2014. 03. 25  
2014.03.22

この日は三連休の真ん中、土曜日。
いつもサイクリングで、ほっつき回って、つれあいをほったらかしに
してるので、たまには、おもてなしをして差し上げようと、
夕食は、わたしが作る事にしました。
しかし、予算があまり無いので、なるべく家にあったものを使います

そして、ランチに行ったり、ワインや材料を調達してたら、
調理する時間が、無くなってきてしまいました・・・
もう、ワインを開けて、二人で飲みながらの、クッキングです。
14_03_22-01italian.jpg
「エスト!エスト!!エスト!!!ディ・モンテフィアスコーネ2012」イタリア
スーパーで特売¥800ちょっと、安かったです。
日本語では「ある!ある!!ある!!!」(笑)
すっきりとした甘さの白ワイン。

「オイルサーディンのサラダ~バーニャカウダソース」
<材料>
・ニンニク 3片
・アンチョビフィレ 3尾
・牛乳 適宜
・EXVオリーブオイル 大さじ4
・オイルサーディン 1缶
・レタス 4枚
・トマト 1個
・ルッコラ 2茎
・ニンジン 1/3本
・イタリアンパセリ 適宜
・ブラックペッパー 適宜

まず、バーニャカウダソースを作ります。
ニンニクを縦に割って芽を取り除く。
小さな鍋にニンニクを入れ、ひたひたに牛乳を注ぎます。
14_03_22-02italian.jpg
弱火に掛けて、ニンニクが柔らかくなるまで茹でます。
牛乳が焦げない様に注意して下さい。

オイルサーディンを温めます。
14_03_22-03italian.jpg
不精して缶のまま火に掛けたら、ポコポコした勢いで傾きました
鍋など、それなりの道具を使いましょう。

ニンニクが柔らかく茹で上がったら、すり鉢ですります。
すったニンニク、みじん切りにしたアンチョビ、EXVオリーブオイルを
小さな鍋に入れて弱火に掛け、混ぜながら火を通します。

野菜は洗って水切りしておきます。
ちぎったレタス、ルッコラ、ピーラーで削いだニンジンを皿に敷き、
その上に薄く切ったトマト、オイルサーディンを並べます。
14_03_22-04talian.jpg
バーニャカウダソースをスプーンで回し掛け、
ブラックペッパーと、刻んだイタリアンパセリを振り掛けたら完成。

ちょっと塩気が足りませんでした。
アンチョビ増やした方が良さそうです。

「ジャガイモのフリコ」
<材料>
・ジャガイモ 中1個
・タマネギ 1/4個
・グラナ・パダーノ 適宜
・小麦粉 大さじ1
・EXVオリーブオイル 大さじ2
・塩 小さじ2
・ブラックペッパー 適宜
・イタリアンパセリ 少量

ジャガイモとタマネギを千切りにします。
14_03_22-05talian.jpg
角切りでも良いみたい。
昔、茹でておろしたジャガイモで、作ったこともあります。

切ったジャガイモとタマネギをボウルに移して、
小麦粉とブラックペッパーを掛けます。
14_03_22-06italian.jpg
このボウル小さかったです・・・大きいのに替えました。

グラナ・パダーノをおろし金で、この位、かなり多めにおろします。
14_03_22-07italian.jpg
パルミジャーノ・レッジャーノの方が塩味が強くて合うと思いますが、
¥1,000もして 高いのでやめました。
¥550位、小さめサイズがあったのでグラナ・パダーノにしました。
トングでよく混ぜておきます。

小さめのフライパンに、EXVオリーブオイルを入れて
火に掛け、熱します。
ボウルの材料をフライパンに入れて、トングで形を整えます。
14_03_22-09italian.jpg
改めてブラックペッパーを振り掛け、両面に焦げ目が付くまで
弱火でゆっくり焼きます。

焼き上がったら皿に移して、イタリアンパセリを飾って完成です。
14_03_22-10italian.jpg
焦げたチーズが香ばしくて美味しいです。
ワインのつまみに良いです。

ただ、中の方のジャガイモや、タマネギは蒸された状態なので、
香ばしさがないです。
一度、炒めた方が美味しいかもしれません。
または、もっと薄く仕上げるか。

白ワインが空いたので、次は赤を開けます。
「バカロ ロッソ モリーゼ リゼルヴァ2009」イタリア
14_03_22-11italian.jpg
¥1,000ちょっとで安いですが、軽く樽の香りが感じられます。
ベリーの風味もあって美味しい。

「コンキリエ アラビアータ」
<材料>
・ダイストマト缶 1缶(400g)
・オレガノ 適宜
・ローズマリー 7~8本
・白ワイン 適宜
・ブラックペッパー 適宜
・塩 適宜
・コンキリエ リガート 80g程度(家にあったディ・チェコのもの)
・ニンニク 1片
・アンチョビ 3尾
・鷹の爪 3本
・EXVオリーブオイル 適宜
・グラナ・パダーノ 適宜

トマトソースを作ります。
鍋にダイストマトを入れて、オレガノ、ローズマリーを掛けて、
コトコト煮込みます。
14_03_22-12italian.jpg
オレガノはトマトと相性が良いので多めに入れます。
逆にローズマリーは香りが強いので少量。
時々、かき混ぜながらトマトが、へらでつぶせるくらいに煮込みます。

水分が減ってきたら白ワインで伸ばしながら煮込みます。
14_03_22-13italian.jpg
トマトが柔らかくなったら、塩で味付け。
ブラックペッパーを振り掛けて混ぜ合わせたら、トマトソースの完成。

コンキリエの袋の、茹で時間表示は13分でした。
少し固めが好きなので、茹で時間12分とします。
1%濃度の塩分、1,500ccの湯に対して15g(小さじ3)の塩を入れて
茹でました。

ニンニクとアンチョビのみじん切り、種を除いた鷹の爪を、
常温のオリーブオイルから、フライパンで炒めて行きます。

ニンニクの香りが立ったら、適量のトマトソースをフライパンに移して
混ぜ合わせ、重い場合は。白ワインや、コンキリエの茹で汁で
伸ばして、火を通します。

茹で上がったコンキリエをフライパンに入れてソースと和え、
薄かったら塩を加えて味を整えます。

皿に盛り付け、ブラックペッパー、刻んだイタリアンパセリを振り掛け、
グラナ・パダーノをおろし掛けます。
だいぶ、画像が飛んじゃって済みません・・・完成です。
14_03_22-14italian.jpg
鷹の爪の種を入れるのを躊躇してしまいました。
もう少し辛くても良かったですが、基本美味しく出来ました。

待たせて、お腹が減ったせいか、食の細いつれあいが、
もりもり食べてくれました。
しかし、コンキリエを茹でてる時、放置したせいで、浮いてたものが、
固いところを残してたのは、反省です。

「パン オ ノア、バゲット」
14_03_22-15italian.jpg
これは仙川駅「ムッシュ・ピエール」さんで買ったものです。
この日にランチしたお店、「楽山」さんのすぐ近くにあります。

バゲットはカットして、パン・オ・ノアはそのまま、トースターで
焼きました。
噛み締めるハード系のパンで、ワインと良く合います。
パン・オ・ノアは、胡桃が入ったパン。
生地の香ばしさと、胡桃の甘さが合って、とても美味しいです。

ムッシュ・ピエール パン
東京都調布市若葉町2-25-36

久しぶりの料理、急ぎで作ってしまい、反省も多かったのですが、
楽しく出来ました。
つれあいも喜んでくれたかな?

ごちそうさまでした。







スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
相模湖サイクリング ~山解禁!大垂水峠ヒルクライム
NEW Topics
横浜家系ラーメン希家(2) ~Nozomiya
自転車通勤17.08.09 ~夕方、雨が降るかも知れません
用田サイクリング ~天気に振り回されて
「KIRAL」タイヤ交換17.08.05 ~ロードバイク
自転車通勤17.07.31 ~記録にチャレンジ
和田峠(表)サイクリング ~汗まみれ激坂クライム
蒙古タンメン中本 渋谷店(2) ~moukotanmen-Nakamoto
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR