FC2ブログ
2020. 08. 05  
自転車のカスタム及び、メンテナンス記事です。参考とされるのは構いませんが自己責任でお願い致します。事故・故障が生じた場合でも責任を負いかねますので予め御了承下さい。



引き続きCANYON Ultimateのチューブレスレディ化作業を行いました。

リアホイールは無事、完了した模様。そしてフロントホイールに取り掛かったのですが、空気がスカスカと抜けてビードが上がる気配もありません。

なので、シーラントを行き渡らせる様、たまにホイールを回し一日、置きました。

翌日、空気を入れてみるとシーラントが溜まってる下部や、多分シーラントが固まってるであろう場所のビードが上がっていきます。

しかし、上がり切らない所から空気が漏れて最後まで膨らみません。

空気が漏れてそうな場所を下にし、シーラントで満たしてから空気を入れてみると無事全部のビードが上がりました。
20_07_20mainte.jpg
タイヤ側面から細かい泡が噴出します。リアのタイヤよりも噴き出す場所が多く、しかも長く続きました。

しばらく放置し、硬さを確認する為、指で押してみると割と短時間で柔らかくなってました。

改めて空気を入れ、ホイールを横にした状態で回し、シーラントを行き渡らせます。でも、なかなか内圧を維持出来ないので、また一日放置です。


4日後、諸事情によりストップしてしまいましたが作業を再開。
20_07_24-01mainte.jpg
初段階、ホイールとタイヤの隙間からシーラントが漏れてしまったので、リアホイールに合わせた量にしておきたいと思います。まずはタイヤに残ったシーラントを抜きました。

シリンジのメモリを確認すると吸い取ったシーラントは20mL程でした。

シーラント30mLを入れ直し、空気を注入。
20_07_24-02mainte.jpg
まだ、ホイールとビードの間から小さな泡が出ます。

リアのタイヤは空気圧を保持出来る様になりましたけど、フロントの方は早くに柔らかくなってしまいます。

ただ、100km位の距離だったら持ちそうなので、実走で試して見ようと思いました。

走行するとシーラントの効き目も良くなると言うネット記事を読んだので。

まずは、チューブレスレディ化が成功したと言えそうです。何日、掛かってるんだよ…と思いつつも、どんな乗り心地を味わわせてくれるのか、楽しみにしたいです☺


DT SWISS DTスイス チューブレス リフィルキット 55mmバルブ



Stan’s NoTubes(スタンズ ノーチューブ) PINT 16oz タイヤ シーラント


スポンサーサイト





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
CANYON(キャニオン)アイテム購入 ~ロードバイク
NEW Topics
SRAM(スラム) RED ETAP AXS HRDディスクブレーキパッド交換20.11.07 ~ロードバイク
CASTELLI(カステリ) トゥーシンギー2 ~ロードバイク
笹子峠~柳沢峠サイクリング ~厳しく楽しく長い旅
風張峠サイクリング ~紅葉と青い空
チェーンクリーニング20.10.22 ~ロードバイク
ブログが丸パクリされてます!!
上尾サイクリング ~KLM高半リトライ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
自転車・グルメ等について触れます
【BIKES】
CANYON Ultimate CF SLX 9.0 2020
KUOTA KIRAL 2015
tern Verge P20 2016

アーカイブ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR