2014. 11. 13  
2015.11.08

「CYCLE MODE international 2014」
(サイクルモードインターナショナル2014)で展示された数ある
バイクの中で、個人的に一番興味を持ってるブランド、
「KUOTA(クオータ)」をまとめました。

わたしは2013年の「KURARO(クラーロ)」に魅了され、
翌年2014年に発表された「KIRAL(キラル)」に衝撃を受けて、
それから、ずっと追っかけてるのですが、インターマックスさんのHPが
なかなか更新されないので今回を楽しみにしてました。

「InterMax(インターマックス)」ブース、
「KUOTA(クオータ)」のバイクたちです。

「K-UNO(クノ)」(ブラック×ホワイト)
14_11_08-32cyclemode.jpg
「SPINERGY(スピナジー)」のホイールが合ってカッコイイ!
フレーム重量910g、軽いですね~
パヴェ等の悪路走行に対応したフレームで、振動吸収性が高い。
フレームセット税抜き¥320,000 ※価格は参考

「K-UNO(クノ)」(ブラック×イエロー)
14_11_08-33cyclemode.jpg
イエローが差し色になるのも洒落てる。
さすがにバーテープはブラックに変えるかな?

2015年ニューモデル「KOUGER(クーガー)」
14_11_08-34cyclemode.jpg
クラーロの後継モデル。
と言うわけでクラーロ無くなりました

フレーム重量1,030g、エアロを追求したバイクでフロントブレーキは
フォークの後ろ、リアブレーキはハンガーにぶら下がってます。
メンテしづらそうなんですが、ひっくり返せばいいのか。
アルテグラ完成車¥356,400 ※価格は参考

そして「KIRAL(キラル)」(ホワイト)
14_11_08-35cyclemode.jpg
2014年とフレームデザインの変更は無い様です。
良いな~スピナジーのホイール。前後で¥30万位するな~

フレーム重量1,080g、ロングライドやエンデューロに焦点を置いた
設計、なおかつレースにも対応する剛性感を持ち合わせるモデル。
セクシィ~な形状のフレームが素晴らしい
アルテグラ完成車¥346,400 ※価格は参考

2015年のニューカラー、
「KIRAL(キラル)」(ダークグレー?×ブルー)
14_11_08-36cyclemode.jpg
2014年のホワイト、グリーンに加えてこのブルーとホワイト×レッドが
加わりました。
アルテグラ完成車のホイールは「VISION TEAM25」
(ヴィジョン チーム25)¥27,140(※価格は参考)が付いて来ます。

フラッグシップモデルだった
「KOM(ケーオーエム)」(グリーン×ブラック)
14_11_08-37cyclemode.jpg
これって2014モデル?オフィシャルサイトから消えてました。
かつてはキング・オブ・マウンテンの名を持つ旗艦モデルでしたが
2015年からは世代交代します。

その2015年フラッグシップモデル「KHAN(カーン)」
14_11_08-38cyclemode.jpg
黒いな~細いな~早そうだな~
カラーは、どブラック一色のみの様です。
フレーム重量860gと超軽量。
フレームセット税抜き¥340,000 ※価格は参考
履いてるホイールは「Lightweight(ライトウェイト)」¥60~80万

2015ニューモデル「KRYON(クレヨン)」(ホワイト×レッド)
14_11_08-39cyclemode.jpg
名前もフレームもなんだか可愛らしい。
オールラウンドで人気「KHARMA EVO(カルマ エヴォ)」
後継モデル、そのフレーム重量1,120g
アルテグラ完成車¥329,000 ※価格は参考

「KOBALT(コバルト)」(ダークグレー?×ブルー)
14_11_08-40cyclemode.jpg
2015年のエントリーモデルなカーボンバイク。
フレーム重量1,130g
105完成車¥219,000 ※価格は参考

「KYDRA(キドラ)」(ホワイト×レッド)
14_11_08-41cyclemode.jpg
「KIRAL(キラル)」のディスクブレーキタイプ。
フレーム重量1,100g
フレームセット¥240,000 ※価格は参考
世の中ディスクブレーキ主流になるんでしょうか?

「K-FACTER(ケーファクター)」(ブラック×ホワイト×レッド)
14_11_08-42cyclemode.jpg
TTバイクってあまり興味無いのですが目の前にあると
魅入ってしまいます。
フレーム重量1,390g、フレームセット¥190,000

「KALIBUR(カリバー)」(ホワイトブラック)
14_11_08-43cyclemode.jpg
フレーム重量1,350g、フレームセット¥290,000

以上、「KUOTA(クオータ)」2015特集でした。


「CYCLE MODE international 2014」は今回で10周年になる
そうです。
来年はまたパワーアップして、この幕張(お台場でもいいよ)に
戻って来て欲しいと思います。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 11. 12  
2015.11.08

「CYCLE MODE international 2014」
(サイクルモードインターナショナル2014)、前回は洒落たバイクの
画像を並べましたが、今回はイベントの雰囲気を写したものを
紹介します。
撮った順番に並べてあります。

「PINARELLO(ピナレロ)」ブースの隣りにサポートカーのジャガーが
停まってました。
14_11_08-20cyclemode.jpg
チーム・スカイカラー、カッコイイ

「DEDA(デダ)」のパーツコーナー。
14_11_08-21cyclemode.jpg
ハンドルやステムを手に取って感触と、軽さを確認することが
出来ます。
ガッチリ固定されてるパーツのコーナーもあってそちらは、
ちょっと不親切に思いました。

ホールの一角がフードコーナーになってました
14_11_08-22cyclemode.jpg
たくさんの屋台が並んでて、色々頂きたくなりましたが、
この日は残念ながら食べなかったです
ランチタイムに人が押し寄せ、肉を焼く量が増えた為か、
煙がもくもくになりましたw

手にスタンプを押しもらうと、再入場出来るので、ホール外でも
食事が出来ます。

イベント「教えて!プロメカニック」11:20からの回が気になって
見に行きました。
14_11_08-24cyclemode.jpg
テーマは「意外と奥深い!?ホイールの脱着方法」
今ホイールを外さんとしてるのはメンテナンス大会で賞を取った
経験のある方です。
しかし、極普通の脱着方法の説明で、奥深いところが一向に
出てこない様子、途中で抜けました。

「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」のブース。
14_11_08-23cyclemode.jpg
ホイール回せますw
デザイン良いな~素敵なホイール、憧れます。
しかし高い・・・ラチェット音が大きい・・・でもカッコイイ。

試乗コースの様子。
14_11_08-25cyclemode.jpg
長さは結構ありますがロードじゃ、あっと言う間でしょう。
コース幅が狭いせいか、走行人数を制限してる様に見えます。
その為、試乗待ちの行列が出来てました。

「SHIMANO(シマノ)」ブース。
14_11_08-26cyclemode.jpg
さすがに面積も広く展示数も多い。
しかし、見学客で埋め尽くされてます。
そして、「DURA-ACE」ホイール、実物見るとなかなか良い。

「InterMax(インターマックス)」ブースでは今中さん等による
トークショー。
14_11_08-27cyclemode.jpg
「SONYアクションカム」についてでした。
代表自ら、いわゆる物販ですw
この後、「弱虫ペダル」の渡辺航氏のトークショーも予定されてました。

「WORKING BIKE PROJECT」
14_11_08-28cyclemode.jpg
”働く自転車”は「東京サイクルデザイン専門学校」一期生の作品。
苗を積んだ田植え用、ストレッチャーが付いた救急医療用等の
自転車が展示されてました。

トークショーがあちこちでやってました。
14_11_08-29cyclemode.jpg
”ゾノ”こと前園真聖氏。
サッカーと自転車をどう、まとめていくんでしょう?
前園さんどうぞ!と呼ばれて早々、前のめりに前へ前へ
出てしまってますw 緊張の表れか?

「CATEYE(キャットアイ)」ブースでのトークショー。
14_11_08-30cyclemode.jpg
ロングライドのスペシャリスト三船選手と、そしてサッシャ氏との対談。

「瀬戸内しまなみ海道振興協議会」のブース。
14_11_08-31cyclemode.jpg
「Gold Bicycle」が展示されてました。


午後から予定があったので、2時間で回るつもりだったのが、
結局3時間会場にいました。
それでも足りない、いや一日いても飽きないと思います。

前回のロードバイク紹介にある様に、かなりのモデルが展示されて
充分満足したのですが、ビアンキ、コルナゴ、オルベア、フェルト、
フォーカス、スペシャライズド、トレック、キャノンデール、アンカー等
メジャーどころが出展されてませんでした。

どんな事情か分かりませんが、今後は更に充実されることを
願って出来たら来年も足を運びたいと思いました。

このイベントの締めに入ってる様な感じですが次回も続きます。
わたしが今一番気になってるブランドの紹介です。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 11. 11  
2014.11.08

「CYCLE MODE international 2014」
(サイクルモードインターナショナル2014)に行って来ました。

前日は「柳沢峠サイクリング」だったので、動けるかな~?
と、心配しましたが6時起きで朝の支度、普通に家を出ることが
出来て良かったです。

10:00より会場のところ10:15頃に幕張メッセのホールに到着。
すると入場口が混雑していて、すでに長蛇の列が出来てます・・・

それでもチケットの半券を渡すだけなのでスムーズに入ることが
出来ました。
その入ったホールは人で溢れんばかりとなってます。

試乗を待ってる人による列が目立ちました。
出来たらしようかなと思ってましたがこの時点で試乗は諦めます。

日本最大級のサイクルイベントを楽しみながら、新作バイクを
撮りまくりたいと思います。

相当な枚数を撮ったので、撮り方が悪かったものは割愛しましたので
御了承願います。

ディスプレイが良かった「PINARELLO(ピナレロ)」
14_11_08-01cyclemode.jpg
黒いフレームが攻撃的なチーム・スカイ仕様「DOGMA F8」

コンフォートカジュアルな感じでホワイトカラーが良いな~
14_11_08-02cyclemode.jpg
「PINARELLO RAZHA(ピナレロ ラザ)」

「BH(ビーエイチ)」
14_11_08-03cyclemode.jpg
マットブラックにマヴィックコスミックが合ってました「G6 Pro」

「Guerciotti(グエルチョッティ)」
14_11_08-04cyclemode.jpg
「EURECA SHM 50」はチームCCCポルサトのカラー。

「EDDY MERCKX SAN REMO 76(エディ メルクス サンレモ)」14_11_08-05cyclemode.jpg
エッジの効いたフレームがカッコイイ。好みな感じ。

「KEMO(ケモ) KE-R8」
14_11_08-06cyclemode.jpg
見知らぬブランドでした
でも、結構好きなデザイン、スイスのブランドらしいです。
調べたらツール・ド・フランスで使用されてました。

「DE ROSA(デ ローザ)」
14_11_08-07cyclemode.jpg
黒を基調とした重々しいディスプレイ。
高級感が漂う「PROTOS(プロトス)」

「Wilier Cento 1 SR(ウィリエール チェント ウノ)」
14_11_08-08cyclemode.jpg
展示の仕方がいまいち・・・カラーリングがカッコイイのに。

「BOMA RS-I(ボーマ アールエスアイ)」
14_11_08-09cyclemode.jpg
カッコイイ、モデルが豊富で、たいへん人気のブースでした。

「GARNEAU(ガノー)」
14_11_08-10cyclemode.jpg
ディスプレイが一番綺麗に感じました。
奥が「GENNIX R1(ジェニックス R1) 」
手前が「GENNIX E1(ジェニックスE1)」

「cervelo NEW R3(サーベロ)」
14_11_08-11cyclemode.jpg
フレーム細いっ、とても軽そう。

「LAPIERRE AIRCODE 300 MCP(ラピエール エアコード)」
14_11_08-12cyclemode.jpg
マットなブラックにオレンジが映え、トップチューブが
変わった形に波打ってます。

「MASI INIZIO(マジィ イニッツィオ)」
14_11_08-13cyclemode.jpg
バランスの良いデザインと黒に青の組み合わせが綺麗なフレーム。
完成車税抜¥89,000

「YONEX(ヨネックス)」
14_11_08-14cyclemode.jpg
今年の4月からロードバイク販売開始。
モデルも豊富、かなりのお客さんが集まってました。

「CHERUBIM(ケルビム)」
14_11_08-15cyclemode.jpg
「Sticky(スティッキー)」バネ仕掛けのスチールフレーム
洒落たカードを何枚か頂きました。
バイクもとても洒落てます。

「WELD ONE OGRE(ウェルドワン オーガ)」
14_11_08-16cyclemode.jpg
手作りチタンフレーム、造形がスゴイです。

「NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラ SL)」
14_11_08-17cyclemode.jpg
とても綺麗で、とても軽いフレーム。
良いな~これ、フレームセット税抜¥370,000

「MAKINO MK01(マキノ MK01)」
14_11_08-18cyclemode.jpg
雑誌の広告でよく見掛けるフレームで気になってましたが、
意外と遊んでない感じ。

「GURU Photon RACE(グル フォトン レース)」
14_11_08-19cyclemode.jpg
カナダのブランド、超軽量フレームは800g。
カスタムオーダー出来るカラーリング、完成車は税抜¥720,000

ずら~っとバイクの写真を並べてみたかった今回の記事でした。
次回、簡単なイベント概要を紹介します。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 10. 26  
2014.10.26

愛読雑誌「CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)」を買ったら付録が
付いて来ました。

「CYCLE MODE international2014 GUIDE BOOK」
14_10_26cyclemode2014.jpg
結構な厚み、ほとんどが出展者一覧ですが、会場MAPが付いて、
バイクやパーツの紹介もされていて結構楽しめます。

昨日も「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が民放で
放送されてました。
そして、日本最大級のスポーツ自転車フェスの開催。
自転車業界、更に機運を高める時期に来た様に感じられます。

「CYCLE MODE international2014」開催まで1週間を切りました。
是非行きたいと思ってます。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
2014. 07. 29  
2014.07.26

7/26(土)~7/27(日)に行われた自転車イベント、
「湾岸サイクルフェスティバル2014」に、友人と二人で
行ってきました。
14_07_26-01cyclefes.jpg
行ってきたのは土曜日の方。
場所は東京都シンボルプロムナード公園内。
「東京テレポート駅」と、「青海駅」との中間に位置した場所です。
頭上の澄んだ空は綺麗ですが日光が肌を刺し、そして暑い

イベント内で行われる「湾岸クリテリウム2014」を観たいと
思ってました。
1周1.45kmの周回レース、そのスケジュールを確認すると、
8:00から参加選手によるコース試走が始まり、
8:30:学生クラス3スタート(8周)、
9:50:学生クラス2スタート(12周)、
14:30:学生クラス1スタート(16周)となってます。

わたし達は9:50からのレースを観ようと、電車に乗ったのですが、
話し込んでたので、わたしが乗換駅を見過ごしてしまいました
引き返して「東京テレポート駅」を降り、会場がもう目の前と言う所で
パンッと、スターターピストルの発砲音が鳴り響いてしまいました

橋の上にあるスタートから向こう側へ走り、
戻って来て、半周を少し越えた位の場所。
14_07_26-02cyclefes.jpg
まだ、流して様子を見てる様な雰囲気。
クラス2-Aの選手は、明治、早稲田、慶應、関西、法政等の
大学生が参戦してます。

ゴールの手前まで移動しました。
14_07_26-03cyclefes.jpg
レース中盤の駆け引き、先頭が入れ替わり立ち替わりしてます。

ゴール前の追い込み、学生とは言えなかなかの迫力です!
14_07_26-04cyclefes.jpg
やっぱりなんでもライヴは良い!興奮します!!

結果は、1位:信州大学、2位:明治大学、3位早稲田大学でした。
1位の成績は、タイム:26分11秒、41.02km/h(多分AVE.)です。
17kmちょっとの走行とは言え、AVE.40km/h超はスゴイ!!

最初は何人いたんだろう?逃げたり引っ張ったりで脚力切れた
選手が足切りにあって脱落、最終的には14人に減ってました。

続いてすぐにクラス2-Bのレースがスタートしました。
14_07_26-05cyclefes.jpg
スタート地点から橋のアーチ頂点へ登って行き、橋の終わりまで下り、
ここでUターンします。
下ってからのカーブなので慎重に曲がります。
最終レースでは落車もあったみたいです。

結果は、1位:順天堂大学、2位:明治大学、3位:順天堂大学。
順天堂大学の二人が、ほとんどの距離を逃げ切った状態で
1・3フィニッシュ。

明治が割って入った形ですが、先行逃げ切りで勝利!
こう言う結果も面白かったです。

次のレースまで時間があるので、「インターマックス」のブースへ。
14_07_26-06cyclefes.jpg
どうだろう、何が見られるのかな?

いました、わたしのお気に入り
「KUOTA(クオータ)KIRAL(キラル)」2014
14_07_26-07cyclefes.jpg
そう、残念なことに2015モデルは来てませんでした。
「クーガー」とか「クレヨン」とかも見たかったのですが残念。

しかし、やっぱり良いな~キラル
明るいスタッフさんに、キラルとクラーロについて色々尋ねたら、
親切丁寧に教えてくれました。

そして、試乗のことも。
わたしにとっては、これが重要な目的。
しかし、また残念なことに、なんとキラルは試乗出来ないとのこと
でもクラーロはOK、ホッとしました。

展示してたクオータの車種は、「KOM」「カルマ エボ」「クラーロ」
「キラル」の4種類でした。

試乗はレースをやってるコースを使用するとのこと。
開始時刻の11:30を待って、他のブースを覗いてみました。

BOMA、パナソニック、KOGA、キャットアイ、KABUTO等の
ブースがありますが、なんかこぢんまりした感じで、
見られるものは少ない感じ。

試乗の時間が近くなって「インターマックス」のブースに戻ってくると、
実は受付が必要だと伝えられます。
すでに出来はじめた、受付の列に並びました。

10分程して自分の番になり、アンケートに記入して、免許証を渡して
コピーしてもらい、首から提げる番号札を受け取ります。
で、また「インターマックス」のブースに戻ると、サドル調整等、
クラーロ試乗の準備をしてくれました。

METのヘルメットを借りて、いざ出陣です。
コースに出て、橋を渡り、その先でUターンして戻って来たら、
また会場の広場に戻されます。

わたしは、ジーンズにTシャツの出で立ち。
暑い、動きにくい、苦しいで2回走って、もういいやとなりました

「KUOTA KURARO」初めてのフルカーボンバイクに乗車。
14_07_26-08cyclefes.jpg
感想は押して歩いた時に分かりました。
軽い!!なんだこれ?
わたしの愛車、アルミのニローネとは比べものにならない位に軽い。
軽さを求めてないモデルと言うことですが充分に軽過ぎ。

走った時は軽さのおかげで加速感は良いです。
しかし、なんか・・・おもちゃみたい・・・
プラスティックの乗り物おもちゃに乗ってる感じがします。

なので、スピードに乗った後に、伸びが少ない気がします。
軽いおかげで慣性があまり持続しない感じ。

コンポはアルテグラ、多少動きの軽さは分かりましたが、
105と比べて、びっくりする程の違いは無い様に思いました。
フレームのエアロ感も分からないし、固いのか柔らかいのかも
分かりません・・・
分かったのは、わたしの経験不足さ加減だけw

試乗のバイクはフラットペダルだし、メーターも付いてないし、
ハンドルが狭い・・・なので2回走って、もういいかってなりました。
でも、この軽さ、山で活きるのは間違いないと思いました。
なら激軽のKOMはいかが?・・・高級過ぎで検討するにも及ばない。

汗びっしょりになった後、ヴィーナスフォートで冷たいビールを
やりながらランチ。
もう自転車には乗らないので友人と飲みまくりました。
これも、この日の重要なことww

今回、最後の学生レース、クラス1がスタートします。
14_07_26-09cyclefes.jpg
風が出てきて、向かい風の時はきつそう・・・
集団での位置取りが大事。

J SPORTツール・ド・フランス実況アナウンサーのサッシャさんと、
ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアに出場した今中大介さんが、
マイクを握り、熱いレース内容を実況してくれてます。
14_07_26-10cyclefes.jpg
今中さんは選手引退後「インターマックス」を設立された方です。
サッシャさんと目が合い、撮影させてもらってありがとうの意を込めて、
お辞儀したところ、丁寧にお辞儀を返してくれました。

今中さんとも目が合い、同じようにお辞儀したら、
また返してくれました
実況中だと言うのに申し訳無いです。
そして、ありがとうございました。

15周を回った選手が帰って来ました。
14_07_26-11cyclefes.jpg
ダンシングで加速、追い上げてゴール!!
盛り上がりました!
暑さ、強い風、坂道と地味に疲労が溜まるコース、
頑張った彼らに拍手です。

結果は、1位:山梨学院大学、2位・3位:明治大学です。
山梨学院、最後の伸びが凄かったです。
明治の二人、ちぎられました。

およそ23.2kmのコース、1位の記録はタイム35分07秒、
AVE.40.49km/h
さすがクラス1、距離が延びても超えるか~40km/h!早いな~

この後は、またスポーツバイク無料試乗会があって、
「湾岸三輪車クリテリウム」「湾岸痛チャリグランプリ」
「湾岸バイクジャージコンテスト」
と18:00まで続く様です。

わたし達は夕方から予定が入っている為、会場を後にしました。

会場入り口に停めてあった「シマノ サポートカー」
14_07_26-12cyclefes.jpg
シマノブルーの車体が、ピカピカで綺麗。

もう一台は「マヴィック サポートカー」
14_07_26-13cyclefes.jpg
イエローも良いですね。
サポートカーが走る様なレースを、一回現地で観戦してみたいです。

翌日、27日(日)はプロ選手によるクリテリウムが行われました。
来年もやるかな?次回はプロによるレースを観戦したいです。

スタッフ、選手の方々、暑い中お疲れ様でした。
楽しませて頂きました、ありがとうございます。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 グルメブログへ
PR
プロフィール

Tamarider

Author:Tamarider
貧脚ロードバイク乗り
自転車・グルメなど紹介します

アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ランキング
ランキング参加中!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 グルメブログへ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
PR