2016. 05. 30  
※ロードバイクの、カスタム&メンテナンス記事です。
 参考とされるのは構いませんが、自己責任で行って頂きたく願います。
 事故・故障が生じた場合でも、責任は負えませんので、
 ご了承頂けます様、宜しくお願いします。

2016.05.21

KUOTA KIRALのオーバーホールを3日間やっても、
まだ終わりません…
翌日はグループライドが控えてるので、なんとかこの日に終わらせ様と、
睡眠不足の中、6:30過ぎに目を覚まし朝食後、作業開始しました

「フレーム」を美しくコーティングした後は、いよいよケーブル張りです。
16_05_21mainte-04.jpg
まずは新品の「シフトインナーケーブル」を「STIレバー」に通し、
更に「シフトアウターケーブル」、「フレーム」に入ってる
「ケーブルライナー」に通します。

「フレームキャップ」「インナーキャップ」「アウターキャップ」も通すのを
忘れずに。
昔はこの作業中、「インナーワイヤー」の先をよくほぐしてしまいました。
しかし今回は、全く引っ掛かることも無く、スルスルと通せます。
新型機材は作業上の工夫も施してありメンテもし易い♪

「ケーブル」全てを張り終えたら、お楽しみ「ブラケットカバー」の交換。
「STIレバー」を「ハンドル」に付けたまま、純正の「ブラケットカバー」を
外してみました。
シマノ純正のものは薄く柔らかいので、前方にちょっとずつずらして
やったら割と簡単に外せました。

そして新しいブラケットカバー、「アウタートップ シェイクスフード」
取り付けます。
純正と比べると厚めの素材、しかもハードタイプを選んだので、
前方から入るかが心配…いざ嵌めてみたら全然入る気がしません…
16_05_21mainte-05.jpg
なので、少しでも抵抗を減らす為、「STIレバー」の「キャップ」を外し、
「シェイクスフード」内面の上側に「食器用洗剤」を薄く塗りました。
「シェイクスフード」を上に引っ張っては、ずらしをちょっとずつ
繰り返し、地道に地道に嵌めてやりました。
そして、画像の様な位置までくればもう大丈夫、その後は割と簡単に
嵌めることが出来ます。
「STIレバー」の後方からしか入らなかったら、危うくケーブル張りの
作業が、やり直しになるところでした…

無事に装着完了
16_05_21mainte-06.jpg
フレームカラーに合っててなかなか良い感じ♪

さ~てクライマックスが近くなってきました、やっとのことで仕上げの
バーテープ巻きです。
16_05_21mainte-07.jpg
ハンドル周りの「ケーブル」を綺麗にまとめ、「ビニルテープ」を巻いて、
「ハンドル」に固定します。
「STIレバー」側から巻いて、ステムの際から57mm離れで止めました。
参考の雑誌では2重に巻くのですが、わたしは厚くしたくないので、
シングル巻きにしてます。

画像の様に、ハンドルの先端、肩、ステム側の3ヶ所、左右で6ヶ所、
「両面テープ」を巻きます。
16_05_21mainte-08.jpg
「両面テープ」を巻くことにより「バーテープ」のズレを防止します。

そして仕上げ、「デダエレメンティ バーテープフォレロ」
16_05_21mainte-09.jpg
いつもやる様にハンドル左でまずは練習。
いざ巻いてみるとこのバーテープ、なんかおかしい…穴あきタイプ
なのですがロゴを合わせると穴がほとんど隠れてしまいます…
気にせずロゴを揃えることを優先に、巻き終えてみるとなかなかの
出来でした。違和感はあるけど…

続いてハンドル右を巻いてみると、今度は穴が表に出ますが、
ロゴの半分が隠れてしまいました…
バーテープ選ぶの失敗したな~と、テンションだだ滑りで巻いてたら、
穴が端にあった所で亀裂を入れてしまいました…
更にローテンションになって巻いてたら、バーテープ引き千切って
しまいました…
wwwwww

しかし、ストックも無いし買いに行ってる時間も無いし酔っ払ってるし、
翌日はサイクリングだし…諦めてそのまま巻くことにしました…
ステムの際から55mm離れの所で仕上げます。
しかし、千切れた場所が良くて、意外と走りに支障なさそうで良かった…

「インナーケーブル」をコンポに接続、
ブレーキと、ディレイラー変速の調整をしました。
「ボトルケージ」「サドルバッグ」「ランプ類」の取付、「チェーン」の注油、
エアチェックしてスポドリを作って、やっと走れる状態に出来ました。
朝から18:00近くまで掛かり、なんとか夕食前に完了です。

作業は4日間に渡り、もうへとへとだし睡眠不足…
メンテナンスなんて一気にやるもんじゃないな~と思いましたとさ…


DEDA(デダ) フォレロバーテープ[バーテープ][ハンドル・ステム・ヘッド]



シマノ ケーブルライナー 1800mm 1本【自転車】【ロードレーサーパーツ】【ワイヤー類】



【在庫あり】SHIMANO(シマノ)6800 ポリマーコートブレーキケーブルセット



【在庫あり】SHIMANO(シマノ)6800 ポリマーコートシフトケーブルセット










スポンサーサイト


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
NEXT Entry
山中湖サイクリング ~吉田うどんランチライド
NEW Topics
横浜家系ラーメン希家(2) ~Nozomiya
自転車通勤17.08.09 ~夕方、雨が降るかも知れません
用田サイクリング ~天気に振り回されて
「KIRAL」タイヤ交換17.08.05 ~ロードバイク
自転車通勤17.07.31 ~記録にチャレンジ
和田峠(表)サイクリング ~汗まみれ激坂クライム
蒙古タンメン中本 渋谷店(2) ~moukotanmen-Nakamoto
Comment
チェーン~
こんばんは~

Tamariderさん、チェーン交換のところは写真を撮っていらっしゃいませんか?
また次回交換することがありましたら、工程をちょろっとブログに載せていただけたりしませんでしょうか(; ・`д・´)
No title
Tamariderさん
おはようございます。自分でオーバーホール、すごいです。おつかれさまでした。私も先日お店にOHをしてもらったところですが、とても自分でチャレンジはできません。調子のよくなったクオータと私のボーマでサイクリングに行きたいですね。
Re: チェーン~
とりにくさん、おはようございます!

チェーンのカットについては、こちらの記事をご覧下さい。
http://tamarider.blog.fc2.com/blog-entry-978.html
取付についてはチェーンカットと絵面が変わらないので、
割愛しました。

簡単なのでディーラーマニュアル見ながら覚えましょう。
「シマノ チェーン マニュアル」で検索するとpdfファイルを
ダウンロード出来ます。

主な注意点は下記の通りです。
・刻印側を表にする。
・チェーンは下の方で繋ぎ、進行方向側をアウターリンクにして、
 後方をインナーリンクにすると強度が増す。
・チェーンカッターでコネクティングピンを押し込む時に、
 アウターリンクとコネクティングピンの面を合わせる。
 軽くなるので手の感触で分かります。
・コネクティングピンを折る時はフックの付いた
 チェーンカッターか、ペンチを使う。
・ピンを折ったら裏からわずかに突き出ているかを確認する。

書いてみると大事な点が多々ありましたね。
手順を追って撮影する余裕も無かったもので・・・(^_^;

こんな感じですが参考にしてみて下さいm(_ _)m
Re: No title
どなたかと思えばオルベアの青年さん、おはようございます!

オーバーホールは模型作りみたいな感覚で楽しんでやってます。
微妙なところで自分の好みに出来ますしね(^-^)
しかし、今回はやること多すぎて疲れてしまいました(^_^;

最近、全然ご一緒してないので是非是非サイクリング
行きましょう!!(^0^)/
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR