2014. 10. 21  
2014.10.19

「ヤビツ峠」「風張峠(風張林道)」に続いて、
今回は「和田峠」に挑みます。

「ヤビツ峠」に行った後、その斜度等を調べてたら見つけたサイト、
「thesaitama」さんでは、関東近郊の峠道が分類整理してあり、
「和田峠」は「中級」と評価されてました。

同サイトで「風張峠(風張林道)」は「上級」となってます。
前回の地獄の様なヒルクライムよりは苦しまずに済みそう

しかし、「ヤビツ峠」を「初級」と評してしまう「小宮和寛氏」とは、
いったい、どんな剛脚の持ち主なのでしょう?
そう考えると評価をそのままに受け取ると痛い目に合いそうです。

ただ「風張林道」を知ったのもこの方のおかげ、
さあ「和田峠」の評価はいかに?恐恐としながらも楽しみです

天気予報は、久々の晴れ 降水確率0% 予想最高気温23℃
インナーシャツ無しでも行けそう。
半袖、半パンのジャージに、腕脚のウォーマーを付けての出で立ち。
8:01、ヒルクライム三部作、完結編へと向けて出発。

「多摩サイ」に入り遠くを眺めるとそこはガスってますが、
高い空は久しぶりのスッキリとした青空で気持ちが良い

「風張林道」で鍛えられた太腿の筋肉に、いつもより力が入り、
序盤から少しハイペースに走ってしまいますw

少し汗ばみながら9:28、「陵南公園」に到着。
14_10_19-01wadatouge.jpg
天気が良いので訪れる人も多かったです。写って無いけど・・・
出発からおよそ1時間半が経過。
困ったことに凍らせたスポーツドリンクが全然溶けません・・・

おしめり程度のスポドリをすすってここまで来たのですが、
まだ溶けません・・・
「アミノバイタル」を飲みたいのに水飲みが見当たらず、
トイレの手洗いの水は飲みたくないので諦めました
塩分補給のタブレット2粒なめ、トイレを済ませて出発します。

「北浅川」の綺麗な景色を眺めながら「陣馬街道」を走行。
10:16、交差点を左折し、滝が見える所で停車。
14_10_19-02wadatouge.jpg
初めて行く「和田峠」までの道順は覚えて来ましたが、
その他の情報は一切仕込んでませんw
スタートってどこなんだろう?と思いながら、路肩が広くなってたので
ここに決めましたw

スポドリも一口分がやっと溶けたので、口に含んで
「アミノバイタル」をドーピングです。

ここまでの走行距離45.99km。
14_10_19-03wadatouge.jpg
そう、右に見えるのは「勾配計」、初装備です。

「多摩サイ」「浅川CR」の勾配位では、ほぼ0%しか示しませんが、
「陣馬街道」からは少し登りがキツくなるので1~2%程が
読み取れる様になりました。

体感で上りか下りかだいたい分かりますが、視認出来る様になると、
なかなか面白いです。
ヒルクライムでも使えるか?試してみたいと思います。

さあ準備は整いました。
目指すは「和田峠」、もちろん足付き無しで走破が目標。
三連戦の最終日、ヒルクライム、スタート。

道路の幅員も狭くなり、勾配もだいぶ上る様になって来ました。
じんわりと、どんどん上り、どんどん山道らしくなっていきます。
晴れてて眺めも良い、とても気持ちが良い。

3km程進むと、おもむろにバスが見えて来て、そこがバス停だと
分かりました。
その付近に赤いジャージを着たロード乗りの団体さん。
(あ~ここがスタート地点なんだw)
そう言えば何かで読んだ気がw

赤いジャージの方々を横目にしながら道は分岐に差し掛かります。
標識が指し示す右に行くと、登山客の方々が見えました。
そして、しばらく走ると、急に急になる急な坂道が目に飛び込みます。
(あっ心の準備が・・・)

インナー(34T)×ロー(27T)に叩き込みました。
割とな人数の登山客を避けながら走行するのは初めて。
なんか間違って入って来ちゃった的なアウェイ感が半端無いw

前を行くロード乗りさんが、「こんな所、上って来るなんて凄いね~」
等とおばさまから言われてるのが聞こえて来ました。
(分かったから何も言わないで、心が乱れるから・・・)
このコースには急坂以外にも敵が潜んでる様ですw

呼吸はとうに乱れていて、滅茶苦茶に苦しい・・・
少し勾配が緩くなった所で整えてからで無いと先に進めない状態。
つづら折りのカーブではアウトへアウトへ逃げて、少しでも
勾配のキツいインコースは避けます。

ほっそい道に、車やバイクも通ります。
ゆっくりとスピードを落としてやり過ごすのですが、かすらないかと
ヒヤヒヤもの・・・
そして、せっかくアウトコースにいたのに前からの車で、
インに寄らなければならないという曲面が・・・体力消耗に直結します。

勾配キッツいな~って感想が浮かんだ時、全然「勾配計」
見てないことに気付きましたw
ところどころで苦しいな~と呼吸が荒れるのは12~13%の勾配。
呼吸が整うまではいかないにしても10%を切るとだいぶ楽に
なります。

そんな勾配を繰り返していると、下で集まってた赤いジャージの方、
一人に抜かれました。
少し付いて行きましたが、ゴールが見えないので、自分を制し
元のペースに戻ります。
付いて行ったら間違い無く終わってましたw

呼吸は荒れっぱなしのまま、体力が消耗していく中、
壁の様にそびえる激坂が突如現れました

小さな橋が架かってて天に向かってく様な角度です。
やりたくないのにダンシングしないと先は無い状況。
シッティングなんかでノロノロ上ってたら色々なものが切れてしまい
そうな坂でした。

しかし、なんとか必死に上ると、その先は少し勾配を緩くした場所。
命拾いした気分、ホッとします。

更に地道にペダルを回し、木の切れ間から眺めの良い山と青空の
景色が望めました。
たまたま周りには誰もいない状態で、なぜだか山との一体感を
味わえた瞬間でした。

(おおーここにもあるんだと)感動した、巻き貝の様なコーナー。
ただ、「風張林道」のものに比べたらあまり綺麗ではありませんw
そして、アウト側を走ると、インコースより全然緩やかで、
呼吸が整えられる程の勾配で進むことが出来ます。

もう少し進むと坂の向こうに赤いジャージの方々の姿が
見えました。
(おー着いた~~)
赤いジャージの方々、わたしを抜いた行ったのは3人でした。
その後も順々に上って来ます。

和田林道完成記念碑の前を通過し、バイクスタンドまで行ってゴール。
14_10_19-04wadatouge.jpg
10:51到着、走行距離6.22km タイムは32分16秒
数字は今後の参考にしようと思います。
早いか遅いかなんて確認するまでも無く遅いでしょうw

峠周辺の写真を撮ってから、トイレを済ませました。
14_10_19-05wadatouge.jpg
達成感を味わいながら茶屋のベンチで休憩です。
また少し溶けたスポドリを飲みつつ、塩分タブレット2粒補給。

「藤野」側に抜ける方はゲートが閉じられてました。
14_10_19-06wadatouge.jpg
相模湖の「濱陣」さんで天丼を頂く腹づもりだったので、
通れないと困ります。
近付いて看板を確認してみると「路肩崩壊」の文字が・・・

危険を冒してまで行く必要は無いと思い、戻ることに決めました。
また、上って来た坂を撮りながら帰ろうと。
「峠の茶屋」さんHPを見ると、平成27年3月末日まで通行止めだと、
書かれてました。
早急に復旧されることをお祈り致します。

下りは早い、そして寒い!山で薄着なんだから仕方無いw
「和田峠」から数分で到着の巻き貝。
14_10_19-07wadatouge.jpg
完成度は低いのですが1ヶ所だけありました。
道幅が広いのでアウトコースだと随分楽に上れます。
まぁそれでもかなりある高低差。

木の切れ間から見える綺麗な眺望。
14_10_19-08wadatouge.jpg
眺めの良い場所はここ1ヶ所だけでした。
ブレーキ掛けてもなかなか止まらず、愛車を押して少し上りましたw
坂を上るおじさんと少し言葉を交わします。
お気を付けて。

わたしが一番キツいと感じた場所。
14_10_19-10wadatouge.jpg
ダンシング無しでは上れない程の激坂。
疲労から脚力が抜けないか心配になりました。

もちろん「勾配計」なんて見る余裕ありませんw
なので帰りに、愛車の向きを変えて測定してみました。
14_10_19-09wadatouge.jpg
気泡の上端で目盛りを読みます。
およそ17%
この少し上の方では18%ありましたが、ゴミや石を避けてたら
下ってしまいました。

勾配が17~18%にもなると、もうシッティングでは上れなく
なってしまう様です。

その後、寒いと感じながらもダウンヒルを楽しみ、下界が近くなると
急に暖かくなりました。

走りながら天丼はどこで頂けばいいんだ?
と、鳴いてるお腹と相談しながら、記憶を掘り返してみます。

そう言えば「高尾駅」のそばで看板に「天ぷら」って書かれた
お店があったなー
一回行ってみたかったから、ちょうど良いやとお邪魔してみることに
しました。

高尾駅の「中村屋」さんです。
11:55頃に扉を開けるとそこには寿司屋のカウンターがありました。
そう言えば「寿司」とも看板に書いてあったな

昼時の行楽日和に先客2名がカウンターに座ってました。
わたしもカウンター席に着いて注文します。

で、頼んでから10分程して運ばれて来ました「天丼」¥972
14_10_19-11wadatouge.jpg
天ぷらは、ししとう×2本と大葉に茄子、海老×2本です。
三つ葉とワカメの味噌汁と漬け物が付いて来ました。

大葉から口に入れてみると、天ぷらの衣が固っ・・・
サクッといきません・・・
他は?と気になって海老も食べてみたら、やっぱり同じ・・・衣が残念

そして、ご飯も少々固め・・・
なんかテンション下がっちゃうな~な天丼でした。
ごちそうさまでした。

中村屋 寿司・天ぷら
東京都八王子市高尾町1579

少し走ると「浅川」に戻ります。
14_10_19-12wadatouge.jpg
再び「陵南公園」で休憩しました。
草の上にシートを敷いてランチにしている家族連れが多いです。
気持ち良さそう。

トイレを済ませて、ベンチで塩分×2を補給、しばらく休みます。
脚に疲労を感じてきましたが、まだまだ大丈夫、使えそうです。
峠通いが効果を発揮してるのか、最近は脚の筋肉がピクピク
言うのも減ってきました。

来週は「Mちゃり」さんとランチライドの予定が入っており、
ちょうどこの帰りのコースを使います。
都合が良いので下見しながら帰ろうと思います。

相模湖を回らなかったので、だいぶ早く帰ることが出来そう。
つれあいに、いつもの帰るメールをしておきました。

「浅川CR」の終わり近い「ふれあい橋(万願寺歩道橋)」の手前。
14_10_19-13wadatouge.jpg
良い天気で気持ちが良い。来週もこんな感じで頼みますよ
35km/hで巡航、汗をかきながら走行してました。

「浅川CR」を離れて「百草園駅」を通過、「川崎街道」に入ります。
そして少し走ったところにあるのが、
「アルティジャーノ・ジェラテリア」さん。
イタリアンジェラートのお店です。

赤い可愛らしい建物に入り、ジェラートが並ぶショーケースを
眺めます。
一番人気「しぼりたてミルク」と、「ラズベリー」を選びました。
14_10_19-14wadatouge.jpg
容器は「コーン」で、ダブルです。
「ミルク」「飯田牧場」さんの方がインパクト大です。
しぼりたてと言う割には、あまり濃厚に感じません。
普通に美味しいミルクのジェラート。

そして「ラズベリー」は超美味い!
ラズベリーの香り成分を使ってるとやらで、香りが凄い強く、
甘酸っぱさも良くて、これがオススメです。

暑くなってきたので、美味しくリフレッシュ出来ました。
土日限定の「ヨーグルト」、「ミルクベリー」、「クリームチーズ」
なんかも気になりました。

食べログさんコメント読めば分かりますけど色んな意味で愛想の
無いお店の様で、行ったらあぁ~わかるわかるという感じ。
美味しかったですけどね。ごちそうさまでした。

アルティジャーノ・ジェラテリア イタリアンジェラート
東京都日野市百草329
http://www.artigiano-gelateria.com/

来週お邪魔するお店の位置を確認した後、
「関戸橋」「多摩川」左岸に渡り「多摩サイ」へ。
恒例、向かい風のお出迎えですが、まだ元気。
気合いで30km/h以上を保って走行します。

そして、最後の脚力を確かめる為、フルパワーで休憩場所に
突っ込むというコーナー「根性見せたらんかい!!」
この日の速度は35.5km/hでした。
・・・だから?

青空と白い雲、遠くに飛行船も浮かぶ、日曜の暢気な昼下がり。
久しぶりに良い陽気に楽しくサイクリング出来ました。
14_10_19-15wadatouge.jpg
自転車、ランナー、犬の散歩と、多くの人で集まってます。
冬が来るまでの短い期間、こんな日が多くやってくることを祈ってます。


そして、ヒルクライム三連戦も今回で完結。
峠3ヶ所、その感想は。
わたし個人の体感による厳しさで比較すると、
「風張峠(風張林道)」「和田峠」「ヤビツ峠(裏表)」
と言う順序。

感想と特徴は、
「風張峠(風張林道)」
感想=苦しい。心が4回折れそうになる。二度と行きたくない。
特徴=蛇行しないと上れない。危険を肌で感じる。

「和田峠」
感想=ツラい。強度の高いトレーニングになる。また来れる。
特徴=登山客が多い。激板があるが休める所もある。

「ヤビツ峠(裏表)」
感想=ツラいけどマイペースを守ってるといつの間にか登頂してる。
特徴=長く感じるが激板には感じ無い。

飽くまでも個人的な感想なので御理解願います。

わたしの中で「風張峠(風張林道)」は本当に別世界の
ヒルクライムでした。
達成したことが自分でも信じられません。

あんな経験は二度としたくない・・・今のステータスで頭打ちならw
あの達成感も二度と味わえないのか~と思うと・・・

「ヤビツ峠サイクリング」
「風張峠(風張林道)サイクリング」
「和田峠サイクリング」

14:37到着
走行時間=4:33
走行距離=107km
平均時速=23.4km/h
体重変化=67.8kg→65.9kg







スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
GENTOS(ジェントス)バイクライト補修 ~ロードバイク
NEW Topics
TS Design TS DRY ノースリーブ ~ロードバイク
「KIRAL」チェーンクリーニング17.07.12 ~ロードバイク
きさらぎ亭(10) ~Kisaragitei
自転車通勤17.07.10 ~連日トレーニング
富士山スカイラインサイクリング2nd.STAGE ~険しい道程
富士山スカイラインサイクリング1st.STAGE ~速急クライム
自転車通勤17.07.03 ~梅雨らしからぬ空模様
Comment
No title
こんばんは。

和田峠キツそうですね。
勾配以外の敵がなんともいえないですね。(笑)

天丼は・・・残念でしたね。
それにしても、風張峠は相当なヤバさなんですね。
ヤバイ、キツイ、苦しい、って聞くと変な虫が・・・(笑)
凍結する前に行きたいなぁ。
Re: No title
寿司屋さん、こんばんは!

ヒルクライムなんて全然行ったことが無く、
今年からトレーニングのつもりで初めて行く峠を、
どんどんと増やしていきました。

そんな経験不足な自分が語るのは甚だしいのですが、
風張林道は本当、別世界に感じました。

危険が伴うので決してオススメは出来ません。
ただ、正直なところを言えば、感想を聞いてみたいですし、
あの世界観を共有出来たらなぁとは思います。

でも、寿司屋さんだったら楽勝じゃんって言われてしまうかもw
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR