近くに感じます。

13:16、「御庭入口」の風景。
17_09_15-27fujisl.jpg
ここでも海外の方が多く、記念撮影されてました。
違うだろうな~と思って眺めてたのですが後で調べたら富士山山頂でした拝めたのは本当にココだけだったのでありがたい。

下りは本当に寒くてグローブはフルフィンガー、それとレッグウォーマー持ってくれば良かったと思いました。しかしそれも四合目くらいまでで、その後、震えるほどの寒さは感じませんでした。

上り同様に下りも観光バスが頻繁に通行。マイカー規制も解除されてるので同じくらいの台数で乗用車も走ってました。工事もあってノロノロペースになるかと思いましたが割とスムースに快適な滑降でした。

13:46、「料金所」に戻って来ました。
17_09_15-28fujisl.jpg
およそ2時間掛かって上った坂も下りは30分ちょっとです。左にある公衆トイレを使わせて頂き先へ進みました。

だら~っと長い上りに苦しみながら「旧鎌倉往還」を走って「山中湖湖畔」に辿り着きます。少しお腹が減ってきたのでどこで食べよう?早く到着し過ぎて食べられなかったうどんの文字を看板に発見したので14:20頃、「浅間茶屋」さんにお邪魔しました。

「海老と野菜天のおうどん」¥1,200
17_09_15-29fujisl.jpg
“あの”お店の様な大きな皿に盛りつけられた温かいうどん。天ぷらは海老、茄子、獅子唐、茗荷、薩摩芋。しっかり味付けされた美味しい牛蒡の煮物等の野菜も入ってます。

カツオが利いた美味しい出汁にコシのあるうどんで美味しかったです♪京都の黒七味的な自家製辛味「よっちゃばれ」を入れて更に美味しく。海老もプリッとしていて衣がサクッと美味しかったです。

美味しく暖まりました。ごちそうさまでした。

浅間茶屋 ほうとう・うどん
山梨県南都留郡山中湖村山中224
http://www.sengenchaya.jp/


15:10、「セブン-イレブン山梨山中湖平野店」で休憩と補給。
17_09_15-30fujisl.jpg
関東エリアでは山梨と長野でしか販売されてない「ルマンドアイス」¥243のデザート。前回は中にルマンド入れただけじゃんと思いましたがサクサク感がとても美味しく満足しました。「い・ろ・は・す2L」¥100をダブルボトルに補充。

15:43、「山伏トンネル」を通過。
17_09_15-31fujisl.jpg
疲労感はもちろんあるのですが少し脚力が復活してきました。でも無理はしないでこの先の下りを楽しみます。

もう夕方なので道の駅はスルーしました。
17_09_15-32fujisl.jpg
15:56、交通量はそこそこでそんなに混んでません。撮影してたら青に変わってしまいました。この後に迫る上り坂はいつもなら嫌気が差すのですが富士山に比べればと言う感じで意外と嫌じゃないw

16:43、「サークルK津久井青野原店」到着。
17_09_15-33fujisl.jpg
雨は大丈夫そうですけど暑い雲が空を覆います。この日あまり合わなかったロード乗りさんが2人休憩してました。

トイレを使わせてもらったので「ブレンドM」¥150で一服。
17_09_15-34fujisl.jpg
富士山上る前に買った「即攻元気」を残り40kmほどの為に補給しておきました。

「道志みち」を走り切り、以前ランチライド会の方に教えて頂いたルート「津久井広域道路」を進みました。すっかり日も沈み夜道にちょっと迷いつつも「尾根幹」入り、少し混雑がありながらも快走。

18:49、「多摩川原橋」に到着しました。
17_09_15-35fujisl.jpg
この後も何事も無く無事に帰宅。あっ我慢ならずに途中の公衆トイレに救われましたけどw帰宅後つれあいの用意してくれた日本酒で祝杯を挙げました。

今年初めて上った富士山。この日のサイクリングで三大ラインを攻略することが出来ましたかつて無いほどの激坂「ふじあざみライン」、ツラかったですけど仲間と走ることが出来た「富士スカイライン」、そしてひたすら長く感じた今回の「富士スバルライン」

富士山はやっぱり簡単じゃなく厳しかった…しかしツラかったことを忘れて楽しい思い出が残ります。

晴れた気持ちの良い日にまたチャレンジしたいと思いますけど、難易度高いのでそう簡単には…



The End



『ライドデータ』
3:56出発~19:14到着
体重変化=67.2kg→65.6kg(体脂肪率10.8%)

【CATEYE】
走行時間=10:29
走行距離=248km
平均時速=23.7km/h

【GARMN】
移動時間=10:06
距  離=250km
平均移動速度 =24.8km/h
平均ケイデンス =82rpm
平 均 心 拍 数=148bpm
カロリー=4,807kcal(心拍センサー有り)
高度上昇=3,464m
※バッテリー残量=16%


マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん 12個入



ルマンドアイス&ごろっと果実のアイスバーセット 各2本 計6本入り


スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
テル ~Teru
NEW Topics
自転車通勤17.10.11 ~ロードバイク
富士山スカイラインサイクリングEx.2nd STAGE ~帰路に峠
富士山スカイラインサイクリングEx.1st STAGE ~御殿場口
らーめん大鳳 ~ra-men Ootori
自転車通勤17.10.02 ~ロードバイク
大観山サイクリング2nd.STAGE ~上って満足グルメで満腹
大観山サイクリング1st.STAGE ~長く楽しいヒルクライム
Comment
こんばんは
やっぱり寒いですよね
どうも標高が上がると寒い話しを
会社で熱弁しても
??みたいな顔されるので
ムカムカしてたところです
大分前に仕事にて5000m以上まで
行かされ
熱弁にもかかわらず
大丈夫大丈夫と
トレーニングもなしで
かなり大丈夫じゃなかったのに…
No title
こんばんは。
落としてしまった(失くしてしまった)アタマのネジを探して差し上げたい。
富士山の登坂道路は車載で行くところだと信じています(笑)
距離は何とかなりそうな気がしま。。。。せん!
やっぱりスゴイです胃袋も脚も。
Re: こんばんは
yutkunさん、こんばんは!

標高5,000mってどこの国の話しですか?(^_^;)
2,300mで寒いんですからその標高じゃ生死に関わりますね…

仕事とは言え苛酷過ぎです…お疲れ様でしたm(_ _)m
Re: No title
ともちんさん、こんばんは!

生産中止なので残念ながら合うネジが無いんですよw
色々な人と走る様になって胃袋も脚も鍛えられたんでしょうね。
特にハードなコースでは一日三食と言う概念が仇になることを
勉強しました(^-^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR