2014. 02. 04  
2014.02.01

友人から飲もうと誘いをもらい、リクエストは新宿で焼き鳥・手羽先のお店とのこと、それではと食べログさんを駆使して検討しました。

メンバーは友人カップルと、わたし達夫婦の4人です。
新宿の焼き鳥屋さんと言うのは、女性が行くにはディープなお店が、ほとんどみたい。

そこで、目先を渋谷に変えて見つけたのが「ひない小町」さんです。
比内地鶏を扱うお店。
少々お高めな価格設定が、気になりましたが、メニューが美味しそう、雰囲気が良さそうなので、こちらに決定です。

ディナーOPENの17:00に予約しておきました。
14_02_01hinaikomachi.jpg
土壁の様な仕上げのファサード。
外観の雰囲気も良いです。

店内も照明が落とし気味で、ムードがあり、落ち着いた感じ。
4人席に案内されました。

まずは乾杯。
男性は「生ビール サントリープレミアムモルツ」¥540
14_02_02hinaikomachi.jpg
サイクリング後の風呂上りに、なんちゃってビールを1本やりましたが、やっぱり本物は格別です

女性陣は「ハウスワイン 赤デキャンタ」¥1,100
14_02_04hinaikomachi.jpg
ちょっと味見させてもらいました。
メニューにある通りライトボディ。でも美味しいです。

「お通し」¥400 「ねぎ味噌」と「チーズ豆腐」です。
14_02_03hinaikomachi.jpg
そば味噌に、ねぎが添えられ、チーズ豆腐の上には、とんぶりが飾られてました。
チーズ豆腐が、美味しかったです。

注文した焼き鳥が届きます。
14_02_05hinaikomachi.jpg
「ねぎま串焼き」¥360×2と、「ぼんちり串焼き」¥400×2
比内地鶏の味は、いかほどでしょう?「ねぎま」を食べてみます。
地鶏は歯応えのあるものですが、ちょっと固い方に行ってる感じです。
「ぼんちり」は少しタレが利いてて、外カリ、中プリで美味しいです。

「手羽先の甘辛揚げ」¥770
14_02_06hinaikomachi.jpg
一皿でちょうど人数分の4本です。
甘辛の醤油ダレが利いた、香ばしい手羽先です。

「にんにく丸焼き」¥720
14_02_07hinaikomachi.jpg
皮は白いままですが、しっかり火が通って芋の様な食感に焼かれてます。
甘くてフツーに美味しいです。

「しいたけ串焼き」¥310×2と、「アスパラ串焼き」¥310×2
14_02_08hinaikomachi.jpg
「しいたけ」は身が厚くて香りも良く、美味しかったです。
「アスパラ」は普通にアスパラでした、少し繊維が多い感じ。

「茄子の味噌焼き」¥200×2
14_02_09hinaikomachi.jpg
これは、なんで安いんだろう?(笑)
ジューシーな茄子に、上品な甘さの味噌が合って、とても美味しいです。

「しいたけのつくね詰」¥550×2
14_02_10hinaikomachi.jpg
ぎゅうぎゅうに詰まった「つくね」に甘めのタレで美味しい一本です。
それにしても女性人は、おしゃべりに夢中で、全然食べません・・・
男二人でどんどん料理を、平らげていきます。

「白レバー串焼き」¥400×2
14_02_11hinaikomachi.jpg
「限定品 お一人様 各1本限り」メニューの中の1本です。
出し惜しみする割には、驚きは無かったです。
ちょっと固め、まぁフツーに美味しい、レバーです。

「手造りざる豆腐」¥560
14_02_12hinaikomachi.jpg
一緒に付いてた塩で頂きました。
豆の味が濃くこの豆腐、とても美味しいです。

友人女性は焼酎、友人男性はカクテル系、つれあいがワイン、わたしが日本酒、各々バラバラ自由に飲み続けます。
14_02_13hinaikomachi.jpg
わたしは、気に入った秋田の酒「新政」¥650を、飲み続けました。
お猪口を選ばせてくれます。
わたしが竹、味見にと友人女性が、焼き物のお猪口を選びました。

「エリンギ串焼き」¥310×2
14_02_14hinaikomachi.jpg
食べたことが無いような食感の「エリンギ」です。
細かい繊維で、ザクザクとした歯応えがあり、面白く美味しいです。

すっごい食べてます(笑)
注文は、まだまだ続きます。
14_02_15hinaikomachi.jpg
「ささみわさび串焼き」¥340×2、「長ねぎ串焼き」¥200×2
「レバー」もそうでしたが、「ささみ」もしっかり焼いてありました。
もうミディアムレアには、焼いてはいけないんでしょうね。
ちょっと固いんですよね・・・
「長ねぎ」も繊維が多く、やや固い食感。

「比内地鶏の玉子焼き」¥580
14_02_16hinaikomachi.jpg
ほとんど黄身かの様な色の焼き上がり。
卵の味が濃厚。ですがちょっと甘い・・・

「ハタハタ寿司」¥620
14_02_17hinaikomachi.jpg
秋田の郷土料理、ハタハタの飯寿司。発酵食品です。
酢が利いて、ハタハタのコリプリ感が、アクセントになって美味しい。
日本酒に合います。

「そばみそ焼き」¥560
14_02_18hinaikomachi.jpg
日本酒を楽しみたくて、頼んだ一品。
口の中で軽くほどける、食べたことが無い食感です。
香ばしくて美味しい、もちろん日本酒との相性は抜群。

「手こねつくね 月見」¥360
14_02_19hinaikomachi.jpg
甘辛いタレを、黄身がマイルドにする定番のつくね。
しかし、どこまで食べるんだろう?(笑)そろそろ仕上げか?

「刈穂 六舟」秋田 純米吟醸 ¥780×2
14_02_20hinaikomachi.jpg
メニューが、「合」単位では無いんですよね、わたしは日本酒だけで9回分頼んでます。
この徳利で、Wの量です。
4人でウワバミの様に、それぞれの酒を飲み干していきました(笑)

やっと〆の「究極の親子丼」¥1,200 ※メニューでは¥1,260
14_02_21hinaikomachi.jpg
もう酔いに酔って、迂闊にも取り分け後の撮影です
つゆだくの親子丼は、甘辛い鶏雑炊みたい・・・
親子丼を、お茶漬けみたいに、さらさらーっと食べるのは、あまり好きではないです・・・

更にオーラスの〆「きりたんぽ串焼き」¥360 
14_02_22hinaikomachi.jpg
タレは醤油・味噌から選べます、醤油にしました。
秋田のお店で、これは食べておかないと。
モチモチで、シンプルな甘辛いタレで、間違いなく美味しいです。

落ち着いた店内、カウンターの男女が、しっとりと飲んでるその後ろで、
うちらは、大盛り上がりのテーブルでした

しかし、料理は美味しいものと、う~ん?なもので、ムラがある感じ。
高めな価格設定なので、なおさらそう思ったかもしれません。

しかし、かなりな量と種類を味わうことが出来ました(笑)
人数がいると、料理をたくさん楽しめて良いです

お会計は、トータル¥31,657となりました。
一人ほぼ¥8,000です・・・でも、まぁ楽しめました。

お腹が一杯なはず、大量の日本酒で、それも分からなくなります(笑)
20:40お店を後にします、3時間40分滞在、お世話になりました
ごちそうさまでした。

ひない小町 渋谷店 秋田郷土料理・比内地鶏
東京都渋谷区道玄坂1-15-11 龍昌ビルB1・1F
http://www.uokashiku.co.jp/hinaikomachi.html
ぐるなび
スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
たちばな ~Tachibana
NEW Topics
自転車通勤17.10.11 ~ロードバイク
富士山スカイラインサイクリングEx.2nd STAGE ~帰路に峠
富士山スカイラインサイクリングEx.1st STAGE ~御殿場口
らーめん大鳳 ~ra-men Ootori
自転車通勤17.10.02 ~ロードバイク
大観山サイクリング2nd.STAGE ~上って満足グルメで満腹
大観山サイクリング1st.STAGE ~長く楽しいヒルクライム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR