2013. 09. 06  
※ロードバイクのカスタム&メンテナンス記事です
 参考とされるのは構いませんが自己責任でお願いします
 事故・故障の責任は負えませんのでご了承願います

2013.09.04

「羽田/羽村サイクリング」でリアがローとその2枚目までしか
変速しないという不具合が発生、羽田に着いてから四苦八苦しながら、
粗調整し出発、走りながら微調整したままなので再調整します
わたしの愛車のリアディレイラーは「SHIMANO(シマノ) RD-5600(105)」です

スプロケのトップ側から調整します
チェーンリングはアウターでもインナーでも構いません

スプロケのトップギアとガイドプーリーが直線状に並んでます
13_09_04-01rearderailleur.jpg
ガイドプーリーがトップギアより若干外側に位置するのがベストなので、
その様に調整します

リアディレイラーに十字穴のあるボルトが三本見えます
一番上から、
「Bテンションアジャストボルト」
「トップアジャストボルト」
「ローアジャストボルト」です

「トップアジャストボルト」をドライバーで反時計回りに回します
13_09_04-02rearderailleur.jpg
プーリーが、ゆっくり外側に移動します
トップギアの外面にガイドプーリーの芯が来るように調整しました

次にロー側の調整をするのでローギアまで変速します
13_09_04-03rearderailleur.jpg
ローギアとガイドプーリーの芯が直線状に並んでるので、
ロー側はこれでOKです
ずれている場合は「ローアジャストボルト」を、時計回りに回すと外側、反時計回りに回すと内側にプーリーが移動するので、ローギアの真下に来る様に、
調整します
「トップアジャストボルト」の回転とプーリーの移動方向とは逆の構造になってます

次にローギアとガイドプーリーとの間隔を近づけます
13_09_04-04rearderailleur.jpg
「Bテンションアジャストボルト」を反時計回りに回してローギアに
近付けます
クランクを手で逆回ししてチェーン詰まりしないかを確認します
この画像は完全にボルトが抜けた状態でのローギアとガイドプーリーとの
間隔です
最大限に近づけましたが全くチェーン詰まりしません

次にトップギアに変速して、改めてクランクを逆回しして、
チェーン詰まりしないかを確認します
13_09_04-05rearderailleur.jpg
大丈夫です、チェーン詰まりしません
ガイドプーリーをギアに近づけることによって変速効率を上げます

フロントディレイラーをアウターとインナーに変速して、
それぞれリアディレイラーの変速状況を確認して終了です

サイクリング前に、必ずここまでのメンテナンスはしませんが、
毎回、変速状況の確認はしてます
この前の不具合は少しショックでしたが、アジャストボルトの調整を
怠ってたのが原因だと思い反省してます








スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
ロードバイク ~フロントディレイラー調整
NEW Topics
そば処 丸新(33) ~Marushin
自転車通勤17.10.11 ~ロードバイク
富士山スカイラインサイクリングEx.2nd STAGE ~帰路に峠
富士山スカイラインサイクリングEx.1st STAGE ~御殿場口
らーめん大鳳 ~ra-men Ootori
自転車通勤17.10.02 ~ロードバイク
大観山サイクリング2nd.STAGE ~上って満足グルメで満腹
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR